大学野球

北東北大学野球連盟!全加盟校と歴代の優勝校や個人記録をご紹介

北東北大学野球連盟は、青森・秋田・岩手の3県に所在する大学が加盟する大学野球連盟です。 歴史は浅いのですが、毎年のようにドラフト上位候補を輩出しており、注目度の高いリーグです。 今回は北東北大学野球連盟を特集、全加盟校や優勝経験のある大学、そして私が特に注目している3選手にもスポットをあてます。
カテゴリー

中日ドラゴンズの背番号5番!歴代5番の選手と傾向を紹介

プロ野球選手にとって2000本安打というのは超一流の証かもしれません。 日本プロ野球で60人程度しか達成していないのですから。 元中日ドラゴンズの和田一浩選手もその一人です。 今回は、和田選手がつけた中日ドラゴンズ背番号5番の特集、歴代の5番の全選手や特に印象深い3選手、さらに5番の選手の傾向にも迫ります。
大学野球

四国地区大学野球連盟!全加盟校と歴代の優勝校や注目選手をご紹介

四国地区大学野球連盟は、1981年に創立された四国地方に存在する唯一の大学野球連盟です。大学の野球連盟でありながら、高等専門学校も参加しているのが特徴的と言えます。 今回は、四国地区大学野球連盟の特集です。連盟に加盟している全大学と主な加盟校、歴代の優勝校や2020年の秋の大会の注目選手もご紹介します。
カテゴリー

中日ドラゴンズの背番号4番!歴代4番の選手と傾向を紹介

プロ野球の中日ドラゴンズ。 そのドラゴンズの背番号4番をつけて活躍した選手は、2020年現在で29人になります。 今回は、中日ドラゴンズの背番号4番について特集します。 歴代の4番をつけてきた全選手や特に印象深い3選手、さらに4番をつけてきた選手の傾向にも迫りたいと思います。
背番号の意味

中日ドラゴンズの背番号2番!歴代2番の選手と傾向を紹介

プロ野球の中日ドラゴンズ。 長い歴史の中で、背番号2番を背負って活躍した選手は、2020年現在で24人となります。 今回は、中日ドラゴンズの背番号2番を特集します。 歴代の2番の24選手や特に印象深く感じる3選手の紹介、さらに2番をつけてきた選手の傾向にも迫ります。
背番号の意味

中日ドラゴンズの背番号0番!歴代0番の選手と傾向を紹介

プロ野球において背番号0番は、正式な選手として最初につけたのが1983年の長嶋清幸選手と、比較的歴史の浅い背番号と言えます。 しかし中日ドラゴンズの背番号0番は例外的で、1937年に見習い選手がつけました。 今回は中日ドラゴンズの0番の特集。歴代の全ての選手や主な選手の紹介、選手の傾向といった内容をお届けしていきます。
大学野球

近畿大学野球連盟!全加盟校と歴代の優勝校や2020年の注目選手をご紹介

近畿学生野球連盟は、近畿地区の大学により構成されている連盟で、関西地区では最大規模です。2020年秋現在では19校の大学が加盟しており、3部制でリーグ戦が行われています。 今回は、近畿学生野球連盟を特集します。加盟している全大学と一部で優勝経験がある大学の紹介、さらに2020年の秋の大会で注目される選手にも触れます。
背番号の意味

オリックスバファローズの背番号0番!歴代0番の選手と傾向を紹介

プロ野球の世界で、成績不振が続いた選手が文字通り「ゼロからのスタート」として背番号0番に変更する例があります。阪急ブレーブスの初代0番・野中徹博選手もそんな一人でした。 今回は、オリックスバファローズの背番号0番について特集します。歴代の0番の選手や、特に印象深い3選手、さらに0番をつけてきた選手の傾向にも迫ります。
背番号の意味

阪神タイガースの背番号10番!唯一10番をつけた初代ミスタータイガースをご紹介

プロ野球の阪神タイガースで背番号10番をつけた事があるのは、藤村富美男選手しかいません。 というのは、阪神タイガース背番号10番は、藤村選手の活躍によって永久欠番となっているからです。 今回は阪神タイガースで唯一背番号10番を背負った、藤村選手の足跡をご紹介したいと思います。
大学野球

関甲新大学野球連盟!全加盟校と歴代の優勝校や個人記録をご紹介

関甲新学生野球連盟は埼玉以北の北関東と甲信越地方に所在置く大学で構成された連盟です。エリアも広く、加盟大学も多い上、強豪校も複数おり、リーグ戦を戦うのが過酷なリーグです。 今回は、そんな関甲新学生野球連盟を特集します。加盟している全20校や一部で優勝経験のある大学、さらに2020年の注目選手もご紹介します。
背番号の意味

阪神タイガースの背番号9番!歴代9番の選手と傾向を紹介

阪神の掛布雅之選手、ライバルと言えば岡田彰布選手を思い浮かべることでしょう。 その掛布選手に並々ならぬ対抗心を燃やしていた選手がいました。その選手の名は、佐野仙好選手です。 今回は、佐野選手もつけた阪神タイガース背番号9番について特集します。歴代の9番や特に印象深い3選手、9番をつけたきた選手の傾向にも触れます。
大学野球

愛知大学野球連盟!全加盟校と歴代の優勝校や個人記録をご紹介

愛知大学野球連盟は1949年に発足し、70年以上歴史を誇ります。発足当初は7大学の加盟でしたが、現在では27大学で3部制を採用するまでに加盟校が増えています。 今回は、愛知大学野球連盟を特集します。加盟している27校全と主な大学の紹介、さらに優勝校や個人記録にも迫りますので、楽しみにして下さいね。
背番号の意味

阪神タイガースの背番号7番!歴代7番の選手と傾向を紹介

野球で一番バッターというと、足が速くて盗塁が得意な選手といったイメージですよね。 しかし、1985年の真弓選手は打率.322 34本塁打、84打点をマーク、盗塁はわずか8個という成績を残しました。 今回は、阪神タイガースの背番号7番を特集、歴代の7番の選手や特に印象深い3選手、つけた選手の傾向にも迫ります。
背番号の意味

阪神タイガースの背番号5番!あの記憶に残る選手もつけて歴代5番の選手と傾向を紹介

プロ野球には、記録よりもプレーぶりや言動などでファンの記憶に残る選手も存在します。 新庄剛志さんも、どちらかと言うと記憶に残る選手と言えるでしょう。 今回は、新庄さんもつけた阪神タイガースの背番号5番を特集します。5番をつけてきた全選手や特に印象深い3選手、さらに5番をつけてきた選手の傾向にも触れます。
背番号の意味

阪神タイガースの背番号2番!歴代2番の選手と傾向を紹介

プロ野球の阪神タイガース、読売ジャイアンツに次ぐ歴史を誇る球団として知られています。主催ゲームの観客動員数も、常に1,2を争っていて、人気球団としての地位も築いています。 今回は阪神タイガースの背番号2番についての特集、歴代の2番をつけてきた全選手や、特に印象深い3選手、さらに2番をつけてきた選手の傾向にも触れます。
大学野球

首都大学野球連盟!全加盟校と歴代の優勝校や個人記録をご紹介

首都大学野球連盟は、関東にある16の大学で構成されています。 比較的歴史は浅いですが、全日本大学野球選手権や明治神宮野球大会で数多くの優勝を果たしていて、実力校が集まる連盟として知られています。 今回は、首都大学野球連盟について特集します。加盟校や歴代の優勝校の紹介、さらに2020年の注目選手にも触れます。
背番号の意味

阪神タイガースの背番号0番!歴代0番の選手と傾向を紹介

1983年、日本プロ野球界で初めて長嶋清幸選手が背番号0番をつけると、各球団にも仲間が増えていきました。 阪神タイガースも例外ではなく、1988年に中野佐資選手が0に変更しています。 今回は阪神タイガース背番号0番を特集します。歴代の0番の選手や特に印象深い3選手、さらに0番をつけてきた選手の傾向にも触れます。
背番号の意味

広島東洋カープの背番号0番!『元祖』がつけた歴代0番の選手と傾向を紹介

1983年当時、広島東洋カープの長嶋清幸選手が、背番号0番をつけました。 それは日本プロ野球界初となる、背番号0番選手が誕生した瞬間でもありました。 今回は広島東洋カープの背番号0番について特集します。 0番をつけた全選手や特に印象深い3選手、さらに0番をつけた選手の傾向にも触れます。
背番号の意味

阪神タイガースの背番号3番!代打の神様もつけた歴代3番の選手と傾向を紹介

プロ野球では、最も信用できる代打の選手を代打の切り札と呼んでいますが、もっと上を行く「神様」とまで称された選手がいます。 神様と呼ばれたのは阪神タイガース・八木裕選手が元祖ではないでしょうか。 今回は阪神タイガースの背番号3番の特集、歴代の3番の選手や特に印象深い3選手、さらに3番をつけてきた選手の傾向にも触れます。
大学野球

札幌学生野球連盟!全加盟校と歴代の優勝校や注目の選手をご紹介

札幌学生野球連盟は1990年に、北海道地区大学野球連盟から北海道学生野球連盟とともに分割して誕生した歴史の浅い連盟です。 2020年現在、18の大学が加盟しており、3部制でリーグ戦を行っています。 今回は、札幌学生野球連盟を特集します。全加盟校や歴代の優勝校、さらに注目の選手もご紹介しますので、楽しみにして下さいね。
背番号の意味

広島東洋カープの背番号10番!歴代10番の選手と傾向を紹介

プロ野球、広島東洋カープには、2人の鉄人が在籍してきました。 1人は、あの衣笠祥雄さんです。そしてもう1人は、連続イニング出場の世界記録を持つ金本知憲さんなのです。 今回は、金本選手がつけた広島東洋カープの背番号10番を特集します。10番をつけた全選手や印象深い3選手の紹介、さらに10番をつけた選手の傾向にも触れます。
背番号の意味

広島東洋カープの背番号8番!ミスター赤ヘルもつけた歴代8番の選手と傾向を紹介

1975年10月15日、お荷物球団と言われ続けた広島東洋カープが、創設25年目にして初のリーグ優勝を決めました。 優勝を決め泣きじゃくっていた、ミスター赤ヘル山本浩二選手もつけていた、広島東洋カープの背番号8番を特集します。 歴代の8番の選手や特に印象深い3選手、さらに8番をつけた選手の傾向にも触れます。
背番号の意味

広島東洋カープの背番号7番!歴代7番の選手と傾向を紹介

プロ野球チームである広島東洋カープ、その背番号7番は2020年現在で11人の選手がつけて活躍してきました。 その7人全員と特に活躍して印象深い3選手、さらに7番をつけてきた選手の傾向をご紹介していきま。す
大学野球

福岡六大学野球連盟!全加盟校と歴代の優勝校や個人記録をご紹介

福岡六大学野球連盟は、福岡県内の大学で組織された連盟で、元々は九州地区大学野球連盟の所属であった大学が、1971年に独立して組織されました。 6校の大学による1部制でリーグ戦を行っています。 今回は、福岡六大学野球連盟を特集します。連盟に加入している大学の紹介や歴代の優勝校、さらに個人記録もご紹介します。
背番号の意味

広島東洋カープの背番号4番!歴代4番の選手と傾向を紹介

広島東洋カープは、広島県広島市に本拠を置くプロ野球チームです。 しばらく低迷しましたが、1975年の初優勝あたりからチーム力が増し、強くなるにつれ人気球団としての地位も確立しています。 今回は、広島東洋カープの背番号4番について特集、歴代の4番の全選手や特に印象深い3選手、さらに4番をつけてきた選手の傾向にも触れます。