広島カープの背番号9番!歴代の9番の全選手とその傾向をご紹介

背番号の意味

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

私は子供の頃から野球を続け、高校に入っても野球部に入部しました。2年生から広島カープのファンになったのですが、周りにカープファンがいないという不純な?動機からです(^_^;)

そんな広島カープの中でも、私と同じ左投げ左打ちの長内孝選手に憧れ、豪快なスイングを真似したものです。

今回は、広島カープの背番号9番について特集します。背番号9番を背負った全選手と、私が選んだ主な3選手の経歴をご紹介しますので、楽しみにしてくださいね。




歴代の背番号9番を背負った選手をご紹介

2019年のシーズン開幕を迎える時点で、広島カープの背番号9番を背負った選手は、合計で12名です。まず歴代の選手を古い順から、一挙ご紹介します。

年  度年 数球 団 名選 手 名
1950年1年広島カープ角南効永選手
1951年1年広島カープ空白
1952年1年広島カープ武智修選手
1953年~1954年2年広島カープ三村勲選手
1955年~1957年3年広島カープ原田信吉選手
1958年~1966年9年広島カープ森永勝治選手(改名:勝也)
1967年~1970年4年広島カープ~広島東洋カープ小川弘文選手
1971年~1983年13年広島東洋カープ三村敏之選手
1984年~1991年8年広島東洋カープ長内孝選手
1992年~1993年2年広島東洋カープ銚子利夫選手
1994年1年広島東洋カープ石橋文雄選手
1995年1年広島東洋カープ空白
1996年~2009年14年広島東洋カープ緒方孝市選手
2010年~2013年4年広島東洋カープ空白
2014年~2018年5年広島東洋カープ丸佳浩選手
2019広島東洋カープ空白

長くつけている選手と短く終わった選手、両極端な感じがしますね。広島カープの約70年の歴史の中で長くつけた上位4人で44年と、6割の期間を占めています。

背番号9番を背負って活躍した3選手のご紹介

次に、これぞ広島カープの背番号9番と呼べる3名をピックアップし、経歴をご紹介いたしますので、是非参考にしてください。

✓Check
各選手の紹介に合わせて、Amazonで販売されているカードの写真を添えています。Amazonの販売ページへのリンクが入っていますので、詳しく見てみたい場合はカードをクリック・タップしてみてください

長内孝選手

生年月日  1957年8月30日
出身地   青森県青森市
投/打   左/左
プロ野球歴 広島東洋カープ (1976年~1991年)・横浜ベイスターズ(1992年~1993年)
タイトル 特になし

長内選手は、神奈川県の高校野球名門桐蔭学園高から、1975年にドラフト3位で広島カープに入団をしました。

入団後は中々試合の出場機会に恵まれませんでしたが、1982年にようやく一軍に定着すると、一塁手としてレギュラーの座を獲得します。2軍時代には、毎日1500本の素振りを実践したことが、実を結んだといわれています。

その後、1984年に小早川毅彦選手が入団をすると、一塁手から外野手にコンバートされますが、内野手と外野手の兼任をしながらチームに貢献しました。

長内選手といえば、やや大振りのスイングながら、その豪快なバッティングが魅力で、山本浩二選手と衣笠祥雄選手の前を打つ、3番打者として広島カープの黄金時代を支えます。

山本浩二選手と衣笠祥雄選手の引退後は、4番打者を任されることもありましたが、偉大な先輩の重圧に勝てず、定着するまでには至りませんでした。

長内選手のファンであった私、ちょっとした夢があります。それは、長内選手の経営する居酒屋『カープ鳥おさない』でお酒を飲む事です(笑)2006年に開店して、現在では2店舗展開するという人気店になっています。

串焼きに選手や監督、コーチの名前がついているのが特徴です。ちなみに鈴木誠也選手は『ささみ』、オーナーの長内選手は『ねぎま』だそうです。長内10本!みたいな注文の仕方をするのでしょうか(^_^;)

緒方孝市選手

生年月日  1968年12月25日
出身地    佐賀県鳥栖市
投/打    右/右
プロ野球歴 広島東洋カープ (1987年~2009年)
タイトル 盗塁王:3回
表彰 ゴールデングラブ賞:5回

緒方選手は1990年から2000年代の広島カープの主力選手として活躍しました。3度の盗塁王になりながらも6度も20本以上のホームランを放ち、ゴールデングラブ賞も5回受賞するなどなど、走・攻・守の3拍子が非常に高いレベルの選手でした。

また、緒方選手は、バッターボックスに立った時のテーマソングに、「必殺仕事人」を使用していたことでも有名です。初球を打ち、あえなく凡退をした時には、最初の「パララー」だけで、テーマソングが終わることも、ファンの間では話題になっていたようですね(^_^;)

「カープ愛」が強いことでも有名な緒方選手は、フリーエージェント取得時にも残留を決め、現役を引退後もすぐにコーチに就任し、その後に監督を努めるなど、広島カープ一筋の選手でした。

私が緒方選手で最も印象に残っているのが、アイドルの中条かな子さんとの結婚です。緒方選手も好きでしたが中条かな子せんのファンでもあった私は、この結婚にショックを受けたものです(^_^;)

でも、緒方選手に敵うわけもなく、すぐに祝福する気持ちになれました(笑)

✓Check
当ブログでは、緒方選手も取得したフリーエージェントについて特集しています。よろしければご覧になってみてくださいね。
プロ野球のフリーエージェント!ルールや行使した主な選手をご紹介

30年以上も広島カープ一筋の緒方さん。楽天市場でも実に多くのグッズが販売されていました。

>>>楽天市場で緒方さんのグッズを探してみる<<<

三村敏之選手

生年月日  1948年9月19日
出身地   広島県安芸郡
投/打    右/右
プロ野球歴 広島東洋カープ (1967年~1983年)
表彰    ベストナイン:3回

三村選手は広島県下の高校野球名門、広島商業からドラフト2位で、広島カープに入団します。常にクールに、難しいプレイも簡単に魅せるような、その野球センスには定評のある選手でした。

入団5年目に遊撃手としてレギュラーの座をつかむと、1975年の球団初優勝の際には、幼馴染であり高校の先輩でもある大下選手と1・2番コンビを組み活躍をします。

特に、右打ちを得意とした三村選手が、一番の大下選手を進塁させることに徹し、山本浩二選手や衣笠祥雄選手に繋ぐことで、勝利の方程式を作り上げました。

✓Check
三村選手は広島カープのお膝元にある広島商業の出身です。広島カープには初代監督の石本秀一氏を初めとし、大下剛史選手、達川光男選手など、広島カープで活躍した多くの名選手を輩出しています。
そして広島県出身まで広げると、ミスター赤ヘルの山本浩二選手や梵英心選手、新井貴浩選手など、他の県の出身者に比べて多い傾向があります。
三村選手も広島商業から広島カープへと、憧れのコースからプロ野球選手の夢を叶えました。
ドラフトを経て入団してくるのに、なぜ広島県出身が多いのでしょうか?まあ、地域密着の広島カープですから、好都合かもしれませんね!

広島カープの背番号9番を付けた選手の傾向とは?

高校野球で付けていた背番号に愛着があり、プロ野球でも同じ番号を付ける選手がいる中で、比較的にその傾向が低いのが、背番号9番といわれています。

その一方で、これまでに背番号9番を付けた日本のプロ野球選手には、タイトルを獲得した打者が多い傾向があります。

広島の背番号9番を背負った選手の傾向は、長距離バッターやヒットメーカーの番号になります。山本浩二選手がつけていた背番号8番が永久欠番のためか、背番号9番にはチームの中心選手となる選手が付ける傾向があります。

また、広島カープの背番号9番には、将来監督になる傾向もあります。これまで、広島カープには16人の監督が就任をしていますが、現役時代に背番号9番を付けていたのは、森永勝治選手、三村敏之選手、そして緒方孝市選手の3選手もいます。

Check
当ブログでは、野球に関する様々な話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね!

広島カープに関しての話題はこちらからどうぞ。
広島カープの話題

他にも野球に関する話題を多数お届けしています。
野球に関する話題はこちらからどうぞ

背番号別の特徴に関しての話題を提供しています。
背番号別の特徴

あとがき

今回は、広島カープの背番号9番について特集してきましたが、いかがだったでしょうか?長距離バッターやヒットメーカーがつける傾向である事もわかりました。

2019年からは欠番になっていますが、将来どのような選手が背番号9番をつけて活躍するのか、注目していきたいと思います
最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。