富岡西高校野球部!2019年メンバーや出身中学・監督や戦績をご紹介

野球

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

富岡西高校は、徳島県の阿南市にある県立高校です。設立は1896年という、120年以上もの伝統を誇っています。

野球部も1900年の創部と、120年もの歴史を刻んできました。 甲子園の出場経験はありませんでしたが、2019年の第91回春の選抜大会で21世紀枠として、念願の初出場を果たしています。

徳島県の代表として出場した春の四国大会でも見事に準優勝して、春夏連続での甲子園出場が期待されています。

今回は、そんな富岡西高校野球部の特集です。2019年のメンバーの学年や出身中学、戦績、監督や甲子園での成績をご紹介しますので、楽しみにしてくださいね。

✓Check
今回ご紹介するにあたって、学校のホームページなどで出来るだけ正確な情報を心がけて調べてみましたが、一部不明な点や間違っている可能性もあります。
あくまでも参考情報としてご覧ください。

富岡西高校の2019年メンバーをご紹介!

まずは、富岡西高校野球部の2019年春の四国大会、ベンチ入りメンバーを出身中学を含めてご紹介します。

背番号名前学年ポジション出身中学校中学時の所属チーム
1浮橋幸太選手3年生投手徳島県 阿南第一中
2 粟田翔瑛選手3年生捕手・内野手徳島県 阿南第一中
3坂本賢哉選手3年生内野手徳島県 相生中
4木村頼知選手3年生内野手徳島県 小松島中徳島松南ヤング
5吉田啓剛選手3年生内野手徳島県 海陽海陽中
6前川広樹選手3年生内野手徳島県 阿南第一中
7成松拓海選手3年生内野手徳島県 阿南中徳島阿南シティホープ
8山﨑光希選手3年生外野手徳島県 羽ノ浦中
9安藤稜平選手3年生外野手徳島県 阿南中
10末広純平選手3年生投手徳島県 阿南中
11阿部航一郎選手3年生捕手・内野手徳島県 相生中
12中西陽選手3年生捕手徳島県 羽ノ浦中
13大谷圭吾選手3年生内野手徳島県 牟岐中
14日下龍我選手3年生内野手徳島県 富岡東中
15片山達貴選手3年生内野手徳島県 加茂谷中
16久龍海人選手3年生内野手徳島県 相生中
17石田雄大選手3年生外野手徳島県  阿南第一中
18小川慧一郎選手2年生投手徳島県  阿南第一中
19芝山幹治選手2年生内野手徳島県  阿南第一中
20 柏木竜斗選手2年生投手徳島県  鷲敷中

公立高校の富岡西高校は、地元の選手を中心としたチーム作りながら、2019年春の選抜甲子園に出場するなど、実力を備えた素晴らしいメンバーとなっています。

富岡西高校の私のイチオシ選手!

私のイチオシ選手は、浮橋幸太選手です。エースで4番の浮橋選手は、大黒柱としてチームを引っ張り、今春初めてチームを甲子園へと導きました。

投手としての浮橋選手は、140キロを超えるストレートを武器に、相手に真っ向勝負するピッチングが魅力です。一方、県大会でホームランを放つなど、長距離打者としての素質も兼ね備えています。

中学時代から徳島県内で名を轟かせていた浮橋選手は、四国地区にある野球の強豪校からの誘いを断り、地元の高校を甲子園に連れて行くことを目標とし、富岡西高校に進学しました。

チームのエースで4番を務める浮橋選手には、富岡西高校初のプロ野球選手に期待が持たれます。

ちなみに富岡西高校がある阿南市は、全国唯一となる「野球のまち推進課」があるなど、街ぐるみで野球の活性化に取り組んでおり、浮橋選手は街の期待を一身に受けていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

2019年チームの公式戦の戦績

次に、富岡西高校野球部2019年チームの、初めての公式戦となる2018年秋季大会から、今年の春季大会までの戦績をご紹介します。

日付大会名何回戦対戦相手スコア備考(県大会出場決定など)
2018年9月23日 2018年第71回徳島県高等学校野球秋季大会2回戦小松島高校○12-1
2018年10月7日準々決勝城東高校○7-0
2018年10月13日準決勝徳島商業高校●2-3
2018年10月14日3位決定戦池田高校○9-3地区代表決定
2018年10月27日2018年第71回秋季四国地区高等学校野球大会1回戦高知高校○8-7
2018年10月28日2回戦帝京第五高校○10-6
2018年11月3日準決勝松山聖陵高校●3-5ベスト4
2019年3月26日2019年第91回選抜高等学校野球大会1回戦東邦高校●1-3甲子園出場1回戦敗退
2019年4月13日2019年第72回徳島県高等学校野球春季大会チャレンジマッチ徳島北高校○11-1
2019年5月3日2019年度春季四国地区高等学校野球大会1回戦今治西高校○6-4
2019年5月4日準決勝高松商業高校○4-3
2019年5月5日決勝明徳義塾高校●3-7準優勝

富岡西高校野球部の監督ってどんな人?

2019年の春現在、富岡西高校野球部を率いているのは、同校OBである小川浩(おがわひろし)さんです。

選手時代の経歴 

富岡西高校ではエースとして活躍。3年生の夏は県大会ベスト4。
國學院大学に進学。

監督としての経歴

  

1983年 國學院大学卒業後、富岡西高校の臨時教員となり、野球部監督に就任。秋季大会で準優勝
1986年 他校に転勤
2010年 再び、富岡西高校野球部監督に就任
2016年 徳島県大会準優勝
2019年 第91回春選抜高校野球大会出場(1回戦敗退)

小川浩監督と言えばノーサイン!

小川監督は選手たちの自主性を重んじる、ノーサイン野球を実践しています。ノーサイン野球のキッカケとなったのは、2017年の山口県高川学園との一戦です。この試合では、実力では互角と思えた高川学園に完敗します。

その原因を探った小川監督は、高川学園の練習の様子を見たことで、ノーサイン野球に辿りついたと言われています。

小川監督のノーサイン野球には、「公立高校が強くなるためには、選手個々が考える力を身につける」とする考えが原点にあります。

私立の強豪校とは、練習時間や練習設備に大きな差があります。それを埋めるためには、選手の主体性を養い、選手が考えて動くチームにする必要があるとしています。

スポンサーリンク

富岡西高校野球部の甲子園での戦績

富岡西高校野球部のこれまでの甲子園での戦績をご紹介します。

大会名回数勝敗数
春選抜高校野球大会1回0勝1敗
夏全国高校野球選手権大会0回-
合計1回0勝1敗

創部120年になる富岡西高校は、2019年第91回春選抜高校野球大会に、21世紀枠で春夏通じて初出場をいたしました。

大会名西暦戦績
第91回春選抜高校野球大会2019年1回戦敗退

甲子園での試合

2019年初出場をした選抜高校野球大会1回戦をご紹介します。

富岡西高校は、4月26日(第4日)の第3試合で、春夏通算47回目の出場を誇る、古豪の東邦高校(愛知県代表)と対戦しました。

試合は東邦高校に先制されるものの、6回2死一、三塁のチャンスで、木村選手が右翼へ適時二塁打を放ち、1-1の同点に追いつきます。

しかし、7回の東邦高校の攻撃では、先頭打者の振り逃げによる出塁がきっかけとなり、2点を献上してしまいます。結局、この2点が決勝点となり、富岡西高校は3-1の得点差で惜敗しました。

今回の選抜高校野球大会は21世紀枠での出場でしたが、今年の夏は自力で県大会を征し、甲子園でのリベンジに期待がもたれます。

Check
当ブログでは、高校野球に関する様々な話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね!

高校野球に関しての話題はこちらからどうぞ。
高校野球の話題

おわりに

今回は、徳島県立富岡西高校の野球部を特集しましたが、いかがだったでしょうか?

創部120年目にして初めてつかんだ甲子園出場、残念ながら初勝利とまではいきませんでした。夏の大会では強豪ひしめく徳島県大会を制して、甲子園で初勝利なるか注目していきたいと思います

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。