ソフトバンクの背番号6番!イチローの生みの親もつけていた歴代の6番の選手とその傾向を紹介

背番号の意味

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

世界で大活躍した日本のプロ野球選手というと、誰を思い浮かべるでしょうか?多くの人が、イチロー選手を思い浮かべるのではないかと思います。

イチロー選手がオリックスに入団した時は、鈴木一朗という本名で登録されていました。その名前をイチローに変更したのが1994年、この年イチロー選手は大ブレークをしています。

イチローという名前を考案し、世界的な選手に育てたのが、当時の打撃コーチの新井宏昌さんと言われています。

今回は、そんな新井宏昌さんもつけていた、ソフトバンクホークスの背番号6番を特集します。前身の南海時代からの歴代の背番号6番の全ての選手や大活躍した主な3選手、6番をつけた選手の傾向をご紹介しますので、楽しみにしてくださいね。




歴代の背番号6番を背負った選手をご紹介

2019年のシーズン開幕時点で、これまでにソフトバンクホークスの背番号6番を背負った選手は、合計で20名になります。まずは背番号6番を背負った歴代の選手を、古い順から一挙ご紹介します。

年  度年 数球 団 名選 手 名
1938年~1940年
3年南海軍劉瀬章選手
1941年~1942年2年南海軍徳島忠彦選手
1943年~1945年3年南海軍~近畿日本軍空白
1946年1年近畿グレートリング    木村勉選手
1947年1年南海ホークス         小林悟楼選手
1948年~1949年2年南海ホークス         中原宏選手
1950年~1954年5年南海ホークス         蓑原宏選手
1955年~1957年3年南海ホークス深見安博選手
1958年1年南海ホークス円子宏選手
1959年1年南海ホークス空白
1960年~1965年6年南海ホークス       ジョー・スタンカ選手
1966年~1969年4年南海ホークス       国貞泰汎選手
1970年~1973年4年南海ホークス       青野修三選手
1974年1年南海ホークス       ウェス・パーカー選手
1975年~1985年11年南海ホークス       新井宏昌選手     
1986年~1987年2年南海ホークス       山口哲治選手
1988年1年南海ホークス       ジョージ・ライト選手
1989年~2000年12年福岡ダイエーホークス   湯上谷宏選手     (改名:竑志)
2001年~2006年6年福岡ダイエーホークス~福岡ソフトバンクホークス鳥越祐介選手
2007年~2012年6年福岡ソフトバンクホークス多村仁選手         (改名:仁志)
2013年~2018年6年福岡ソフトバンクホークス吉村祐基選手
2019年~福岡ソフトバンクホークス今宮健太選手

1975年に新井選手が背番号6番をつけるまで最長で6年と、比較的短い間隔で選手が変わっていった感じですね。その後も10年以上つけたのは、湯上谷選手のみとなっています。

背番号1番を背負って活躍した3選手のご紹介

次に、これぞソフトバンクホークスの背番号6番と呼べる3名をピックアップし、経歴をご紹介しますので、是非参考にしてください。

✓Check
各選手の紹介に合わせて、Amazonで販売されている商品の写真を添えています。Amazonの販売ページへのリンクが入っていますので、詳しく見てみたい場合はカードをクリック・タップしてみてください

新井宏昌選手

生年月日  1952年4月26日
出身地   大阪府大阪市
投/打   右/左
プロ野球歴 南海ホークス (1975年~1985年)・近鉄バファローズ (1986年~1992年)
タイトル  首位打者:1回、ベストナイン:4回、ゴールデングラブ賞:1回

まずは、最初にご紹介しました、新井選手からです。

新井選手は野球の名門PL学園の主将として甲子園に出場すると、当時の甲子園記録に並ぶ12安打を放ち、チームを準優勝に導きました。

南海ホークスに入団後も、巧みなバットコントロールでヒットを量産します。入団1年目の1975年は出場試合数は50試合と少なかったものの打率3割をキープし、5年目の1979年にはリーグ2位となる打率0.358の高打率をマークします。

新井選手のバッティングの特徴は、新井選手は高いバッティング技術から、「安打製造機」と呼ばれたように、ホームランを意識するのではなく、強く低い打球を放つことでした。

特に、内角球が好きな新井選手は、外角球を捨てて身体に近い球を内側からたたくことに意識していたといいます。

ちなみに、新井選手のバッティング技術は、後に、コーチとして指導をしたイチロー選手へと受け継がれ、世界一の安打数記録が生み出した仕掛け人とも言われています。

私の新井選手のイメージというと、とにかくミートが上手で打ち出の小槌でボールを打っているような感じで、ヒットを量産するといった感じでした。

反面ホームランは少なく、18年間の現役通算で88本と100本に届きませんでした。これは2000本以上のヒットを打った選手では、新井選手だけという珍記録?の持ち主です。

同じ時期に活躍した、元巨人の篠塚選手とタイプが凄く似ていたように感じます。同じ右投げ左打ち、そして守備にも定評があったという共通点がありました。

出来る事なら2人同じリーグで首位打者争いをして欲しい、そんな淡い夢を抱いていた野球小僧の私でありました(^_^;)

ジョー・スタンカ選手

生年月日  1931年7月23日
出身地   オクラホマ州ハーモン郡
投/打   右/右
プロ野球歴
シカゴ・ホワイトソックス (1959年)
南海ホークス (1960年~1965年)・大洋ホエールズ (1966年)
タイトル  最高勝率:1回、年間MVP:1回、ベストナイン:1回

スタンカ選手は1960年に前身の南海ホークスに入団をすると、196cmの長身から投げ下ろすストレートとシンカーを武器にして、「南海ホークス史上最高の助っ人」と呼ばれる活躍を見せました。

来日1年目に17勝を挙げると、その翌年にも15勝を挙げて、チームの優勝に大きく貢献をします。さらに、来日5年目の1964年には、26勝を挙げてリーグ優勝の原動力となると、日本シリーズでは脅威の3試合完封勝利を達成しました。

日本のプロ野球に7年在籍したスタンカ選手は、外国人として初めて通算100勝をマークしています。

長身のスタンカ選手は、前のめりになりながら打者に向かっていく投球フォームから、その威圧感は凄まじかったと言われています。さらに、スタンカ選手はコントロールあまり良くなく、常に荒れ球であったことから、打者にとっては脅威に遭ったに違いありません。

そのスタンカ選手は、とても親日家でも有名です。南海ホークスの球団をとても愛したことから、スタンカ選手自身も多くのファンから愛され、まさに日本プロ野球史に残る外国人選手です。

スタンカ選手は、惜しまれつつ2018年に87歳で亡くなりました。

湯上谷宏選手

生年月日  1966年5月3日
出身地   富山県黒部市
投/打   右/右
プロ野球歴 福岡ダイエーホークス (1985年~2000年)
タイトル  特になし

湯上谷選手は高校野球の名門、石川県の星陵高校から南海ホークスに入団をすると、ホークス一筋15年間に渡り活躍しました。

湯上谷選手の特徴は、俊足を武器にリードオフマンとしたプレイにあります。また、守備では投手と捕手以外の全てのポジションをこなせる、ユーティリティー・プレイヤーとしても活躍しました。

湯上谷選手は目立つ成績こそ残してはいませんが、南海時代から80年を超える歴史の中で、最も長く背番号6番を背負った選手になります。

特に、湯上谷選手は背番号をそれまでの7番から6番に変更をしたことで、3年連続全試合出場を果たすなど、背番号6番をラッキー番号にした選手でもあります。

ちなみに、当時のダイエーホークの内野陣には、湯上谷宏(ひろし)選手に加えて、小川史(ひろし)選手・藤本博史(ひろし)選手、さらに森脇浩司(ひろし)選手が顔を揃えていたことで、とても話題となりました。

私が湯上谷選手を知ったのは、彼が星陵高校時代になります。当時から星陵高校は甲子園の常連校で、湯上谷選手も4度の甲子園出場を果たしています。

つまり、当時の甲子園の試合を見ると、必ずと言って良いほど星陵高校・湯上谷選手を見る事になっていたのです(笑)

もちろん実力も折り紙つきで、そのプレーぶりは高校生離れした輝きをはなっていたので、プロ野球で活躍するのは間違いないと確信していました!

背番号6番を付けた選手の傾向とは?

日本プロ野球の歴史から、背番号6番の傾向を見ると、強打者や巧打者の内野手になります。これは、高校野球が背番号6番を遊撃手とすることから、日本プロ野球界においても、遊撃手など内野手のイメージが強いようです。

特に、背番号6番には、これまでに三冠王を獲得した強打者(落合博満選手)や、トリプル・スリーを達成した巧打者(金本知憲選手)がいます。

その中で、ソフトバンクホークスの背番号6番の傾向を見ると、内野手と外野手が交互に継承している傾向があります。また、南海ホークス時代には日本プロ野球の歴史に残る外国人助っ人投手のスタンカ選手が背番号6番を付けていました。

総体的に見ると、南海ホークスの背番号6番は、強打者よりも巧打者の傾向が強く、守備力の高い攻守にバランスの取れた選手が多いと言えるでしょう。

Check
当ブログでは、野球に関する様々な話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね!

福岡ソフトバンクホークスに関しての話題はこちらからどうぞ。
ソフトバンクホークスの話題

他にも野球に関する話題を多数お届けしています。
野球に関する話題はこちらからどうぞ

背番号別の特徴に関しての話題を提供しています。
背番号別の特徴

おわりに

今回は、福岡ソフトバンクホークスの背番号6番について特集してきましたが、いかがだったでしょうか?

他の球団の場合は強打者が多いのが背番号6番の傾向ですが、ソフトバンクホークスの場合は攻守にバランスが取れている選手が多いという事がわかりました。

2019年からは、今宮健太選手が背番号6番をつけています。歴代の選手の傾向通りの攻守にバランスが取れている今宮選手、何年6番をつけて活躍してくれるのか注目していきたいと思います。

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした