智辯学園高校野球部!2019年メンバーや監督・試合結果を紹介

高校野球・大学野球

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

智辯学園高校は、奈良県五條市にある私立高校です。奈良県内で有数の進学校として、県内だけでなく県外からも生徒が入学してきています。

野球部も全国に強豪校として名が知られていて、春夏合わせて28回もの甲子園出場を誇っています。2019年の春の奈良県大会でも優勝して、夏の甲子園奈良県代表の最有力候補です。

今回は、智辯学園高校野球部を特集します。2019年のメンバーや戦績、監督にスポットをあてます。さらに、甲子園での戦績やプロ野球に入った主なOBもご紹介しますので、楽しみにしてくださいね。




✓Check
今回ご紹介するにあたって、学校のホームページなどで出来るだけ正確な情報を心がけて調べてみましたが、一部不明な点や間違っている可能性もあります。
あくまでも参考情報としてご覧ください。

智辯学園高校の2019年メンバーをご紹介!

まず、2019年春の近畿地区高等学校野球大会の登録メンバーをご紹介します。

背番号名前学年ポジション出身中学校中学時の所属チーム
1山本奨人選手3年生投手京都ブラックス野球協会
2佐藤尊将選手2年生捕手神戸中央リトルシニア
3吉村誠人選手3年生内野手橿原ボーイズ
4三田智也選手2年生内野手前橋桜ボーイズ
5塚本大夢選手3年生内野手奈良西リトルシニア
6坂下翔馬選手3年生内野手奈良葛城ボーイズ
7前川右京選手1年生外野手津ボーイズ
8山﨑空雅選手2年生外野手神戸中央リトルシニア
9林大瑶選手3年生外野手堺中央ボーイズ
10小畠一心選手1年生投手オール住之江
11西村王雅選手1年生投手京都リトルシニア
12濱口士穏選手3年生捕手橿原市立八木中
13西田仁一郎選手3年生内野手生駒ボーイズ
14白石陸選手2年生外野手府中広島2000
15永井信佑選手3年生外野手和歌山岩出ボーイズ
16柳田健太郎選手3年生外野手柏原リトルシニア
17浦谷直弥選手2年生橿原磯城リトルシニア
18長谷川拓実選手3年生投手神戸中央リトルシニア
19西村尚輝選手3年生内野手志貴ボーイズ
20藤村健太選手3年生内野手富田林リトルシニア

古豪の智辯学園高校は、近畿圏を中心に優秀な選手を積極的に集めています。2019年のメンバーを見ると、奈良県内の中学校を卒業した選手は、20人中7人に留まります。

智辯学園高校の私のイチオシ選手!

私のイチオシ選手は、智辯学園の二刀流として期待される、1年生の小畠一心選手です。

1年生ながらにしてベンチ入りを果たした小畠選手ですが、中学時代は大阪のオール住之江ヤングでプレイをし、侍ジャパンU15代表にも選出された逸材です。

まだ1年生ながら、184cm・74kgの恵まれた体格の小畠選手は、長身から145キロの速球を投げ込みます。その小畠選手は、春の奈良県高等学校野球大会3回戦で、いきなりチャンスをもらいました。

そして、公式戦初登板となった高田商業高校との一戦では、7回3安打無失点の好投を見せます。さらに、春季近畿地区高等学校野球大会の準決勝に先発をすると、滋賀県代表の近江高校を相手に散発5安打の8回を無失点に抑えました。

また、小畠選手は投手だけでなく打者としての能力も優れた選手です。中学時代、侍ジャパンU15代表では、外野手として選出されるほど、その打撃センスも注目されています。

今夏、小畠選手は「智辯学園の二刀流」選手として、甲子園での活躍に期待がもたれています。

2019年チームの公式戦の戦績

智辯学園高校野球部2019年チームの、初めての公式戦となる2018年秋季大会から、今年の春季大会までの戦績をご紹介します。

日付大会名何回戦対戦相手スコア備考(県大会出場決定など)
2018年8月17日 平成30年度秋季奈良県高等学校野球大会シード大会2回戦高取国際高校○13-0
2018年8月20日決勝西の京高校○14-4優勝
2018年9月15日 平成30年度秋季奈良県高等学校野球大会2回戦奈良高校○10-0
2018年9月24日3回戦西の京高校○7-0
2018年10月7日準々決勝天理高校●4-12ベスト8
2019年4月27日2019年度春季奈良県高等学校野球大会2回戦大和広陵高校○12-5
2019年5月3日3回戦高田商業高校○7-0
2019年5月6日準々決勝一条高校○14-0
2019年5月11日準決勝高田高校○6-1
2019年5月12日決勝郡山高校○13-5優勝
2019年5月25日2019年度春季近畿地区高等学校野球大会1回戦智辯学園和歌山高校○9-7
2019年6月1日準決勝近江高校●2-3ベスト4

智辯学園高校野球部の監督ってどんな人?

2019年の6月現在、智辯学園高校野球部を率いる監督は、野球部OBでもある小坂将尚(こさかまさあき)さんです。

選手時代の経歴 

1995年 第77回全国高等学校野球選手権大会に出場。主将を務め、守備は中堅手。
1999年 法政大学野球部に所属し、東京六大学野球の外野手部門で春・秋連続ベストナインを獲得。
2000年 松下電器野球部に所属。

指導者としての経歴

 

2005年1月 母校の智辯学園高校野球部のコーチ就任。
2006年4月 智辯学園高校野球部監督に就任。
2007年8月 第89回全国高等学校野球選手権大会に監督として初出場、ベスト16。
2016年3月 第88回選抜高等学校野球大会に出場、初優勝。

小坂監督はこんな人

小坂監督は母校の監督就任後、12年間で10回の甲子園出場回数を誇ると、2016年第88回選抜高等学校野球大会では全国制覇を成し遂げています。

アマチュア野球で活躍をしてきた小坂監督は、選手とのコミュニケーションを最も大切にします。例えば、選手全員の生年月日をスケジュールに登録し、誕生日当日は「おめでとう」の声掛けを欠かさないようにしています。

また、野球日記をつけることで、選手の性格の把握に努めて、選手の心の内を知るための努力を怠りません。

その小坂監督が取り入れる指導法は、まさに「アメとムチ」法です。選手が楽しくプレイできるために会話を重視する一方で、怒るときは厳しく指導するメリハリが、甲子園の常連校を作り上げています。

智辯学園高校野球部の甲子園での戦績

智辯学園高校野球部のこれまでの甲子園での戦績をご紹介します。

大会名西暦戦績
第50回夏全国高校野球選手権大会1968年3回戦敗退
第48回春選抜高校野球大会1976年ベスト8
第49回春選抜高校野球大会1977年ベスト4
第59回夏全国高校野球選手権大会1977年3回戦敗退
第63回夏全国高校野球選手権大会1981年1回戦敗退
第64回夏全国高校野球選手権大会1982年1回戦敗退
第56回春選抜高校野球大会1984年1回戦敗退
第66回夏全国高校野球選手権大会1984年1回戦敗退
第67回夏全国高校野球選手権大会1985年1回戦敗退
第58回春選抜高校野球大会1986年1回戦敗退
第71回夏全国高校野球選手権大会1989年3回戦敗退
第62回春選抜高校野球大会1990年1回戦敗退
第65回春選抜高校野球大会1993年2回戦敗退
第77回夏全国高校野球選手権大会1995年ベスト4
第79回夏全国高校野球選手権大会1997年3回戦敗退
第80回夏全国高校野球選手権大会1998年2回戦敗退
第81回夏全国高校野球選手権大会1999年3回戦敗退
第73回春選抜高校野球大会2001年2回戦敗退
第83回夏全国高校野球選手権大会2001年3回戦敗退
第84回夏全国高校野球選手権大会2002年3回戦敗退
第89回夏全国高校野球選手権大会2007年3回戦敗退
第90回夏全国高校野球選手権大会2008年2回戦敗退
第93回夏全国高校野球選手権大会2011年ベスト8
第84回春選抜高校野球大会2012年2回戦敗退
第86回春選抜高校野球大会2014年2回戦敗退
第96回夏全国高校野球選手権大会2014年1回戦敗退
第88回春選抜高校野球大会2016年優勝
第98回夏全国高校野球選手権大会2016年2回戦敗退
第89回春選抜高校野球大会2017年2回戦敗退
第90回春選抜高校野球大会2018年3回戦敗退

智辯学園高校野球部は甲子園の常連校として、これまでに春夏通算30回出場しており、2016年第88回選抜高等学校野球大会では全国制覇を成し遂げています。

大会名回数勝敗数
春選抜高校野球大会12回21勝18敗
夏全国高校野球選手権大会18回14勝11敗
合計30回35勝29敗

甲子園での思い出の試合

私の智辯学園高校の思い出の試合として、2016年第88回選抜高等学校野球大会決勝の試合をご紹介します。

経験豊富なエース村上選手を要し、強力打線が健在する智辯学園高校は、昨秋の明治神宮大会で優勝をした高松商業高校と対決しました。

智辯学園高校の村上選手、高松商業高校の浦選手の両エースは、これまでの全試合を一人で投げ抜いてきました。この決勝戦でも両エースの粘投が光り、緊迫する投手戦となります。

智弁学園は2回裏で1点を先制すると、高松商が8回表で1点を取り同点に追い付き、試合は1対1のまま延長戦に突入します。そして、延長11回裏、智弁学園高校は2死1塁のチャンスで、エースの村上選手が打席に入ります。

これまで、チームの大黒柱として孤軍奮闘してきた村上選手が2塁打を放つちます。一塁ランナーが一気にホームを狙いますが、高松商業高校も完璧な中継プレーを見せました。

ホームでは間一髪のクロスプレーとなりましたがぎりぎりセーフ。見事なサヨナラ勝ちをおさめました。劇的な幕切れで初優勝を飾った智辯学園高校でしたが、奈良県勢としては1997年の天理高校以来、19年ぶり2度目の快挙となりました。

智辯学園高校野球部出身の主なプロ野球選手

奈良の強豪、智辯学園高校からは、多くのプロ野球選手が輩出されています。その中から、17名のプロ野球選手について、卒業年度と最初に入団をした球団をご紹介します。

選手名     卒業年度最初に入団した球団
上田容三選手1969年ロッテオリオンズ
高代延博選手1973年日本ハムファイターズ
田中昌宏選手1973年阪神タイガース
柳原隆弘選手1974年ヤクルトスワローズ
山口哲治選手1978年近鉄バッファローズ
辻本弘樹選手1987年中日ドラゴンズ
福井敬治選手1995年読売ジャイアンツ
庄田隆弘選手1997年阪神タイガース
中村真人選手2001年東北楽天ゴールデンイーグルス
秦裕二選手2002年横浜ベイスターズ
岡崎太一選手2002年阪神タイガース
加治前竜一選手2004年読売ジャイアンツ
枡田慎太郎選手2006年東北楽天ゴールデンイーグルス
中道勝士選手2013年オリックス・バッファローズ
青山大紀選手2013年オリックス・バッファローズ
岡本和真選手2015年読売ジャイアンツ
廣岡大志選手2016年東京ヤクルトスワローズ

智辯学園高校のDATA

住所  〒637-0037 奈良県五條市野原中4-1-51 
設立     1965年
建学の精神 「真心のある明るく元気な子」に育ってほしいというすべての親の願い、
その「親の願いを叶える教育」
*男女共学の中高一貫校
>>>智辯学園高校のHPはこちらから<<<

Check
当ブログでは、高校野球に関する様々な話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね!

高校野球に関しての話題はこちらからどうぞ。
高校野球の話題

おわりに

今回は、奈良県の智辯学園高校の野球部をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

春の甲子園では2016年に全国優勝していますが、夏の甲子園ではベスト4が最高成績です。2019年のチームは実力が高く評価されていて、春に続いて夏の甲子園でも優勝する事が出来るのか、注目していきたいと思います。

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。