常総学院高校野球部!2019年メンバーや監督・試合結果をご紹介

高校野球・大学野球

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

常総学院高校は、茨城県の土浦市にある私立高校です。中高一貫教育が特徴で、全員を4年制大学に進学させるのを目標としています。

また部活動も盛んで、吹奏楽部や野球部は全国的に名を知られています。特に野球部は、新生常総学院高校設立4年目で、夏の甲子園で準優勝して、常総学院の名前を一躍有名にしました。

2019年においても野球部は茨城県で屈指の実力を持ち、夏の甲子園茨城県代表の有力候補となっていましたが、残念ながら準々決勝で敗退してしまいました。

今回は、そんな常総学院高校の野球部を特集します。2019年のメンバーや戦績、監督を紹介するとともに、甲子園での戦績やプロ野球にすすんだ主なOBにも触れますので、楽しみにしてくださいね。




✓Check
今回ご紹介するにあたって、学校のホームページなどで出来るだけ正確な情報を心がけて調べてみましたが、一部不明な点や間違っている可能性もあります。
あくまでも参考情報としてご覧ください。

常総学院高校の2019年メンバーをご紹介!

まずは、2019年全国高等学校野球選手権茨城大会の登録メンバーをご紹介いたします。茨城県一の強豪校の常総学院高校には、関東近郊を中心に、多くの優秀な選手が集まっています。

背番号名前学年ポジション出身中学校中学時の所属チーム
1塙雄裕選手3年生投手茨城県 水戸市笠原中水戸リトルシニア
2菊地壮太選手3年生捕手茨城県 土浦市第四中筑波ボーイズ
3北澤侑樹選手3年生内野手茨城県 土浦市第五中筑波ボーイズ
4鈴木琉晟選手3年生内野手茨城県 勝田第三中勝田リトルシニア
5斉藤勇人選手3年生内野手千葉県 柏市第二中東京城南ボーイズ
6手塚悠選手3年生内野手東京都 目黒区大鳥中東京城南ボーイズ
7菊田拡和選手3年生外野手茨城県 土浦市第二中取手ファイトクラブ
8中妻翔選手3年生外野手茨城県 龍ケ崎市城西中取手ファイトクラブ
9大高優成選手3年生外野手茨城県 秋山中いわきボーイズ
10岡田幹太選手3年生投手千葉県 野田市東部中京葉ボーイズ
11菊地竜雅選手2年生投手茨城県 けやき台中取手リトルシニア
12中山琉唯選手2年生捕手茨城県 結城南中小山ボーイズ
13岡野優翔選手3年生内野手東京都 調布市第五中東京神宮リトルシニア
14池田隼彦選手3年生投手茨城県 坂東市東中常総ボーイズ
15和久本澪選手3年生外野手練馬中央リトルシニア
16橋口太郎選手3年生内野手江東ライオンズ
17宮下真聡選手3年生外野手東京都 目黒中央中稲城リトルシニア
18一條力真選手2年生投手茨城県 石岡市石岡中
19飯島誉也選手3年生外野手茨城県 牛久市第三中取手リトルシニア
20高田龍選手3年生内野手

常総学院高校の私のイチオシ選手!

私のイチオシ選手は、「常総学院高校のバレンティン」と呼ばれる、菊田拡和選手です。身長182cm、体重90kgから生み出される、高校生離れをしたパワーは、プロ野球のスカウト陣も注目をしています。

菊田選手が打席に立つと、相手チームの外野手がフェンスの数メートル手前まで、バックする光景を目にします。それでも、相手チームの外野手が「あれほどのスピードの打球を体感したのは初めて」とコメントするほど、外野手の頭の上を打球が飛んでいきます。

その菊田選手の強みは、鍛え上げられた下半身にあります。菊田選手は身体の軸をブレないで変化球を打つためにと、体幹と下半身を徹底的に強化しました

菊田選手はこれまでに高校通算56本の本塁打をマークしており、既に、東北楽天ゴールデンイーグルスの内田選手が持つ、常総学院高校の歴代本塁打記録を抜きました。

甲子園出場はなりませんでしたが、次のステージでどのような活躍を見せてくれるのか楽しみにしたいと思います。

2019年チームの公式戦の戦績

常総学院高校野球部2019年チームの、初めての公式戦となる2018年秋季大会から、今年の夏の県大会までの戦績をご紹介いたします。

日付大会名何回戦対戦相手スコア備考(県大会出場決定など)
2018年9月8日 2018年茨城県高校野球秋季大会県南地区代表決定戦代表決定戦つくば国際大東風高校○19-0代表決定
2018年9月19日2018年度茨城県高校野球秋季大会2回戦日立一高校○5-1
2018年9月22日3回戦波崎柳川高校○8-4
2018年9月24日準々決勝常磐大高校○11-1
2018年9月26日準決勝水城高校○9-2
2018年9月28日決勝藤代高校○15-0優勝
2018年10月21日2018年高校野球関東大会秋季1回戦桐蔭学園高校●5-71回戦敗退
2019年4月29日2019年度茨城県高校野球春季大会2回戦古河第三高校○7-0
2019年5月1日3回戦土浦日大高校○10-3
2019年5月3日準々決勝つくば秀英高校○6-1
2019年5月5日準決勝水戸商業高校●3-4ベスト4
2019年7月11日2019年度茨城県高校野球夏季大会2回戦鬼怒商業高校○8-0
2019年7月15日3回戦日立商業高校○11-0
2019年7月20日4回戦東洋大牛久高校○2-0
2019年7月22日準々決勝常磐大高校●5-6準々決勝敗退

常総学院高校野球部の監督ってどんな人?

2019年7月現在、常総学院高校野球部を率いる監督は、佐々木力(ささきちから)さんです。

選手時代の経歴

 

1984年 夏の全国高等学校野球選手権大会に、取手二高の二塁手として出場し全国制覇

指導者としての経歴

 

1989年 東洋大牛久高校で軟式野球部の監督就任
1991年 常総学院高校のコーチに就任
2011年 常総学院高校の監督に就任

佐々木監督はこんな人

恩師の木内監督の意思を引き継ぐ佐々木監督は、より堅実で強固なチーム作りを目指しています。投手を中心とした守りの野球を大切にし、ソツのない試合巧者な常総学院高校の伝統を引き継いでいます。

佐々木監督の指導の特徴は、関東近郊を集まった100人以上の選手全員にチャンスを与えることです。そのために、佐々木監督は練習の中に紅白戦を多く取り入れます。

紅白戦を通じて、実戦形式の練習ならば、多くの選手がアピールを出来る場面を与えられるからです。常に、チーム内での競争を選手に意識させることで、茨城県下一の強豪チームを作り出しています。

常総学院高校野球部の甲子園での戦績

常総学院高校野球部のこれまでの甲子園での戦績をご紹介いたします。

大会名西暦戦績
第59回春選抜高校野球大会1987年1回戦敗退
第69回夏全国高校野球選手権大会1987年準優勝
第70回夏全国高校野球選手権大会1988年2回戦敗退
第71回夏全国高校野球選手権大会1989年1回戦敗退
第74回夏全国高校野球選手権大会1992年2回戦敗退
第65回春選抜高校野球大会1993年3回戦敗退
第75回夏全国高校野球選手権大会1993年ベスト4
第66回春選抜高校野球大会1994年準優勝
第70回春選抜高校野球大会1998年3回戦敗退
第80回夏全国高校野球選手権大会1998年ベスト8
第73回春選抜高校野球大会2001年優勝
第83回夏全国高校野球選手権大会2001年2回戦敗退
第84回夏全国高校野球選手権大会2002年3回戦敗退
第85回夏全国高校野球選手権大会2003年優勝
第77回春選抜高校野球大会2005年1回戦敗退
第88回夏全国高校野球選手権大会2006年1回戦敗退
第89回夏全国高校野球選手権大会2007年2回戦敗退
第90回夏全国高校野球選手権大会2008年1回戦敗退
第91回夏全国高校野球選手権大会2009年1回戦敗退
第94回夏全国高校野球選手権大会2012年2回戦敗退
第85回春選抜高校野球大会2013年2回戦敗退
第95回夏全国高校野球選手権大会2013年ベスト8
第97回夏全国高校野球選手権大会2015年ベスト8
第88回春選抜高校野球大会2016年1回戦敗退
第98回夏全国高校野球選手権大会2016年ベスト8

常総学院高校野球部は甲子園の常連校として、これまでに春夏通算25回の出場経験があり、優勝2回、準優勝2回の輝かしい戦績を残しています。

大会名回数勝敗数
春選抜高校野球大会9回13勝8敗
夏全国高校野球選手権大会16回28勝15敗
合計25回41勝23敗


私の甲子園での思い出の試合

私の常総学院高校の思い出の試合は、2003年第85回夏の甲子園大会で初優勝を果たした時の、決勝戦となります。

常総学院高校にとっては、この2003年は特別な年でもありました。それは、常総学院高校の野球部を率いて、春夏合わせて14回の甲子園出場、5回の決勝進出を果たし二度の大旗を手にした、名将の木内監督が今年度限りでの引退を発表していたからです。

木内監督は1984年第66回夏の甲子園において、取手二高校を率いて出場をすると、見事に全国制覇を成し遂げ時の人となりました。しかし、その木内監督は優勝の翌月、前年に新設されたばかりの常総学院高校の野球部監督に突如と移籍をし、世間を驚かせました。

そして、新設校の常勝学院高校を茨城県一の強豪校と呼ばれる、まさに常勝軍団を作り上げました。その木内監督の引退発表を受けて望んだ夏の甲子園で、選手たちは監督の花道を飾るべき奮起します。

決勝戦では、ダルビッシュ有選手を率いる東北高校と対戦をいたしました。2回に2点を先制された常総学院高校は、4回に5番、6番の連続タイムリーで3点を入れて逆転をいたします。

8回にも1点を追加した常総学院高校は、4対2で夏の甲子園初優勝を果たしました。この試合、エースの磯部選手の不調を受けて、3回途中からリリーフした飯島選手が4安打無失点の好投を見せて、東北高校の勢いを止めたことが大きな勝因となりました。
常総学院高校は木内監督最後の采配で、見事な逆転勝ちを収めて、夏の大会初優勝を飾ったのです。

常総学院高校野球部出身の主なプロ野球選手

強豪校の常総学院高校からは、多くのプロ野球選手が輩出されており、2名の選手が新人王を獲得しています。そこで、常総学院高校を卒業し、プロ野球選手となった10名について、卒業年度と最初に入団をした球団をご紹介いたします。

選手名     卒業年度最初に入団した球団
島田直也選手1988年日本ハムファイターズ
仁志敏久選手1990年読売ジャイアンツ
金子誠選手1994年日本ハムファイターズ
大埼雄太朗選手2003年西武ライオンズ
横川史学選手2003年東北楽天ゴールデンイーグルス
坂克彦選手2004年大阪近鉄バッファローズ
小池翔太選手2007年千葉ロッテマリーンズ
清原大貴選手2008年阪神タイガース
飯田大祐選手2009年オリックス・バッファローズ
内田靖人選手2014年東北楽天ゴールデンイーグルス

常総学院高校のDATA

住所 〒300-0849 茨城県土浦市中村西根1010
設立 1983年(現在の常総学院高校)
*男女共学の中高一貫の私立校
>>>常総学院高校のHPはこちらから<<< 
>>>高校HPの野球部紹介のページはこちらから<<< 

Check
当ブログでは、高校野球に関する様々な話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね!

高校野球に関しての話題はこちらからどうぞ。
高校野球の話題

おわりに

今回は、常総学院高校の野球部を特集してきましたが、いかがだったでしょうか。

甲子園の常連校として知られている常総学院高校ですが、2016年の夏の大会以降は出場できないでいます。2019年の夏は、3年ぶりに甲子園出場を狙っていましたが、残念ながら果たすことが出来ませんでした。

常総学院のグラウンドでは、早くも2020年の新チームが活動を始めている事でしょう。目標はもちろん4年ぶりの甲子園出場です。今後どのような戦いを見せてくれるか、楽しみにしたいと思います。

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。