西武ライオンズの背番号1番!バク宙も出来る?歴代の1番の選手と傾向を紹介

背番号の意味

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

埼玉西武ライオンズの秋山選手というと、どの秋山選手を思い浮かべますか?ほとんどの人が、秋山幸二選手か秋山翔吾選手を思い浮かべるのではないでしょうか?

そして、秋山幸二選手を思い浮かべるのであれば、それなりに年を召された方、秋山翔吾選手を思い浮かべるならまだ若い方、といった事が言えそうな気がします(^_^;)

今回は、秋山幸二選手もつけていた、埼玉西武ライオンズの背番号1番を特集します。前身球団を含めて背番号1番をつけた全ての選手と、特に活躍した3選手の紹介と、1番をつけた選手の傾向にも触れますので、楽しみにしてくださいね!




歴代の背番号1番を背負った選手をご紹介

2019年のシーズン開幕時点で、これまでに西武ライオンズの背番号1番を背負った選手は、合計17名です。まずは、西武ライオンズの背番号1番を背負った歴代の選手を、古い順から一挙ご紹介します。

年  度年 数球 団 名選 手 名
1950年1年西鉄クリッパーズ深見安博選手
1951年~1956年6年西鉄ライオンズ今久留主淳選手
1957年~1960年4年西鉄ライオンズ小淵泰輔選手
1961年~1962年2年西鉄ライオンズ大矢根博臣選手
1963年~1970年8年西鉄ライオンズ伊藤光四郎選手
1971年~1972年2年西鉄ライオンズ高橋二三男選手
1973年~1975年3年太平洋クラブライオンズビュフォード選手
1976年1年太平洋クラブライオンズアルー選手
1977年~1978年2年クラウンライターライオンズ空白
1979年0.5年クラウンライターライオンズ小川史選手
1979年~1981年2年西武ライオンズタイロン選手
1981年0.5年西武ライオンズ名取和彦選手
1982年~1986年5年西武ライオンズ空白
1987年~1993年7年西武ライオンズ秋山幸二選手
1994年~1998年5年西武ライオンズ佐々木誠選手
19991年西武ライオンズブロッサー選手
2000年~2003年4年西武ライオンズ高山久選手
2004年~2005年2年西武ライオンズフェルナンデス選手
2006年~2007年2年西武ライオンズ空白
2008年~埼玉西武ライオンズ栗山巧選手

比較的つけてきた早く選手が変わってきた背番号1番、現在つけている栗山選手の12年が目立っていますね!

背番号1番を背負って活躍した3選手のご紹介

次に、これぞ西武ライオンズの背番号1番と呼べる3名をピックアップし経歴をご紹介しますので、是非参考にしてください。

✓Check
各選手の紹介に合わせて、Amazonで販売されている商品の写真を添えています。Amazonの販売ページへのリンクが入っていますので、詳しく見てみたい場合はカードをクリック・タップしてみてください

秋山幸二選手

生年月日  1962年4月6日
出身地   熊本県八代郡
投/打   右/右
プロ野球歴 
西武ライオンズ(1981年~1993年)
福岡ソフトバンクホークス(1994年~2002年)
タイトル  本塁打王:1回、盗塁王:1回、最多勝利打点:2回
表彰    ベストナイン:8回、ゴールデングラブ賞:11回

秋山選手は現役時代に「スーパーアスリート」と呼ばれたほど、高い運動能力を持ち合わせていました。その運動能力の高さは、プロ野球の全球団から関心を持たれるほどでした。

しかし、高校生の秋山選手は、プロ野球への志望届けを出さなかったことから、ドラフトでは指名を受けなかったのですが、その後に急遽プロ入りを宣言し、ドラフト外で西武ライオンズに入団をいたします。

高校時代の秋山選手は投手を努めていました。しかし、打撃を優先させることから、プロ入り後は3塁にコンバートされます。

秋山選手は入団4年目にレギュラの座を掴みとると、40本塁打を放ち一気にブレイクします。森祇晶監督時には、守備の負担を軽くすることを目的とし、センターへの転向要請を受けます。

そして、チームの4番打者を努めていた田淵幸一選手が引退をすると、その後任に指名されます。すると、秋山選手は迎えた1987年に目覚ましい記録を残します。

43本塁打を放ち、初の本塁打王のタイトルを獲得すると、さらに51盗塁を記録して、盗塁王のダブルタイトルを獲得しました。これは、日本プロ野球史初の、「同一シーズン30本塁打以上・50盗塁以上」でした。

私の秋山選手の一番の思い出というと、1986年の広島カープとの日本シリーズ第8戦、ホームランを打った際にバク宙をしてホームインしたシーンです。

バク宙って、体操選手のように専門で鍛えた人が出来る技だと思っていましたが、秋山選手が軽々と披露したシーンは衝撃的でした。

恐らくバク宙は自己流、そして186センチという大柄な秋山選手という事を考えると、ご紹介してきた通り『スーパーアスリート』ぶりは半端なかったという事ですね。

1986年の日本シリーズは、2018年現在で唯一第8戦までもつれました。その一戦をテレビ観戦していた広島カープファンの私は、バク宙に『ふざけるな!』と思いました(^_^;)

と同時に、秋山選手の身体能力の高さに脱帽といった感じでもありましたね(笑)

✓Check
楽天市場でも、秋山選手のグッズが大量に販売されていました。現役を引退してから20年経つのにこれだけのグッズが販売されているのは、まだまだ人気のある証拠ですね。

>>>秋山選手のグッズを楽天市場で探してみる<<<

佐々木誠選手

生年月日  1965年10月3日
出身地   岡山県倉敷市
投/打   左/左
プロ野球歴 
福岡ダイエーホークス(1984年~1993年)
西武ライオンズ(1994年~1998年)
阪神タイガース(1999年~2000年)
ソノマカウンティ・クラッシャーズ(2001年)
タイトル  首位打者:1回、盗塁王:2回
表彰    ベストナイン:6回、ゴールデングラブ賞:4回

佐々木選手は西武ライオンズの秋山幸二選手とともに、「最もメジャーに近い男」といわれた天才スラッガーです。

高校時代は投手だった佐々木選手は、バッティングを買われて南海ホークスに入団をします。そして、走攻守の三拍子が揃った理想的な左打者として入団2年目から1軍に定着し、活躍を見せました。

南海ホークスでスラッガーとしての地位を築いた佐々木選手でしたが、1994年のダイエーホークスと西武ライオンズによる「世紀の大トレード」により、西武ライオンズへの移籍を余儀なくされます。

当時、西武ライオンズのスター選手でもあった秋山選手との交換トレードで西武に移籍をした佐々木選手は、秋山選手が付けていた背番号1番を継承しました。

その佐々木選手は3番打者として活躍し、特に初球から積極的に打ちに行く、強気のバッティングが魅力でした。そして、4番の清原和博選手とのコンビで、西武ライオンズの黄金期を支えました。

実は佐々木選手は、秋山幸二選手を尊敬していたそうです。その秋山選手がトレード相手になるとは、佐々木選手も凄く驚いたようですね。

そして移籍先の西武ライオンズでは、秋山選手のようなホームランを球団からだけでなく西武ライオンズファンからも期待されました。そして、秋山選手と比較してホームランが少なめなので、かなり野次られたといいます。

しかしアベレージヒッターであると自覚していた佐々木選手は、自分流を貫き通しました。ここで自分流を崩していたなら、佐々木選手は後悔しただろうし、恐らく成績も良くなかったのではないかと思います。

プロ野球選手である以上、トレードは避けてはとおれませんが、自分を見失ってしまうと思うような成績が残せないと思うので、私は佐々木選手のこだわりは正解だったと思います。

栗山巧選手

生年月日  1983年9月3日
出身地   兵庫県神戸市
投/打   右/左
プロ野球歴 埼玉西武ライオンズ(2002年~)
表彰    最多安打:1回、ベストナイン:1回、ゴールデングラブ賞:3回

栗山選手は、兵庫県の野球の名門育英高校時に、甲子園の春夏連続出場の経験を持ちます。高校通算で47本塁打を放った栗山選手は、期待のスラッガーとして西武ライオンズにドラフト4位で入団しました。

入団4年目に1軍に定着を果たした栗山選手は、その後の活躍をチームから認められたことから、背番号1番を与えられます。

1番を背負った栗山選手は、初めて規定打席に到達し、打率0.317と高打率を残すと、最多安打の初タイトルも獲得をしました。さらにその年、チームが日本一に輝くと、栗山選手はベストナインにも選出されています。

栗山選手は、持ち前の選球眼を生かし、ボールを手元にまでひきつけて打つことから、三振の少ないことが特徴です。広角打法でヒットを量産する栗山選手は、2008年から9年連続で100安打以上を記録しました。

2018年のシーズン終了時点で1,722本の安打数を放っていた栗山選手は、2019年8月に石毛宏典選手の記録を抜いて、球団新記録となる1807本目のヒットを放ちました。

こんな素晴らしい記録を打ち立てた栗山選手、背番号と同じく1番になりましたね(笑)ミスターライオンズと称されても、良いのではないかと思います!

背番号1番を付けた選手の傾向とは?

「1」という数字は、物事のトップを表すことから、プロ野球選手からも人気のある番号です。日本プロ野球においても、投手・野手に関係なく、チームの顔と呼べる選手が背番号1番を付ける傾向があります。

西武ライオンズにおける背番号1番は、前身の西鉄ライオンズから混迷を極めてきた傾向があり、背番号1番を付ける選手は短命が続きました。

しかし、1987年に秋山選手が背番号1番を付けたことで、ようやく落ち着きを見せます。そして、このころから西武ライオンズの背番号1番は、外野手の番号としての傾向が定着し、その後、佐々木選手や栗山選手へと継承されていました。

また、西武ライオンズの背番号1番は、外国人スラッガーに与えられる傾向もあります。その中には、2004年の入団時から33本塁打の放ち、優勝に大きく貢献したフェルナンデス選手もいます。

ちなみに、フェルナンデス選手はパ・リーグの球団間で5回のトレードを経験し、10年間に渡って日本プロ野球界で活躍を続けた選手です。

✓Check
当ブログでは、他にも埼玉西武ライオンズに関しての話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね。
埼玉西武ライオンズの話題

他にも野球に関する話題を多数お届けしています。
野球に関する話題はこちらからどうぞ

背番号別の特徴に関しての話題を提供しています。
背番号別の特徴

おわりに

今回は、埼玉西武ライオンズの背番号1番について特集してきましたが、いかがだったでしょうか?球団設立してしばらくは定着せずに、つける選手が早く変わる傾向がありましたが、秋山選手がつけてからは外野手が長くつけるようになりました。

埼玉西武ライオンズ一筋で活躍している栗山選手、ベテランの域に入っていますが、しぶといバッティングでどこまでヒット数を伸ばせるか、そして2,000本安打の記録達成なるか注目していきたいと思います。

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。