日本ハムファイターズの背番号5番!歴代の5番の選手と傾向を紹介

背番号の意味

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

プロ野球関連で人気の番組というと、選手の好プレーや珍プレーを特集したものがあります。さすがプロ野球選手だ!といった素晴らしいプレーや、逆にプロ野球選手なのに・・・といったプレーの特集で楽しませてくれます。

そんな番組で、好プレーの常連だったのが、当時の日本ハムファイターズに所属していた古屋英夫選手です。これぞプロ!という素晴らしい守備は、見ていて惚れ惚れとするものでした。

特にサードを守っていた際の、3塁線の打球に飛び込んでキャッチして、すかさず送球するプレーは、目を閉じると今でも思い浮かんでくる程、強烈に記憶に残っています。

今回は古屋選手もつけていた、北海道日本ハムファイターズの背番号5番について特集します。歴代の5番の選手や印象深い3選手の紹介、そして5番をつけてきた選手の傾向にも触れますので、楽しみにしてくださいね。




歴代の背番号5番を背負った選手をご紹介

2019年のシーズン開幕時点で、北海道日本ハムファイターズの背番号3を背負った選手は18名います。まずは、18名全ての選手をご紹介します。

年  度年 数球 団 名選 手 名
1950年1年東急フライヤーズ稲川豪一選手
1951年1年東急フライヤーズ野崎泰一選手
1952年~1954年3年東急フライヤーズ長沢正二選手
1955年~1956年2年東映フライヤーズ種田訓久選手
1957年~1961年5年東映フライヤーズ松岡雅俊選手
1962年~1965年4年東映フライヤーズ是久幸彦選手
1966年1年東映フライヤーズラーカー選手
1967年1年東映フライヤーズ岡嶋博治選手
1968年~1971年4年東映フライヤーズ松村正晴選手
1972年~1976年5年東映フライヤーズ高橋博士選手
1977年1年日本ハムファイターズ空白
1978年~1990年10年日本ハムファイターズ古屋英夫選手
1991年~1993年3年日本ハムファイターズ住吉義則選手
1994年~2003年10年日本ハムファイターズ井出竜也選手
2004年~2007年4年北海道日本ハムファイターズセギノール選手
2008年~2009年2年北海道日本ハムファイターズ稲田直人選手
2010年~2014年5年北海道日本ハムファイターズ小谷野栄一選手
2015年~2018年4年北海道日本ハムファイターズレアード選手
2019年~北海道日本ハムファイターズ大田泰示選手

大半の選手が5年以下なのに対して、古屋選手と井出選手の10年というのが光っていますね!

独断と偏見!背番号5番の3選手のご紹介

次に 、私が特に印象深く感じている3選手を紹介します。ぜひご覧ください。

✓Check
古屋選手と井出選手の紹介に合わせて、楽天市場やAmazonで販売されている商品の写真を添えています。販売ページへのリンクが入っていますので、詳しく見てみたい場合はカードをクリック・タップしてみてください

古屋英夫選手

生年月日  1955年8月1日
出身地   千葉県冨津市
投/打   右/右
プロ野球歴 
日本ハムファイターズ(1978年~1990年)
阪神タイガース(1991年~1992年)
タイトル  最多勝利打点1回 
表彰    ゴールデングラブ賞4回
*オールスター出場2回

身長173センチとプロ野球選手としてはやや小柄ながら、がっしりとした体格、それでいてシーズン2ケタ盗塁を6回、通算で122盗塁を決めるなど機動力もあった古屋選手。「ボンバー」というニックネームがよく似合いました。

千葉・木更津中央高では1年生からエースで4番を務めた古屋選手。甲子園出場は叶いませんでしたが、千葉県選抜チームの4番打者にも抜擢されるなど、高く評価されていました。この千葉選抜チームで3番を打っていたのが阪神タイガースに入団する掛布雅之選手です。

亜細亜大に進学後、野手に転向し4番打者を務めた古屋選手は1977年のドラフト会議でファイターズから2位指名を受け入団します。

プロ1年目から三塁手のレギュラーとして起用されますが、打率は2割台前半、守備でもエラーが目立ちますが辛抱強く使われ続け、2年目にはキャリアハイとなる打率.312 本塁打も15本をマーク。一気に主力打者の仲間入りを果たしました。

1981年から84年までは全試合出場。1985年には4番打者に定着し、自身二度目の打率3割と初の30本塁打を達成。また96打点を挙げ、勝負強いバッティングでチームをAクラスに押し上げ、当時表彰対象だった最多勝利打点のタイトルを獲得します。

1986年以降は出場機会を優先し、打順にこだわらずプレーします。その結果1989年5月5日、対阪急ブレーブス戦で9番打者として本塁打を放ち、全打順で本塁打を放つという、史上初の記録を達成しました。

この記録は2019年現在、古屋選手を含め11人しか達成していません。

1991年には阪神タイガースへ移籍。ここでも勝負強い打撃は健在で、代打の切り札として活躍しました。

古屋選手の成績を見ていて、意外だなと思ったのが盗塁数です。1986年には23個を記録して、通算でも100個を超えています。足が速いように見えませんが(^^;)、実は速かったのですね!

高橋博士選手

生年月日  1946年3月10日
出身地   宮崎県宮崎市
投/打   右/右
プロ野球歴
南海ホークス(1964年~1971年)
東映フライヤーズ・日本ハムファイターズ(1972年~1976年)
ロッテオリオンズ(1977年~1982年)
*オールスター出場1回

宮崎商高時代から強打の捕手として注目されていた高橋選手。1964年に南海ホークスに入団しますが、当時ホークスには三冠王・野村克也選手が君臨しており、打力を活かすために内野手にコンバートされます。

入団していきなりサンフランシスコ・ジャイアンツの1Aへチームメートと共に野球留学に出かけます。このとき一緒に留学した選手に、日本人初のメジャーリーガーとなった村上雅則選手がいました。

1972年、ファイターズの前身、東映フライヤーズへトレード。背番号「5」を背負います。内野ならどこでも守れるユーティリティープレーヤーとして活躍していた高橋選手ですが、1974年に球史に名を残す快挙(?)を達成します。

この年は日本ハムファイターズとしての最初の年でしたが、開幕から成績が低迷、早々に最下位が決まってしまいます。そんな9月29日の消化試合で、髙橋選手はファンサービスの一環として球界初となる1試合で全ポジションを守りました。

これは2019年現在でも高橋選手だけしか記録していません。発案者は当時ファイターズの球団社長を務めていた、三原脩さんです。三原さんは元巨人・西鉄などの監督を務め、セオリーに囚われない選手起用、戦術を用いることから「魔術師」と呼ばれた人物でした。

1977年からは高橋選手はロッテオリオンズに移籍して。捕手に再コンバートされます。ロッテでは捕手としては珍しい背番号「1」を付けていましたが、1981年、甲子園の優勝投手・愛甲猛選手に1番を譲り、以降は背番号「15」を着用しました。

井出竜也選手

生年月日  1971年4月19日
出身地   山梨県南都留郡富士河口湖町
投/打   右/右
プロ野球歴
日本ハムファイターズ(1994年~2003年)
読売ジャイアンツ(2004年)
福岡ソフトバンクホークス(2005年~2006年)
表彰    ゴールデングラブ賞2回

山梨・吉田高時代はエースを務めていた井出選手。3年生の夏には甲子園に出場、2勝を挙げています。この時、2回戦で対戦した熊本工高には、後に広島東洋カープに入団する前田智徳選手がいました。

卒業後は社会人野球・日本通運に入社。外野手に転向します。元投手ということもあり強肩、俊足巧打も加わり社会人野球を代表する選手となった井出選手をファイターズは1993年のドラフト会議で2位指名し、入団させます。即戦力と期待した球団は背番号「5」を用意しました。

プロ2年目の1995年には一軍に定着。1番センターを定位置とします。強肩を武器に2度のゴールデングラブ賞を獲得。打撃でもパンチ力を兼ね備えたトップバッターとして活躍、2000年には自己最多の13本塁打を放ちます。

1999年4月7日の対西武ライオンズ戦では大物ルーキー・松坂大輔投手の初登板にトップバッターとして登場。松坂投手の前に見逃し三振、プロ初奪三振を献上してしまいました。

2003年オフ、翌年から北海道に移転するファイターズの新ユニフォーム発表会でモデルを務めましたが読売ジャイアンツ・入来佑作選手との交換トレードが成立。皮肉なことに北海道日本ハムファイターズには在籍しなかったもののユニフォームには袖を通すこととなりました。

巨人移籍後は本来の力を発揮できずわずか1年で戦力外となってしまいます。

2005年からは福岡ソフトバンクホークスでプレー。守備固めでの起用が主となりました。翌2006年には一軍未出場となり、現役引退を表明。そのままホークスの守備走塁コーチに就任しました。

[ad]

背番号5番をつけた選手の傾向とは?

古屋選手の活躍により、「強打の内野手」のイメージが付いた背番号5番。古屋選手の後を継いだ住吉義則選手も強打が売り物の、ドラフト1位指名された内野手でした。

その後、井出選手によって外野手の番号として定着するかと思われましたが、セギノール、稲田直人、小谷野栄一、レアード各選手と受け継がれ再び内野手、特に稲田選手以降は三塁手のイメージが復活しました。

2019年、背番号5は巨人から移籍し、その才能が開花した大田泰示選手が背負うこととなりました。元来内野手だったもののファイターズでは外野手として定位置を確保した大田選手。2019年シーズンでは自身初となる20本塁打を達成しました。

Check
当ブログでは、野球に関する様々な話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね!

北海道日本ハムファイターズに関しての話題はこちらからどうぞ。
日本ハムファイターズの話題

他にも野球に関する話題を多数お届けしています。
野球に関する話題はこちらからどうぞ

背番号別の特徴に関しての話題を提供しています。
背番号別の特徴

おわりに

今回は、北海道日本ハムファイターズの背番号5番を特集してきましたが、いかがだったでしょうか?内野手、特に3塁手がつけてきた傾向がわかりましたね。

2017年に移籍してきた太田選手、どんどん成績を上げているだけに2020年シーズンも大いに期待されています。

2020年、大田選手は30歳を迎えます。まだまだ現役生活は続くどころか、ここからが円熟期です。ぜひ、大田選手には30本塁打を達成し、「ファイターズの背番号5番と言えば大田」とファンに永く語り継がれるような活躍を期待します!

大田選手の秘めたる力には、それだけの魅力がぎっしりと詰まっているのです。

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。