山梨学院高校野球部!2019年・2020年メンバーや成績・監督や甲子園の活躍をご紹介

高校野球・大学野球

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

山梨学院高校は、山梨県にある1956年設立の私立高校です。勉強だけでなくスポーツにも力を入れていて、サッカー部や駅伝部は全国トップクラスの実力を備えています。

野球の強豪校としても知られ、春夏合計で12回もの甲子園出場を果たしました。2019年の秋の関東大会でも準優勝して、2020年春の選抜大会出場の有力候補となっています。

今回は、山梨学院高校野球部を特集します。2019年秋の新メンバーや戦績、監督の紹介、されに甲子園での戦績やプロ野球に入ったOBにまで触れていきますので、楽しみにしてくださいね。




✓Check
今回ご紹介するにあたって、学校のホームページなどで出来るだけ正確な情報を心がけて調べてみましたが、一部不明な点や間違っている可能性もあります。
あくまでも参考情報としてご覧ください。

山梨学院高校の2019年新メンバーをご紹介!

まずは、2019年秋季関東地区大会出場時の登録メンバーをご紹介します。

背番号名前学年ポジション出身中学校中学時の所属チーム
1吉川大選手投手2年生富山県富山市北部中バンディッツヤング
2栗田勇雅選手捕手2年生福島県いわき市平第一中いわきボーイズ
3橘田陸斗選手内野手2年生笛吹市一宮中甲府南リトルシニア
4功刀史也選手外野手2年生南アルプス市白根巨摩中山梨クラブ(軟式)
5中島大介選手内野手2年生不明大津瀬田ボーイズ
6小吹悠人選手内野手2年生福島県いわき市小名浜第二中いわきボーイズ
7外川温大選手外野手2年生富士河口湖町河口湖南中富士河口湖リトルシニア
8渡邉嵩馬選手外野手2年生西桂町西桂中山梨ふじやまボーイズ
9才津紘大選手外野手2年生神奈川県川崎市宮崎中都筑中央ボーイズ
10河瀬貴洋選手投手2年生富山県富山市奥田中バンディッツヤング
11上野颯夏選手捕手2年生神奈川県川崎市西中原中横浜青葉ボーイズ
12笠井陽介選手捕手1年生昭和町押原中北杜ボーイズ
13河野修慈選手外野手2年生長崎県佐世保市大野中中学軟式野球部
14志村佳樹選手内野手2年生富士吉田市明見中富士河口湖リトルシニア
15山元丈輝選手内野手1年生静岡県浜松市開成中KWB静岡選抜(軟式)
16岸本侑他選手内野手1年生不明山梨ボーイズ
17藤巻洋佑選手投手2年生中央市玉穂中中学軟式野球部
18松村駿選手外野手2年生静岡県菊川市岳洋中島田ボーイズ

山梨学院高校は、山梨県甲府市にあり、登録選手の18名中11名が山梨県外出身の選手です。登録選手の多くが、中学時代に関西や関東のボーイズやシニアの強豪チームでプレイしており4年連続で夏の甲子園に出場中の、山梨県を代表する強豪校です。

山梨学院高校の私のイチオシ選手!

私のイチオシ選手は、栗田勇雅(くりたゆうが)選手です。栗田選手は、中学時代、福島県のいわきボーイズでプレイしました。

日本代表にも選出され、同じく山梨学院高校に進学した小吹選手とバッテリーを組み全国大会の経験や東北選抜に選ばれるなど、東北地区では非常に有名な選手でした。

その栗田選手は、1年春の県大会からベンチ入りを果たすと、関東大会では強豪校相手に本塁打を放つなどの活躍を見せ、正捕手の座を掴み取ります。

正捕手として3期連続で甲子園に出場しており、夢の5期連続出場も現実味を帯びてきました。172cm・79kgと上背はないものの、どっしりとした体格からの鋭いスウィング、パンチ力のある打撃が持ち味です。

また、強豪校で1年春から正捕手の座を掴み、プロ入りした垣越選手らとバッテリーを組んだ経験もあるため守備の面やリードの面でも高評価を得ています。甲子園での活躍次第では、2020年のドラフト会議を賑わせるかもしれません。




山梨学院高校2019年秋の公式戦の戦績

次に、山梨学院高校野球部新チームの、初めての公式戦となる2019年秋季大会からの戦績をご紹介いたします。

日付大会名何回戦対戦相手スコア備考(県大会出場決定など)
2019年9月8日2019年 第72回秋季関東地区高等学校野球大会山梨県予選 1回戦市川・峡南・増穂高校○16-0
2019年9月22日2回戦巨摩高校○3-0
2019年9月28日準々決勝東海大甲府高校○17-6
2019年10月5日準決勝甲府工業高校○7-5関東大会出場決定
2019年10月6日決勝戦駿台甲府高校○8-5優勝
2019年10月20日2019年 第72回秋季関東地区高等学校野球大会1回戦文星芸大附属高校○11-6
2019年10月21日準々決勝花咲徳栄高校○2-1
2019年10月26日準決勝桐生第一高校○6-5
2019年10月27日決勝健大高崎高校●0-3準優勝

関東大会で見事に準優勝を果たし、2020年の春の選抜大会出場が決定的となりました。




山梨学院高校の監督ってどんな人?

2019年現在、山梨学院高校野球部を率いるのは、山梨学院大学出身の吉田洸二(よしだこうじ)さんです。

選手としての経歴

佐世保商業高校-山梨学院大学

指導者としての経歴

 

2001年 長崎県立清峰高校野球部監督就任
2005年 第87回夏全国高校野球選手権大会初出場
2006年 第78回春選抜高校野球大会初出場準優勝
2009年 第81回春選抜高校野球大会優勝
2013年 山梨学院高校野球部監督就任
2014年 第86回春選抜高校野球大会出場
2016年 第98回夏全国高校野球選手権大会出場

吉田監督ってこんな人

吉田監督は、長崎県の佐世保商業高校、山梨学院大学で選手としてプレーしました。大学卒業後は、地元の長崎県の高校に社会科の教諭として赴任します。

高校野球の監督として、吉田監督の名を全国に知らしめたのは、2001年に清峰高校の監督に就任してからです。2005年夏に甲子園に初出場を果たすと、優勝候補であった愛工大名電高校と済美高校を連破し、一躍注目を集めます。

翌2006年の春の選抜でも初出場で準優勝し、2009年の選抜では公立校でありながら優勝を果たしました。2013年に山梨学院高校の監督に就任すると、2016年から4年連続で夏の甲子園に出場するなど山梨県では山梨学院高校が1強となりつつあります。

吉田監督の指導方針には、2つの特徴があります。1つ目は、選手とのコミュニケーションです。控え選手ともしっかりコミュニケーションをとり、選手に合わせた役割を与えてあげることでチームの結束を高めています。

2つ目は、体力トレーニングの重視です。体力の強化はもちろんですが、精神力の強化や怪我しない体づくりという目的もあります。

また、週に1日は休日を設け、心身をリフレッシュさせることによってチームに活力を与えています。




山梨学院高校野球部の甲子園での戦績

山梨学院高校野球部のこれまでの甲子園での戦績をご紹介します。

大会名回数勝敗数
春選抜高校野球大会3回2勝3敗
夏全国高校野球選手権大会9回2勝9敗
合計12回4勝12敗

山梨学院高校野球部は、これまでに春夏通算12回出場していますが、最高成績が2回戦となっています。

大会名西暦戦績
第66回春選抜高校野球大会1994年2回戦敗退
第77回夏全国高校野球選手権大会1995年2回戦敗退
第78回夏全国高校野球選手権大会1996年2回戦敗退
第82回夏全国高校野球選手権大会2000年1回戦敗退
第91回夏全国高校野球選手権大会2009年2回戦敗退
第93回夏全国高校野球選手権大会2011年1回戦敗退
第86回春選抜高校野球大会2014年1回戦敗退
第98回夏全国高校野球選手権大会2016年2回戦敗退
第99回夏全国高校野球選手権大会2017年1回戦敗退
第100回夏全国高校野球選手権大会2018年1回戦敗退
第91回春選抜高校野球大会2019年2回戦敗退
第101回夏全国高校野球選手権大会2019年1回戦敗退

名将吉田監督が就任し、長年横浜高校の部長だった小倉氏が臨時コーチとして指導するほか全国から有望な選手も入学しているため、今後の躍進が期待されます。

甲子園での思い出の試合

私の山梨学院高校の思い出の試合として、2019年第91回春選抜高校野球大会の1回戦の試合をご紹介します。

北海道の札幌第一高校との対戦となったこの試合は、打撃戦が予想されました。1回表、山梨学院高校先発の相澤投手は2安打を浴びるも、札幌第一高校の攻撃をゼロに抑えました。

すると、1回裏、山梨学院高校の打線が爆発します。2番菅野選手の先制本塁打を皮切りに、四球を挟んで5連打で4点を奪いました。相手投手が交代した後も猛攻を続け、締めくくりは「和製デスパイネ」こと野村選手の3点本塁打でした。

この回、8安打(内2本塁打)、3四死球で10点を奪う猛攻を見せました。その後、札幌第一高校に小刻みに点を返されますが、山梨学院高校はそれ以上に点を奪い続けます。8回裏には、野村選手がこの試合2本目の本塁打を放つなど5点を挙げました。

結局、24安打で24点を奪い、24-5のスコアで圧勝しました。この試合で記録した24安打は、選抜の1試合最多安打のタイ記録に並び、歴史に名を刻みました。

しかも、山梨学院高校は後攻めだったため、8回までの攻撃で記録したことになります。この試合で、全国の高校野球ファンにとって、山梨学院高校の「猛打」の印象はより強いものとなりました。




山梨学院高校野球部出身のプロ野球選手

山梨学院高校野球部からは、これまでに12人の選手がドラフト指名を受けプロ入りしています。中でも、2004年からソフトバンクホークス一筋でプレイを続ける明石健志選手を紹介します。

明石選手は、抜群の身体能力を誇り、内野ならどこでも守れるユーティリティプレイヤーです。

打撃成績は、強力ソフトバンク打線の中では決して輝いているとは言えませんがその守備力や走力はチームでもトップレベルで、ここぞという場面での活躍から、非常に重宝されている選手と言えます。

選手名     卒業年度最初に入団した球団
牧野塁選手1992年オリックスブルーウェーブ
五島裕二選手1994年オリックスブルーウェーブ
伊藤彰選手1996年ヤクルトスワローズ
森田丈武選手1998年東北楽天ゴールデンイーグルス
苫米地鉄人選手1999年広島東洋カープ
玉山健太選手2000年広島東洋カープ
大島崇行選手2001年広島東洋カープ
松本哲也選手2002年読売ジャイアンツ
明石健志選手2003年福岡ダイエーホークス
内村賢介選手2003年東北楽天ゴールデンイーグルス
雨宮敬選手2005年読売ジャイアンツ
垣越建伸選手2018年中日ドラゴンズ

山梨学院高校のDATA

住所      〒400-0805 山梨県甲府市酒折3-3-1
設立     1956年(山梨学院短期大学附属高校として)
建学の精神  
品格品性に富む豊かな心を涵養し、気魄をもって広く世界に知を求め、輝かしい未来を拓くたくましい人材の育成
*男女共学の中高大一貫校

Check
当ブログでは、高校野球に関する様々な話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね!

高校野球に関しての話題はこちらからどうぞ。
高校野球の話題

おわりに

今回は、山梨学院高校野球部を特集してきましたが、いかがだったでしょうか?

過去に12回甲子園に出場しているものの、最高成績が2回戦までと実力を発揮できていない印象です。2020年の春の選抜大会出場が決まれば、3回線以上の進出が目標となるでしょうね。

甲子園に山梨学院旋風が吹き荒れるのか、注目して見ていきたいと思います。

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。