大阪桐蔭高校野球部!2019年・2020年メンバーや成績・監督や甲子園の活躍をご紹介

高校野球・大学野球

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

平成最強の高校野球のチームってどこ?この問いに真っ先に名前があがるのが大阪桐蔭高校ではないでしょうか?

平成3年(1991年)春の選抜大会で甲子園初出場を果たすと、平成30年(2018年)の夏の甲子園までで実に63もの勝利を積み重ねてきました。

2019年秋の近畿大会でも準優勝して、2020年の春の選抜大会出場が有力視されています。

今回は、大阪桐蔭高校野球部の特集です。2019年の新メンバーや秋の大会の結果、監督の紹介、さらに甲子園での戦績やプロ野球に進んだ主なOBまで触れていきますので、楽しみにしてくださいね。




✓Check
今回ご紹介するにあたって、学校のホームページなどで出来るだけ正確な情報を心がけて調べてみましたが、一部不明な点や間違っている可能性もあります。
あくまでも参考情報としてご覧ください。

大阪桐蔭高校の2019年新メンバーをご紹介!

まずは、2019年度秋季近畿大会出場時の登録メンバーをご紹介いたします。

背番号名前学年ポジション出身中学校中学時の所属チーム
1藤江星河2年生投手諫早中学校諫早ボーイズ
2坂玲哉1年生捕手立水口中学校湖南ボーイズ
3船曳烈士 2年生内野手たつの龍野西中佐用スターズ 
4加藤巧也 2年生内野手岡山京山中ヤンキース岡山
5西野力矢 2年生内野手紀の川市立粉河中学校南大阪ベースボールクラブ
6伊東光亮2年生内野手広島五日市南中広島中央リトルシニア 
7 上野海斗2年生外野手熊本北リトルシニア
8池田陵真1年生外野手和泉市立和泉中和泉サークルズ少年野球部
9仲三河優太2年生外野手大平中学校小山ボーイズ
10前田健伸1年生内野手立末武中学校山口東リトルシニア 
11申原理来2年生投手神戸西代中神戸甲南ボーイズ
12清水大晟 2年生捕手伊賀青山中伊勢志摩ボーイズ
13 柳野友哉2年生内野手芦屋市立山手中神戸中央リトルシニア
14藪井駿之裕2年生内野手大東畷ボーイズ
15松浦慶斗1年生投手旭川明星中学旭川大雪ボーイズ
16 竹中勇登 1年生内野手浅口市立金光中倉敷ビガーズ
17関戸康介 1年生投手明徳義塾中明徳義塾中
18浅野駿2年生外野手大阪福島リトルシニア
19増田和希2年生内野手松原ボーイズ
20古藤遙人2年生投手京都嵐山ボーイズ

私立の大阪桐蔭高校は、登録メンバー全員が全国の強豪シニアリーグや中学校の経験者であり、年代別の侍ジャパンに選出されている選手が多く在籍しています。

そのため、高校野球を知らない人でも知っているぐらいの高校野球の超名門高校です。春夏通算8度の甲子園優勝を誇る名実ともに強豪校です。

大阪桐蔭高校の私のイチオシ選手!

私のイチオシ選手は、現在の大阪桐蔭高校の主軸を担っている仲三河優太(なかみかわゆうた)選手です。

仲三河選手は栃木県の強豪シニアチームである小山ボーイズから鳴り物入りで入学しています。U15日本代表ではエースとしてチームを引っ張り、高校入学後も一年生のころは投手として試合にも出場していました。

しかし、怪我で野手転向し、現在では外野手で4番を任される強打者へと成長しました。驚かされるのが180cm・90kgというその高校生離れした体格です。

見た感じでは90kgの巨漢には見えません。しかし、よく見るとその太い腕、太ももからは筋肉が非常に鍛え上げられているように感じられます。

オープンスタンスで少しバットを左右に動かしながらタイミングをとります。重心低く、腰が据わったその構えは威圧感たっぷりです。一見パワーヒッターのように思えますが,低めの変化球をセンター前にうまく救ってヒットにするなどバッティングの柔らかさにも注目です。

これは、投手時代のフォームを見ても体の使い方が非常に上手であることからも分かります。強さと柔らかさを兼ね備えた大阪桐蔭高校の四番・仲三河選手に注目です。




大阪桐蔭高校2019年秋の公式戦の戦績

大阪桐蔭高校野球部2019年・2020年チームの、初めての公式戦となる2019年秋季大会の戦績をご紹介します。

日付大会名何回戦対戦相手スコア備考(県大会出場決定など)
2019年9月14日令和元(2019)年度 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選 2回戦渋谷○24-0
2019年9月22日3回戦岸和田○13-2
2019年9月23日4回戦大阪産大附○12-0
2019年9月28日5回戦近大附属○9-1
2019年9月29日準々決勝上宮○11-0
2019年10月6日準決勝初芝立命館○13-2
2019年10月13日決勝履正社○9-6優勝
2019年10月20日令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会 1回戦立命館守山丸○19-1
2019年10月27日準々決勝明石商業○4-3
2019年11月2日準決勝智弁学園○6-5
2019年11月4日決勝天理●12-4準優勝

大阪府大会で優勝、そして近畿大会では準優勝して、2020年の春の選抜大会出場の有力候補です。




大阪桐蔭高校の監督ってどんな人?

2019年現在、大阪桐蔭高校野球部を率いるのは、西谷浩一(にしたにこういち)さんです。

選手としての経歴

兵庫県報徳学園から関西大学に進学。

関西大学4年時には控え捕手でありながら100人以上のメンバーをまとめる主将を務めています。野球エリートとは言えないものの、リーダーシップには選手時代から定評があったのだろうと想像できます。

指導者としての経歴

 

1993年 大阪桐蔭高等学校野球部コーチ就任。
1998年 大阪桐蔭高校野球部監督就任。
2001年 大阪桐蔭高等学校野球部コーチに。
2002年 大阪桐蔭高校野球部監督再就任。
2008年 自身初の全国制覇。
2012年 史上7校目の春夏連覇。
2018年 史上初2度目の春夏連覇。

西谷監督ってこんな人

西谷監督は、現在の甲子園常連の大阪桐蔭高校野球部を作り上げた名将です。全国制覇7回は歴代最多の優勝回数です。

常日頃から,選手たちに「困ったときに,人から頼りにされる人間になろう」と話しているそうです。これは例えば来客の方がグラウンドにいらした時、案内するだけでも、ちゃんと気配りもして配慮できる人間になって欲しいという思いであり、そういった野球以外の人間的な教えが野球名門高校を作り上げていると言えます。

また、西谷監督は大のベビースター好きでも有名で毎年現阪神の藤浪投手が大量のベビースターを差し入れすることで知られています。このようなエピソードからも西谷監督と選手との強い絆が感じられます。




大阪桐蔭高校野球部の甲子園での戦績

大阪桐蔭高校は、2018年には史上初の二度目の春夏連覇を達成しています。そんな大阪桐蔭高校野球部のこれまでの甲子園での戦績をご紹介します。

大会名回数勝敗数
春選抜高校野球大会10回26勝7敗
夏全国高校野球選手権大会10回37勝5敗
合計20回63勝12敗

63という勝利数も凄いですが、12敗しかしていないというのも素晴らしいですね!

大会名西暦戦績
第63回春選抜高校野球大会1991年ベスト8
第73回夏全国高校野球選手権大会1991年優勝
第84回夏全国高校野球選手権大会2002年一回戦敗退
第76回春選抜高校野球大会2004年二回戦敗退
第87回夏全国高校野球選手権大会2005年ベスト4
第88回夏全国高校野球選手権大会2006年二回戦敗退
第79回春選抜高校野球大会2007年ベスト8
第90回夏全国高校野球選手権大会2008年優勝
第82回春選抜高校野球大会2010年二回戦敗退
第84回春選抜高校野球大会2012年優勝
第94回夏全国高校野球選手権大会2012年優勝
第85回春選抜高校野球大会2013年三回戦敗退
第95回夏全国高校野球選手権大会2013年三回戦敗退
第96回夏全国高校野球選手権大会2014年優勝
第87回春選抜高校野球大会2015年ベスト4
第88回春選抜高校野球大会2016年二回戦敗退
第89回春選抜高校野球大会2017年優勝
第99回夏全国高校野球選手権大会2017年三回戦敗退
第90回春選抜高校野球大会2018年優勝
第100回夏全国高校野球選手権大会2018年優勝

甲子園での思い出の試合

大阪桐蔭高校の思い出の試合として、2012年第94回全国高校野球選手権大会の決勝の試合をご紹介します。

藤浪投手(現阪神タイガース)や当時2年生捕手だった森友哉捕手(現埼玉西武ライオンズ)を擁して臨んだ八戸学院高生光星学院との決勝戦です。

光星学院はこの年、3番4番に田村捕手(現千葉ロッテマリーンズ)、北條内野手(現阪神タイガース)を擁し春の選抜の決勝戦と同じチーム同士での決勝戦でした。

何と言っても必見なのは、田村選手や北條選手が引っ張る光星学院の打線をねじ伏せるエース藤浪投手のピッチングです。

前半は両チームよく守って無得点のまま進み、4回裏に7番白水選手のソロホームランで先制します。5回裏には光星学院の守備の乱れで大阪桐蔭高校に2点追加し、3対0とします。そのまま点数は3対0で大阪桐蔭高校が勝利し大阪桐蔭高校野球部史上初の春夏連覇を果たしました。

試合の勝敗以上に、藤浪投手の高校生とは思えない投球と田村選手、北條選手の高校生とは思えないスイングの勝負は全打席が見ものです。また、データでは表せない大阪桐蔭高校の強さというものが各所に見られる試合でもありました。




大阪桐蔭高校野球部出身の主なプロ野球選手

大阪桐蔭高校野球部からは多数のプロ野球選手が排出されています。主なプロ野球選手とその球団を紹介します。

選手名     卒業年度最初に入団した球団
中村剛也選手2001年埼玉西武ライオンズ
西岡剛選手2002年千葉ロッテマリーンズ
岩田稔選手2005年阪神タイガース
平田良助選手2005年中日ドラゴンズ
辻内崇伸選手2005年読売ジャイアンツ
中田翔選手2007年北海道日本ハムファイターズ
浅村栄斗選手2008年埼玉西武ライオンズ
高島毅選手2008年オリックスバッファローズ
丸毛謙一選手2010年読売ジャイアンツ
江村直也選手2010年千葉ロッテマリーンズ
西田直斗選手2011年阪神タイガース
藤浪晋太郎選手2012年阪神タイガース
岡田雅利選手2013年埼玉西武ライオンズ
森友哉選手2013年埼玉西武ライオンズ
香月一也選手2014年千葉ロッテマリーンズ
青柳昴樹選手2015年横浜DeNA
澤田圭佑選手2016年オリックスバッファローズ
高山優希選手2016年北海道日本ハムファイターズ
山足達也選手2017年オリックスバッファローズ
藤原恭大選手2018年千葉ロッテマリーンズ
横川凱選手2018年読売ジャイアンツ
柿木連選手2018年北海道日本ハムファイターズ
根尾昂選手2018年中日ドラゴンズ

大阪桐蔭高校のDATA

住所      〒574-0013 大阪府大東市中垣内3-1-1
設立     1983年 当時の名称は大阪産業大学高等学校大東校舎
建学の精神   偉大なる平凡人たれ
*男女共学の中高一貫の私立高校

Check
当ブログでは、高校野球に関する様々な話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね!

高校野球に関しての話題はこちらからどうぞ。
高校野球の話題

おわりに

今回は、大阪桐蔭高校野球部を特集してきましたいかがだったでしょうか?

平成の時代には、最強軍団の名を欲しいままにしてきた大阪桐蔭高校、令和になってもその強さを見せつける事が出来るのか、大注目ですね!

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。