履正社高校野球部!2019年・2020年メンバーや成績・監督や甲子園の活躍をご紹介

高校野球・大学野球

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

私立の履正社高校は、1922年創立という、歴史のある大阪府の私立の高等学校です。1983年に大阪福島商業高校から履正社高校へと改称ししています。

高校野球の強豪校としても全国的に名が知れ渡っていて、2019夏年の甲子園で念願の全国制覇を成し遂げました。その後の秋の近畿大会でもベスト4に入り、2020年の春の選抜大会の出場が有力視されています。

今回は、履正社高校野球部について特集します。2019年の新メンバーや戦績、監督や甲子園での戦績の紹介、さらにプロ野球の進んだ主なOBについても触れますので、楽しみにしてくださいね。




✓Check
今回ご紹介するにあたって、学校のホームページなどで出来るだけ正確な情報を心がけて調べてみましたが、一部不明な点や間違っている可能性もあります。
あくまでも参考情報としてご覧ください。

履正社高校の2019年新メンバーをご紹介!

まずは、2019年度秋季近畿大会出場時の登録メンバーをご紹介いたします。

背番号名前学年ポジション出身中学校中学時の所属チーム
1岩崎峻典選手2年生投手大宮中大淀ボーイズ
2関本勇輔選手2年生捕手苦楽園中兵庫西宮ボーイズ
3島野圭太選手2年生内野手堀江中大淀ボーイズ
4池田凜選手2年生内野手英田中生駒ボーイズ
5小深田大地選手2年生内野手飾磨中部中姫路アイアンズ
6中原雄也選手2年生内野手久宝寺中大阪八尾ボーイズ
7両井大貴選手2年生外野手泉ヶ丘東中松原ボーイズ
8田上奏大選手2年生外野手住之江中西成ボーイズ
9大西蓮選手2年生外野手両荘中播磨ボーイズ
10内星龍選手2年生投手南千里中北大阪ボーイズ
11衣笠遼選手2年生投手御影中神戸ドラゴンズ
12松田遼太選手2年生捕手氷丘中播磨ボーイズ
13島千輝選手2年生内野手広野中大阪交野ボーイズ
14弓埜祥太郎選手2年生内野手玉出中西成ボーイズ
15中島颯人選手2年生内野手 本多聞中神戸ドラゴンズ
16田浦和真選手2年生外野手大社中大淀ボーイズ
17辰己颯選手2年生投手 畝傍中奈良葛城ボーイズ
18渡邊純太選手1年生投手神戸中央リトルシニア
19中田陽志選手2年生外野手松崎中兵庫西宮ボーイズ
20真鍋剛志選手2年生内野手東陽中西淀ボーイズ

履正社高校の私のイチオシ選手!

私のイチオシ選手は、秋季近畿大会では、履正社高校のエースとしてチームを支えた岩崎峻典(いわさきしゅんすけ)選手です。

岩崎選手は、2019年夏の甲子園で2年生ながらチームの2番手として優勝に大きく貢献しました。準決勝の明石商業高校選では、先発し完投勝利、決勝戦では7回から登板しチームのピンチを救うなど甲子園で大きく成長した選手です。

持ち味は、その投げっぷり、マウンド度胸です。甲子園でも準決勝という大舞台に物おじせず完投、決勝戦でもピンチでマウンドに上がりチームを救いました。ピッチャーとして一番大事になる気持ちの部分を十分に持っている選手だと感じます。

武器は、カットボールのように鋭く曲がるスライダーとフォークです。コントロールが良く、低めにストレートを集めて追い込むと同じ高さからフォークなどのボール球を振らせることができます。腕の振りがどの球種も近いためバッターがスイングしてしまうのでしょうね。

球速や群を抜いた変化球などの、派手さこそありませんが度胸と経験でチームを勝利に導く岩崎選手に注目です。




履正社高校2019年秋の公式戦の戦績

履正社高校野球部2019年・2020年チームの、初めての公式戦となる2019年秋季大会の戦績をご紹介いたします。

日付大会名何回戦対戦相手スコア備考(県大会出場決定など)
2019年9月7日令和元(2019)年度 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選 1回戦八尾北○30-0
2019年9月10日2回戦明星○13-3
2019年9月21日3回戦阪南大高○11-0
2019年9月23日4回戦清教学園○13-6
2019年9月26日5回戦大商大高○11-0
2019年10月4日準々決勝東海大仰星○8-0
2019年10月6日準決勝金光大阪○11-1
2019年10月13日決勝大阪桐蔭●6-9準優勝
2019年10月26日令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会 1回戦綾羽○13-4
2019年10月27日準々決勝京都翔英○10-3
2019年11月2日準決勝天理●4-5ベスト4

近畿大会でベスト4に入り、2020年の春の甲子園出場が期待されます。




履正社高校の監督ってどんな人?

2019年現在、履正社高校野球部を率いるのは、岡田龍生(おかだたつお)さんです。

選手としての経歴

東洋大姫路高校から日本体育大学へ進学

指導者としての経歴

 

1985年 桜宮高校野球部コーチ就任
1987年 履正社高校野球部監督就任
1997年 履正社高校監督として初の甲子園出場
2019年 履正社高校野球部初の全国制覇

岡田監督ってこんな人

岡田監督は、1987年から履正社高校野球部の監督に就任しています。2019年に、履正社高校野球部史上初の甲子園優勝に導きました。

履正社高校野球部といえば、強打のチームであるというイメージが強いです。しかし、岡田監督のチーム作りは就任当初から守備のチームでした。

その考えを変わったのは、初めて甲子園に出場した時だそうです。その時に上で勝つには打力が必要だと考えるようになり今のようなチームカラーができていったのです。そんな岡田監督の指導におけるモットーは“教えすぎない”です。

実は、岡田監督は2002年に行き過ぎた指導によって謹慎処分を受けています。この時の反省を生かして、謹慎明けからは野球のことも野球以外のことも生徒に自ら考えさせる教育をしているそうです。

大阪府には大阪桐蔭高校があるため甲子園に出場している回数自体はあまり多くありませんが、近年の履正社高校が甲子園に出た時の成績は非常に良いです。それだけ全国の中でもトップクラスの強豪校になった理由の一つに岡田監督の考え方の変化が大きく関係していると言えるでしょう。




履正社高校野球部の甲子園での戦績

2019年に、選手権大会で初めての甲子園優勝を達成しています。そんな履正社高校野球部のこれまでの甲子園での戦績をご紹介します。

大会名回数勝敗数
春選抜高校野球大会8回13勝8敗
夏全国高校野球選手権大会4回9勝3敗
合計12回22勝11敗
大会名西暦戦績
第79回夏全国高校野球選手権大会1997年2回戦敗退
第78回春選抜高校野球大会2006年1回戦敗退
第80回春選抜高校野球大会2008年3回戦敗退
第92回夏全国高校野球選手権大会2010年3回戦敗退
第83回春選抜高校野球大会2011年ベスト4
第84回春選抜高校野球大会2012年2回戦敗退
第85回春選抜高校野球大会2013年1回戦敗退
第86回春選抜高校野球大会2014年準優勝
第98回夏全国高校野球選手権大会2016年3回戦敗退
第89回春選抜高校野球大会2017年準優勝
第92回春選抜高校野球大会2019年1回戦敗退
第101回夏全国高校野球選手権大会2019年優勝

甲子園での思い出の試合

私の履正社高校の思い出の試合として、2019年の第101回全国高校野球選手権大会の決勝の試合をご紹介いたします。

履正社高校野球部初の甲子園優勝をかけた決勝戦の相手は、プロ注目の好投手の奥川選手擁する星稜高校です。一方、履正社高校の4番井上選手もこの年の甲子園屈指の強打者であり、試合前から奥川投手と履正社打線の対決に注目が集まりました。

一巡目、本調子とは言えない奥川投手に履正社打線は抑えられます。そして、2回裏に星稜高校の7番岡田選手の右中間を破るタイムリー2ベースで星稜高校が1点を先制します。

しかし、3回表、連続フォアボールで1、2塁となり履正社高校の4番井上選手に回ります。その初球、高めに浮いたスライダーを井上選手は一振りでとらえバックスクリーンへの逆転ホームランで3対1で履正社がリードしました。

7回裏、星稜高校も反撃に出ます。9番山瀬選手のタイムリー2ベース、3番知田選手のタイムリーで同点とします。しかし、履正社高校はその直後の8回表、野口選手と岩崎選手のタイムリーヒットで2点を勝ち越しそのまま逃げ切り5対3で勝利し、念願の甲子園初優勝を果たしました。

やはり、圧巻なのは3回の井上選手のホームランです。確かに高めにすっぽ抜けた甘い球でしたが、前の打席で三振しているのにもかかわらず、たった1球で捉えてしかも、ヒットではなくホームランにしてしまうあたりが、ただものではない事を感じさせましたね。

2019年のドラフト会議で井上選手は阪神タイガースに奥川選手は東京ヤクルトスワローズにそれぞれ指名されました。これからの活躍が楽しみです。




履正社高校野球部出身の主なプロ野球選手

履正社高校野球部からは、定期的にプロ野球選手が輩出されています。その主なプロ野球選手とその球団を紹介します。

選手名     卒業年度最初に入団した球団
岸田護選手1999年オリックスバッファローズ
T-岡田選手2005年オリックスバッファローズ
土井健大選手2006年オリックスバッファローズ
山田哲人選手2010年東京ヤクルトスワローズ
坂本誠志郎選手2011年阪神タイガース
宮本丈選手2013年東京ヤクルトスワローズ
中山翔太選手2014年東京ヤクルトスワローズ
寺島成輝選手2016年東京ヤクルトスワローズ
安田尚憲選手2017年千葉ロッテマリーンズ

履正社高校のDATA

住所   〒561-0874 大阪府豊中市長興寺南4-3-19
設立    1922年(大阪府福島商業学校として)
教育理念  履正不畏 報本反始 勤労愛好
*男女共学の中高一貫校

Check
当ブログでは、高校野球に関する様々な話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね!

高校野球に関しての話題はこちらからどうぞ。
高校野球の話題

おわりに

今回は、履正社高校野球部について特集してきましたが、いかがだったでしょうか?

2019年の夏の甲子園に続いて、2020年の春の選抜大会への出場が有力視されています。履正社高校としては出場するだけでなく、夏春連続での全国制覇を目指して、日々練習に励んでいるのかもしれませんね。

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。