横浜DeNAベイスターズの背番号6番!歴代6番の選手と傾向を紹介

背番号の意味

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

ホエールズ~ベイスターズ球団史の特徴のひとつに「生え抜きショートが育つ」ことが挙げられます。

古くは山下大輔、高木豊、高橋雅裕、進藤達哉、そして石井琢朗といった各選手が、空白期間なく次々と台頭し、ショートの座を受け継いできました。

その元祖とも言うべき存在が、11代目の背番号6番のクリート・ボイヤー選手なのです。

卓越した守備力を惜しむことなく伝授し、山下選手を一流の遊撃手へ育てたほか、自由契約寸前だった高木嘉一選手や、トレードが検討されていた田代富雄選手をチームに残すよう進言。後に二人ともホエールズの主力打者へと成長しました。

今回は、ボイヤー選手がつけていたDeNAベイスターズの背番号6番を特集します。歴代の6番の全選手や特に印象深い3選手の紹介、さらに6番をつけてきた選手の傾向にも触れますので、楽しみにしてくださいね。




歴代の背番号6番を背負った選手をご紹介

ホエールズは、社会人野球チーム・大洋漁業が前身です。戦後、日本プロ野球の2リーグ制が始まり、選手確保に躍起となっていた各球団は、即戦力となりそうな社会人選手を次々と獲得していきました。

当然、強豪チームであった大洋所属選手も引き抜きに合い、憤慨した大洋の中部オーナーは「だったら、うちもプロ球団を創る!」と宣言。そうして出来たのが大洋ホエールズなのです。

年  度年 数球 団 名選 手 名
1950年~1951年2年大洋ホエールズ長富政武選手
1952年1年大洋ホエールズ木村勉選手
1953年1年大洋松竹ロビンズ中津正三選手
1954年1年大洋松竹ロビンズ荻原隆選手
1955年1年大洋ホエールズ桝重正選手
1956年~1960年5年大洋ホエールズ黒木弘重選手
1961年1年大洋ホエールズ太田勝選手
1962年~1965年4年大洋ホエールズ森徹選手
1966年1年大洋ホエールズジョー・スタンカ選手
1967年~1972年6年大洋ホエールズ重松省三選手
1973年~1976年4年大洋ホエールズクリート・ボイヤー選手
1977年~1987年11年大洋ホエールズ~横浜大洋ホエールズ高木嘉一選手
1988年~1996年9年横浜大洋ホエールズ~横浜ベイスターズ高橋雅裕選手
1997年1年横浜ベイスターズ空白
1998年~2003年6年横浜ベイスターズ中根仁選手
2004年~2006年3年横浜ベイスターズ多村仁選手
2007年1年横浜ベイスターズ空白
2008年1年横浜ベイスターズラリー・ビグビー選手
2009年~2014年6年横浜ベイスターズ~横浜DeNAベイスターズ松本啓二朗選手
2015年1年横浜DeNAベイスターズ空白
2016年~2018年3年横浜DeNAベイスターズ白崎浩之選手
2019年1年横浜DeNAベイスターズ空白
2020年~横浜DeNAベイスターズ森敬斗選手

背番号6番の初代・長富政武選手は、そんな大洋漁業時代からの所属選手です。

2代目は木村勉選手がつけました。ホエールズには1年だけの在籍でしたが、のちに近鉄パールス(後にバファローズに改名)でリードオフマンを務めた外野手です。

3代目・中津正三外野手、4代目・荻原隆投手、5代目・桝重正内野手と1年限り6番を使用した選手が続いたのち、6代目として6番を使用したのが黒木弘重選手です。

1956年、明治大出身者5人が同時にホエールズ入りした「明大5人衆」の一人で、開幕してすぐに4番打者に抜擢された一塁手です。

しかし、活躍の場は少なく、ホエールズ初優勝を見届けて1960年限りで引退しました。1959年には黒木選手の実弟、基康選手が入団。レギュラー外野手として活躍しています。

入団後わずか1年で中日ドラゴンズへトレードされた7代目・太田勝内野手を挟み、8代目として6番を引き継いだのが、その中日から移籍してきた森徹選手です。

1958年に中日へ入団してすぐ4番打者に抜擢、翌1959年には本塁打・打点の二冠王に輝いたものの、首脳陣との確執で1962年にホエールズに放出されてしまいます。

移籍後も強打は健在でしたが、ケガが原因で1966年に東京オリオンズに移籍すると待っていたのは中日時代に揉めた濃人渉コーチです。濃人氏が監督に昇格すると出番が激減、引退となりました。

9代目はジョー・スタンカ選手です。南海ホークスのエースとして活躍していたスタンカ選手ですが1965年、息子さんを不幸な事故で亡くすと南海を退団、帰国します。

しかし「もう一度息子のために挑戦して欲しい」と夫人に励まされたスタンカ選手は1966年にホエールズへ入団。成績は前年の14勝から6勝へと減ったものの、外国人投手として史上初のNPB通算100勝を達成しました。

10代目は、1962年に入団した重松省三選手です。プロ3年目の1964年には「1番・センター」に定着、ベストナインにも選出された選手です。

その後長くホエールズの外野の一角を担い、引退後はコーチ・スカウトを歴任しています。現在でも人気を誇るカルロス・ポンセ選手などの獲得に尽力されました。




11代目は前項でご紹介したクリート・ボイヤー選手です。

MLB・ニューヨーク・ヤンキース等でレギュラーを務めていたボイヤー選手ですが、首脳陣を批判したことによりMLBのどのチームとも契約できなくなり、ハワイの独立リーグでプレーしていたところ、ホエールズから誘いを受け、1972年のシーズン途中に入団しました。

選手として活躍するだけでなく、育てる能力の高さも発揮しました。独立リーグの後輩で、強打の二塁手だったジョン・シピン選手をホエールズにスカウトしたのもボイヤー選手です。

髭面で「ライオン丸」とあだ名され、プレーでもやりたい放題でトラブルメーカーと言われていたシピン選手でしたが、ボイヤー選手の前では直立不動だったそうです。

その指示には「イエス・サー」と答え、従順に従ったというエピソードからも、ボイヤー選手がどれだけの実績と指導力を兼ね備えていたかが伺えます。

ホエールズ初の外国人監督に、という声もありましたが叶わず帰国したボイヤー選手ですが、ベテランファンの中には、ボイヤー選手こそ「球団史上最高の外国人選手」だと主張する方もいます。

そのボイヤー選手に見いだされ、直々に背番号を譲られたのが、12代目・高木嘉一選手です。おそらく史上初であろう、地方公務員からプロ野球選手へと転身した異色の外野手として知られています。

1978年には打率.326 23本塁打を記録、3番打者として活躍したのち、1980年には4番打者に抜擢。現役晩年には代打の切り札として存在感を見せました。

1988年の引退後、2013年まで1度もユニフォームを脱ぐことなくコーチを務めました。マシンガン打線の生みの親とも言われています。

13代目は高橋雅裕選手です。長くホエールズのショートを守り続けた山下大輔選手から定位置を奪い、レギュラーとして定着しました。

進藤・石井両選手の台頭でレギュラー期間は短かったものの、控えとしてチームを支え続けました。

14代目・中根仁選手は近鉄バファローズからの移籍組です。

開幕投手を2回も務めた盛田幸希選手との1対1の交換トレードが不釣り合いだと話題になりましたが、中根選手は移籍1年目の1998年から佐伯貴弘選手との併用という形で一軍に定着します。得点圏打率.408という勝負強さと、強肩を活かした守備で日本一に大いに貢献しました。

15代目は多村仁選手です。ベイスターズの地元、神奈川県厚木市に産まれ、横浜高出身ということで人気の高い選手でした。

プロ9年目の2004年には球団史上初となる40本塁打を記録するもののケガが絶えず、2006年には寺原隼人選手との交換トレードで福岡ソフトバンクホークスへ移籍します。6年プレーした後、再びトレードでベイスターズへ復帰。2015年に引退しました。

16代目のビグビー選手をはさみ17代目・松本啓二朗選手は長い間、早稲田大出身選手を入団させてこなかった球団が久々に獲得した選手として話題を呼びました。

18代目は白崎浩之選手です。横浜DeNAベイスターズとなって初のドラフト1位選手として2013年に入団しました。

大学の先輩・中畑清監督の期待も高い内野手でしたが、一軍定着とはいかず2018年のシーズン途中にオリックスバファローズへトレードとなっています。

そして現役の19代目は森敬斗選手、神奈川・桐蔭学園高から2019年のドラフトで1位指名された期待の遊撃手です。

奥川恭伸、佐々木朗希両投手といった好投手に入札せず、森選手を単独指名したことからも、チームの森選手に対する評価・期待の高さが伺えます。




歴代背番号6番のうち、印象深い3選手のご紹介

次に、DeNAベイスターズの背番号6番を背負った選手の中で、私が特に印象深く思っている3選手をご紹介します。その3選手は、高木選手、高橋選手、そして中根選手です。

✓Check
各選手の紹介に合わせて、楽天市場やAmazonで販売されている商品の写真を添えています。販売ページへのリンクが入っていますので、詳しく見てみたい場合はカードをクリック・タップしてみてください

高木嘉一選手

生年月日  1949年3月13日
出身地   神奈川県愛甲郡愛川町
投/打   左/左
プロ野球歴 大洋ホエールズ~横浜大洋ホエールズ(1972年~1987年)
タイトル等 オールスター出場2回

高木選手は、相模原市役所からテスト入団しました。入団当初の背番号は、コーチのような81番です。その後、35番→63番と変更していきます。

6番をもらったのは入団6年目の1977年の事です。ボイヤーコーチが退団する際、自ら高木選手への譲渡を希望し、実現しました。

前年の1976年、打率.279 7本塁打 24打点を記録、主力打者の仲間入りを果たしつつありました。そして背番号6番の初年度に、打率.323 20本塁打73打点を残し、打撃ベストテンの9位にランクイン。一気にブレイクを果たします。

1978年には打率.326 23本塁打80打点と3部門全てでキャリアハイをマーク。「3番・ライト」の定位置を掴みました。

1979年、中日の4番打者・ジーン・マーチン選手がホエールズに移籍したため、高木選手のスタメン機会が奪われますが、1980年に4番打者としてレギュラー復帰します。1981年には田代選手が4番打者に収まり、高木選手は5番を受け持ちました。

1982年にはこの年入団した高木豊選手が外野手として起用され、シーズン後半はスタメン落ちするようになり、1983年からは代打出場が多くなります。

1985年には主に代打を中心とした起用で打率.299を記録しています。チャンスで「代打・高木嘉一」がコールされると横浜スタジアムは熱く盛り上がるのが常でした。

ちなみに、高木嘉一選手は入団当初は「好一」、背番号6番を引き継いだと同時に「嘉一」、そして代打出場が多くなると本名である「由一」へと登録名を変更しました。ですので、世代によっては「由一」選手として記憶されている方も多いのではないでしょうか。

ニックネームは「とっつあん」。人気漫画・ルパン三世に登場する銭形警部にどことなく似ていることがその由来です。

1987年にコーチ兼任となり、1988年には引退しコーチに専念しました。

以降、2010年まで38年間、選手・コーチとしてホエールズ・ベイスターズ一筋に過ごしています。1996年に提唱した「繋ぐ野球」は、1998年のベイスターズ日本一として実を結びました。

1997年から4年連続でベイスターズ選手が首位打者を獲得したことも含め、「マシンガン打線生みの親」とその手腕を称賛する声は、今も止みません。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

高橋雅裕選手

生年月日  1964年7月10日
出身地   愛知県豊明市
投/打   右/右
プロ野球歴
横浜大洋ホエールズ~横浜ベイスターズ(1983年~1996年)
千葉ロッテマリーンズ(1997年~1999年)
タイトル等 特になし 

髙橋選手は、愛知・名古屋電気高時代は工藤公康投手(現ソフトバンク監督)らの1学年下ながら、二塁手のレギュラーとして甲子園でプレーしています。1982年のドラフト会議でホエールズから4位指名を受け、プロ入りしました。

入団3年目の1985年に一軍初出場を果たし、翌1986年には、山下大輔選手と入れ替わりでショートにコンバートされた高木豊選手の控えながら、103試合に出場し経験を積みます。

1987年、再びのコンバートで高木選手はセカンド、山下選手はショートで開幕スタメンを飾ったものの、開幕4試合目の対阪神タイガース戦からは高橋選手がスタメンで出場すると山下選手は突然引退を表明。ファンは少なからずショックを受けました。

この年、全130試合中128試合にショートとして出場、レギュラーを掴みます。背番号を6番に変更して臨んだ1988年には130試合にフル出場。前年.237だった打率も.293まで上昇しました。

守備でも連続無失策記録を継続するなど活躍しましたが、ゴールデングラブ賞は中日の高校生ルーキー・立浪和義選手が受賞、ベストナインはヤクルトスワローズ・池山隆寛選手が選ばれるなど不運な面もありました。

1989年、連続無失策記録が途切れると、途端に守備から崩れ、前年は130試合で7失策だったのが、この年は83試合の出場で18失策を記録してしまいます。シーズン後半からはプロ2年目の進藤達哉選手がスタメン起用されるようになりました。

1990年は高橋選手が盛り返しましたが、1991年は進藤選手に加え、プロ3年目の堀江賢治選手も台頭します。

1992年には打者転向したばかりの石井琢朗選手が一気に成長、ほぼショートの座は石井・進藤両選手の争いとなり、高橋選手の出番は減るばかりとなりました。

1997年には千葉ロッテへ移籍するものの、守備固めとしての出番しかなく、古巣の優勝から1年後の1999年に引退しました。引退後はコーチ・解説者として活動しています。

ちなみに、高橋選手のホエールズ時代の応援歌はアメリカの楽曲「グリーングリーン」が原曲です。日本語歌詞はなかなかヘヴィなこの歌がなぜ応援歌に採用されたのか、訝しがるファンが多くいました。

中根仁選手

生年月日  1966年8月28日
出身地   仙台市泉区
投/打   右/右
プロ野球歴
近鉄バファローズ(1989年~1997年)
横浜ベイスターズ(1998年~2003年)
タイトル他 特になし  

一気に相手投手に襲いかかる様から「いてまえ打線」と名付けられた1990年代の近鉄打線、いかにも大阪のチームらしい、イキのいい名前がぴったりでした。その「いてまえ打線恐怖の9番打者」と恐れられたのが、中根仁選手です。

東北高では一学年下に後にチームメイトとして日本一を味わうことになる、佐々木主浩選手がいました。法政大に進学後、1988年のドラフト会議で近鉄から2位指名を受け入団しました。

筋骨隆々の体、強肩強打、そして俊足とプロで活躍する全てが揃っているかに見えた中根選手の最大の敵はケガの多さです。活躍期間が長続きせず、近鉄時代は準レギュラー外野手という位置づけに終わっていました。

1998年、経営コンサルタントを名乗る男が新人プロ野球選手を言葉巧みに誘導し、脱税を指南した「プロ野球脱税事件」が起こります。

前年の1997年、優勝まであと一歩のところまで迫ったベイスターズではレギュラー外野手だった波留敏夫選手がこの事件に関与していたことが判、開幕から6週間の出場停止処分を受けました。

この事態に権藤博新監督は、かつて共にプレーし、力量を把握していた中根選手のトレードを強く主張します。開幕投手を2度も務め、タイトル獲得の経験もある盛田幸希選手を放出してまで、中根選手を獲得しました。

ベイスターズ移籍後は、佐伯貴弘選手との併用ながら一軍に定着しました。得点圏打率.408という驚異の勝負強さで日本一に貢献しました。

2000年には自身初となるシーズン100安打超えの109安打、11本塁打に61打点を記録。マシンガン打線の5番打者として活躍します。

しかし、最後までケガは付きまとい、さらに中根選手自身が多村仁選手ら若手選手の成長を妨げるべきではないとの考えから2003年をもって現役を退きました。

引退後はベイスターズでコーチを務め、退団後は解説者として活動しています。




背番号6番をつけた選手の傾向とは?

DeNAベイスターズの背番号6番をつけてきた選手の傾向は、どのようなものなのでしょうか。

球団創設後は、しばらく内野手と外野手が同じくらいの数でつけてきました。またピッチャーのスタンカ選手もつけていて、傾向があるとは言えない状態でした。

11代目のボイヤー選手が退団して高木嘉一選手が6番を引き継いで以降は、6番は外野手の番号として使用されることが多くなっていきます。

1988年から9年間、内野手の高橋選手が6番を着用していますが、バリバリのレギュラーだったという訳ではありませんでした。

また1998年のベイスターズ日本一時に中根選手、また人気の高かった多村選手が6番を使用したことで、「6番=外野手の番号」という傾向であると言えるでしょう。




✓Check
当ブログでは、日本プロ野球の全12球団の永久欠番について特集しています。よろしければご覧になってみてくださいね。
プロ野球の永久欠番と準永久欠番!球団ごとに意味と全選手をご紹介
当ブログの横浜DeNAベイスターズに関しての話題はこちらからどうぞ。
横浜DeNAベイスターズの話題
野球に関する話題も多数お届けしています。よろしければ、ご覧になってみてくださいね。
野球に関する話題はこちらからどうぞ

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

おわりに

今回は、DeNAベイスターズの背番号6番を特集してきましたが、いかがだったでしょうか?近年は外野手がつけてきた傾向があるのもわかりましたね。

2020年からは、ショートの森選手が6番をつけています。繰り返しになりますが、ホエールズ~ベイスターズには、ショートを守る名選手が育つ土壌があります。

現在のレギュラー遊撃手は大和選手ですが、「生え抜きの」名ショートが育つことを望んでいるファンは実は多いのではないでしょうか。

大和選手の守備は、ファンはもちろん、プロの現役選手、コーチでさえも唸るレベルです。その守備の極意を6番を継承した森選手に伝授してもらい、生え抜きのショートとして育ててくれる事を願ってやみません。

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ