横浜DeNAベイスターズの背番号7番!歴代7番の選手と傾向を紹介

背番号の意味

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

横浜DeNAベイスターズというと、前身球団の大洋ホエールズも含めて、川崎や横浜といった神奈川県のチームというイメージですよね。

でも、球団が設立された時は、長崎県の佐世保市が本拠地だったという事は、あまり知られていないかもしれません。

そんな横浜DeNAベイスターズの背番号7番は、2020年現在で12名の選手がつけてきました。

今回は、横浜DeNAベイスターズの背番号7番をつけてきた全選手や特に印象深い3選手、さらに7番をつけてきた選手の傾向をご紹介したいと思います。




歴代の背番号7番を背負った選手をご紹介

まずは、横浜DeNAベイスターズの背番号7番をつけてきた全選手のご紹介です。

年  度年 数球 団 名選 手 名
1950年~1953年4年大洋ホエールズ~大洋松竹ロビンズ安井亀和選手
1954年1年大洋松竹ロビンズ神田昌男選手
1955年~1956年2年大洋ホエールズ浜田一男選手
1957年~1958年2年大洋ホエールズ二宮政昭選手
1959年~1960年2年大洋ホエールズ近藤晴彦選手
1961年~1976年16年大洋ホエールズ長田幸雄選手
1977年~1984年8年大洋ホエールズ~横浜大洋ホエールズ長崎慶一選手
1985年1年横浜大洋ホエールズ空白
1986年~1990年5年横浜大洋ホエールズカルロス・ポンセ選手
1991年~1997年7年横浜大洋ホエールズ~横浜ベイスターズ宮里太選手
1998年~2006年9年横浜ベイスターズ鈴木尚典選手
2007年~2009年3年横浜ベイスターズ仁志敏久選手
2010年~2019年10年横浜ベイスターズ~横浜DeNAベイスターズ石川雄洋選手
2020年~横浜DeNAベイスターズ空白

ホエールズ~ベイスターズの背番号7番の歴史は、移籍選手からのスタートでした。

初代の安井亀和選手は戦前の1943年に1リーグ時代の南海へ入団した選手です。1944年に召集され、1946年に無事復帰を果たしたのち、1950年に新球団であったホエールズへ移籍。4年間プレーした後、再び新球団であるパ・リーグの高橋ユニオンズへ移籍した外野手でした。

2代目・神田昌男選手は7番史の中で唯一の投手です。翌年には8番へ再び変更しています。

3代目・浜田一男選手はわずか2年で引退した内野手です。4代目・二宮政昭選手は現在の千葉ロッテマリーンズの前身である大映スターズから移籍してきた外野手でした。

5代目・近藤晴彦選手は早稲田大出身の外野手です。東京六大学リーグでは首位打者の立教大・長嶋茂雄選手に迫るリーグ2位の打率を残したこともある強打者でしたが、プロではその実力を発揮できず、2年で引退します。

しかし、引退した1960年はホエールズが日本一となった年で、近藤選手も優勝に貢献しました。

6代目は長田幸雄選手です。1961年にホエールズに入団した外野手で、プロ2年目の1962年にはレギュラーに定着しました。

1965年、主にクリーンナップを打ち打率.288でリーグ6位、1968年には5試合連続本塁打を記録するなど打撃では活躍しますが、守備と脚力に不安があり徐々に出番は減少していきました。

選手生活後半は得意の打撃を活かして代打屋として活躍します。残した代打としての安打記録122本は未だ球団記録として輝いています。

ちなみに代打安打数の日本記録は広島カープ・宮川孝雄選手が記録した186本、阪神タイガースで活躍した桧山新次郎選手が158本でランキング2位。長田選手の記録は5位にランクインしています。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

7代目・長崎慶一選手は首位打者を獲得したこともある外野手です。1973年にドラフト1位でホエールズに入団時は背番号23番でしたが、入団4年目の1977年に7番に変更します。

その頃は長打もあるが三振も多い打者だったもののアベレージヒッターへ転身、中日ドラゴンズ・田尾安志選手との激しい争いの末、タイトルを獲得しました。

1985年に阪神へ移籍。左の代打の切り札として日本一に大きく貢献したことでも有名です。

8代目はカルロス・ポンセ選手です。1986年に入団当時、大人気だったファミコンソフト「スーパーマリオブラザーズ」の主人公に似ていることから「マリオ」と呼ばれ、大人気を誇った選手でした。

容姿だけでなく実力も本塁打王1回、打点王2回を獲得した実力者です。現在でもホエールズ時代からのファンはもちろん、ベイスターズ時代からファンになった方々からもイベント等を通じて愛されている選手でした。

9代目・宮里太選手は巧打の外野手です。アマチュア時代は捕手だったものの、同期ドラフト1位が谷繁元信選手ということもあり外野手に転向しました。

背番号を7番に変更した1991年、打率.291 7本塁打36打点を記録、レギュラーを掴みますが、新外国人選手や移籍選手に出番を奪われ代打屋としての出場がメインとなります。

左打ちということもあり、加藤博一選手引退後は代打の切り札的存在となりました。ホエールズからベイスターズへの過渡期に確かな活躍を示した選手でした。

10代目は鈴木尚典選手です。

入団7年目の1997年に首位打者に輝き、それまでの51番から7番に背番号を変更した1998年にも連続してタイトルを獲得した強打の外野手。マシンガン打線の3番打者と言えば、この鈴木選手でした。

11代目は仁志選手です。2006年11月6日、読売ジャイアンツの仁志敏久選手と横浜ベイスターズ・小田嶋正邦選手プラス金銭の交換トレードが発表されました。

2006年シーズンは不振だったものの、2005年まではレギュラー二塁手としてプレーしていた仁志選手の移籍に驚いたファンも多くいらっしゃったのではないでしょうか。

仁志選手は小さい頃から原辰徳選手の大ファンで、その原選手と同じ巨人に入団できたばかりか、憧れの背番号8番を引き継いだことを喜んでいました。

しかし、原選手が監督に就任するとプレースタイルをめぐり両者の意見は平行線を辿り、結局は仁志選手自ら身を引くという形で巨人を去ります。

ベイスターズに移籍した仁志選手が選んだ背番号は7番。社会人・日本生命時代に着用していたということでしたが、むしろ8番との決別が最大の理由ではなかったのでしょうか。

12代目は石川雄洋選手です。地元・横浜高出身選手として高い期待を首脳陣そしてファンからも集めているものの、ケガや不調で今一つ殻を破れていない印象があります。

2010年から10年間背負い続けた背番号7番を捨て、「心機一転」と42番に変更した2020年はどんなプレーを見せてくれるのでしょうか。




歴代背番号7番のうち、印象深い3選手のご紹介

次に、横浜DeNAベイスターズの背番号7番をつけてきた選手のうち、私が印象深く思っているポンセ選手、鈴木選手、そして石川選手をご紹介したいと思います!

✓Check
各選手の紹介に合わせて、Amazonや楽天市場で販売されている商品の写真を添えています。販売ページへのリンクが入っていますので、詳しく見てみたい場合はカードをクリック・タップしてみてください

カルロス・ポンセ選手

生年月日  1959年2月7日
出身地   プエルトリコ自治連邦区リオピエドラス
投/打   右/右
プロ野球歴 横浜大洋ホエールズ(1986年~1990年)
タイトル等 本塁打王1回・打点王2回・最多安打1回
      ベストナイン2回・オールスター出場1回

「ホエールズの背番号7番といえば?」という質問に、多くのファンがポンセ選手を挙げるのではないでしょうか。前項でもご紹介したように、ゲームのキャラクターに似た風貌と、来日1年目から大活躍した実績で深くファンの心に残っている選手です。

1982年にMLBミルウォーキー・ブリュワーズと契約し1985年にメジャーデビューを果たしたものの、翌1986年に開幕40人枠から漏れ、マイナー行きとなります。その時にホエールズのスカウト・牛込惟浩氏からオファーを受け、来日しました。

ちなみに、この牛込氏とは元々通訳として大洋球団でアルバイトをしていた方で、堪能な語学力を買われ、正式に球団へ入社した方です。

入社後はマネジャー・広報を経て、外国人選手のスカウト・入団交渉をする「渉外担当」として活躍。ホエールズ~ベイスターズ初期に活躍した外国人選手はほぼ牛込氏が関わっていた選手です。

牛込氏の事をご紹介すると1本の記事になってしまいますので、ここでは割愛しますが、野球殿堂入りしても何の不思議もない、まさに辣腕スカウトでした。

ポンセ選手は27歳という脂の乗り切った時期にホエールズ入りしたこともあり、いきなり打率.322 27本塁打105打点という素晴らしい成績を残します。

加えて18盗塁を記録し、1~3番の俊足3選手、いわゆるスーパーカートリオとポンセ選手、そして5番を打っていたダグ・ローマン選手も14盗塁をマークしており、相手投手にとってはさぞ忙しない打線でした。

この年、ホエールズのチーム盗塁数は180個。2位の広島東洋カープに46個も差を付ける、ぶっちぎりの12球団No.1の記録でした。(パ・リーグ1位は西武ライオンズの126個)

翌1987年も打率.323 35本塁打98打点を残し、初タイトルとなる打点王を獲得します。1988年は打率は.292と3割を切りますが、33本塁打102打点で本塁打王と打点王の2冠を獲得。オールスターにも出場しました。

来日4年目となる1989年は打率.264、24本塁打81打点とまずまずの成績を残しますが、視力の衰えで三振が多くなり、1990年は新外国人選手・ジョージ・マイヤー選手が入団したあおりを受けて2軍暮らしとなり同年限りで退団しました。

ポンセ選手は退団から25年も経った2015年6月7日、レジェンドOBとして招かれ元読売ジャイアンツ・鹿取義隆氏と対戦しています。球団名も変わり、現役時代を知らないファンも多い中、それでも拍手喝采で迎えられたことこそ、ポンセ選手が横浜の地でいかに愛されたかという証拠です。

現在は日本向けyoutubeチャンネルを開設し、野球レッスンを行っています。チャンネル登録者数が15000人を超えているのも納得です。




鈴木尚典選手

生年月日  1972年4月10日
出身地   静岡県浜松市南区
投/打   右/左
プロ野球歴 横浜大洋ホエールズ~横浜ベイスターズ(1991年~2008年)
タイトル等 首位打者2回・ベストナイン2回
      日本シリーズMVP1回・オールスター出場4回

鈴木選手は、神奈川・横浜高時代は守備に難があったものの、それを補って余りある打撃を武器に2年生から4番を打っていました。

1990年のドラフト会議でホエールズから4位指名を受けプロ入りします。ちなみに同期ドラフト1位は球団史上初の契約金1億円選手と話題になった、福井工業大の左腕・水尾義孝選手でした。

プロ4年目の1994年、一軍に定着します。最初は代打での起用がメインでした。8月9日の巨人戦では槙原寛己投手からプロ入り初本塁打を何と代打満塁本塁打で飾ります。

この1本を含みシーズンで3本の本塁打を記録し自信をつけ、翌1995年には3番打者として一気にブレイク。規定打席にこそ到達しませんでしたが、打率.283 14本塁打58打点を記録。当時23歳の主砲誕生は、新生ベイスターズの希望の星となりました。

1996年には規定打席に到達し打率.299 13本塁打 62打点をマークしました。この年は打撃成績16位の谷繁元信選手までが3割を記録したため、鈴木選手は18位でしたが、翌1997年には打率.335で堂々の首位打者を獲得します。

背番号をそれまでの51番から7番に変更して臨んだ1998年には打率.337 16本塁打87打点で2年連続の首位打者に輝き、チームも38年振りのリーグ制覇・日本一を達成。日本シリーズでも打率.480と打ちまくった鈴木選手はシリーズMVPに選ばれました。

1999年、セ・リーグ記録となるチーム打率.294をマークしたマシンガン打線の3番打者として打率.328を記録しました。

しかし首位打者は右打者史上最高打率(当時)をマークした、チームメートのロバート・ローズ選手です。鈴木選手はローズ選手、中日ドラゴンズ・関川浩一選手に次ぐ3位でした。

2000年は打率3割を逃し、2001年には4番打者だったローズ選手が退団、後継の4番候補に指名された鈴木選手はバッティングを更なる高みへと改造を試みます。

しかし、結果としてこのトライは成功せず、2003年の打率.311 19本塁打57打点を最後に鈴木選手の打撃成績は下降線の一途を辿ります。

2004年には当時の山下大輔監督の命により2番打者に挑戦するも打順を意識し過ぎて打撃に狂いが生じ、以降引退する2008年まで往年の強打は蘇りませんでした。

鈴木選手は、2003年シーズン終了時点で1305安打を積み重ねていました。2004年は32歳で迎えるシーズンだったので2000本安打は確実と思われましたが、結果として1500本にも届かない1456本で記録は途絶えてしまいます。

しかし、横浜を熱狂の渦に巻き込んだ1998年、ハツラツとしたプレーでチームを牽引した鈴木選手の雄姿が色褪せることはありません。




石川雄洋選手

生年月日  1986年7月10日
出身地   静岡県駿東郡清水町
投/打   右/左
プロ野球歴 横浜ベイスターズ~横浜DeNAベイスターズ(2005年~)
タイトル等 特になし

背番号7番の前任者・鈴木選手と同じく、静岡県出身で横浜高校へ進学した石川選手。高校時代は同級生に東北楽天ゴールデンイーグルス・涌井秀章投手、一学年上には成瀬善久投手、荒波翔選手、そして一学年下には中日・福田永将選手らがいました。

2004年のドラフト会議でベイスターズから6巡目指名を受け入団。当時の背番号は52番です。

プロ3年目の2007年には早くも開幕一軍入りを果たし経験を積むと翌2008年には一軍に定着しました。故障した石井琢朗選手や北京五輪に出場した村田修一選手の穴埋めをするなどし、83試合に出場します。

2009年、ショートのレギュラーとして134試合に出場、規定打席にも到達します。しかし、打率.242、守備でも17失策を記録するなど試練のシーズンを過ごしました。

2010年は打撃好調で、打率.294を記録、さらに36盗塁をマーク。惜しくも盗塁王は広島・梵英心選手に奪われますが、存在感を示したシーズンとなりました。

2011年は打率.264でしたが、盗塁数が前年の3分の1となる12個まで激減。守備も相変わらず不安定でしたが、レギュラーとして試合に出場していました。

2012年、新生横浜DeNAベイスターズの初代主将に任命されるも、試合に臨む姿勢を巡り当時の中畑清監督から叱責され、二軍降格も経験します。

2013~2014年はレギュラー格として出場試合数も100試合を大きく超えますが、2015年以降は移籍選手や若手選手の台頭、そして自身のケガなどもあり、100試合を下回る出場試合数となっています。

石川選手は、地元・横浜高出身選手ということに加え、2018年オフの荒波選手らの引退により32歳ながらチーム最年長野手ということでファンの期待も大きいです。

2020年シーズンは34歳になるシーズンですが、まだまだ老け込む歳でもありません。本人も「このままでは終われない」と意気込み、背番号を7番から42番に変更しました。

石川選手が「尊敬する」と語る、東京ヤクルトスワローズ・坂口智隆選手のように、鮮やか過ぎる復活を坂口選手と同じ42番で見せて欲しい。ファンの願いは、ひとつです。




背番号7番をつけた選手の傾向とは?

横浜DeNAベイスターズの背番号7番というと、「出世番号」という印象があります。そして、長い歴史の中で7番を使用したことがある外国人選手がポンセ選手のみ、ということも特徴です。

というのも、宮里選手は41番から、鈴木選手は51番から、そして石川選手は52番からと比較的大きな番号から変更となっているからです。宮里選手はドラフト2位ですが、鈴木選手は4位、石川選手は6巡目指名と下位指名でした。

ホエールズ時代も、ベイスターズとなってからも、このチームは決して選手層が厚くありません。それは悪いことばかりではなく、ドラフト下位指名の選手にも十分にチャンスがある、ということですし、事実下位指名から主力級へのし上がった選手が多くいるチームなのです。

そして、レギュラークラスへ成長した選手には背番号もそれなりの番号を用意する。そういった印象がこの球団にはあります。

✓Check
当ブログでは、日本プロ野球の全12球団の永久欠番について特集しています。よろしければご覧になってみてくださいね。
プロ野球の永久欠番と準永久欠番!球団ごとに意味と全選手をご紹介
当ブログの横浜DeNAベイスターズに関しての話題はこちらからどうぞ。
横浜DeNAベイスターズの話題
野球に関する話題も多数お届けしています。よろしければ、ご覧になってみてくださいね。
野球に関する話題はこちらからどうぞ

おわりに

今回は、横浜DeNAベイスターズの背番号7番を特集してきましたが、いかがだったでしょうか?二桁の番号をつけて活躍した選手が、7番を用意されるという傾向もわかりましたね。

2020年から石川選手が7番を返上した為、空白となっています。

新たに継ぐ選手は誰なのか。出来ることなら、横浜高OBで繋いでくれたらファンとしては熱くなるのではないでしょうか。

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ