オリックスバファローズの背番号10番!歴代10番の選手と傾向を紹介

背番号の意味

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

私がプロ野球を本格的に観だしたのが、1975年の事となります。この年の日本シリーズは阪急ブレーブスと広島東洋カープの対戦となりました。

阪急ブレーブスの日本一で幕を折りしたこのシリーズで、私に強烈なイメージを与えた選手が加藤秀司さんでした。加藤さんのバッティングは、2ストライクまでは思いっきり引っ張る、2ストライク以降は流し打ちという徹底したものです。

ここまで徹底した選手はいなかったので、私は思わず虜になってしまったのです(^^;)

今回は加藤選手もつけていた、オリックスバファローズの背番号10番を特集します。前身球団から背番号10番の全選手と、特に印象深い3選手、さらに10番をつけてきた選手の傾向にも触れますので、楽しみにしてくださいね。




歴代の背番号10番を背負った選手をご紹介

それでは、オリックスバファローズ歴代の背番号3番を着けた選手を「阪急~統合前まで」・「近鉄~統合前まで」そして「統合後」と3ブロックに分けてご紹介します。

旧阪急   
年  度年 数球 団 名選 手 名
1936年~1938年秋3年阪急軍宇野錦次選手
1939年1年阪急軍伊東甚吉選手
1940年~1941年2年阪急軍田中幸男選手
1942年~1943年2年阪急軍中村栄選手
1944年~1945年2年阪急軍空白
1946年~1949年4年阪急軍~阪急ベアーズ~阪急ブレーブス荒木茂選手
1950年~1952年3年阪急ブレーブス植田武彦選手
1953年~1954年2年阪急ブレーブスラリー・レインズ選手
1955年~1956年2年阪急ブレーブス空白
1957年~1968年12年阪急ブレーブス中田昌宏選手
1969年~1982年14年阪急ブレーブス加藤秀司選手
1983年1年阪急ブレーブス空白
1984年~1988年5年阪急ブレーブス谷良治選手
1989年~1992年4年阪急ブレーブス~オリックスブレーブス~オリックスブルーウェーブ藤井康雄選手
1993年1年オリックスブルーウェーブ空白
1994年~1995年2年オリックスブルーウェーブ岡田彰布選手
1996年1年オリックスブルーウェーブ白井一幸選手
1997年~2004年8年オリックスブルーウェーブ谷佳知選手
旧近鉄
年  度年 数球 団 名選 手 名
1950年~1953年2年近鉄パールス高塚峯治選手
1954年~1963年10年近鉄パールス~近鉄バファロー~近鉄バファローズ加藤昌利選手
1964年~1967年4年近鉄バファローズ脇坂隆志選手
1968年~1975年8年近鉄バファローズ永淵洋三選手
1976年~1985年10年近鉄バファローズ島本講平選手
1986年1年近鉄バファローズデビッド・グリーン選手
1987年~1988年2年近鉄バファローズベン・オグリビー選手
1989年~1994年6年近鉄バファローズ山下和彦選手
1995年~2004年4年近鉄バファローズ~大阪近鉄バファローズ水口栄二選手
統合後
年  度年 数球 団 名選 手 名
2005年~2006年2年オリックスバファローズ谷佳知選手
2007年~2012年6年オリックスバファローズ大引啓次選手
2013年1年オリックスバファローズ李大浩選手
2014年~2015年2年オリックスバファローズ谷佳知選手
2016年~2019年4年オリックスバファローズ大城滉二選手
2020年~オリックスバファローズアダム・ジョーンズ選手

まずは阪急編です。背番号10番を背負った選手の歴史は14代に渡ります。

初代・宇野錦次選手は1リーグ時代の阪急軍でセカンドを守った選手です。2代目・伊東甚吉選手も二塁手、プロで3年プレーしました。

3代目・田中幸男選手も内野手です。一時期「田中幸雄」という名前でプレーしていました。

4代目・中村栄選手はスイッチヒッターの内野手です。1942年から2年間阪急でプレーし一旦プロから身をひいたものの1950年、国鉄スワローズで現役復帰します。引退後は社会人野球・富士重工の監督を務めました。

5代目・荒木茂選手は主にサードを守った選手です。1946年に阪急入りし、1950年に新球団・大洋ホエールズへと移籍しました。

6代目・植田武彦選手はセカンド・ショートを守った選手です。1954年に創立された新球団・高橋ユニオンズへ移籍し、1年だけプレーしました。

7代目はラリー・レインズ選手です。23歳の若さで来日し、1年目は盗塁王を獲得し、2年目には首位打者を獲得する活躍ぶりでした。

しかしMLBでの活躍を夢見て退団してしまいます。1953年に記録したシーズン16三塁打は現在もパ・リーグ記録です。(プロ野球記録は1951年、大阪タイガース・金田正泰選手が記録した18本)

8代目は中田昌宏選手です。その大柄な体格を見込まれ、プロ入り後に長距離打者へと変貌しました。

1961年には29本塁打で阪急球団初の本塁打王となります。指導者・スカウトとしての実績も素晴らしく、高校時代のイチロー選手にほれ込み、ハズレ1位、もしくは2位で指名するよう強く進言しました。(結局は4位で指名)

9代目・加藤秀司選手は阪急黄金時代の3番打者です。首位打者2回に打点王が3回。1979年には2本差で本塁打王を逃したものの首位打者と打点王を獲得しており、あと一歩で三冠王という活躍ぶりでした。

10代目は谷良治選手です。社会人野球・富士重工からドラフト外で1984年に入団した投手で、1年目から公式戦に登板し、日本シリーズでも投げました。

1985年には抑えを務め、アニマル・レスリー投手が入団した1986年には中継ぎに回り7勝を挙げる活躍ぶり。引退後は球団スタッフを経て関東学園大学の監督を務めています。

11代目は藤井康雄選手です。社会人・プリンスホテルから1986年のドラフト4位で指名され、入団した強打の左打者です。プロ入り2年目には20本塁打を記録、ブルーサンダー打線では6番を受け持ちました。

12代目は岡田彰布選手です。言わずと知れた阪神の主力打者ですね。現役晩年をオリックスで過ごしました。

後に監督を務めることになるのは、この現役時代があったからとも言われています。

13代目は白井一幸選手です。日本ハムファイターズの正二塁手だった白井選手ですが、突然の戦力外通告でオリックスへ移籍しました。1年プレーした後、古巣で指導者となっています。

そして14代目は谷佳知選手、アトランタ五輪でも大活躍した外野です手。大卒社会人経由でプロ入りした選手として史上3人目となる2000本安打を目指しましたが、惜しくも届きませんでした。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

続きまして近鉄編です。近鉄の背番号10番は9代続きました。

初代は高塚峯治捕手。プロに4年間在籍した選手です。

2代目・加藤昌利選手は捕手と外野手を兼任した選手です。引退後は審判に転身しましたが、1985年4月、49歳という若さで現役審判のままお亡くなりになられました。

3代目・脇坂隆志選手は1964年に熊本・鎮西高から入団した外野手です。息子の浩二選手は1990年に福岡ダイエーホークスへ入団しました。

4代目は前項でご紹介した永淵洋三選手です。1968年、ドラフト2位で社会人野球・東芝からプロ入りしました。社会人時代は投手兼外野手で、プロ入りも投手としてのものです。

さっそく1年目から登板を果たすものの、早々に実力を見切られ打者に専念。するとプロ2年目の1969年には打率.333で東映フライヤーズ・張本勲選手と同率で首位打者を獲得しました。

この永淵選手、とにかく酒にまつわるエピソードが多く、ドラフト2位でありながら契約金は3位の選手より低かったにもかかわらず、飲み屋のツケを払う必要があったためプロ入りを承諾したとか、試合中飲み過ぎて吐いてプレーしていたら審判に怒られたものの、その審判が飲み屋で酔いつぶれていて永淵選手が介抱した、などなど。

もちろんただ飲兵衛だけではありません。引退後に就任した日本ハムのスカウト時代、自身と同じ小柄な選手ばかり狙っていたところ、球団から「もっと大きくて見栄えのする選手を獲れ」と言われ憤慨し辞任。「プロで活躍する選手に身長の大小なんか関係ない」が永淵スカウトの言い分でした。

実は永淵選手は、プロ野球を題材にしたマンガである水島新司先生の「あぶさん」のモデルの1人です。

あぶさんは、1973年に連載が始まり2014年に完結するまで実に41年間(!)も続き、単行本は全107巻。多くのプロ野球ファンが一度は見たことがあるのではないでしょうか。

5代目は島本講平選手、和歌山・箕島高時代に全国制覇を達成した左腕です。

端正なルックスでも大人気となり、1971年にドラフト1位で南海ホークスへ入団、打者に転向します。しかし、当時の野村克也監督とソリが合わず、1975年シーズン途中でトレード。近鉄では4番打者を務めるなど活躍しました。

6代目はデビッド・グリーン選手です。79試合で打率.270 10本塁打39打点という何とも微妙な成績でしたが、結局はこの年限りで退団となりました。

7打目はベン・オグリビー選手です。1980年にMLBで本塁打王を獲得、通算232本塁打の大物外国人選手として注目されました。

38歳での来日でしたが、年齢を感じさせない全力プレー、メジャーでの実績を全くひけらかすことのない、真摯な姿勢で日本でも多くのファンに愛されました。バットをぐるぐると回して構えるバッティングフォームは、現在でもプロ野球選手物真似の定番です。

8代目は山下和彦選手です。2代目・加藤選手以来、久々に捕手が10番を背負ました。

1988年、近鉄があと一歩で優勝を逃した、いわゆる「10.19決戦」でマスクを被っていたのは山下捕手です。ロッテオリオンズ・高沢秀昭選手に夢を打ち砕かれた1発を浴びました場面で山下捕手はストレートを要求したものの、阿波野秀幸投手が投じたのは変化球(シンカー)でした。

そして近鉄最後の10番となった9代目は水口栄二選手です。愛媛・松山商高時代は「ピッカリ投法」でおなじみの佐野重樹投手とチームメイト。大学は別々でしたが、プロで再び同じチームでプレーすることになりました。

近鉄時代は高須洋介選手とのポジション争い。球団統合でオリックスに移ってからは平野恵一、塩崎真そして後藤光尊各選手らとの競争でしたが、きっちりと存在感を指示したのは、さすがでした。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

最後は統合後に背番号10番を着けた選手を紹介しましょう。

初代はブルーウエーブ時代から継続の谷佳知選手です。巨人にトレードされる2006年まで10番を着けていました。

2代目は大引啓次選手です。法政大から2007年ドラフト3巡目で入団した走攻守揃った内野手でした。

ルーキーにして開幕スタメンに抜擢されると、そのままショートのレギュラーに定着します。しかし2013年、突然のトレードで北海道日本ハムファイターズへ移籍となりました。

3代目は李大浩選手は、韓国球界唯一、三冠王を2回獲得した強打者です。2012年にオリックス入りした際には背番号10番を希望したものの25番でプレーし打点王を獲得します。大引選手の移籍後、希望の番号を手に入れました。

4代目は古巣へ復帰した谷佳知選手が、自身の代名詞とも言える10番を再び着用しています。2000本安打目前まで迫りましたが、惜しくも72本足りませんでした。

5代目は大城滉二選手は、立教大からドラフト3巡目で入団した内野手です。本職はショートで、戦線離脱した正遊撃手・安達了一選手の穴を見事に埋め、安達選手が復帰した後はセカンドを守っています。

そして現役6代目はアダム・ジョーンズ選手です。メジャー通算282本塁打、11年連続2桁本塁打をマークしています。

昨シーズンもアリゾナ・ダイヤモンドバックスで137試合に出場、打率.260 16本塁打67打点を記録した現役のメジャーリーガーです。日本ではどれほどの数字を残せるか注目が集まります。




歴代背番号10番のうち、印象深い3選手のご紹介

次に、オリックスバファローズの背番号10番をつけた選手のうち、私が印象深く思う加藤秀司選手、藤井選手、そして谷選手をご紹介したいと思います。

✓Check
各選手の紹介に合わせて、Amazonや楽天市場で販売されている商品の写真を添えています。販売ページへのリンクが入っていますので、詳しく見てみたい場合はカードをクリック・タップしてみてください。

加藤秀司選手

生年月日  1948年5月24日
出身地   静岡県榛原郡川崎町
投/打   左/左
プロ野球歴
阪急ブレーブス(1969年~1982年)
広島東洋カープ(1983年)
近鉄バファローズ(1984年~1985年)
読売ジャイアンツ(1986年)
南海ホークス(1987年)
タイトル等 首位打者2回・打点王3回・最高出塁数3回
       MVP1回・ベストナイン5回・ダイヤモンドグラブ賞3回・オールスター出場11回

1968年のドラフト会議は、多くの名選手が指名を受け、「大豊作ドラフト」と言われました。

中でも阪急は1位でエース・山田久志投手(富士製鐵釜石)、2位で加藤選手、そして7位で「加藤選手のついでに」福本豊選手の松下電器コンビを指名しています。拒否されたものの12位ではクラレ岡山の門田博光選手(後に南海ホークスに入団)を指名しました。

2年目に2桁勝利を挙げた山田投手や、同じく2年目で早くも盗塁王を獲得した福本選手に遅れはしましたが、プロ入り3年目の1971年に加藤選手も3番打者に定着します。早速打率.321 25本塁打 92打点の好成績を残しました。

プロ入り5年目の1973年には打率.337で首位打者、1975年・1976年は2年連続で打点王を獲得しています。

1番・福本選手が出塁し盗塁。2番・大熊忠義選手が進塁打で福本選手を3塁へ送り、加藤選手がきっちりと得点を挙げる、という阪急お得意の得点パターンが完成しました。

加藤選手は通算105本の犠牲フライを記録していますが、これは113本の野村克也選手に次ぐプロ野球史上第2位の記録です。野村選手とは8本差ですが、打席数は加藤選手のほうが4000打席近く少ないことを考えれば、いかに加藤選手が効率よく得点を挙げていたかが分かります。

5年連続3割が途切れたのは1978年。腰痛で打率.255と落ち込み、「加藤は終わった」という声がチラホラ聞こえる中、「悍馬」(気性の荒い馬)と言われた加藤選手の闘争心に火が付きます。

翌1979年、打率.367 35本塁打104打点と3部門全て自己最高の成績をたたき出し首位打者と打点王を獲得しました。本塁打は2本差でタイトルを逃しますが、あわや三冠王という面目躍如の活躍を見せます。

1980年・1981年も3割をマークしますが、1982年、打率.235という成績に終わると当時の上田利治監督は加藤選手の放出を決断します。広島東洋カープの5番打者・水谷実雄選手と1対1の交換トレードでチームを去りました。

セ・リーグの野球は水に合わず、1年で広島から近鉄にトレードされると、移籍2年目には打率.286 26本塁打78打点と復活しますが、再び巨人へトレードされます。

巨人では代打として一定の働きをするものの1年で戦力外となり、今度は南海へ移籍します。ここまでチームを転々としたのは2000本安打達成が目前まで迫っていたからでした。

1987年5月7日、大阪球場での古巣・阪急戦。同期の山田投手から本塁打を放ち、2000本安打を達成します。通算2055安打まで記録を伸ばし、この年限りで引退しました。

引退後、日本ハムで指揮を執っていた上田監督に請われ打撃コーチに就任します。同じ左打者の小笠原道大選手を強打者へと育て上げました。




藤井康雄選手

生年月日  1962年7月7日
出身地   広島県福山市
投/打   右/左
プロ野球歴 阪急ブレーブス~オリックスブレーブス~オリックスブルーウェーブ(1987年~2002年)
タイトル等 ベストナイン2回・オールスター出場1回

藤井選手は広島県福山市の出身です。高校は大阪・泉州高、そして社会人野球では東京のプリンスホテルへと進みました。

社会人で6年間プレーしたことで慣れ親しんだ在京球団の指名を待ったドラフト会議でしたが、藤井選手をドラフト4位で指名したのは阪急でした。しかし、「与えられた場所で活躍することが大事」とお母様に諭され、阪急入団を決めたのです。

プロ入り2年目の1988年、すでに一軍で4番打者を務めるなどブレイクの兆しを見せ始めていた藤井選手はジュニアオールスターで貫録のMVPを獲得します。

「何でお前がここにいるんだ、という視線を痛いほど感じた」とは藤井選手の弁ですが、これを後半戦への自信とし、結果として20本塁打を記録。主力打者の仲間入りを果たしました。

1989年、チーム名はオリックスに代わり、南海から門田博光選手が移籍してきて、「ブルーサンダー打線」が誕生します。藤井選手はこの強力打線で不動の6番打者を務め、打率.292 30本塁打90打点を記録しました。1990年には自己最高の37本塁打をマークしています。

1991年、守備練習中にフェンスに激突しむち打ち症となると、この年は21本塁打、翌1992年はわずか20試合の出場で本塁打はプロ入り初の0本に終わってしまいます。

しかし、1993年に打率.251ながら28本塁打86打点を挙げ復活を果たします。ブーマー・ウエルズ選手の退団、松永浩美、石嶺和彦両選手は阪神へ移籍とかつての強力打線の生き残りは藤井選手だけになっていました。

しかし高橋智選手やイチロー選手、そして田口壮選手らと新しい打線を形成、1995年からのリーグ連覇、1996年の日本一に大きく貢献します。

1998年には8年振りとなる30本塁打を記録しました。惜しくも3本差で本塁打王には届かなかったものの、36歳となっても強打健在を見せつけます。

1999年、トロイ・ニール、ハービー・プリアム両選手らとともに4番を務め、15本塁打を記録しました。2000年には18本、39歳となった2001年シーズンでも15本塁打を記録するなど年齢を感じさせないバッティングを披露し続けます。

2001年、「40歳まで現役でプレーする」という目標を達成、この年限りで引退しました。

実は「満塁男」で、通算満塁本塁打は埼玉西武ライオンズ・中村剛也選手(20本)、王貞治選手(15本)に次ぐ14本を記録しています。

2019年終了時点で415本塁打の中村選手、868本塁打の王選手に比べ藤井選手は通算282本塁打ですから、いかに藤井選手が満塁で強かったかがお分かりいただけるかと思います。

また、代打満塁本塁打4本、1シーズン代打満塁本塁打3本はいずれもプロ野球記録です。史上最強の満塁男と言っても過言ではありません。

阪急からオリックスへの過渡期に活躍。次々と主力打者が移籍する中、オリックス一筋を通した藤井選手をファンは親しみと敬意を込めてこう呼びます。

ミスター・ブルーウエーブ。




谷佳知選手

生年月日  1973年2月9日
出身地   大阪府東大阪市
投/打   右/右
プロ野球歴
オリックスブルーウエーブ~オリックスバファローズ(1997年~2006年)
読売ジャイアンツ(2007年~2013年)
オリックスバファローズ(2014年~2015年)
タイトル他 盗塁王1回・最多安打1回
      ベストナイン5回・ゴールデングラブ賞4回・オールスター出場6回

谷選手は、社会人野球・三菱自動車岡崎時代の1996年、アトランタ五輪に出場し銀メダル獲得に大いに貢献しました。その年のドラフト会議でオリックスから2位指名を受け、プロ入りしています。

プロ1年目の1997年から107試合に出場を果たします。2年目の1998年には早くも規定打席に到達し、打率.284 10本塁打45打点を記録しました。打順は主に1番、後半戦からは5・6番を務めています。

1999年、あまり積極的に挑まなかった盗塁に意欲を示し、前年の1盗塁から一気に24盗塁をマークしました。盗塁失敗はわずかに二度という成功率の高さでも注目を集めました。

2000年からは不動の3番打者となります。イチロー選手がMLBに移籍し、より重圧の掛かった2001年には自身初の3割となる打率.325 13本塁打79打点27盗塁をマークしました。

さらにこの年、1シーズン52二塁打というプロ野球新記録を樹立、2019年現在も破られていません。

2001年、西武ライオンズ・松井稼頭央選手らを抑え、41盗塁で盗塁王を獲得しました。この年も失敗はわずか4回と相変わらずの高成功率を誇っています。

2003年には189安打を放ち最多安打のタイトルを獲得しました。打率.350という自己最高打率を残しますが、首位打者は日本ハムファイターズ・小笠原道大選手が獲得しています(打率.360)。

2004年、4年連続で打率3割超えとなる.317を記録しました。この年、五輪出場経験を買われ、オールプロ選手で臨むこととなったアテネ五輪日本代表に選出され、自身2個目となる銅メダルを獲得しました。

準決勝対オーストラリア戦、1-0の日本ビハインドで迎えた9回2死で打席に立った谷選手は、ゴロを打ち必死に一塁を駆け抜けた際転倒し右足を負傷してしまいます。残りシーズンを棒に振っただけでなく翌2005年の不振を招いてしまいました。

2006年も不振に終わると、巨人へトレードされます。移籍1年目の2007年から、3年間はスタメンとして3割近い打率を残しますが、競争の激しい巨人、そして谷選手も年齢を重ねたこともあり、徐々に出番が減少していきます。

残り79本まで迫っていた2000本安打を達成すべく2014年、8年振りに古巣へ復帰しました。しかし、2年間で7安打に終わり、2015年に引退を表明、2000本まで残り72本でした。

巨人時代の2010年4月24日、対広島東洋カープ戦。前年の4月7日、37歳という若さで急逝した巨人・木村拓也コーチの追悼試合で谷選手は豪快な満塁本塁打を放ちます。

同級生で巨人では移籍組ということもあり、木村コーチと親しくしていた谷選手の、天国にいる盟友への手向けの一発は、多くのプロ野球ファンの涙を誘いました。

名球会に入らずとも、名選手は語り継がれる。そんなことを教えてくれた、谷選手の一撃でした。




背番号10番をつけた選手の傾向とは?

オリックスバファローズの背番号10番は、主に野手がつけてきたという傾向があります。

阪急~オリックスでは「昭和の加藤、平成の谷」と言い切れるほどこの2選手が素晴らしい活躍をされ、すっかり代名詞のような番号となっています。

近鉄も永淵選手から島本選手、そしてグリーン、オグリビー両選手へと外野手が受け継ぎ、山下捕手を経て最後はレギュラー二塁手の水口選手が締め、ポジションこそ違えど主力打者の番号でした。

特にオグリビー選手はわずか2年の在籍にも関わらず「近鉄の背番号10番と言えば?」という質問に多くのファンが挙げる名前でしょう。

✓Check
当ブログでは、他にもオリックスバファローズに関しての話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね。
オリックスバファローズの話題

他にも野球に関する話題を多数お届けしています。
野球に関する話題はこちらからどうぞ

背番号別の特徴に関しての話題を提供しています。
背番号別の特徴

おわりに

今回は、オリックスバファローズの背番号10番を特集してきましたが、いかがだったでしょうか?

2020年、MLB通算1939安打282本塁打というアダム・ジョーンズ選手が入団しました。慣れ親しんだ背番号10番を希望したことで大城選手は9番へ変更となっています。

思えばオグリビー選手も来日当時MLB通算1615安打 235本塁打という実績がありました。しかしそんな数字をハナにかけることもなく、真摯にプレーをしてくれました。

日本のオールスターに選ばれた時はとても喜び、テレビ中継でもニコニコとしながら打席に入るオグリビー選手が映し出されれる、この人柄こそ、オグリビー選手人気の源でした。

ジョーンズ選手も実績をひけらかすようなそぶりは無く、オグリビー選手と似たようなタイプの選手のようです。末永く、ファンの記憶に留まるような活躍を期待せずにはいられません。

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ