広島東洋カープの背番号3番!国民栄誉賞のあの選手もつけた歴代3番の選手と傾向を紹介

背番号の意味

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

日本でプロ野球が始まった頃、多くの日系の選手が活躍しました。日系のプロ野球選手というと、多くの方が読売ジャイアンツ・与那嶺要選手を連想することでしょう。

1951年に巨人入りすると俊足巧打の外野手として活躍します。「打撃の神様」・川上哲治選手を押しのけ1954年には首位打者を獲得しました。

また、指導者としては中日ドラゴンズ監督として古巣のV10を阻止します。引退翌年の1963年から1988年まで35年間コーチ・監督としてユニフォームを着続けていました。

1950年代に入ると各球団に日系選手が次々と入団してきます。

広島東洋カープにも1953年、日系人の銭村健三・健四兄弟と光吉勉各選手が入団しました。その2年後、4人目の日系人選手として平山智選手が背番号3番を着け入団し、カープ球団史を大きく動かすことになります。

今回は広島東洋カープ背番号3番について特集します。背番号3番をつけた全選手と、特に印象深い3選手、さらに3番をつけた選手の傾向にも触れますので、楽しみにしてくださいね。




歴代の背番号3番を背負った選手をご紹介

まずは、広島東洋カープの背番号3番をつけた選手をご紹介します。

    
年  度年 数球 団 名選 手 名
1950年~1951年2年広島カープ辻井弘選手
1952年~1954年3年広島カープ大沢伸夫選手
1955年~1964年10年広島カープ平山智選手
1965年~1969年5年広島カープ~広島東洋カープ寺岡孝選手
1970年~1972年3年広島東洋カープ早瀬方禧選手
1973年~1974年2年広島東洋カープミッキー・マクガイア選手
1975年~1987年13年広島東洋カープ衣笠祥雄選手
1988年~広島東洋カープ永久欠番

初代・辻井弘選手は記念すべきカープの初代4番打者にして主将を務めた選手です。元々は大陽ロビンズで捕手を務めていました。1950年にカープ球団創立に合わせ移籍し、一塁を守っています。

2代目・大沢伸夫選手は1952年に大洋ホエールズから移籍した一塁手です。初代背番号3番の辻井選手が国鉄スワローズに移籍したため、その後継者として石本秀一監督に請われて入団しました。

4番・ファーストの定位置と背番号を辻井選手から引き継ぎました。1953年に松竹ロビンスから本塁打王を獲得したこともある小鶴誠選手が移籍し、4番に座ると大沢選手は3番打者として活躍します。引退後は母校・国学院大硬式野球部の監督に就任しました。

ちなみに、この大沢選手は日本ハムファイターズの監督などを務め、テレビのコメンテーターとしてお茶の間で人気のあった「親分」こと大沢啓二氏のお兄さんであります。

3代目は、最初にもご紹介しました、日系の平山智選手です。日系選手にはそれぞれ愛称があり、巨人の与那嶺選手は「ウォーリー」、平山選手の愛称は「フィーバー」。その由来などについては後ほどご紹介します。

4代目は寺岡孝選手です。

専修大時代に東都大学リーグでベストナインに選出されたこともある一塁手で、1965年にプロ入り後は一塁の他、外野も守りました。

1970年、大学の先輩である古葉竹識選手と共に南海ホークスへ移籍します。古葉選手と行動を共にしたことが、後の指導者人生を開きました。

5代目・早瀬方禧選手は阪急ブレーブスから移籍した選手です。阪急ではレフトのレギュラーとして活躍していましたが、出場機会が減りカープへトレードされます。しかし、往年の力は残念ながら衰えていました。

6代目は1973年に入団した、ミッキー・マクガイア選手です。

1本職はショートでしたが、当時カープには三村敏之選手という正遊撃手がいたためマクガイア選手は二塁を守ります。1年目はチームトップの打率.276を残しますが、翌年は成績が伸びず退団しました。

そして7代目・衣笠祥雄選手が背番号をそれまでの28番から3番に変更します。ちなみに、衣笠選手が3番をつけた1975年は、カープ創立25年目にして悲願のリーグ初優勝を果たした年であります。

カープの背番号3番といえば、衣笠祥雄選手の永久欠番です。山本浩二選手と並び、カープを代表する強打者であり、連続2215試合連続出場は今後破られることのないであろうプロ野球記録の一つです。

巨人・王貞治選手に次いでプロ野球選手としては2人目となる国民栄誉賞を受賞するなど、日本プロ野球史に輝かしい足跡を残しました。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

歴代背番号3番のうち、印象深い3選手のご紹介

次に、広島東洋カープの背番号3番をつけた選手のうち、私が印象深く思う平山選手、寺岡選手、そして衣笠選手をご紹介したいと思います。

平山智選手

生年月日  1930年2月17日
出身地   米国カルフォルニア州エクスター村
投/打   右/右
プロ野球歴 広島カープ(1955年~1964年)
タイトル等 オールスター出場2回

ミスター・赤ヘルとして広島の子供たちが憧れたのが山本浩二選手です。その山本選手が少年時代にファンだったのがこの平山選手でした。

1953年にカープへ入団し、中心打者として活躍していた日系アメリカ人の銭村健四選手に誘われ、1955年に来日しました。平山選手も日系アメリカ人選手で、そのルーツは熊本県にありました。

身長160cmという小兵、メガネをかけた風貌はどこか頼りない印象でしたが、いざプレーしてみるとまさに「ガッツの塊」です。来日2年目の1956年には打率.240ながら10本塁打46打点に34盗塁を記録します。

守備でも強肩を活かしライトを守り、まさに走攻守揃った選手でした。

1956年と1958年にはオールスターにも選出されます。そのキビキビとしたプレーぶりから「フィーバー平山」という愛称が付き、多くのカープファンを虜にしました。

1964年限りで現役を引退しました。この年にカープへ入団した安仁屋宗八投手は、沖縄県出身のプロ野球選手第1号として注目を浴びた選手ですが、安仁屋投手獲得には平山選手が大きく貢献していたのです。

1972年に日本に返還されるまで、沖縄はアメリカの統治下にあり、訪れるにはパスポートが必要な「外国」でした。

都市対抗野球で脚光を浴びた安仁屋投手と入団交渉しようと、各球団のスカウトはパスポートを申請しますが、今ほどすんなり発給されない時代で時間がかかりました。

そんな中、平山選手はアメリカ国籍なので当然パスポートを持っており、他球団に先駆けて沖縄を訪問。入団交渉をまとめ上げ、安仁屋選手はカープ入りしたのです。

1965年にカープを退団、故郷カルフォルニアに戻った平山選手は教員を務める傍らMLBカルフォルニア・エンゼルスのスカウトに就任します。さらに1975年には古葉竹識監督の要請を受け駐米カープスカウトになりました。

カープ2年連続日本一の立役者であるジム・ライトル選手を始め、ヘンリー・ギャレット選手やルイス・ロペス選手など1980年代以降にカープに入団した外国人選手のほとんどが平山氏がスカウトした選手です。

選手としてはカープ人気を不動のものとし、スカウトとしては日本一に貢献した平山選手無くしては、現在のカープは無かったと言っても過言ではないでしょう。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

寺岡孝選手

生年月日  1942年9月13日
出身地   宮崎県宮崎市
投/打   右/右
プロ野球歴
広島カープ~広島東洋カープ(1965年~1969年)
南海ホークス(1970年~1972年)
タイトル等 特になし 

寺岡選手は、専修大時代にベストナインに選出されたこともあり、大きな期待を受け1965年にプロ入りしました。与えられた背番号が3番だったことからも、その期待の大きさが伺えます。

ちなみに、専大の1学年後輩に佐野真樹夫選手がいました。佐野選手は1965年から始まったドラフト会議でカープ初のドラフト1位指名選手として入団し、大学時代に続きプロでも寺岡選手とチームメイトになりました。

さらに、佐野選手の息子・佐野心選手は1991年のドラフト会議で中日ドラゴンズから6位指名を受けます。親子でドラフト指名を受けた初の例となります。

心選手は引退後地元静岡の常葉菊川高の教員となり、硬式野球部監督の部長に就任。同校の2007年夏全国制覇に大いに貢献しました。

寺岡選手は、プロ2年目の1966年にはウエスタンリーグで首位打者を獲得しましたが、1軍では準レギュラーの域を脱することが出来ずにいました。

本職の一塁に加え、外野守備にも挑戦しましたが、レギュラー獲得には至らず、1969年オフ、大学の先輩である古葉竹識選手とともに南海ホークスへトレードされます。

南海でも守備要員としてのプレーにとどまり、1972年に引退しました。そのまま南海のコーチに就任していたところ、1976年にカープ監督に就任した古葉監督自らの誘いもあり古巣に復帰します。1979年、1980年そして1984年のカープ日本一に大きく貢献しました。

1985年、古葉監督がカープ監督を勇退すると寺岡コーチも退団し南海で再びコーチとなります。1987年、大洋ホエールズ監督に古葉氏が就任すると、寺岡コーチはヘッドコーチとして再び古葉監督を補佐します。

1989年に古葉監督とともに大洋退団後は韓国・台湾でプロ野球チームの監督・コーチを歴任しました。その後、1995年に福岡ダイエーホークスに王貞治監督が就任するとヘッドコーチとして招聘されます。

1997年にダイエーを退団後は再び台湾プロ野球界に戻りコーチを歴任しました。2006年には沖縄のクラブチーム・サムライ那覇でコーチを務める傍らタイ王国野球チーム監督に就任するなど、指導者としての活動は日本だけに留まりませんでした。

古葉監督の懐刀としてカープを日本一に導いた寺岡コーチ。大洋に古葉監督が就任した時は大きな期待を集めましたが、志半ば3年でチームを追われるように去りました。

「チームを変えるには5年必要だった」と古葉監督はおっしゃっていまいたが、後2年、大洋球団が辛抱してくれていたらと悔やまれます。




衣笠祥雄選手

✓Check
衣笠選手の紹介に合わせて、楽天市場で販売されているカードの写真を添えています。販売ページへのリンクが入っていますので、詳しく見てみたい場合はカードをクリック・タップしてみてください

生年月日  1947年1月18日
出身地   京都府京都市東山区
投/打   右/右
プロ野球歴 広島カープ~広島東洋カープ(1965年~1987年)
タイトル他 MVP1回・打点王1回・盗塁王1回
      ベストナイン3回・ゴールデングラブ賞3回・オールスター出場13回
*連続2215試合出場(日本記録)

連続試合出場記録や引退後の解説者としての印象から、優しそう、とか人格者というイメージのある衣笠選手ですが、実は若手の頃は大変ヤンチャな選手だったと言います。

1965年、京都・平安高からプロ入りした衣笠選手は、入団時のポジションは捕手でした。当時、監督らが国産の小さな車に乗っている中、衣笠選手は大きなアメリカ車を乗り回し、門限破りの常習犯として知られています。

門限を破って衣笠選手が向かっていたのは、山口県にある米軍岩国基地です。そこでアメリカ兵と飲み明かしていました。

ある日、顔見知りの兵隊がベトナム戦争へ赴くと聞き、「自分は好きな野球だけをやっている。それなのに命を懸けて戦争に行く人もいる。俺は何をやっているんだろう」と大変なショックを受けます。

ちょうどその頃、当時の根本睦夫監督から「衣笠を一人前の打者にしてくれ」と命を受けた関根潤三打撃コーチが就任すると厳しい練習が始まります。あまりの厳しさに衣笠選手が門限を破り夜中3時に寮へ帰ってくると、関根コーチが待っていました。

関根コーチは怒ることもなく、笑顔で「さぁやるぞ」と衣笠選手にバットを渡しました。

衣笠選手の努力と、周りのサポートのおかげでメキメキと力を伸ばし、プロ4年目の1968年に21本塁打を記録します。1970年には4番打者を務めるまでに成長しました。連続試合出場が始まったのもこの年です。

連続出場記録が途切れそうになることは何度かありましたが、最大の危機は1979年8月1日の対巨人戦で訪れます。

この日先発の西本聖投手の投球が衣笠選手の左肩に命中。肩甲骨を骨折してしまいまいます。しかし、翌2日の試合に衣笠選手は代打で出場し、何食わぬ顔で江川卓投手と対戦しました。結果はフルスイングで3球三振でした。

衣笠選手は「1球目はファンのため、2球目は(死球をぶつけた)西本投手のためそして3球目は自分のためにスイングした」と語り、小細工無しで直球を3つ続けた江川投手に対しては「いやー、それにしても今日の江川投手は速かった」と爽やかな笑みを浮かべながら語りました。

とかく連続試合出場記録だけが注目されがちな衣笠選手ですが、生涯成績を見ればその凄さがよくわかります。

安打数2543本は史上5位タイ(福本豊選手と同数)、本塁打504本は史上7位タイ(張本勲選手と同数)。1448打点は史上11位の記録。さらに通算266盗塁を記録しており、1976年には盗塁王にも輝いています。

ちなみに、500本塁打200盗塁を達成しているのは、衣笠選手の他には張本勲選手と山本浩二選手しかいません。

引退後は野球解説者として長年活躍します。口調は穏やかで決して激高することはなかったものの、苦言を呈する場面ではしっかりと意見し、解説者としても多くのファンを持っていました。

2019年4月19日の横浜DeNAベイスターズ対巨人戦で解説を務めた時は声を出すことすらつらそうな状態で、心配の声があがりました。それからわずか4日後の4月23日、71歳の生涯を閉じられました。

入団時の背番号は28、当時の人気マンガ「鉄人28号」になぞらえて「鉄人」というニックネームで親しまれました。死球を受けても怒りを表に出さず、謝る相手に「いいから、いいから」と微笑みながら手を振るその姿は、まさに心優しき鉄人でした。




背番号3番をつけた選手の傾向とは?

カープ歴代の背番号3番選手にはポジションを問わず「チームを支える存在になって欲しい」という願いが込められているように感じます。

初代の辻井選手、2代目の大沢選手はその願い通りに4番打者としての重責を果たし、平山選手はファイト溢れるプレーでチームを鼓舞しました。

寺岡選手は大学時代の実績から大きな期待を掛けられ背番号3番を贈られ、早瀬選手には移籍を機に復活を、との願いが込められています。

マクガイア選手には平山選手の再来を・・・という希望を託しており、結果はともかく期待する選手に与えられてきた番号であることは間違いありません。

その願いの結晶が、衣笠選手なのです。

引退後、長く野球解説者を務められてきましたが、ついに衣笠監督あるいは衣笠コーチが実現しませんでした。そこのことに対しご本人は「自分一人ではどうすることもできない。人間関係というものがあるからね」と半ば悟ったようにおっしゃっていました。

前項でご紹介した、デッドボールで肩を骨折した時、激痛に苦しみながら衣笠選手が考えていたことは「どうすれば試合に出られるか。どう体を使えばバットを振れるか」ということだけでした。

自分ではどうすることもできない逆境に陥っても、相手を責めることなく、「ならばどうすればいいのか」と考える。この発想こそが衣笠選手の真骨頂なのです。

監督やコーチが出来ないのなら、解説の仕事を一生懸命やればいい。そう考えた結果が、最後まで仕事を休まなかった理由ではないでしょうか。




Check
当ブログでは、野球に関する様々な話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね!

広島カープに関しての話題はこちらからどうぞ。
広島カープの話題

他にも野球に関する話題を多数お届けしています。
野球に関する話題はこちらからどうぞ

背番号別の特徴に関しての話題を提供しています。
背番号別の特徴

おわりに

今回は、広島東洋カープ背番号3番について特集してきましたが、いかがだったでしょうか?ポジションを越え、チームを支える存在の選手が、3番をつけてきた傾向が見えました。

カープ最後の3番をつかた衣笠選手は、連続試合出場記録更新が間近に迫っていた頃、あるインタビューで「どうしてそこまで試合に出場し続けることが出来るのですか?」と問われた衣笠選手は微笑みながらこう答えました。

「野球が好きでたまらんのですよ」

凄くシンプルだけど、凄く重みのある発言ですね!

最後までお読み頂き大感謝!みっつでした。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ