首都大学野球連盟!全加盟校と歴代の優勝校や個人記録をご紹介

大学野球

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

首都大学野球連盟は、関東にある16の大学で構成されています。元々は東都大学野球連盟の加盟校を中心に、1964年に発足しました。

東京六大学野球連盟や東都大学野球連盟と比べると、比較的歴史は浅いですが、全日本大学野球選手権や明治神宮野球大会で数多くの優勝を果たしていて、実力校が集まる連盟として知られています。

今回は、首都大学野球連盟について特集します。加盟校や歴代の優勝校の紹介、さらに2020年の注目選手にも触れますので、楽しみにして下さいね。




✓Check
ご紹介する内容は、2020年8月現在となります

首都大学野球連盟の全加盟校のご紹介

首都大学野球連盟は、16校による2部制でリーグ戦が行われています。まずは2020年現在の全ての加盟校のご紹介です。

東海大学

連盟加入年 1964年

武蔵大学

連盟加入年 1964年

筑波大学

連盟加入年 1964年

日本体育大学

連盟加入年 1964年

帝京大学

連盟加入年 1967年

大東文化大学

連盟加入年 1966年

桜美林大学

連盟加入年 2009年

東京経済大学

連盟加入年 1964年

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

明星大学

連盟加入年 1966年

獨協大学

連盟加入年 1967年

城西大学

連盟加入年 1965年

明治学院大学

連盟加入年 1964年

玉川大学

連盟加入年 1975年

足利大学

連盟加入年 2010年

成城大学

連盟加入年 1964年

日本ウェルネススポーツ大学

連盟加入年 2019年




主な加盟校のご紹介

続いて、主な加盟校として、1部優勝経験のある大学をご紹介します。

東海大学

・創部   1964年
・優勝回数 73回
・主なOB  遠藤一彦、原辰徳、平野恵一、菅野智之、中川皓太など

特色

東海大学は、首都大学野球連盟のリーグ戦で断トツの73回の優勝を誇ります。もともとは東都大学野球連盟に加盟していましたが、東海大が他大学に呼びかけて首都大学野球連盟を発足した経緯があるため、名実ともに「首都の盟主」として君臨しています。

全国の舞台でも全日本大学野球選手権で4回、明治神宮大会で3回の優勝があり全国的にも強豪校です。

OBにもプロ野球界で活躍している選手が多数おり、質・量ともにリーグ1です。巨人の原辰徳監督の父でもある原貢氏が長年監督を務めたこともあり、有力な選手は巨人にドラフト指名されることが多い印象です。

日本体育大学

・創部   1952年
・優勝回数 23回
・主なOB  高嶋仁、小林雅英、松本航、東妻勇輔など

特色

日本体育大学は、日本を代表する様々なスポーツのアスリートが在籍する大学です。

大学野球においては、創部してすぐに現在の東京新大学野球連盟に加盟しましたが、6年後には東都大学野球連盟に移籍し、首都大学野球連盟発足に伴い東都大学野球連盟を脱退したという経緯があります。

首都大学野球リーグでも2位となる23回の優勝があり、神宮大会でも優勝経験のある強豪としての地位を築いています。

大学が教員養成を主においていることもあり、教員志望の学生が多くプロ野球選手のOBも多くいますが、それ以上に高校野球界等に多くの指導者を送り出し、選手の指導にあたっています。

帝京大学

・創部   1966年
・優勝回数 4回
・主なOB  前田三夫、里崎智也、青柳晃洋、塩見康隆など

特色

帝京大学は、日本屈指の規模を誇る総合大学で、各種学生スポーツにも力を入れている大学です。

それらのスポーツでは強豪であることが多く、高校野球では帝京高校が名門であることから、大学野球でも強豪のイメージがありますが、リーグ戦では意外と4回の優勝しかありません。

2017年春には20年ぶりのリーグ優勝を果たしていますが、基本的にはリーグの中位で終わるシーズンが多い印象です。

しかし、レベルの高いリーグであり、全国の強豪校からも部員が集まってきていますので、今後も強豪校としての地位は保てそうです。

筑波大学

・創部   1896年
・優勝回数 4回
・主なOB  渡辺正和、杉本友、藤井淳志など

特色

 

筑波大学は国立大学ではありますが、体育専門学群が設置されており、数々の学生スポーツでも結果を残している珍しい性質の大学です。

もともとは東都大学野球連盟に加盟しており、ある程度の成績は残していましたが、東海大や日体大と同様、連盟を脱退し、首都大学野球連盟発足に携わりました。

リーグ戦の優勝回数こそ4回で、ここ10年以上は優勝から遠ざかっていますが、近年でもリーグ戦を上位で戦っており、立派な成績をおさめていると言えます。

推薦入学した野球強豪校の選手と進学校から入学した選手がいいバランスで力をあわせています。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

城西大学

・創部   1965年
・優勝回数 3回
・主なOB  川井貴志、渡辺直人、比屋根渉など

特色

城西大学は、埼玉県の坂戸市に所在置く大学です。連盟に加盟して約20年後の1984年に1部に昇格すると、これまでにリーグ戦では3度の優勝経験があります。

その全てが1990年代後半から2000年代前半にかけてのものであり、この時期はリーグ戦でも上位で戦うことが多く、強豪としての地位を築きつつありました。

しかし、徐々に順位を下げ、最近は1部と2部を行ったり来たりしております。リーグの上位大に比べると中堅校出身の選手が目立ちますが
、1部昇格そして神宮大会出場を目指し、日々の厳しい練習をこなし2部リーグで戦っています。

明治学院大学

・創部   1885年
・優勝回数 2回
・主なOB  森山正義、加藤貴大、松本友など

特色

明治学院大学の野球部の創部は1885年と、日本でも最も歴史のある野球部の1つです。これは名門校揃いの東京六大学で、最も歴史のある慶應義塾大よりも古いものです。

明治学院大も他大学と同様、もともとは東都大学野球連盟に加盟していましたが、首都大学野球連盟発足後に移籍しています。
リーグ戦では1970年代に2度の優勝があり、森山正義選手が創部初のプロ野球選手となりました。
森山氏は後に監督を務め、その背番号27は大学の永久欠番となっています。
1990年代以降は、低迷が続き、2部リーグが主戦場となっており、1部定着ができていません。
特にこの10年は1部昇格できていないので、2部優勝と1部昇格が当面の目標となります。

大東文化大学

・創部   1966年
・優勝回数 1回
・主なOB  鈴木照雄、島津佳一、石井邦彦、川井雄太など

特色

大東文化大学は、創部と同年の1966年に首都大学野球連盟に加盟すると、すぐさま1部に昇格し1972年には1部でリーグ優勝しました。しかし、現在、これが最初で最後のリーグ優勝となっています。

しかもこの優勝以降は1部下位に低迷し、1部と2部を往復するようなシーズンが多くなり、2015年に2部に降格して以降は2部でも下位に沈むことも増えています。

他のスポーツにおいても大東文化大の活躍が少なくなってきている印象で少し寂しい感じがしますが、部員数は少なくないので、キーとなる選手が生まれれば、2部でも上位に行けそうです。

桜美林大学

・創部   2008年
・優勝回数 1回
・主なOB  山野辺翔、佐々木千隼など

特色

桜美林大学には長年、準硬式野球部しか存在しませんでしたが、2008年に硬式野球部へと移行しました。

2014年に、連盟の1部が8校に拡大されたのに伴い1部に昇格すると、2016年秋には佐々木千隼選手を擁して1部初優勝と明治神宮大会準優勝を遂げています。

これらの成績で、大学野球としての歴史の浅い桜美林大の知名度は飛躍的にアップしました。また、新興勢力として強豪校の仲間入りをしそうな予感でしたが、その後は1部と2部を行き来しており、首都大学リーグが甘くないことが証明されています。




歴代優勝校のご紹介

首都大学野球連盟の1部リーグ戦の歴代優勝校をご紹介します。

年度(西暦)年度(和暦)春の優勝校秋の優勝校
1964年昭和39年東海大
1965年昭和40年東海大東海大
1966年昭和41年東海大東海大
1967年昭和42年東海大日本体育大
1968年昭和43年東海大東海大
1969年昭和44年東海大東海大
1970年昭和45年明治学院大東海大
1971年昭和46年帝京大東海大
1972年昭和47年大東文化大東海大
1973年昭和48年日本体育大東海大
1974年昭和49年明治学院大日本体育大
1975年昭和50年東海大日本体育大
1976年昭和51年東海大東海大
1977年昭和52年東海大東海大
1978年昭和53年東海大東海大
1979年昭和54年東海大東海大
1980年昭和55年東海大日本体育大
1981年昭和56年日本体育大日本体育大
1982年昭和57年東海大東海大
1983年昭和58年東海大東海大
1984年昭和59年日本体育大日本体育大
1985年昭和60年東海大東海大
1986年昭和61年東海大帝京大
1987年昭和62年東海大筑波大
1988年昭和63年日本体育大東海大
1989年平成元年東海大日本体育大
1990年平成2年筑波大日本体育大
1991年平成3年東海大東海大
1992年平成4年東海大東海大
1993年平成5年東海大日本体育大
1994年平成6年日本体育大東海大
1995年平成7年日本体育大日本体育大
1996年平成8年日本体育大筑波大
1997年平成9年城西大帝京大
1998年平成10年東海大日本体育大
1999年平成11年東海大東海大
2000年平成12年東海大東海大
2001年平成13年東海大城西大
2002年平成14年東海大東海大
2003年平成15年東海大城西大
2004年平成16年東海大日本体育大
2005年平成17年東海大東海大
2006年平成18年東海大筑波大
2007年平成19年東海大東海大
2008年平成20年東海大東海大
2009年平成21年東海大東海大
2010年平成22年東海大東海大
2011年平成23年日本体育大東海大
2012年平成24年東海大東海大
2013年平成25年日本体育大東海大
2014年平成26年東海大東海大
2015年平成27年東海大東海大
2016年平成28年日本体育大桜美林大
2017年平成29年帝京大日本体育大
2018年平成30年東海大東海大
2019年令和元年東海大東海大
2020年令和2年新型コロナの影響により中止




学校別優勝回数ランキング

続いて、学校別にリーグ戦の優勝回数とランキングごを紹介します。

順位学校名優勝回数(春・秋)
1位東海大学73回(38・35)
2位日本体育大学23回(10・13)
3位帝京大学4回(2・2)
3位筑波大学4回(1・3)
5位城西大学3回(1・2)
6位明治学院大学2回(2・0)
7位大東文化大学1回(1・0)
7位桜美林大学1回(1・0)

優勝回数は、東海大が73回で飛び抜けて最多となっています。




2020年 首都大学野球連盟の注目選手

首都大学野球連盟に加盟している大学の選手の中で、私が注目している4名をご紹介します。

山崎伊織選手

在籍校/学年   東海大学/4年
身長/体重    181cm/72kg
投/打      左/左 
ポジション   投手
出身高校    明石商業高校

山崎選手は、大学生投手で総合力ナンバーワンとも評される注目選手です。 

明石商業高校から東海大に進学すると、2年春からリーグ戦に登板し、3年時にはリーグ戦MVPや大学日本代表に選出されるなど学生トップクラスの力を身につけます。

最速153キロの直球に加え変化球も高いレベルにあります。肘の故障が心配ではありますが、復活に期待したいです。

小郷賢人選手

在籍校/学年   東海大学/4年
身長/体重    180cm/80kg
投/打      右/右 
ポジション   投手
出身高校    関西高校

小郷選手は、最速155キロの快速球が自慢の投手で、東海大のリリーフエースです。関西高校時代から150キロを計測し、注目を集めましたが、大学入学後も力を伸ばしています。

速球に縦のスライダーなどを織り交ぜ、緩急をつけた投球スタイルが持ち味です。現楽天の小郷裕哉選手を2歳年上の兄に持ち、兄に続いてのプロ入りを目指します。




森博人選手

在籍校/学年   日本体育大学/4年
身長/体重    175cm/79kg
投/打      右/右 
ポジション   投手
出身高校    豊川高校

森選手は、鋭い腕の振りから繰り出される最速155キロの直球とスライダーが持ち味の本格派です。
高校時代から146キロを計測する本格派でしたが、大学入学後には先輩である松本選手(現西武)や東妻選手(現ロッテ)らの後にプロ入りする選手との力の差を痛感しました。

そこで、食事とトレーニングに力を入れ、入学時よりも体重を10キロ以上増量しています。現在では憧れだった先輩達と肩を並べるところまできており、ドラフト上位指名を見据えています。

並木秀尊選手

在籍校/学年   独協大学/4年
身長/体重    170cm/70kg
投/打      右/右 
ポジション   外野手
出身高校    市立川口高校

並木選手は、2部リーグに所属していながらも注目を集めるスピードスターです。

市立川口高校時代は県大会3回戦が最高成績でしたが、地元の獨協大学では2年時にレギュラーを獲得。3年時には2部のベストナインに選出され、侍ジャパン大学代表選考合宿にも参加しました。

その合宿では、手動計時ではありますが、50m走でサニブラウンに勝った男としても有名な中央大の五十幡選手よりも速いタイムを記録しました。

プロでも走塁のスペシャリストは重宝されており、並木選手もそのような存在になれるポテンシャルを持ちます。

Check
大学野球には、春に開催される全日本大学野球選手権の他に、秋には明治神宮野球大会が開催され、全国レベルの大会が2つ行われています。当ブログでは、全日本大学野球選手権や明治神宮野球大会も特集していますので、よろしければご覧になってくださいね。
⇒全日本大学野球選手権!歴代の優勝校や優勝回数ランキング・出場資格をご紹介
⇒明治神宮野球大会!大学の出場条件と歴代優勝校をご紹介!

Check
当ブログでは、大学野球に関する様々な話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね!
大学野球に関する話題はこちらからどうぞ

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ