埼玉西武ライオンズの背番号2番!歴代の2番の選手とその傾向をご紹介

背番号の意味

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

プロ野球界での1桁や10番台の背番号といえば、各球団で永久欠番や準永久欠番となっていることも多く、誉の高い背番号です。

一般的にキャッチャーがつけるイメージの強い背番号ですが、西武ライオンズではどのような選手が背番号2番を背負ってきたのでしょうか。

歴代の2番の全選手や特に印象深い3選手、さらに2番をつけてきた選手の傾向にも迫って特集します。




歴代の背番号2番を背負った選手をご紹介

まずは、埼玉西武ライオンズの背番号2番をつけてきた選手を、古い順にご紹介します。

初代は、小田野柏選手です。戦前の阪急軍からプロ野球選手として活躍した選手です。沢村栄治選手と対戦したり、川上哲治選手のプロ野球での初の対戦相手となったりと伝説的エピソードがあります。

2代目・千頭久米夫選手は、西鉄クリッパーズ創設時のメンバーで、西鉄ライオンズ時代に背番号2番を使用しています。プロ野球通算5000号のホームランを放っています。

3代目・森弘彰選手は、記録がほとんど残っていないのですが、1953年の1年だけ在籍した内野手です。

4代目・中谷準志選手は、1950年にパ・リーグで三塁手部門のベストナインに史上初の受賞をした選手です。

5代目・和田博実選手は、主に捕手として活躍し稲尾和久選手らとバッテリーを組みました。完全試合とノーヒットノーランの試合をそれぞれ2度ずつリードしました。

6代目・井上忠行選手は、西鉄ライオンズ時代に内野手として活躍しました。引退後は、長年プロ野球の審判を務めました。

7代目・西脇興司選手は、大型外野手です。大阪経済大学出身で、ライオンズの背番号2番を背負った選手の中では初の大卒選手になります。

8代目・竹之内雅史選手は、当時のライオンズの打撃の中心選手として活躍しました。通算166死球は清原和博選手に破られるまでは日本記録でした。

9代目・倉田晃選手は、明治大在学時に東京六大学野球で活躍し、1969年にドラフト外でライオンズに入団した選手です。

10代目・真弓明信選手は、阪神タイガース時代の大活躍が有名な選手ですが、プロ野球選手としてのスタートはライオンズです。ライオンズで頭角を現し始めた6年目のオフに田淵幸一選手らとの複数トレードで阪神タイガースに移籍しました。

11代目・マティ・アルー選手は、ドミニカ出身で、メジャーリーグ時代には首位打者を獲得したりシーズン231安打も記録したことのある俊足巧打の選手です。

12代目・ジミー・ロザリオ選手は、プエルトリコ出身でスイッチヒッターの外野手です。1年間だけライオンズに在籍しました。

13代目・西田隆広選手は、主に二塁手を守った選手です。プロ4年目に背番号2番を背負いましたが、1軍での試合出場はありませんでした。

14代目・山崎裕之選手は、長年ロッテオリオンズで活躍し、名球会入りもしている名選手です。ロッテオリオンズでプレイした14年間とライオンズでプレイした6年間の合計20年の現役生活で、ずっと背番号2番を使用していました。

15代目・田尾安志選手は、俊足巧打の外野手として活躍し、「安打製造機」と呼ばれ、子供のころのイチロー選手も憧れた選手です。

16代目・吉竹春樹選手は、主に守備固めの外野手として活躍した選手です。田尾選手とトレードで入団し、背番号も同じ2番をつけました。

17代目・黒田哲史選手は、強肩と堅実な守備に定評のあった内野手です。現在も守備走塁コーチとしてライオンズの後輩の育成に携わっています。

18代目・柴田博之選手は、俊足が売りの選手でしたが怪我などの影響もあり期待されたほどの活躍はできませんでした。現在は野球教室や野球塾で子供たちに野球を教えています。

19代目・種田仁選手は、特徴的な「ガニマタ打法」で中日や横浜などで活躍した選手です。引退前の1年間ライオンズに在籍しましたが、1軍での出場はありませんでした。

20代目・炭谷銀仁朗選手は、高卒1年目から1軍で活躍している捕手です。後にジャイアンツに移籍していますが、プロ野球界の選手会長も務めた選手です。

21代目・クリス・カーター選手は、アメリカ出身でスタンフォード大学を卒業した秀才です。日本では代打や指名打者などでの出場が主で守備機会がほとんどありませんでした。

22代目・金子侑司選手は、盗塁王を2度獲得したことのある俊足の選手です。入団当初は内野での試合出場も多くありましたが、現在は外野手専業で、背番号も7に変更しています。

23代目・岡田雅利選手は、守備の面や小技に定評のある捕手です。大阪桐蔭高校の後輩である森友哉選手とキャッチャーのレギュラーを争っています。




背番号2番を背負って活躍した3選手のご紹介

次に、歴代の西武ライオンズの背番号2番の選手のうち、私が特に印象深く思う、吉竹選手、炭谷選手、そして金子選手をご紹介したいと思います。

✓Check
各選手の紹介に合わせて、Amazonで販売されている商品の写真を添えています。Amazonの販売ページへのリンクが入っていますので、詳しく見てみたい場合はカードをクリック・タップしてみてください

吉竹春樹選手

生年月日  1961年1月5日
出身地   福岡県春日市
投/打   左/左
プロ野球歴
阪神タイガース(1979年~1986年)
西武ライオンズ(1987年~1996年)
タイトル等 オールスター出場1回

吉竹選手は、九州産業高校出身で、九州産業大学への進学が決まっていましたが、1978年にドラフト外で阪神タイガースに入団するという変わった経緯でプロ野球生活をスタートさせました。

入団当初は打撃投手などを務めていましたが、入団2年目以降は野手に転向し、堅実なプレーで徐々に試合出場を増やしていきます。5年目以降は4年連続で100試合以上に出場し、1番打者などで活躍を見せました。

しかし、入団8年目の1986年のオフに、田尾安志選手とのトレードで西武ライオンズに移籍することとなりました。

移籍後は、2番レフトのレギュラーを獲得し、オールスターゲームにも出場しましたが、試合中に大腿骨骨折という重傷を負ってしまいます。

その怪我の影響や若手の台頭もあり、タイトル争いをするような成績は残すことができませんでしたが、準レギュラーとして西武ライオンズに10年間在籍し黄金時代を支えました。

1996年のシーズンでの引退の翌年からは阪神タイガースに戻り、長年に渡って守備走塁コーチ、2軍監督、1軍ヘッドコーチなどを歴任しました。

その後、独立リーグ福井ミラクルエレファンツの監督などを経て、学生野球資格回復研修を受講し、学生への野球指導が可能となります。

そんな折、自身が2年生の時以降、甲子園出場を果たせていない母校の九州産業大学付属九州産業高校からオファーがあり2018年11月に監督に就任しました。

激戦の福岡県の高校野球ですが、甲子園出場を目標に球児の指導にあたっています。

炭谷銀仁朗選手

生年月日  1987年7月19日
出身地   京都府京都市
投/打   右/右
プロ野球歴
西武ライオンズ(2006年~2018年)
読売ジャイアンツ(2019年~)
タイトル等 ベストナイン1回、ゴールデングラブ賞2回、オールスター出場3回

炭谷選手は、京都府の名門・平安高校(龍谷大平安高校)出身の捕手です。甲子園出場こそありませんでしたが、高校通算48本塁打を放つなどその評価は高く、高校生ドラフト会議で西武ライオンズから1位指名を受け入団しましています。

キャンプでも活躍し、谷繁元信選手以来17年ぶりに高卒新人捕手の開幕1軍入りと、谷本稔選手以来51年ぶりに高卒新人捕手の開幕スタメン出場を果たし大きな注目を集めました。

立浪和義選手以来2リーグ制以降4人目となる高卒新人開幕戦安打、涌井選手と17年ぶりの10代バッテリーでの勝利、清原選手以来20年ぶりの高卒新人満塁本塁打など開幕以降は華々しい記録をつくる活躍を見せます。

しかしその後は、打撃面でなかなか結果を残せず2軍降格なども経験しレギュラーの座も奪われてしまいました。2年目以降も正捕手の細川選手の牙城はなかなか崩せずにいましたが、2010年オフに細川選手がFA移籍すると、正捕手の座をつかみ取りました。

その後、ベストナイン、ゴールデングラブ賞、最優秀バッテリー、最多盗塁阻止などキャッチャーとして名誉なタイトルや記録を獲得し
ワールドベースボールクラシックやプレミア12の日本代表にも選出されるなど球界トップクラスの捕手へと成長します。

第9代日本プロ野球選手会の会長に選出されるなど、球界でも代表する捕手としての地位を築きつつあった炭谷選手でしたが、打撃面では優秀と言える成績を残せずにいました。

そんな中、2018年には打撃の良い森友哉の台頭や、岡田選手の成長もあり、出場機会が急激に減ってしまいます。そこでFA権を行使し、読売ジャイアンツに移籍しました。

ジャイアンツも阿部選手以降、正捕手の座が固まっておらず、大城選手らとの併用にはなっていますが若手投手の先発時にはスタメンマスクをかぶるこもあります。

2020年は新型コロナウイルスの影響でプロ野球界にも未曾有の影響がありました。ここで炭谷選手は選手会長として寄付活動などの社会貢献を行いました。

金子侑司選手

生年月日  1990年4月24日
出身地   京都府京都市
投/打   右/両
プロ野球歴
西武ライオンズ(2013年~)
タイトル等 盗塁王2回

金子選手は、俊足と甘いマスクで女性ファンも多い人気選手です。

京都府出身で、立命館宇治高校を経て立命館大学でプレイしましたが、日米大学野球の日本代表に選出されるなどの活躍で2012年のドラフト会議で埼玉西武ライオンズから3位指名を受けました。

入団から3年連続で開幕を1軍で迎えましたが、打撃が伸び悩んだことや守備位置が固定されていなかったこともあり、レギュラー獲得とまではいきませんでした。

2016年は故障により開幕を2軍で迎えましたが、これまでのシーズン以上に結果を残し続け、1番打者として定着しました。そして53盗塁を決め、糸井嘉男選手とともに盗塁王のタイトルを獲得しています。

この頃から外野手としての試合出場が多くなり、2018年に背番号を7番に、2019年には背番号を8番に変更しています。

金子選手には多くの西武ファンが2つの「ポスト秋山」を期待しています。

1つ目は、金子選手は身体能力が高く、かつて西武で活躍した秋山幸二選手を彷彿とさせるバック転とバック宙の特技を持っていることから、大先輩の秋山幸二選手がやった伝説のバック宙ホームインのような、攻守において華々しくかっこいいプレイを見たいと期待しています。

2つ目は、1番打者や3番打者として活躍した秋山翔吾選手の後釜としての期待です。

強力打線を擁し、2018年と2019年とリーグ連覇をした西武ライオンズですが、2020年から秋山翔吾選手がメジャー移籍すると、チャンスメーカーを失ったことにより得点能力が激減しリーグ3連覇を逃してしまいました。

現在、秋山翔吾選手の穴は埋まっているとは言えず、金子選手にはこの穴を埋めるような活躍が期待されています。

金子選手は故障が多く、なかなかシーズンを通して1軍で活躍できていません。また、打撃に関しても期待以上の活躍はできていない印象があります。

今年、31歳というプロ野球選手としては円熟の年齢を迎える金子選手ですが、2人のような活躍を期待したいです。




背番号2番をつけた選手の傾向とは?

西武ライオンズの背番号2番を背負った選手は、初代の小田野選手が戦前に投手を経験していたのを除くと全てが野手の選手です。

また、背番号2番といえば、キャッチャーのイメージが強い背番号ですが、キャッチャー経験者では和田選手、炭谷選手、そして現在使用中の岡田選手の3名のみとなっています。

そして、歴代の選手を見てみると、強打の主砲というよりは俊足巧打や好守の選手が多いようです。活躍した選手でも途中で背番号を変更していることも多く、長年、西武ライオンズの背番号2番を背負いその印象が強い選手はあまりいないように思います。

✓Check
当ブログでは、他にも埼玉西武ライオンズに関しての話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね。
埼玉西武ライオンズの話題

他にも野球に関する話題を多数お届けしています。
野球に関する話題はこちらからどうぞ

背番号別の特徴に関しての話題を提供しています。
背番号別の特徴




おわりに

今回は、西武ライオンズの背番号2番を特集してきましたが、いかがでしたでしょうか?

近年では若手~中堅の選手が使用していることが多く、球団としては期待を込めた背番号なのかもしれません。

3年かけたメットライフドーム(西武ドーム)の改修工事も終わり、生まれ変わった新球場でどのような熱戦が繰り広げられるのか、期待の若手選手がどんな活躍を見せてくれるのか楽しみです。

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ