埼玉西武ライオンズの背番号5番!歴代の5番の選手とその傾向をご紹介

背番号の意味

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

日本のプロ野球に多大なる貢献をした野村克也さん。選手としても指導者としても、功績は計り知れませんね。野村監督の野球はID野球と呼ばれ、その野村イズムは多くの「門下生」に受け継がれています。

今回は、そんな野村監督の教え子の中で、埼玉西武ライオンズの監督として大きな実績を残した埼、辻発彦さんが現役時代につけていた背番号5番の特集です。

埼玉西武ライオンズの歴代の5番の全選手や、特に印象深い3選手、さらに5番をつけてきた選手の傾向にも迫っていきたいと思います。




歴代の背番号5番を背負った選手をご紹介

    
年  度年 数球 団 名選 手 名
1950年1年西鉄クリッパーズ長谷川善三選手
1951年~1952年2年西鉄ライオンズ深見安博選手
1953年1年西鉄ライオンズ空白
1954年~1967年14年西鉄ライオンズ仰木彬選手
1968年~1973年6年西鉄ライオンズ~太平洋クラブライオンズ高木喬選手
1974年1年太平洋クラブライオンズ鈴木治彦選手
1975年1年太平洋クラブライオンズ国貞泰汎選手
1976年~1977年2年太平洋クラブライオンズ~クラウンライターライオンズ坪井新三郎選手
1978年~1981年4年クラウンライターライオンズ~西武ライオンズ山村善則選手
1982年1年西武ライオンズ大原徹也選手
1983年1年西武ライオンズ空白
1984年~1995年12年西武ライオンズ辻発彦選手
1996年~1997年2年西武ライオンズ奈良原浩選手
1998年~1999年2年西武ライオンズ中嶋聡選手
2000年~2007年8年西武ライオンズ和田一浩選手
2008年~2011年4年埼玉西武ライオンズ石井義人選手
2012年1年埼玉西武ライオンズ原拓也選手
2013年~2014年2年埼玉西武ライオンズ山崎浩司選手
2015年1年埼玉西武ライオンズ空白
2016年~2017年2年埼玉西武ライオンズ鬼崎裕司選手
2018年~埼玉西武ライオンズ外崎修汰選手

まずは、埼玉西武ライオンズの背番号5番をつけてきた選手を、古い順ご紹介します。

初代は、長谷川善三選手です。戦時中から投手などでプロ野球界に身を置いていましたが、球団新設にあたり当時の西鉄クリッパーズに移籍しました。球団史上1号のホームランを放った選手でもあります。

2代目・深見安博選手も球団創設時のメンバーです。1952年に大下弘選手とのトレードで退団することとなりましたが、この年は2球団に渡って本塁打王を獲得しました。この記録は日本プロ野球史上唯一の記録となっています。

3代目・仰木彬選手は、名監督としてのイメージが強いですが、現役時代はライオンズの内野手として活躍しました。

4代目・高木喬選手は、外野手として活躍した選手です。引退後に大学に入学し一級建築士の資格を取得しました。

5代目・鈴木治彦選手は、ライオンズ一筋11年に渡って活躍した選手です。引退後はコーチや解説者を務め、現在は日本経済大学のコーチをしています。

6代目・国貞泰汎選手は、南海や広島で活躍し、ベストナインも3度獲得した名手ですが、引退前の1年間だけライオンズでプレーしました。

7代目・坪井新三郎選手は、PL学園高校出身ですが野球部には所属せずにドラフト外でライオンズに入団しまいました。坪井選手の長男は阪神や日本ハムで活躍した坪井智也選手です。。

8代目・山村善則選手は、ライオンズとホークスで長年プレーした選手です。引退後も長年、ホークスのコーチや球団のスタッフを務めています。

9代目・大原徹也選手は、内野の選手です。1982年から背番号5番を背負うことになりましたが、シーズン途中でトレードで退団となりました。




10代目・辻発彦選手は、二塁手として最多となる8度のゴールデングラブ賞を獲得した守備の名手です。2017年からライオンズの監督としてリーグ2連覇などの実績もあげています。

11代目・奈良原浩選手は、好守が持ち味の内野の選手です。辻選手とは鉄壁の二遊間を形成しました。

12代目・中嶋聡選手は、息の長い選手の多い捕手の中でも、29年もの間現役を続けた選手です。オリックスの監督にも就任しています。

13代目・和田一浩選手は、ライオンズとドラゴンズで大活躍し、名球会入りもしている大打者です。ライオンズに入団投手は捕手もこなしていました。

14代目・石井義人選手は、パンチ力のある打撃が持ち味の内野手です。ライオンズを自由契約になった後はトライアウトでジャイアンツに入団するなど苦労人でもあります。

15代目・原拓也選手は、内野のポジションをすべてこなせる器用なユーティリティープレーヤーです。成績を伸ばし始めた2012年に背番号5を背負いました。

16代目・山崎浩司選手は、前に原拓也選手とのトレードでライオンズに入団しました。しかし、怪我などの影響もあり思うような活躍ができませんでした。

17代目・鬼崎裕司選手は、俊足・巧打・堅守が持ち味の内野手です。球団職員を経て、今シーズンからはライオンズのコーチに就任しています。

18代目・外崎修汰選手は、ライオンズの現在の背番号5番を背負い、攻守においてキーとなる存在の選手です。




背番号5番を背負って活躍した3選手のご紹介

次に、歴代の西武ライオンズの背番号5番の選手のうち、私が特に印象深く思う、仰木選手、辻選手、そして和田選手をご紹介します。

✓Check
各選手の紹介に合わせて、楽天市場で販売されている商品の写真を添えています。Amazonの販売ページへのリンクが入っていますので、詳しく見てみたい場合はカードをクリック・タップしてみてください

仰木彬選手

生年月日  1935年4月29日
出身地   福岡県中間市
投/打   右/右
プロ野球歴
西鉄ライオンズ(1954年~1967年)
タイトル等 ベストナイン1回・オールスター出場1回
       野球殿堂競技者表彰・正力松太郎賞

仰木選手は、現役引退後の名監督としてのイメージが強いですが、現役時代は14年間ライオンズ一筋で活躍しました。

福岡県の東筑高校には甲子園出場もしており、ドラフトもなかった当時、南海・中日・西鉄の3球団から入団の誘いを受けます。

西鉄の三原監督が自宅を訪れ、「私に任せなさい」と肩をたたかれたことで「運命を感じた」と、1954年に西鉄ライオンズに入団しました。

投手として入団しましたが、入団間もない春季キャンプで二塁手へのコンバートを命じられると、1年目からレギュラーを獲得します。

その後、特に目立った数字を残したとは言えませんが、小技のできるつなぎ役やチャンスメーカーとして重宝され、ライオンズの主力として活躍しました。

引退後は20年に渡ってライオンズやバファローズのコーチを務めてきましたが、1987年オフに近鉄バファローズの監督に就任しました。

監督1年目のシーズンは惜しくも優勝を逃したものの、様々な奇策による好采配は次第に「仰木マジック」と称されるようになります。

近鉄バファローズで5年、オリックスブルーウェーブで8年、そして両チームが合併してできたオリックスバファローズで1年、監督として指揮を執りました。

2004年のオフには野球殿堂入りを果たし、翌2005年には肺がんを患っているのを隠しながらチームを指揮しましたが、退任からわずか2か月後にお亡くなりになりました。

仰木監督の功績は多くのものがありますが、特に有名なものとして、二軍生活をしていたイチロー選手を一軍に抜擢し大活躍させたことが挙げられます。

また、1995年に阪神淡路大震災が発生し、神戸市に本拠地を置くオリックスも大きな被害を受けましたが「がんばろうKOBE」のスローガンのもとでオリックスを初のリーグ優勝に導き、多くのファンに感動を与えました。

清原和博選手は、自身の引退セレモニーで天国の仰木監督へ感謝の言葉を述べるなど、多くの選手が「恩師」「師匠」「尊敬する人」として仰木監督の名を挙げています。

選手としても監督としても「レジェンド」と呼ばれるような輝かしい実績を挙げたとは言えないかもしれませんが、プロ野球界へ与えた影響や功績はとてつもなく大きなものがあり、間違いなく球史に残る選手・監督でした。

辻発彦選手

生年月日  1958年10月24日
出身地   佐賀県小城市
投/打   右/右
プロ野球歴
西武ライオンズ(1984年~1995年)
ヤクルトスワローズ(1996年~1999年)
タイトル等 首位打者1回・最高出塁率1回
       ベストナイン5回・ゴールデングラブ賞8回・オールスター出場9回

辻選手は、佐賀東高校から日本通運でプレーし、1983年のドラフト会議で西武ライオンズから2位指名を受け入団しました。

社会人時代は三塁手として活躍していましが、当時のライオンズは内野陣が強力だったこともあり二塁手として猛特訓を受けることとなります。

すると2年目には定位置を確保し、3年目にはゴールデングラブ賞とベストナインを獲得し、リーグを代表する二塁手へと成長を遂げました。

その後も5度のベストナインに8度のゴールデングラブ賞、9年連続の2桁盗塁など、黄金期のライオンズを支える存在として大活躍しました。

37歳となる1995年のシーズンオフにはコーチへの就任を打診されましたが、現役続行を希望し12年間袖を通したライオンズのユニフォームを脱ぐこととなります。

ライオンズ退団後は、ヤクルトとロッテからオファーがありましたが、野村監督のもとで野球を勉強したいとの理由でヤクルトへの入団を決めたそうです。この経験が後の指導者人生につながっているのかもしれません。

ヤクルトでも移籍1年目には自己最高の打率.333を記録するなどの活躍を見せましたが、体力の衰えや故障もあり、1999年に現役を引退しました。

翌シーズンからは、ヤクルト・横浜・中日のコーチを歴任しますが、2006年に開催された第1回WBCでは日本代表のコーチとして日本の世界一に貢献しました。

守備走塁コーチ・打撃コーチ・2軍監督など指導者としてもマルチに活躍してきましたが、2017年に満を持して古巣ライオンズの監督に就任します。

3年連続Bクラスだったチームを就任1年目からリーグ2位に押し上げ、2018年・2019年にはリーグ連覇を成し遂げました。

この躍進には山川選手や外崎選手などの台頭もありましたが、辻監督が走塁や守備への意識改革を行ったことも大きな要因の1つです。

野村克也監督は、平成以降の日本プロ野球におけるベストナインを聞かれた際に、二塁手で辻選手の名を挙げたことや、グローブの扱いには人一倍気をつけていたことなどから「守備職人」の言葉がピッタリの選手でした。

和田一浩選手

生年月日  1972年6月19日
出身地   岐阜県岐阜市
投/打   右/右
プロ野球歴
西武ライオンズ(1997年~2007年)
中日ドラゴンズ(2008年~2015年)
タイトル等 首位打者1回・最高出塁率1回・最多安打1回
       最優秀選手1回・ベストナイン6回・オールスター出場6回

和田選手は、岐阜商業高校から東北福祉大学でプレーしました。東北福祉大時代には主将として活躍しましたがドラフト指名はされず、社会人の神戸製鋼に入社します。

そこで活躍を見せ、強打の捕手として1996年のドラフト会議でライオンズから4位指名を受け入団しました。

当時のライオンズには球界を代表するキャッチャーの伊東勤選手がいたこともあり、打力を生かすために次第に外野手へとシフトしてくこととなります。これが実を結び、2001年には82試合に出場し、打率.306・16本塁打と打撃の方で結果を残し始めました。

さらに、外野手とDHのみの出場となった2002年には115試合の出場ながら、打率.319・33本塁打と大活躍。

球界でもトップクラスのバッターとして開花した和田選手は、8度の3割越え、13度の2桁本塁打など歴史に名を残す大打者としての成績をあげました。

和田選手は通算2050安打を放ちましたが、29歳の時点ではまだ149安打しか放っていませんでした。

30歳で初の規定打席到達し、そこから急激に安打数を伸ばしていきますが、1000本安打を達成したのは35歳の時です。2000本安打を達成したのは史上最年長となる42歳11か月でした。

この安打数の急激な伸びは、ネット上で「和田曲線」と呼ばれ、期待されながらも成績を残せていない若手選手などに、「和田曲線に乗ればまだまだ充分な成績残せるから大丈夫」というような使われ方をしています。

年齢を重ねても活躍を続けた和田選手ですが、猛打賞をマークした試合でも打てなかった1打席の要因を振り返ったり、更なる良い成績を残すためにリスクをおそれずに打撃フォームの改造に取り組むなど、プロの鏡とも言える向上心を持っていました。

後進の指導にあたる際には、現役時代の自身のように真摯に野球に取り組む姿勢や、伸び悩んでいる選手には諦めずに努力することを伝えていって欲しいですね。




背番号5番をつけた選手の傾向とは?

埼玉西武ライオンズの背番号5番は、やはりほとんど内野手の選手が背負ってきました。

古くは仰木選手、そこから辻選手や奈良原選手など守備の名手と呼ばれるタイプの選手が多くつけてきましたが、2000年代の和田選手以降、石井選手や外崎選手など打撃面での活躍の方が注目される選手の印象があります。

後に名監督と呼ばれるような選手たちもつけてきた偉大な背番号の1つであるとは言えますが、和田選手以降は、背番号5番を長年背負い、そのイメージを定着させている選手が出てきていないようにも思えます。

✓Check
当ブログでは、他にも埼玉西武ライオンズに関しての話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね。
埼玉西武ライオンズの話題

他にも野球に関する話題を多数お届けしています。
野球に関する話題はこちらからどうぞ

背番号別の特徴に関しての話題を提供しています。
背番号別の特徴




おわりに

今回は、埼玉西武ライオンズの背番号5番を特集してきましたが、いかがだったでしょうか。

元々は守備の名手がつけてきた背番号5番ですが、近年は和田選手や外崎選手と言ったバッティングの良い選手がつけるようになりました。

今後はどのような選手が埼玉西武ライオンズの背番号5番をつける事になるのか、注目していきたいと思います。

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ