専修大学松戸高校野球部!2021年メンバーや成績・監督や甲子園の活躍をご紹介

高校野球

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

専修大学松戸高校は、千葉県の松戸市にある私立高校です。

近年、野球部が力をつけてきて、甲子園出場も果たすようになりました。2021年の春の関東大会でも見事に優勝を果たし、夏の甲子園出場の千葉県代表の最有力候補となりました。

今回は、そんな専修大学松戸高校野球部を特集します。2021年の新メンバーや公式戦での戦いぶり、監督の紹介、甲子園での活躍ぶりやプロに入ったOBにも触れますので、楽しみにして下さいね。

✓Check
今回ご紹介するにあたって、学校のホームページなどで出来るだけ正確な情報を心がけて調べてみましたが、一部不明な点や間違っている可能性もあります。
あくまでも参考情報としてご覧ください。




専修大学松戸高校の2021年新メンバーをご紹介!

まずは、直近の公式戦である2021年春季関東地区大会出場時の登録メンバーをご紹介します。

背番号名前学年ポジション出身中学校中学時の所属チーム
1深沢鳳介選手3年生投手東京都江戸川区上一色中中学軟式野球部
2加藤大悟選手2年生捕手松戸市小金中中学軟式野球部
3山口颯大選手3年生内野手印西市本埜中中学軟式野球部
4大森駿太朗選手2年生内野手松戸市常盤平中中学軟式野球部
5横山瑛太選手2年生内野手白井市七次台中八千代中央リトルシニア
6石井詠己選手3年生内野手東京都葛飾区水元中中学軟式野球部
7吉岡道泰選手3年生外野手松戸市第四中江戸川中央リトルシニア
8苅部力翔選手3年生外野手東京都江戸川区上一色中中学軟式野球部
9奥田和尉選手3年生外野手野田市南部中中学軟式野球部
10佐野涼翔選手3年生外野手船橋市行田中鎌ヶ谷リトルシニア
11岡本陸選手3年生投手市川市妙典中江戸川中央リトルシニア
12高橋秀昌選手3年生捕手市川市第三中中学軟式野球部
13綱取大晃選手2年生捕手松戸市第一中松戸中央ボーイズ
14平田未来選手3年生内野手浦安市富岡中佐倉リトルシニア
15谷口心選手2年生内野手松戸市第六中中学軟式野球部
16中舘宙選手3年生投手東京都足立区蒲原中足立ブラックキラーズ
17谷口航輝選手3年生投手栃木県那須塩原市三島中那須野ケ原ボーイズ
18石神遥樹選手3年生外野手東京都江戸川区上一色中中学軟式野球部

登録の18名中、地元の千葉県出身が12名、お隣の東京都出身が5名となっています。野球の強い私立高校ですが、寮がないため、選手たちは近隣の自宅からの通学となっており、公立校と同様の環境下です。




専修大学松戸高校の私のイチオシ選手!

私のイチオシ選手は、チームのエースであり、春のセンバツ甲子園で一躍注目を集めた深沢凰介(ふかざわおうすけ)選手です。

深沢選手は、中学時代は軟式野球部に所属しエースとして活躍しました。高校入学後は1年時から控え投手としてベンチ入りし、2年秋からは背番号1の座を掴み取ります。

その秋季大会では、県3位ながら秋季関東大会が千葉開催だったため、関東大会に出場し見事4強入りして春の甲子園に導く活躍を見せました。

甲子園前まではそこまでの注目度はありませんでしたが、一冬越えてスケールアップした深沢選手の甲子園での投球は評価をガラリと変えました。

惜しくも1回戦で敗退したものの、ピッチング内容は対戦相手で大会屈指の好投手の畔柳投手をも上回る内容でした。

スリークォーター気味の右サイドハンドからスライダーやシュートなどの変化球をコーナーに投げ分けるのが深沢選手の持ち味です。

特に右バッターの内角に食い込む130キロ台のシュートボールは威力があり、凡打の山を築きます。

177cm・77kgとバランスの取れた体格ですが、冬のトレーニングで体重を6kg増やしたことにより球速は6キロアップし、最速143キロまで上がりました。

春の関東地区大会でも初優勝に貢献し、2回戦にはプロ7球団のスカウトが訪れるなど、早くも秋のドラフトが楽しみな存在です。春の甲子園では多くの高校野球ファンを魅了した深沢選手ですが、夏にもまた成長した姿が見たい選手の1人です。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

専修大学松戸高校2021年春の公式戦の戦績

専修大学松戸高校野球部新チームの、初めての公式戦となる2020年秋季大会からの戦績をご紹介いたします。

日付大会名何回戦対戦相手スコア備考(県大会出場決定など)
2020年8月26日令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会 第3地区予選2回戦浦安高校○26-1県大会出場
2020年9月20日令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会1回戦市立千葉高校○1-0
2020年9月21日2回戦長狭高校○7-0
2020年9月26日3回戦幕張総合高校○8-0
2020年9月27日準々決勝千葉学芸高校○7-6
2020年10月3日準決勝東京学館高校●3-6
2020年10月4日関東大会出場順位決定戦千葉英和高校○9-1関東地区大会出場決定
2020年10月25日第73回 秋季関東地区高等学校野球大会1回戦鹿島学園高校○8-0
2020年10月27日準々決勝鎌倉学園高校○6-0
2020年10月31日準決勝健大高崎高校●2-9
2021年3月25日第93回選抜高等学校野球大会1回戦中京大中京高校●0-2
2021年4月25日令和3年度 第73回春季千葉県高等学校野球大会2回戦銚子商業高校○5-0
2021年4月30日3回戦流通経済大柏高校○8-0
2021年5月1日準々決勝習志野高校○12-3
2021年5月30日準決勝県立船橋高校○7-0関東地区大会出場決定
2021年5月4日決勝千葉学芸高校●2-9
2021年5月16日第73回 春季関東地区高等学校野球大会2回戦駿台甲府高校○6-0
2021年5月18日準々決勝浦和学院高校○9-5
2021年5月22日準決勝桐光学園高校○3-2
2021年5月23日決勝関東第一高校○7-6

春の関東大会で優勝して、春夏連続の甲子園出場の期待がかかります。




専修大学松戸高校の監督ってどんな人?

2021年の5月現在、専修大学松戸高校の野球部を率いる監督は、持丸修一(もちまるしゅういち)さんです。

出身校 竜ケ崎第一高校-國學院大学
指導者としての経歴 
1975年 竜ケ崎第一野球部監督就任
1990年 第72回夏全国高校野球選手権大会出場
1996年 藤代高校野球部監督就任
2004年 常総学院高校野球部監督就任
2007年 専修大学松戸高校野球部監督就任
2015年 第97回夏全国高校野球選手権大会出場

持丸監督ってこんな人

持丸監督は、今年73歳を迎えた高校野球界でもベテランの名監督です。

現役時代は竜ケ崎第一高校と國學院大学で内野手としてプレーし、高校3年時には甲子園にも出場しています。大学卒業後は、教師として母校の竜ケ崎第一高校に赴任し、コーチに就任しました。

27歳となった1975年の9月には監督に就任しますが、しばらく甲子園からは遠ざかってしまうことになります。それでも1990年には監督として初の甲子園の土を踏み、異動先の藤代高校でもチームを甲子園に導きました。

そして名将木内監督が勇退した後の常総学院の監督に就任しますが、甲子園では勝利を挙げることができずに退任となっています。

2007年に現在の専大松戸高校の監督に就任しました。監督としては通算4校で甲子園出場を果たしており、佐賀商や千葉商などを率いた蒲原弘幸さんと並ぶ最多記録です。

指導歴は50年ほどにも及びますが、「監督業はやればやるほど楽しい。野球をやめたいと思った日は一日たりともない」と語ります。

持丸監督は、野球を「人が還ってきて1点が入るスポーツ」と考え、ナインが互いを思いやることを重要視し、野球だけでなく社会に出た後も、周囲のことを考え、自然とカバーに入れる人間になってほしいとの指導方針を大切にしています。

今年のチームは選抜出場に春の関東大会優勝と、実力があるチームです。多彩な采配で知られる持丸監督が、夏に向けてどうチームを育てていくか、また大会ではどのような采配をするのか注目です。




専修大学松戸高校野球部の甲子園での戦績

専修大学松戸高校野球部のこれまでの甲子園での戦績をご紹介いたします。

大会名回数勝敗数
春選抜高校野球大会1回0勝1敗
夏全国高校野球選手権大会1回0勝1敗
合計2回0勝2敗

これまで、春と夏にそれぞれ1回ずつ出場していますが、惜しくも勝利は逃しています。

大会名西暦戦績
第97回夏全国高等学校野球選手権大会2015年1回戦敗退
第93回春選抜高等学校野球大会2021年1回戦敗退

甲子園での思い出の試合

専修大学松戸高校の私の思い出の試合として、2021年第93回春選抜高校野球大会の1回戦の試合をご紹介いたします。

コロナウイルスの流行により前年の大会は中止となってしまいましたが、今年の選抜甲子園は制限付きではありますが無事開催されました。

春の選抜は初出場となった専大松戸高校ですが、1回戦の相手は全国屈指の好投手の畔柳選手を擁する中京大中京となりました。

試合は序盤から投手戦となります。両者とも何度かチャンスを作りますが、あと1本が出ない展開となりました。150キロ右腕の中京大中京・畔柳投手に注目が集まった試合でしたが、専大松戸の深沢投手も負けず劣らずの投球です。

6回終了時点で、畔柳選手は被安打5・四死球2・7奪三振、対して深沢投手は被安打2・四死球1・5奪三振と互角の投球でした。

そんな中、7回裏に試合が動きます。中京大中京は、深沢投手から死球と犠打で2死二塁のチャンスを作り、ここで中京大中京の高橋監督は櫛田選手を代打に送り出しました。

櫛田選手の打球はライナーでレフト前を襲います。ヒットとなれば1点を先制される可能性が高い場面でしたので、専大松戸のレフト吉岡選手はイチかバチかで捕球を試み飛びつきました。

しかし、打球はグラブの先をかすめ、無人となったレフトへ転々としていきました。この間に打者の櫛田選手も一気にホームインし、貴重なランニングホームランとなります。

中京大中京はこの2点を守り抜き、専大松戸の甲子園初勝利はお預けとなりました。

中京大中京の畔柳投手は、12奪三振での完封と実力を遺憾なく発揮しましたが、専大松戸の深沢投手も8回を投げ被安打はわずかに3と
どちらが勝利してもおかしくない展開でした。

この投手戦で、両投手の注目度はますます高くなり、間違いなく今秋のドラフト会議を賑わせる存在となりそうです。




専修大学松戸高校野球部出身のプロ野球選手

専修大学松戸高校からはこれまで6人の選手がプロ入りしています。卒業年度と最初に入団した球団をご紹介します。

選手名     卒業年度最初に入団した球団
安藤正則選手1993年西武ライオンズ
上沢直之選手2011年北海道日本ハムファイターズ
高橋礼選手2013年福岡ソフトバンクホークス
原嵩選手2015年千葉ロッテマリーンズ
渡邉大樹選手2015年東京ヤクルトスワローズ
横山陸人選手2019年千葉ロッテマリーンズ

6人のうち5人が投手であり、近年はコンスタントに好投手を輩出している高校です。

Check
当ブログでは、高校野球に関する様々な話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね!

高校野球に関しての話題はこちらからどうぞ。
高校野球の話題




おわりに

今回は、専修大学松戸高校の野球部を特集してきましたが、いかがだったでしょうか?

春の関東王者として臨む夏の大会、甲子園出場が目標ではなく、甲子園での初勝利が最低の目標になってくるかもしれません。

その戦いぶりに、注目していきたいと思います。

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。