慶應義塾高校野球部!2022年メンバーや成績・監督や甲子園の活躍をご紹介

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

慶應義塾高校は、神奈川県横浜市にある私立高校です。

勉学だけでなく部活動も盛んで、野球部は2022年の秋の関東大会でベスト4に入り、2023年の春のセンバツ出場に大きく前進しました。

今回は、その慶應義塾高校を特集します。2022年のメンバーや戦績、監督の紹介、さらに甲子園での活躍ぶりやプロ野球に進んだOBにも触れますので、楽しみにしてくださいね。

✓Check
今回ご紹介するにあたって、学校のホームページなどで出来るだけ正確な情報を心がけて調べてみましたが、一部不明な点や間違っている可能性もあります。
あくまでも参考情報としてご覧ください。




慶應義塾高校の2022年新メンバーをご紹介!

まずは、直近の公式戦である2022年秋季関東地区大会出場時の登録メンバーをご紹介します。

背番号名前学年ポジション出身中学校中学時の所属チーム
1松井喜一選手2年生投手東京都世田谷区駒沢中世田谷西リトルシニア
2渡辺憩選手2年生捕手千葉県千葉市小中台中千葉市リトルシニア
3延末藍太選手2年生内野手東京都目黒区大鳥中世田谷西リトルシニア
4大村昊澄選手2年生内野手愛知県名古屋市豊国中愛知港ボーイズ
5清原勝児選手2年生内野手慶應義塾普通部世田谷西リトルシニア
6八木陽選手2年生内野手愛知県名古屋市浄心中愛知知多ボーイズ
7福井直睦選手2年生外野手慶應義塾普通部世田谷西リトルシニア
8丸田湊斗選手2年生外野手横浜市日限山中横浜泉中央ボーイズ
9加藤右悟選手1年生外野手栃木県宇都宮市陽西中県央宇都宮ボーイズ
10小宅雅己選手1年生投手栃木県宇都宮市豊郷中県央宇都宮ボーイズ
11飯田康太郎選手2年生投手慶應義塾中等部中学軟式野球部
12笠井達弥選手2年生捕手横浜市仲尾台中横浜東金沢リトルシニア
13安達英輝選手2年生内野手千葉県千葉市真砂中京葉ボーイズ
14宮尾青波選手2年生内野手東京都品川区荏原第五中横浜緑リトルシニア
15鷹尾充千雄選手1年生投手千葉県市川市第三中京葉ボーイズ
16足立然選手1年生内野手東京都世田谷区弦巻中世田谷西リトルシニア
17渡邉千之亮選手2年生投手東京都足立区東綾瀬中取手リトルシニア
18村上迅太選手2年生外野手東京都世田谷区用賀中武蔵府中リトルシニア

関東地区の強豪硬式クラブ出身者が大多数を占めています。付属中に通いながら硬式クラブに所属していた選手もいるというのが特徴的です。

慶應義塾高校の私のイチオシ選手!

慶應義塾高校の私のイチオシ選手は、1年生ながらチームのキーマンとして名前が挙がる加藤右悟選手です。

栃木県出身の加藤選手は中学時代は県央宇都宮ボーイズでプレーしました。当時はポジションがキャッチャーでしたが、世代でも屈指の選手として有名な選手でした。

慶應義塾高校入学後は、夏の大会ではベンチ入りすることができませんでしたが、新チームになると1年生で唯一スタメン入りし、さらに4番を任されています。

現在は外野手の出場がメインですが、1年生の右のスラッガーとしては屈指の選手として注目を集めています。

177cm・71kgと線は細めですが、センス抜群で体の使い方がうまく、パンチ力は充分です。秋の大会では強豪・東海大相模高校からも本塁打を放っています。

現在はチーム内での注目選手というレベルといったところですが今後、全国区の注目選手となる予感が非常に持てる選手で、センバツ大会での活躍が楽しみです。




慶應義塾高校2022年秋からの公式戦の戦績

次に慶應義塾高校野球部新チームの、初めての公式戦となる2022年秋季大会からの戦績をご紹介します。

日付大会名何回戦対戦相手スコア備考(県大会出場決定など)
2022年8月19日令和4年度 神奈川県高等学校野球秋季大会 川崎・横浜北地区予選リーグ戦田奈・横浜緑園・横浜旭陵・釜利谷・永谷・横浜明朋・藤沢総合・横須賀南・海洋科学○37-1
2022年8月20日リーグ戦森村学園高校○22-0
2022年8月21日リーグ戦向の岡工業高校○18-0
2022年9月4日令和4年度 神奈川県高等学校野球秋季大会2回戦横須賀学院高校○10-0
2022年9月10日3回戦上矢部高校○14-1
2022年9月11日4回戦日大高校○7-0
2022年9月17日準々決勝東海大相模高校○7-4
2022年9月25日準決勝日大藤沢高校○7-6関東地区大会出場決定
2022年9月27日決勝横浜高校●3-6
2022年10月22日第75回 秋季関東地区高等学校野球大会1回戦常磐大高校○5-3
2022年10月25日準々決勝昌平高校○7-3
2022年10月29日準決勝専大松戸高校●3-5

関東大会で見事にベスト4に入りました。




慶應義塾高校の監督ってどんな人?

2022年12月現在、慶應義塾高校野球部を率いる監督は、同校OBでもある森林貴彦(もりばやしたかひこ)さんです。

出身校 慶應義塾高校-慶應義塾大学
指導者としての経歴
1991年 慶應義塾高校野球部コーチ就任
1999年 つくば秀英高校野球部コーチ就任
2015年 慶應義塾高校野球部監督就任

森林監督ってこんな人

森林監督は、慶應義塾高校野球部出身で、現役時代は内野手として活躍しました。慶應大学に進学しましたが、大学の野球部には入部せず、学生コーチとして慶應高校野球部の指導に携わりました。

大学卒業後は一般企業に就職しますが、高校野球の指導者を志しわずか3年で退職します。教員免許取得のため筑波大学に再入学しますが、在学中にはつくば秀英高校の野球部コーチも務めました。

その後は慶應幼稚舎の教員を務めながら、高校の助監督などを経て2015年に監督に就任しました。

指導方針としては「自分で考える」ことを大切にし、自分で考える楽しさや難しさを選手に染み込ませています。普段からハイレベルな勉学で考える力が身についてる慶応義塾高校ならではの指導方針かもしれません。

その一端が選手と監督のフラットな関係性です。監督から選手にアドバイスをするこはありますが、それに対して選手側からも意見を言い合える関係性があります。

一方的な指導が多い高校野球界ですが、普段から考えて練習を慶応義塾高校だからこそのシーンかもしれません。




慶應義塾高校野球部の甲子園での戦績

慶應義塾高校野球部のこれまでの甲子園での戦績をご紹介いたします。

大会名回数勝敗数
春選抜高校野球大会10回5勝10敗
夏全国高校野球選手権大会18回15勝16敗
合計28回20勝26敗

甲子園黎明期から出場を続ける名門校であり、第2回夏の選手権大会の優勝校でもあります。しばらく全国大会から遠ざかっていた時期もありましたが、近年では記念大会時にしばしば甲子園出場しています。

大会名西暦戦績
第2回夏全国中等学校優勝野球大会1916年優勝
第3回夏全国中等学校優勝野球大会1917年ベスト8
第4回夏全国中等学校優勝野球大会1918年中止
第5回夏全国中等学校優勝野球大会1919年ベスト8
第6回夏全国中等学校優勝野球大会1920年準優勝
第7回夏全国中等学校優勝野球大会1921年2回戦敗退
第6回春選抜中等学校野球大会1929年1回戦敗退※1
第15回夏全国中等学校優勝野球大会1929年2回戦敗退※1
第16回夏全国中等学校優勝野球大会1930年1回戦敗退
第19回夏全国中等学校優勝野球大会1933年1回戦敗退※1
第14回春選抜中等学校野球大会1937年2回戦敗退※1
第23回夏全国中等学校優勝野球大会1937年2回戦敗退※1
第19回春選抜中等学校野球大会1947年1回戦敗退※1
第19回春選抜中等学校野球大会1947年2回戦敗退
第29回夏全国中等学校優勝野球大会1947年2回戦敗退※1
第30回夏全国高校野球選手権大会1948年2回戦敗退
第21回春選抜高校野球大会1949年1回戦敗退※2
第31回夏全国高校野球選手権大会1949年1回戦敗退
第35回夏全国高校野球選手権大会1953年2回戦敗退
第38回夏全国高校野球選手権大会1956年2回戦敗退
第32回春選抜高校野球大会1960年ベスト8
第44回夏全国高校野球選手権大会1962年2回戦敗退
第77回春選抜高校野球大会2005年ベスト8
第80回春選抜高校野球大会2008年2回戦敗退
第90回夏全国高校野球選手権大会2008年ベスト8
第81回春選抜高校野球大会2009年1回戦敗退
第90回春選抜高校野球大会2018年1回戦敗退
第100回夏全国高校野球選手権大会2018年2回戦敗退
※1 慶應商工の出場
※2 慶應二高の出場

甲子園での思い出の試合

慶応義塾高校の思い出の試合として、2018年第100回夏全国高校野球選手権大会の1回戦の試合をご紹介いたします。

100回記念大会で神奈川県代表が増枠となったチャンスの年に慶応義塾高校は、10年前の記念大会ぶりの夏の甲子園をつかみました。

1回戦の相手は新潟代表の中越高校となりましたが、生井選手らを擁し、大型チームである慶応義塾高校が圧倒的有利と目されました。

試合は、初回から慶應が5番根岸選手のタイムリーで幸先よく先制します。ワンサイドの展開ももありえる試合かと思われましたが、中越高校も3回に同点に追いつくことに成功します。

しかし慶應も、その裏に内野ゴロの間に1点を勝ち越しました。

予想以上に中越高校が粘りを見せ、試合は全くの互角の展開となります。そんな中、7回表、中越の広瀬選手のレフト前ヒットをレフトが後逸し、広瀬選手はダイヤモンドを一周、またもや中越が同点に追いつきました。

中越の押せ押せムードの中、8回表にも慶應はピンチを迎えますが、ここは継投した渡部選手がピシャリ。

一進一退の攻防が続きましたが、9回裏に宮尾選手のタイムリーで決着。慶應が3-2で劇的勝利し、10年ぶりの夏1勝を飾りました。

山田選手と山本選手を交互にマウンドに送り、慶應の攻撃をシャットアウトしてきた中越でしたが、9回裏についに力尽きてしまいました。

スコア上はありがちな試合ですが、非常に見ごたえのある好ゲームでした。

慶應義塾高校野球部出身のプロ野球選手

慶應義塾高校野球部からはこれまでに10名以上の選手がプロ入りしています。

面白いのが全員が高卒ではプロ入りせず、慶応義塾大学を経由しているところで現役選手では木澤選手や正木選手らがドラフト上位指名を受けた期待の若手としてプレーしています。

そこで木澤選手らの卒業年度と最初に入団した球団をご紹介します。

選手名     卒業年度最初に入団した球団
赤城健一1954年国鉄スワローズ
渡辺泰輔1960年南海ホークス
佐藤友亮1996年西武ライオンズ
白村明弘2009年北海道日本ハムファイターズ
山本泰寛2011年読売ジャイアンツ
加藤卓也※2012年広島東洋カープ
津留崎大成2015年東北楽天ゴールデンイーグルス
柳町達2015年福岡ソフトバンクホークス
植田将太2015年千葉ロッテマリーンズ
木澤尚文2016年東京ヤクルトスワローズ
正木智也2017年福岡ソフトバンクホークス
※現在登録名:矢崎卓也
Check
当ブログでは、高校野球に関する様々な話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね!

高校野球に関しての話題はこちらからどうぞ。
高校野球の話題

おわりに

今回は、慶應義塾高校野球部を特集しましたが、いかがだったでしょうか?

ご紹介した通り、優勝も経験している慶應義塾高校ですが、ここ3回は思うような成績をあげられていません。

2008年以来のベスト8、さらに上を目指して欲しいものです。慶應義塾高校の戦いぶりに注目したいと思います。

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。