シュートの投げ方!軟式もOKな握り方を写真入りで詳しく解説!

ボールの投げ方

こんにちは、みっつです。

今や様々な球種が投げられている野球で、シュートボールは昔から投げる人の多かった球種です。

右ピッチャーが投げると、右バッターの内角に食い込み左バッターからは逃げていくような球筋、左ピッチャーが投げれば、右バッターからは逃げていき左バッターの内角に食い込むような球筋です。

今回は野球のシュートボールについて、軟式でもOKな握り方や投げ方を解説していきます。効果的なシュートボールの使い方や、プロ野球イチオシのシュートボールの使い手もご紹介しますので、楽しみにしてくださいね。

ご注意
ご紹介する内容は、筆者の思いや推測が含まれています。そして様々な投げ方や握り方がある中での一つをご紹介しています。正確さを保証している訳ではありませんので、御理解の上お読みください。

シュートボールの握り方と投げ方のコツを伝授!

シュートボールの握り方は、一昔前はカーブの握り方を少し内側にずらしたような握り方をしていましたが、近年は、ツーシムに似た握り方をする人が多くいます。

ツーシームの握りと同じように、中指と人差し指を縫い目に置くよう握ります。ただプロ野球には、人差し指だけを縫い目にかけて、横回転を引き出す工夫をしている投手もいます。

そして、親指は人差し指と中指の反対側に置き、しっかりとボールを支えますが、この時もやや人差し指よりにずらすのがポイントです

右ピッチャーの握り方の例

左ピッチャーの握り方の例

シュートボールの握り方はあまり定着をしておらず、それよりも投げ方にコツを要する変化球と言えます。ごく自然にボールを投げると、腕は内側にねじられるため、カーブの方が自然に投げることが出来ます。

それに対し、シュートボールはカーブと反対方向の回転が必要なることから、腕を振り下ろすときに意識して外向きに手首をねじる必要が出てきます。

リリース時に手のひらを三塁方向へ向けるイメージです。一般には、リリース時に人差し指に力を込めるのがコツです。

ボールは人差し指から離れて、その後に中指から離れるイメージが大切となります最後に、中指でボールを切るようにすると、ボールにスピンが掛りやすく、球速も出しやすくなります。

シュートボールを投げる時は、無理に手首をひねるとすぐにヒジや手首を傷めてしまいます。従って、シュートボールを習得するのであれば、出来るだけ負担の少ない投げ方を見つけ出さなければなりません。

残念ながら、シュートボールは身体への負担が大きいことから、あまり投げる投手がいません。特に、アメリカ大リーグでは武器にするような投手は皆無と言えるでしょう。その為、打者側にすると、あまり見慣れないシュートボールは、脅威ある変化球になります。

ちなみに、シュートボールはボールに横回転を与えて変化をさせることから、上手投げの投手が投げやすくなります。もしも、横手投げの投手がボールに横回転を与えて投げると、シンカーと呼ばれる変化球になります。

一昔前は、シンカーの言葉があまり日本で馴染みが無かったため、横手投げの投手が投じた変化球もシュートボールと呼んでいました。

スポンサーリンク

シュートボールの効果的な使い方って?

シュートボールはストレートに近いスピードで打者の内側に食い込み、詰まらせて凡打を狙える変化球です。右投手ならば右打者に、左投手なら左打者にとても有効な変化球と言えます。

打者にとっては、バットの芯よりもグリップ側でボールを捕らえてしまうため、飛距離が出せず内野ゴロに打ち取られてしまいます。特に、塁にランナーがいる場面で、打ち気になっている打者に対しては、大変有効な変化球になります。

投手にとっては、内野ゴロを打たせてダブルプレーに仕留めたい場面で投げると効果的です。

また、右投手が左打者にシュートボールを投げると、同じく、左投手が右打者に使用すると、ボールは打者から逃げていくように鋭く変化するため、空振りを誘い出すことが可能です。

シュートボールは変化する幅よりも、ストレートに近い球速があるほど効果的になります。ストレートと同じ腕の振りで、バッターに勘違いさせることが大切です。

スポンサーリンク

プロ野球でイチオシのシュートボールの使い手は?

シュートボールを効果的に武器にした投手と言えば、埼玉西武ライオンズのエースピッチャーとして251勝をあげた、東尾修投手が有名です。

東尾投手は切れのあるスライダーでも知られていますが、それを生かすために投じていたシュートボールの切れ味は、当時のプロ野球界でもNo1と言われていました。

東尾投手が得意とした配球は、得意のシュートボールで打者の内側をえぐり、打者の腰を引かせると、次に外へ逃げていくスライダーを外角に投げ込み、三振を奪いとる組み立てです。

しかし、東尾投手のシュートボールは、右打者の内角ぎりぎりに狙って投げることから、死球を多く出しました。「ケンカ投法」と呼ばれた東尾投手が、現役で与えた165個の死球は、プロ野球記録として残っています。

まとめ

今回は野球のシュートボールについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

右ピッチャーが右バッターに、左ピッチャーが左バッターに投げると、内角に食い込むような球筋で攻めるようなボールと言えます。

バッターに近い場所に投げるので効果的ではありますが、体への負担、特に肘のケガには気をつけないとなりません。人によって向き不向きはあるので、もし体に違和感を感じるなら他の球種に挑戦する事をおすすめします。

少しでも長く野球をするために、体の変化には十分気をつかながらプレーしたいものですよね!

最後までお読み頂き大感謝!みっつでした。