フォークの投げ方!軟式でも通用する握り方を写真入りで詳しく解説!

ボールの投げ方

こんにちは、みっつです。

フォークボールって昔から知られている球種ですよね。ボールを指で挟んでいるのがまるで食器のフォークのように見えます。

フォークボールを知ってはいても、実際に投げられた人は少ないかもしれませんね。私も野球小僧時代は練習では投げたものの、試合では怖くて投げられませんでした(^_^;)

今回は野球のフォークボールを特集したいと思います。右・左両方の握り方を写真入りで解説し、投げ方のコツも伝授します。そしてフォークボールの効果的な使い方や、プロ野球で私がイチオシの使い手をご紹介しますので、楽しみにしていてくださいね。

ご注意
ご紹介する内容は、筆者の思いや推測が含まれています。そして様々な投げ方や握り方がある中での一つをご紹介しています。正確さを保証している訳ではありませんので、御理解の上お読みください。

フォークボールの握り方と投げ方のコツを伝授!

フォークボールは人差し指と中指で挟み込むようにボールを握ります。この時、人差し指と中指はしっかりと縫い目に掛けてボールをグリップしますが、第2関節の辺りまで深く握るのがポイントです。

特に、ボールと手のひらの隙間が大きいと、ボールが抜けてしまいコントロールがしにくくなります。また、親指は人差し指と中指と三角形が作れる位置に、軽く添えるように置きます。

右ピッチャーの握り方の例

左ピッチャーの握り方の例

フォークボールの投げ方は、ストレートと同じ腕の振りのままで投げます。ボールにスピンが掛からず、回転の極端に少くなることで、ホームベースの手前でストンと落ちる変化をします。

フォークボールは、リリースの方法が最も難しいです。人差し指と中指の間からボールを抜くように投げるためには、手首をしなやかに使わなくてはなりません。プロ野球選手の中には、リリース時にあえて手首を使わずに、腕を強く振ることだけで投げ込む投手もいます。

フォークほど投手によって、千差万別に変化をするボールはありません。握り方やリリースの仕方によって、ボールの落差が変わるだけでなく、投手によって球速も大きく異なります。

ちなみに、手の小さい投手や指の短い投手は、フォークよりも握りを浅くして投げる、スピリットと呼ばれる変化球になります。

過去には、中日ドラゴンズのエースとして活躍した牛島投手のように、指が短いことで上手くボールを挟み込めないため、フォークボールを投げ込む際には関節を外していたとする逸話も残っています。

フォークボールの効果的な使い方って?

フォークボールは落ちるボールの代表格と言えます。日本のプロ野球界で、決め球として最も多く使われている変化球です。

フォークの特徴は、打者の手前までストレートと同じ軌道で来ることです。そして、打者がスイングに入り、ボールを捉えようとした瞬間、ストンとボールが落ちる魔球です。

フォークの最も効果的な使い方は、速球との組合せになります。フォークもストレートも同じ腕の振りから投じられることから、打者を如何に惑わせることが出来るかが勝負になります。

最近では、球速140KM 以上のフォークボールを投げ込む投手もおり、高速フォークは打者にとっては魔球としか言えません。

フォークボールは高めに浮くと落差が小さくなる傾向があります。従って、ホームベースの手前でバウンドすることを恐れずに、キャッチャーを信じて低めに投げ込むと効果が大きくなります。

フォークボールはコントロールのしにくい変化球でもあることから、フォークを最大限に生かすためには制球力が生命線といえます。

プロ野球でイチオシのフォークボールの使い手は?

フォークを武器に世界を制した選手と言えば、野茂英雄投手です。野茂投手は1989年、ドラフト会議史上最多の8球団から指名を受け、抽選の結果、当時の近鉄バッファローズに入団しました。

「トルネード投法」と呼ばれた、足を上げてから腰をくるっと回転させて、背中を打者に見せてから投げ込む独特のフォームが話題となりましたね。

個性あるフォームから投じられたフォークで、次々と打者を三振に仕留める姿に、ファンは魅了されました。野茂選手の大きな武器はフォークボールですが、それを生かしたのは、重く威力のあるストレートです。

今では、多くの日本人がアメリカ大リーグで活躍をしていますが、その道を作ったのが野茂投手です。1995年、アメリカ大リーグのロサンゼルスドジャースと契約し、メジャー進出の先駆けとなりました。

野茂投手が落差の大きいフォークで、次々に三振を奪い取ることから、アメリカ大リーグの解説者が、「SANSHIN」の日本語を連呼した逸話が残っています。

野茂投手はアメリカ大リーグ12年間で123勝を上げ、2回のノーヒットノーランを達成いたしました。

まとめ

今回はフォークボールについて特集しましたが、いかがだったでしょうか?ボールの握りや投げ方のコツ、効果的な使い方は参考になっていれば嬉しいです。

野茂英雄選手は、誰にもマネが出来ないような投げ方から、投げるのが難しいフォークボールを武器に大活躍しましたね。野茂選手のような個性的な選手が多く出てくれると、プロ野球を見ていてより楽しくなるので、今後に期待したいですね!

最後までお読み頂き大感謝!みっつでした。