カットボールってどんな球?特徴と握り方を写真入りで詳しく解説!

ボールの投げ方

こんにちは、みっつです。

野球のピッチャーが投げるボールで、最近よく投げられているボールの一つがカットボールですね。よく聞く名前ではありますが、どのようなボールかよく理解できていない人も少なくないと思います。

私が野球小僧であった約35年前、プロ野球に真っスラと呼ばれるボールを投げる選手がいました。その真っスラが今ではカットボールと呼ばれるようになっているようです。

そんなカットボールについて、今回はどのような特徴があるかといった事から、握り方を右・左の両方写真入りで解説します。投げ方やイチオシのカットボールの使い手もご紹介しますね!

ご注意
ご紹介する内容は、筆者の思いや推測が含まれています。そして様々な投げ方や握り方がある中での一つをご紹介しています。正確さを保証している訳ではありませんので、御理解の上お読みください。

カットボールってどんな特徴があるの?

カットボールは別名「動く球」、又は「ムービング・ファストボール」と呼ばれています。ストレートと変わらない球速ながら、打者の手前でボールが少し動くことから命名されました。一般には、打者の手元でボール1個分程度、投手の利き腕とは逆の方向にボールが動きます。

ちなみに、カットボールは変化球の分類上、ストレート系ではなく、スライダー系として区分されています。そこから、カットボールを「高速スライダーと」呼ぶこともあります。

残念ながら、日本では硬式野球ボールの違いなどから、アメリカ大リーグのようにカットボールを決め球とする投手はそれほど多くありません。

カットボールの特徴は、変化が小さいことから打者の空振りを奪うよりも、打者のバットの芯をはずして凡打に討ち取る変化球になります。従って、1球目からカットボールを投げ込み、打者を討ち取ることも可能になります。

投手の球数制限に厳しく、また初球から思いっきり振ってくる打者の多いアメリカ大リーグでは、効果的な変化球として活用されています。

アメリカ大リーグと比較をすると、日本はツーストライクになるまで、球筋や配球を観察する打者が多くなります。それでも、ストレートと同じ投球フォームから同じ軌道で打者に迫ってくるカットボールは、十分に決め球として通じる変化球です。

特に、日本ではカットボールを投げる選手が少ないことから、効果的な変化球とも言えます。その際、変化の大きさよりも、打者にストレートと勘違いさせることがポイントになります。

スポンサーリンク

カットボールの握り方や投げ方を伝授!

カットボールはフォーシームの握り方から、人差し指を中指の方向へ若干ずらします。すると、握られたボールは、手のひらの外側に重心がずれることになります。

右ピッチャーの握り方の例

左ピッチャーの握り方の例

そして、ストレートと同じ投球フォームからボールをリリースすると、わずかに重心が外側にずれていたことで、ボールにスライダーと同様の回転が加わる事となるのです。

但し、スライダー程の大きな回転を加えないことから、球速はストレートと変わらずに打者の手元で小さく変化をすることになります。

ストレートと同じ投球フォームで投げられることから、ヒジや手首への負担が少ない変化球でもあります。カットボールを武器とする投手の多くは、ストレート代わりに投げ込んできます。

スポンサーリンク

プロ野球でイチオシのカットボールの使い手は?

日本のプロ野球界でカットボールの使い手と言えば、2017年に現役を引退した川上憲伸投手です。中日ドラゴンズのエースとして活躍した川上投手ですが、カットボールを覚えたのはプロになってからです。

アメリカ大リーグでカットボールの使い手として最も有名な、マリアノ・リベラ選手のビデオから独学で習得をしました。ちなみに、リベラ投手は配球の9割がカットボールと呼ばれるほど、多投をした選手です。

打者側の立場にすると、カットボールが投じられていると解っていても、討ち取られていたことになります。川上選手もリベラ選手に憧れてアメリカに渡ると、アトランタ・ブレーブスに所属しプレーをしました。

残念ながら、川上選手はアメリカ大リーグで良い成績を収めることが出来ず、わずか2年で帰国をし、再び古巣の中日ドラゴンズのマウンドに立ちました。

中日ドラゴンズでは、チームのエースとして活躍をし、最多勝2回、最多奪三振1回のタイトルを獲得しています。チームの優勝にも大きく貢献をし、2004年には年間MVPにも活躍いたしました。

川上投手は球速130KM後半のカットボールを武器に通算117勝をあげ、日本野球界最高のカットボーラーとも呼ばれています。

まとめ

今回は、野球のカットボールについて特集してきましたが、いかがだったでしょうか?日本では馴染みの薄かったカットボールですが、今では多くのプロ野球のピッチャーが投げるようになりました。

バッターから空振りを奪うようなタイプではなく、1球で凡打に打ち取る事が出来て、体への負担も少ないカットボール、これからもピッチャーにとって重宝するボールとして投げ続けられる事でしょう。

最後までお読み頂き大感謝!みっつでした。