大学野球

東都大学野球連盟!全加盟校と歴代の優勝校や個人記録をご紹介

東都大学野球連盟は、歴史・実力・人気ともに東京六大学リーグに並ぶ大学野球屈指のリーグです。東京近郊を所在とした21校の大学が加盟しており、4部制でリーグ戦が行われています。 今回は、東都大学野球連盟を特集します。連盟に加盟している全ての学校や優勝経験のある大学、さらに歴代の優勝校や個人記録にも迫ります。
背番号の意味

広島東洋カープの背番号3番!国民栄誉賞のあの選手もつけた歴代3番の選手と傾向を紹介

広島東洋カープの背番号3番は、国民栄誉賞を受賞した衣笠祥雄選手をはじめとして7人がつけてきました。 2020年現在で永久欠番となっている、広島東洋カープの背番号3番について特集します。 3番をつけた全7選手や特に印象深い3選手、さらに3番をつけてきた選手の傾向にも触れますので、楽しみにしてくださいね。
背番号の意味

広島東洋カープの背番号2番!歴代2番の選手と傾向を紹介

広島東洋カープは、1950年の2リーグ制導入に際し、新規加入した球団です。 チーム名の「カープ(鯉)」は地元・広島城の別名「鯉城」から取ったものとされています。 今回は、広島東洋カープの背番号2番について特集、歴代の2番をつけてきた選手や、特に印象深い3選手、さらに2番をつけてきた選手の傾向にも触れます。
大学野球

南東北大学野球連盟!全加盟校と歴代の優勝校や注目選手をご紹介

南東北大学野球連盟は、宮城・山形・福島の3県に所在を置く大学により構成されたリーグです。 現在は1部制で6つの大学でリーグ戦を行っています。 今回は、南東北大学野球連盟を特集します。加盟している大学や歴代優勝校、優勝回数ランキングのご紹介、さらに2020年の注目選手にも触れます。
背番号の意味

オリックスバファローズの背番号10番!歴代10番の選手と傾向を紹介

オリックスバファローズは、阪急ブレーブスと近鉄バファローズが合併して出来た球団です。 前身球団を含めて、のべ28名の方が背番号10番をつけて活躍しました。 今回は、オリックスバファローズの背番号10番の特集です。 28名全ての選手や特に印象深い3選手、さらに10番をつけた選手の傾向もご紹介していきます。
背番号の意味

オリックスバファローズの背番号9番!イチローの名づけの親もつけた歴代9番の選手と傾向を紹介

イチロー選手は、元々本名の鈴木一朗での登録でしたが、1994年にイチローと変えてから大ブレイクを果たしました。 イチロー選手と名付けたのが、当時コーチの新井宏昌さんです。 今回はオリックスバファローズの背番号9番を特集、前身球団を含め背番号9番をつけた全選手や、特に印象深い3選手、9番つけた選手の傾向にも触れます。
大学野球

九州六大学野球連盟!全加盟校と歴代の優勝校や個人記録をご紹介

九州六大学野球連盟は、1957年に発足した大学野球連盟です。九州という名前はついていますが、加盟している大学は、全て福岡県にあります。 今回は、九州六大学野球連盟についての特集です。加盟している全ての大学の紹介や歴代優勝校、優勝回数ランキングや個人記録にもスポットをあてますので、楽しみにしてくださいね。
背番号の意味

オリックスバファローズの背番号8番!歴代8番の選手と傾向を紹介

オリックスバファローズは阪急ブレーブス、近鉄バファローズの2つの球団が合併して誕生しました。 2つは関西を拠点としている、親会社が鉄道会社、初優勝に導いた監督が西本幸雄氏と共通点が多いです。 そんなオリックスバファローズの背番号8番を特集、歴代の8番の選手や特に印象に残る3選手、8番をつけてきた選手の傾向にも触れます。
背番号の意味

オリックスバファローズの背番号7番!不滅の大記録を作ったあの選手もつけた歴代7番の選手と傾向を紹介

国民栄誉賞と言えば、日本人にとって最高に栄誉である賞である事は間違いないと思います。 そんな国民栄誉賞を、受賞すると「立小便できなくなるから」と断ったプロ野球がいます。その選手とは、現オリックスバファローズ(元阪急ブレーブス)の福本豊選手です。 今回は、福本選手もつけたオリックスバファローズの背番号7番を特集します。
背番号の意味

オリックスバファローズの背番号6番!ノムさんをぼやかせた名ショートも付けた歴代6番の選手と傾向を紹介

野村克也さんが、「お前がいなかったら、俺は3000本打っていた」とボヤいたというエピソード、その選手とは、当時の阪急ブレーブスでショートを守っていた大橋譲選手です。 今回はオリックスバファローズ背番号6番の特集です。前身球団を含めた6番の全選手と、特に気になった3選手、さらに6番の選手の特徴にも触れます。
大学野球

広島六大学野球連盟!全加盟校と歴代の優勝校や『ギータ』をはじめとする主なOBをご紹介

広島六大学野球連盟は、広島県内にある6つの大学で構成されています。その歴史は1967年から始まり、50年以上にもわたります。 今回は、広島六大学連盟を特集します。全加盟校や歴代優勝校のご紹介、さらに連盟に所属している大学の野球部からプロ野球に巣立った、主なOBについても触れますので、楽しみにしてくださいね。
背番号の意味

オリックスバファローズの背番号5番!歴代5番の選手と傾向を紹介

オリックスバファローズと聞くと、何となく違和感を感じてしまいます。 なぜかというと、元々2つチームが合併して誕生したので、2つのチームの名前が使われていて1つのチームという実感がないからです。 今回はオリックスバファローズの背番号5番を特集、歴代の5番の選手や特に印象に残っている3選手、5番の選手の傾向にも触れます。
大学野球

北海道学生野球連盟!全加盟校と歴代の優勝校や注目選手をご紹介

北海道学生野球連盟は、札幌地区以外の大学が加盟している野球連盟です。かつては北海道地区大学野球連盟という名称でしたが、加盟校の増加への対応と、全日本大学野球選手権の出場枠拡大の為に分割されました。 今回は、北海道学生野球連盟を特集します。全加盟校の紹介と歴代優勝校や優勝回数ランキング、注目される選手もご紹介します。
背番号の意味

オリックスバファローズの背番号3番!歴代3番の選手と傾向を紹介

日本プロ野球で4番打者の背番号、それは3番ではないでしょうか。 長嶋茂雄選手が着けていたせいか4番打者、あるいは長距離打者(候補も含め)の背番号に3番が採用されることが多いです。 今回はオリックスバファローズの背番号3番の特集、前身球団からの全選手や特に印象に残った選手、さらに3番をつけてきた選手の傾向にも迫ります。
背番号の意味

オリックスバファローズの背番号2番!歴代2番の選手と傾向を紹介

オリックスバファローズは、関西に本拠地を置いていた大阪近鉄バファローズとオリックスブルーウェーブが、2005年に合併して生まれました。 今回は、そんなオリックスバファローズの背番号2番を特集します。旧阪急・旧近鉄時代からの全選手の紹介や、記憶に残る選手、さらに2番をつけてきた選手の傾向にもスポットを当ててみました。
大学野球

関西学生野球連盟!全加盟校と歴代の優勝校や個人記録をご紹介

関西学生野球連盟は、前身の連盟から数えると100年以上の歴史と伝統を誇っています。関東なら東京六大学野球や東都大学野球といった感じでしょうか。 今回は、そんな関西学生野球連盟を特集していきたいと思います。全加盟校や優勝回数、さらに個人成績も紹介していきますので、楽しみにしてくださいね。
大学野球

東京六大学野球!全加盟校と歴代の優勝校や個人記録をご紹介

東京六大学野球というと、大学野球連盟での一番人気を誇っていますね。その歴史はプロ野球よりも古く、1903年の早稲田大学と慶應大学との試合が発祥と言われています。 今回は、そんな東京六大学野球について特集します。全加盟校や歴代の優勝校紹介や優勝回数、さらに個人の選手の成績もご紹介しますので、楽しみにしてくださいね。
背番号の意味

横浜DeNAベイスターズの背番号10番!歴代10番の選手と傾向を紹介

プロ野球の横浜DeNAベイスターズの背番号10番は、2020年現在で19名の選手がつけてきました。 今回は、横浜DeNAベイスターズの背番号7番をつけてきた全選手や特に印象深い3選手、さらに10番をつけてきた選手の傾向をご紹介したいと思います。
背番号の意味

横浜DeNAベイスターズの背番号7番!歴代7番の選手と傾向を紹介

プロ野球の横浜DeNAベイスターズの背番号7番は、2020年現在で12名の選手がつけてきました。 今回は、横浜DeNAベイスターズの背番号7番をつけてきた全選手や特に印象深い3選手、さらに7番をつけてきた選手の傾向をご紹介したいと思います。
大学野球

仙台六大学野球連盟!全加盟校と歴代の優勝校や個人記録をご紹介

仙台六大学野球連盟は、仙台市とその近郊にある大学で構成されています。設立は1969年で、50年以上の歴史を持つ連盟です。 全国に名が知れている強豪校も所属していて、大学選手権での優勝校も出ています。 今回は、仙台六大学野球連盟を特集します。全加盟校や歴代の優勝校のご紹介、さらに歴代の個人記録にも触れます。
背番号の意味

横浜DeNAベイスターズの背番号6番!歴代6番の選手と傾向を紹介

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです! ホエールズ~ベイスターズ球団史の特徴のひとつに「生え抜きショートが育つ」ことが挙げられます。 古くは山下大輔、高木豊、高橋雅裕、進藤達哉、そして石井琢朗といった各選手が、空...
背番号の意味

横浜DeNAベイスターズの背番号5番!ミスターベイスターズもつけた歴代5番の選手と傾向を紹介

プロ野球の横浜DeNAベイスターズの背番号5番は、過去に16名の選手がつけてきました。 今回は、そのDeNAベイスターズの背番号5番を特集します。歴代の5番の全ての選手や特に印象深い3選手、さらに5番をつけてきた選手の傾向にも触れます。
背番号の意味

横浜DeNAベイスターズの背番号4番!歴代4番の選手と傾向を紹介

横浜DeNAベイスターズは、前身球団の大洋ホエールズの誕生から90年以上の歴史を持つチームです。 そんなベイスターズの背番号4番は、2020年現在で22選手がつけてきました。 今回は、横浜DeNAベイスターズの背番号4番を特集、歴代の4番の全選手や特に印象に残っている3選手、4番をつけてきた選手の傾向にも触れます。
背番号の意味

横浜DeNAベイスターズの背番号3番!歴代3番の選手と傾向を紹介

プロ野球DeNAベイスターズの背番号3番というと、真っ先に思い浮かぶのは、高木豊選手なのではないでしょうか? 12年間にもわたり3番をつけて、盗塁王、ベストナインをはじめ輝かしい成績を残しました。 今回はそんなDeNAベイスターズの背番号3についての特集です。 3番の全選手や特に印象深い3選手、選手の傾向も紹介します。
背番号の意味

横浜DeNAベイスターズの背番号2番!歴代2番の選手と傾向を紹介

横浜DeNAベイスターズというと、前身球団の大洋ホエールズが1929年に設立されたという、とても歴史のあるチームです。 今回は、横浜DeNAベイスターズの背番号2番について特集します。歴代の2番をつけてきた選手や特に印象に残った3選手、そして2番をつけてきた選手の傾向にも触れますので、楽しみにしてくださいね。