興南高校野球部!2019年メンバーや監督・戦績、甲子園の成績を紹介

野球

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

沖縄県にある興南高校は、1962年に創立された私立高校です。野球の強豪校として甲子園で2回全国優勝をするなど、高校野球ファンだけでなく全国的に名が知れ渡っています。

2019年も春の沖縄大会で優勝して九州大会で準優勝と、強豪校の名に恥じない活躍で夏の甲子園の沖縄代表の最有力候補となっています。

今回は、そんな興南高校の野球部について特集します。2019年の主なメンバーの紹介やイチオシ選手、公式戦の戦績をご紹介します。

さらに監督や甲子園での成績、プロ野球に入ったOBにもスポットを当てますので、楽しみにしてくださいね。

✓Check
今回ご紹介するにあたって、学校のホームページなどで出来るだけ正確な情報を心がけて調べてみましたが、一部不明な点や間違っている可能性もあります。
あくまでも参考情報としてご覧ください。

興南高校の2019年メンバーをご紹介!

まずは、興南高校野球部の2019年主なメンバーをご紹介します。

背番号名前学年ポジション出身中学校中学時の所属チーム
1宮城大弥選手3年生投手宜野湾ボニーズ
2遠矢大雅選手3年生捕手沖縄県 宜野湾中
3大城秀仁選手3年生内野手大矢ベースボールクラブ
4根路銘太希選手3年生内野手やんばるスラッガーズ
5西里颯選手2年生内野手沖縄県 石垣第二中
6勝連大稀選手3年生内野手うるまボーイズ
7金城英佑選手3年生外野手大矢ベースボールクラブ
8西江悠選手3年生外野手沖縄県 伊江中
9新垣和哉選手3年生外野手宜野湾ボニーズ
10又吉航瑶選手3年生投手沖縄県 南風原中
11下地敦大選手2年生捕手沖縄県 石垣第二中
12上原康平選手3年生捕手沖縄県 興南中
13金城啓太選手3年生内野手うるまボーイズ
14照喜名陽太選手3年生内野手沖縄県 宜野湾中
15兼城裕朋選手3年生内野手沖縄県 うるま高江中
16砂川昂太郎選手3年生内野手大矢ベースボールクラブ
17黄之芃選手2年生外野手台湾 長安
18知念勇気選手3年生外野手沖縄県 読谷中
19比屋根秀斗選手2年生外野手うるま東ボーイズ
20大城洋人選手3年生外野手沖縄県 与那原中

野球の強豪校、まして私立の学校と言えば、県外出身の部員が多くいても不思議ではありませんが、興南高校には県外からの選手はほとんどいないのが特徴です。

沖縄県下から有望な選手が興南高校野球部に集ってきている事は間違いないとは思いますが、遠くの県から部員をスカウトしなくても、全国で十分に戦えるチームを作る事が出来る事を証明していますね!

興南高校の私のイチオシ選手!

2019年の興南高校の私のイチオシ選手は宮城大弥選手です。

宮城選手は少年野球の時から、エースで4番として活躍します。その宮城選手の投手としての魅力は、抜群のコントロールです。

また、左利きの宮城選手は、少年野球時にヒジを痛めてしまいますが、右手でスローイングをして野球を続けるなど、とても器用な面を持ち合わせています。

その後、中学生の時には、2016年WBSC U-15ワールドカップの日本代表に選出されて、その実力は沖縄から全国に知れ渡りました。

そして、興南高校野球部に入部した宮城選手は、1年生からベンチ入りを果たします。2017夏の甲子園では、1回戦の智辯和歌山高校戦で先発出場をするなど、早くも大舞台を経験しました。

残念ながら、この試合で宮城選手は序盤好投をするものの、5回途中4失点で降板しています。

今年3年生になった宮城選手は、持ち前の制球力に、スライダー・カーブ・フォークなどの変化球を武器にして、今夏の最後の甲子園で活躍が期待されています。

[ad]

興南高校の2019年チームの公式戦の戦績

興南高校野球部2019年チームの、初めての公式戦となる2018年秋季大会から、今年の春季大会までの戦績をご紹介します。

日付大会名何回戦対戦相手スコア備考(県大会出場決定など)
2018年9月15日 2018年第68回沖縄県高校野球秋季大会2回戦沖縄工業高校○7-0
2018年9月22日3回戦知念高校○9-2
2018年9月24日4回戦与勝高校○9-2
2018年10月1日準々決勝宜野湾高校○7-0
2018年10月6日準決勝嘉手納高校○4-0
2018年10月7日決勝沖縄水産高校●0-1準優勝
2018年10月21日2018年第143回九州地区高等学校野球大会1回戦熊本国府高校○5-2
2018年10月22日2回戦筑陽学園●0-1
2019年3月27日2019年第66回沖縄県高校野球春季大会2回戦浦添商業高校○5-0
2019年3月30日3回戦西原高校○8-1
2019年3月31日準々決勝ゴザ高校○7-1
2019年4月3日準決勝北山高校○2-1
2019年4月4日決勝沖縄水産高校○3-1優勝
2019年4月21日2019年第144回九州地区高等学校野球大会2回戦神村学園高校○5-4
2019年4月22日準々決勝筑陽学園○6-1
2019年4月25日準決勝大分高校学園○7-5
2019年4月26日決勝西日本短大附属高校●5-1準優勝

興南高校野球部の監督ってどんな人?

2019年の春現在、興南高校の監督を務めるのは我喜屋優(がきやまさる)さんです。興南高校野球部OBでもある、我喜屋監督の経歴をご紹介しますね。

選手時代の経歴 

1968年 第50回全国高等学校野球選手権大会に興南高校の主将として出場沖縄県の高校として、初めてベスト4に輝く。4番センターとして出場し、興南旋風の立て役者となりました。

1969年 大昭和製紙(静岡県富士市)野球部に入部。

1973年 大昭和製紙北海道に移籍。

1974年 都市対抗野球で北海道勢初の優勝、中心選手として貢献。

監督としての経歴

  

2007年 母校の興南高校の監督に就任。

2010年 甲子園春夏連覇の偉業を達成。

我喜屋監督はこんな人

甲子園で2回の全国制覇を誇る名将の我喜屋監督は、野球部の監督に留まらず、2010年からは興南中学・高校を運営する学校法人の理事長に就任しています。更に、その翌年には、校長も兼任するなど、社会的地位も確立された人格者です。

その我喜屋監督は、選手に野球だけ教えるのではなく、人生の指導に力を注いでいます。レギュラーになることや甲子園に出場することだけを目標にするのではなく、人生の勝利者になれるように、日頃から選手たちを指導しています。

興南高校野球部の甲子園での戦績

興南高校野球部のこれまでの甲子園での戦績をご紹介いたします。

大会名回数勝敗数
春選抜高校野球大会4回5勝3敗
夏全国高校野球選手権大会12回19勝11敗
合計16回24勝14敗

興南高校は沖縄県の強豪校として、これまで甲子園には春夏通算16回の出場を誇ります。そして、優勝の2回は平成22年の史上6校目の春夏連覇になります。また、夏の高校野球選手権では、初めて沖縄に優勝旗を持ち帰りました。

大会名西暦戦績
第48回夏全国高校野球選手権大会1966年1回戦敗退
第50回夏全国高校野球選手権大会1968年ベスト4
第62回夏全国高校野球選手権大会1980年ベスト8
第53回春選抜高校野球大会1981年1回戦敗退
第63回夏全国高校野球選手権大会1981年1回戦敗退
第64回夏全国高校野球選手権大会1982年3回戦敗退
第55回春選抜高校野球大会1983年1回戦敗退
第65回夏全国高校野球選手権大会1983年2回戦敗退
第89回夏全国高校野球選手権大会2007年2回戦敗退
第81回春選抜高校野球大会2009年1回戦敗退
第91回夏全国高校野球選手権大会2009年1回戦敗退
第82回春選抜高校野球大会2010年優勝
第92回夏全国高校野球選手権大会2010年優勝
第97回夏全国高校野球選手権大会2015年ベスト8
第99回夏全国高校野球選手権大会2017年1回戦敗退
第100回夏全国高校野球選手権大会2018年2回戦敗退

甲子園での思い出の試合

私の興南高校野球部の甲子園での思い出の試合は、2010年第92回夏全国高校野球選手権大会の準決勝です。

興南高校は、2010年に琉球トルネードの島袋投手を擁し、春の第82回選抜高校野球大会で優勝を果たすと、沖縄県勢として夏の甲子園初優勝と春夏連覇を狙って出場します。

そして、準決勝では高校野球の名門報徳学園と対戦すると、5点差を逆転する勝利を収めました。

この試合では、報徳学園打線の猛攻に遭い、初回に1点、2回に4点を献上します。興南高校は序盤にいきなり5点を奪われる、とても苦しい試合展開となりました。

しかし、5回に3点を返した興南高校は、6回に1点、更に7回に2点を追加し、見事に逆転をします。そして、3回以降は立ち直った島袋投手は、12奪三振を奪う好投を見せまて、大逆転勝利を収めました。

見事に5点差を逆転して勢いに乗った興南高校は、沖縄県勢として夏の甲子園初Vに繋げました。

興南高校野球部出身の主なプロ野球選手

甲子園春夏連覇を成し遂げるなど、沖縄県の強豪校の興南高校からは、これまでに多くのプロ野球選手を輩出しています。

そこで、興南高校野球部出身の主なプロ野球選手として、16名の選手の卒業年度と最初に入団をした球団をご紹介します。

選手名     卒業年度最初に入団した球団
前泊哲明選手1976年横浜大洋ホエールズ
与座朝勝選手1979年横浜大洋ホエールズ
金城博和選手1981年日本ハムファイターズ
渡真利克則選手1981年阪神タイガース
竹下浩二選手1982年横浜大洋ホエールズ
仲田幸司選手1984年阪神タイガース
仲田秀司選手1984年西武ライオンズ
友利結選手1987年横浜大洋ホエールズ
名幸一明選手1987年横浜大洋ホエールズ
西岡洋選手1988年ヤクルトスワローズ
松谷秀幸選手2001年ヤクルトスワローズ
上原厚治郎選手2002年ヤクルトスワローズ
島井寛仁選手2009年東北楽天ゴールデンイーグルス
島袋洋奨選手2011年福岡ソフトバンクホークス
大城滉二選手2012年オリックス・バッファローズ
高良一輝選手2013年北海道日本ハムファイターズ

Check
当ブログでは、高校野球に関する様々な話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね!

高校野球に関しての話題はこちらからどうぞ。
高校野球の話題

おわりに

今回は、沖縄県の興南高校野球部を特集してきましたが、いかがだったでしょうか?全国的に野球の強豪校として知られているだけに、甲子園での成績も見事としか言いようがありませんね。

そして、多くのプロ野球経験者がいるのも、強豪校ならではではないでしょうか?

春の沖縄県の覇者としてのぞむ夏の甲子園沖縄県大会、期待通りの成績を収めて甲子園出場なるか注目していきたいと思います。

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。