津田学園高校野球部!メンバーや注目選手・監督・戦績をご紹介!

高校野球・大学野球

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!
津田学園高校は、三重県にある私立の高校です。勉強だけでなく部活動にも力を入れていて、野球部も2019年春現在で4度の甲子園出場を果たしています。

2018年の秋の東海大会で準優勝して、2019年の春の選抜にも出場しました。そして、夏の大会を占う春の大会でも、三重県・東海の両大会とも優勝して、夏の甲子園の三重県代表の筆頭となっています。

今回は、そんな津田学園高校を特集します。2019年のメンバーや戦績、監督や甲子園での成績、さらにプロ野球に入ったOBもご紹介しますので、楽しみにしていくださいね。

✓Check
今回ご紹介するにあたって、学校のホームページなどで出来るだけ正確な情報を心がけて調べてみましたが、一部不明な点や間違っている可能性もあります。
あくまでも参考情報としてご覧ください。

津田学園高校の2019年メンバーをご紹介!

まず、津田学園高校野球部の2019年センバツ甲子園に出場をしたメンバーをご紹介します。

背番号名前学年ポジション出身中学校中学時の所属チーム
1前佑囲斗選手3年生投手三重県 亀山中津ボーイズ
2阿萬田琉希選手3年生捕手兵庫県 南あわじ三原中神戸中央シニア
3松尾夏希選手3年生内野手愛知県 武豊中東海中央ボーイズ
4大音壱汰選手3年生内野手福井県 粟野中美方ボーイズ
5前川夏輝選手3年生内野手三重県  一身田中津ボーイズ
6小林世直選手2年生内野手三重県 長島中
7石川史門選手3年生外野手三重県 東員第一中愛知西シニア
8渡邉保育選手3年生外野手愛知県 はとり中
9藤井久大選手3年生外野手兵庫県 明石二見中神戸中央シニア
10降井隼斗選手3年生投手三重県 三滝中藤澤BBC
11榮龍騰選手2年生投手兵庫県 神戸高倉中神戸中央シニア
12岩戸隼樹選手2年生捕手愛知県 富木島中東海中央ボーイズ
13岩本太一選手3年生内野手三重県 尾鷲中海山シニア
14水谷響選手3年生捕手三重県 多度中
15谷頭幹太選手2年生内野手福井県  若狭三方中美方ボーイズ
16中村宇亜 選手2年生内野手兵庫県 魚崎中神戸中央シニア
17伊藤侑希選手3年生外野手三重県 東員第一中四日市ボーイズ
20髙手亮佑選手3年生投手愛知県  愛西永和中藤華クラブ

2019年津田学園高校野球部は、プロ野球のスカウトも注目をする前投手が中心のチームです。また、打線では、秋季の東海地区野球大会で3試合連続本塁打を放つなど、長打力のある前川選手が中心になります。

津田学園高校の私のイチオシ選手!

2019年の津田学園の私のイチオシは、1年秋からベンチ入りをしている、プロ注目の前佑囲斗選手です。

前選手は182cmの長身から、最速148kmの速球を投げおろします。 打者の手元でノビる直球に、130kmの高速スライダーやカーブを織り交ぜた投球は、プロのスカウトも注目する逸材です。

ちなみに、前選手のお兄さんは、津田学園高校野球部のエースとして、2107年の夏の甲子園に初出場を果たしています。 ただし、前選手のお兄さんはケガの為に甲子園のマウンドに立つことが出来ませんでした。

また、モデルのような顔つきの前選手は、女性からの人気も高く、将来性豊かな選手です。

スポンサーリンク

2019年チームの公式戦の戦績

次に、津田学園高校野球部2019年チーム、初めての公式戦となる2018年秋季大会から、今年の春季大会までの戦績をご紹介します。

日付大会名何回戦対戦相手スコア備考(県大会出場決定など)
2018年9月15日2019年第71回秋季東海地区高等学校野球大会三重県大会1回戦伊賀白鳳高校○4-0
2018年9月16日2回戦松阪商業高校○8-0
2018年9月22日準々決勝伊勢工業高校○9-1
2018年9月23日準決勝菰野高校●3-2
2018年10月2日3位決定戦海星高校○4-03位決定
2018年10月20日2019年第71回秋季東海地区高等学校野球大会1回戦大垣日大高校○10-3
2018年10月21日2回戦御殿場西高校○7-2
2018年10月27日準々決勝中京大中京○13-2
2018年10月28日決勝東邦高校●10-2準優勝
2019年3月25日2019年第91回選抜高等学校野球大会1回戦龍谷大平安高校●2-0一回戦敗退
2019年3月30日2019年第66回春季東海地区高等学校野球大会三重県大会桑員地区予選代表決定戦いなべ総合学園○3ー0第一代表決定
2019年4月14日2019年第66回春季東海地区高等学校野球大会三重県大会2回戦海星高校○13-0
2019年4月20日準々決勝近大高専○10-2
2019年4月21日準決勝津商業高校○2-1
2019年4月27日決勝菰野高校○10-9地区代表決定
2019年5月24日2019年第66回春季東海地区高等学校野球大会1回戦加藤学園○7-3
2019年5月25日準決勝県立岐阜商業高校○3-2
2019年5月26日決勝浜松商業高校○5-4優勝

今春の東海地区野球大会の準決勝や決勝では、接戦をものにして優勝を果たしました。

スポンサーリンク

津田学園高校野球部の監督ってどんな人?

2019年の春現在、津田学園の野球部を率いるのは、大阪の名門PL学園出身の佐川竜朗(さがわたつお)さんです。

選手時代の経歴

 
PL学園では外野手として、第78回夏の甲子園に出場し、3回戦まで進出。 明治大学に進学し、野球部の主将を務める。
その後、日本通運に就職し、社会人野球でプレー。

監督としての経歴 

 

2017年 第99回夏全国高校野球選手権大会 出場
2019年 第91回春選抜高校野球大会 出場

佐川監督ってこんな人

佐川監督は年齢40歳の若い監督です。 PL学園時代は、高校野球界において名監督として有名な、中村順司監督の下で野球を学びました。

その後、日本通運に就職をすると、社会人野球を続けながら、プロ野球選手への道が 開かれるのを夢見て練習に励みます。しかし、数年後にはプロへの道を断念し、指導者へと方向転換をいたします。

そして、日本通運で仕事と野球を続けながら、夜間に母校の明治大学に通い、教員免 許を取得します。そして2008年、30歳の若さで津田学園野球部の監督に就任しました。そして2017年に夏の甲子園に初出場を果たしています。

PL学園時代の恩師でもある中村順司監督の教えでもある「野球を好きになること」、「人間力を高めること」を選手に指導しています。

丸刈りのひげを生やした風貌の佐川監督は、常に選手と同じ目線に立つことを意識し、選手からとても慕われている監督です。

スポンサーリンク

津田学園高校野球部の甲子園での戦績

津田学園高校野球部のこれまでの甲子園での戦績をご紹介いたします。津田学園高校野球部は、これまでに春3回、夏1回、甲子園に出場を果たしています。

大会名回数勝敗数
春選抜高校野球大会3回1勝3敗
夏全国高校野球選手権大会1回1勝1敗
合計4回2勝4敗
大会名西暦戦績
第68回春選抜高校野球大会1996 年1回戦敗退
第74回春選抜高校野球大会2002年2回戦敗退
第99回夏全国高校野球選手権大会2017年2回戦敗退
第91回春選抜高校野球大会2019年1回戦敗退

甲子園での思い出の試合

私の津田学園高校の甲子園での思い出の試合は、今春(2019年)の第91回春選抜高校野球大会1回戦です。 大会第3日1回戦、津田学園高校は全国最多41回目の出場となる、強豪龍谷大平安高校と対戦しました。

試合は、「後半勝負に持ち込みたい」と話していた佐川監督の思惑とおり、津田学園高校の絶対的エース前選手と、龍谷大平安高校の野澤選手の両投手が好投を見せて、0対0の同点のまま延長戦へと進みます。

タイブレークでの決着も見え始めた11回1死一、二塁のピンチで、170球近い球数を投げてきた前選手が、龍谷大平安高校の奥村選手に左超えの適時二塁打を打たれて、均衡を破られます。 一挙に2点を失った津田学園高校は、惜しくも延長11回0-2で敗れました。

昨秋の東海地区大会では中京大中京高校や大垣日大など甲子園の常連校相手に10点以上を奪った自慢の攻撃力も、この試合では龍谷大平安高校の野澤選手に4安打に抑えられ、前投手の好投に報いることが出来ませんでした。

津田学園高校野球部出身の主なプロ野球選手

津田学園高校野球部出身の主なプロ野球選手として、2名の選手の卒業年度と最初に入団をした球団をご紹介します。

選手名     卒業年度最初に入団した球団
桑原謙太朗選手2004年横浜ベイスターズ
出口匠選手2016年東北楽天ゴールデンイーグルス

Check
当ブログでは、高校野球に関する様々な話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね!

高校野球に関しての話題はこちらからどうぞ。
高校野球の話題

おわりに

今回は、三重県にある津田学園高校野球部を特集しましたが、いかがだったでしょうか?前選手、前川選手という投打の柱がチームを引っ張り、激戦の東海大会を勝ち抜いてきました。

夏の三重県大会では、ディフェンディングチャンピオンに恥じない試合を続けて甲子園出場なるか、注目していきたいと思います。

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。