カーブの投げ方!軟式もOKな握り方を写真入りで詳しく解説します!

ボールの投げ方

こんにちは、みっつです。

相手バッターを惑わすように大きく曲がるカーブは、ストレートと並んで野球の主な球種の一つとしてあげられます。プロにまで上りつめた選手でも、変化球はカーブだけで大活躍したピッチャーもいるほどです。

今回は、カーブの握り方を右・左の両方で写真入りでご紹介します。そしてカーブの投げ方、効果的な使い方といった事も解説しますね。

日本のプロ野球で、私がイチオシであると思うカーブの使い手もご紹介しますので、楽しみにしてください!

ご注意
ご紹介する内容は、筆者の思いや推測が含まれています。そして様々な投げ方や握り方がある中での一つをご紹介しています。正確さを保証している訳ではありませんので、御理解の上お読みください。

カーブの握り方と投げ方のコツを伝授!

カーブの握り方は、人差し指と中指の第1関節を、縫い目にしっかりと掛けるのが基本です。ただし、プロ野球選手の中には、人差し指と中指のどちらか一方だけを縫い目に掛ける選手もいます。

親指の位置は人差し指の対角線とし、ストレートよりも人差し指と親指の間隔を広げるように握るのがポイントです。この時、親指もしっかりと縫い目に掛けて、人差し指と中指の3点で強くボールをグリップいたします。

右ピッチャーの握り方の例

左ピッチャーの握り方の例

カーブの投げ方は、手首を深く曲げて、ボールを人差し指と親指の間から抜くように投げるのがポイントです。

ボールの右半分を重点的に握ることで、右投手ならば強い右スピンが掛ります。さらにボールには重力も加わることから、少し斜め下方向に変化をするようになります。

カーブは投げ方がわかりやすく、習得しやすいことから、少年野球で真っ先に取り入れられる変化球といえます。少し握り方を変えるだけでも、カーブの変化の仕方も変わります。しかし、投げ方を誤ると、ヒジや肩に大きな負担が掛ってしまいます。

よくある間違いとしては、大きなスピンを掛けようとするあまりに、手首をひねり過ぎることです。ボールをリリースする際に、手首をひねり過ぎて親指を上に向かせないことです。

カーブの正しい投げ方は、ボールをリリースした後、ストレートを同じように手のひらが外側を向いているのが正解です。

カーブの効果的な使い方って?

かつては、日本の野球で最もポピュラーな変化球のカーブでしたが、最近では、投げる投手が若干少なくなっています。

カーブは大きな弧を描いて曲がるところが特徴です。ストレートボールと緩急の差をつけて、バッターのタイミングを外すのに効果的であることから、配球に組み込みやすい変化球です。

また、カーブといっても、大きく縦に落ちたり、横に曲がったり、又はスローカーブと呼ばれるものまで千差万別です。手元で小さく曲がるカーブは、打者のバットの芯を外して凡打を狙います。

一方で、緩急をつけて打者のタイミングを外すように、大きく曲がるカーブは、打者の空振りを誘い出します。しかし、「カーブは良く打球が飛ぶ」と言われています。中途半端な変化のカーブや、単調な変化のみのカーブの多投は危険です。

そこで、「速くて小さく曲がるカーブ」と、「緩急を付け大きく曲がるカーブ」の両方を習得すると、効果的な配球が組み立てられるようになります。

プロ野球でイチオシのカーブの使い手は?

カーブを武器に大成をした投手と言えば、埼玉西武ライオンズなど複数の球団で活躍をした、工藤公康選手です。

当時の名古屋電気高校(現、愛工大名電高校)から、注目の左腕投手として埼玉西武ライオンズに入団した、工藤選手の持ち球は、「ドロップカーブ」と呼ばれるものでした。

これは左腕投手独特の縦に割れるカーブから、ドロップカーブと名付けられました。この、ドロップカーブを武器に、工藤投手は通算224勝、最優秀防御率4回、最多奪三振2回のすばらしい記録を残しています。

工藤投手は小柄な体格ながらダイナミックな投球フォームで、スリークォーターから大きく縦に割れるカーブが特徴でした。

工藤投手はカーブを投げる際、「ボールの握り方にこだわるのではなく、ヒジと手首の使い方次第で、独特の変化を生み出せる」と、発言をしています。

工藤投手は埼玉西武ライオンズから福岡ソフトバンクホークス、読売ジャイアンツ、そして、横浜ベイスターズ、さらに古巣の埼玉西武ライオンズと、球団を4回も移籍しています。

その工藤投手は、現役時代に14回の優勝、11度の日本一に輝き、ついた愛称は「優勝請負人」です。

まとめ

今回は、野球のカーブについての特集でしたが、いかがだったでしょうか?握り方については左右3枚ずつの写真でご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?握りや投げ方は一例ですので、色々と試してみてくださいね。

最近のプロ野球のピッチャーは、カーブを投げる事が少なくなったようですが、少ないので逆に武器になっているようです。

プロ野球を観戦する時は、カーブをどの位の割合で投げるピッチャーなのか、といった事に注目するのも面白いかもしれませんね。

最後までお読み頂き大感謝!みっつでした。