【祝2020年甲子園高校野球交流試合出場】天理高校野球部!選抜出場決めた2020年メンバーや成績・監督や甲子園の活躍をご紹介

高校野球

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

奈良県にある天理高校といえば、甲子園の超常連校であり、元高校球児の私にとって凄いとしか言えません(^^;)胸に紫で書かれた天理の文字や浮かぶユニフォームや、帽子の『天』という文字を見るだけで、名前負けしてしまいいそうです(笑)

その強さは近年も健在で、2019年の秋の近畿大会でも大阪桐蔭高校を破り見事に優勝、2020年の春の選抜大会出場を決めました。しかし、コロナウイルスの影響で選抜大会が中止に。

一度は幻となった甲子園でしたが、2020年甲子園高校野球交流試合(仮称)という形で、1試合だけではありますが甲子園でのプレーが実現する事となりました!

今回は、天理高校の野球部を特集します。2019年の新メンバーや戦績、監督の紹介、さらに甲子園での戦績やプロ野球に入った主なOBにも触れますので、楽しみにしてくださいね。




✓Check
今回ご紹介するにあたって、学校のホームページなどで出来るだけ正確な情報を心がけて調べてみましたが、一部不明な点や間違っている可能性もあります。
あくまでも参考情報としてご覧ください。

天理高校の2019年新メンバーをご紹介!

まずは、2019年度秋季近畿大会出場時の登録メンバーをご紹介します。

背番号名前学年ポジション出身中学校中学時の所属チーム
1庭野夢叶選手2年生投手八潮流山ボーイズ
2山元太陽選手2年生捕手能勢レッドスターベースボールクラブ
3選手内山陽斗1年生内野手松原第四羽曳野ボーイズ
4田中輝希選手2年生内野手浜寺大阪狭山ボーイズ
5下林源太選手2年生内野手蒲生大阪北ボーイズ
6杉下海生選手1年生内野手田尻泉佐野リトルシニア
7逸見顕太郎選手2年生外野手土成徳島藍住リトルシニア
8山地裕輔選手2年生外野手大阪南大正リトルシニア
9選手河村拓民2年生外野手藤島福井嶺北リトルシニア
10田中勝大選手2年生内野手藤森京都洛南ボーイズ
11吉岡大誓選手2年生投手天理中天理中
12山田孝徳選手2年生捕手湯川和歌山日高ボーイズ
13河西陽路選手2年生内野手橿原橿原磯城リトルシニア
14堀内太陽選手1年生内野手宮津京都丹後リトルシニア
15長野陽人選手1年生内野手誠風大阪狭山ボーイズ
16江口巨樹選手2年生内野手 鍋島佐賀藤本BBC
17嶋田優心選手2年生投手東住吉松原ボーイズ
18福重翔三選手2年生投手瀬戸早島ボーイズ
19達孝太選手1年生投手浜寺南泉州阪堺ボーイズ
20瀬千皓選手1年生外野手生駒上生駒ボーイズ

奈良県だけでなく、関西を中心に広い地域から生徒が集まってきています。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

天理高校の私のイチオシ選手!

私のイチオシ選手は、1年生ながら秋季近畿大会決勝で先発、大阪桐蔭相手に7回4失点で優勝に大きく貢献し有名になった達孝太(たつこうた)選手です。

192cm、80kgという細身の体から140キロ近いストレートとスライダーなどを投げる右投げの本格派の投手です。やはり武器は、長い手足から繰り出されるストレートです。

長身ピッチャーにありがちな、下半身が使えず上半身で投げるのではなく、左足が地面についてからしっかりと下半身と上半身が連動して、きれいに体重移動ができた投げ方のためストレートがノビているように見えます。無駄な力が入っていないためコントロールも良いです。

しかし、やはり1年生ということもあり体はまだまだ細身です。これからたくさん食べて怪我に気負付けながらトレーニングをして、一回りも二回りも大きくなって欲しいと勝手に願っています。そして、今のしなやかな投げ方のまま大きくなれれば150キロ後半も夢ではないと思います。

現段階で、圧倒的な存在ではありませんが、将来的に考えた時化け物になる可能性がある非常に楽しみな選手です。まずは、今年の冬を超えて体が大きくなった達選手に期待です。




天理高校2019年秋の公式戦の戦績

次に、天理高校野球部2019年・2020年チームの、初めての公式戦となる2019年秋季大会の戦績をご紹介します。

日付大会名何回戦対戦相手スコア備考(県大会出場決定など)
2019年9月7日令和元(2019)年度 秋季近畿地区高校野球大会 奈良県予選 1回戦西の京○10-0
2019年9月15日2回戦橿原学院○9-1
2019年9月22日3回戦大淀○21-0
2019年9月29日準々決勝関西中央○14-0
2019年10月5日準決勝智弁学園●3-13
2019年10月6日3位決定戦奈良○2-13位
2019年10月23日令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会 1回戦報徳学園○7-1
2019年10月27日準々決勝奈良大付○14-0
2019年11月2日準決勝履正社○5-4
2019年11月4日決勝大阪桐蔭○12-4優勝
2019年11月16日令和元年度 明治神宮大会準々決勝仙台育英○8-6
2019年11月18日準決勝中京大中京●9-10ベスト4

秋の近畿大会で優勝して、春のセンバツの切符を決めました。




天理高校の監督ってどんな人?

2019年現在、天理高校野球部を率いるのは、同校OBである中村良二(なかむらりょうじ)さんです。

選手としての経歴

1984年 天理高校に入学、野球部に入部
1987年 ドラフト2位で近鉄バファローズ入団
1996年 近鉄から戦力外通告を受け入団テストで阪神タイガース入団
1997年 阪神から戦力外通告を受け現役引退

指導者としての経歴 

1998年 藤井寺リトルシニアの監督に就任
2008年 天理大学硬式野球部監督に就任
2015年 天理高校野球部監督に就任
2017年 自身初監督として甲子園出場を果たしベスト4

中村監督ってこんな人

中村監督は、2015年から天理高校野球部の監督に就任し、甲子園出場回数は1回です。その1回で天理高校27年ぶりの準決勝進出を果たしています。

そんな中村監督は、天理高校出身で3年時には主将として春夏連続で甲子園出場を果たしています。そして、なんとドラフト2位で近鉄バファローズに入団し、主に代打で11年間プロ野球生活を送りました。

引退後は、9年間中学生の選手を指導したのち天理大学で6年間監督を務めました。大学では就任時、2部リーグだったチームを2013年には1部リーグ優勝するまでに成長させました。

そして、2014年指導する資格回復の認定を受け天理高校の監督へと就任しました。2017年の選手権大会ではベスト4に輝いています。

中村監督の指導精神は、「自分たちで考え、自己責任が持てるチーム」です。そのためチームには非常に自由な雰囲気があるそうです。

それでも、チームとしては今年の春季近畿大会で優勝するなどしっかりと選手たちが育っています。今の若い選手たちにはこのような教えがあっているのかもしれません。




天理高校野球部の甲子園での戦績

天理高校は、古くからの歴史があり甲子園優勝も数度経験しています。そんな天理高校野球部のこれまでの甲子園での戦績をご紹介します。

大会名回数勝敗数
春選抜高校野球大会3回2勝3敗
夏全国高校野球選手権大会9回2勝9敗
合計12回4勝12敗
大会名西暦戦績
第26回春選抜高校野球大会1954年2回戦敗退
第27回春選抜高校野球大会1955年2回戦敗退
第31回春選抜高校野球大会1959年2回戦敗退
第41回夏全国高校野球選手権大会1959年ベスト8
第44回夏全国高校野球選手権大会1962年1回戦敗退
第47回夏全国高校野球選手権大会1965年1回戦敗退
第42回春選抜高校野球大会1970年2回戦敗退
第54回夏全国高校野球選手権大会1972年ベスト4
第45回春選抜高校野球大会1973年ベスト8
第55回夏全国高校野球選手権大会1973年3回戦敗退
第47回春選抜高校野球大会1975年2回戦敗退
第57回夏全国高校野球選手権大会1975年ベスト8
第48回春選抜高校野球大会1976年2回戦敗退
第58回夏全国高校野球選手権大会1976年3回戦敗退
第49回春選抜高校野球大会1977年ベスト8
第60回夏全国高校野球選手権大会1978年ベスト8
第51回春選抜高校野球大会1979年1回戦敗退
第61回夏全国高校野球選手権大会1979年2回戦敗退
第62回夏全国高校野球選手権大会1980年ベスト4
第65回夏全国高校野球選手権大会1983年1回戦敗退
第57回春選抜高校野球大会1985年ベスト8
第58回春選抜高校野球大会1986年2回戦敗退
第68回夏全国高校野球選手権大会1986年優勝
第69回夏全国高校野球選手権大会1987年2回戦敗退
第60回春選抜高校野球大会1988年2回戦敗退
第70回夏全国高校野球選手権大会1988年3回戦敗退
第62回春選抜高校野球大会1990年2回戦敗退
第72回夏全国高校野球選手権大会1990年優勝
第63回春選抜高校野球大会1991年2回戦敗退
第73回夏全国高校野球選手権大会1991年2回戦敗退
第64回春選抜高校野球大会1992年ベスト4
第74回夏全国高校野球選手権大会1992年ベスト8
第76回夏全国高校野球選手権大会1994年2回戦敗退
第78回夏全国高校野球選手権大会1996年2回戦敗退
第69回春選抜高校野球大会1997年優勝
第85回夏全国高校野球選手権大会2003年3回戦敗退
第86回夏全国高校野球選手権大会2004年ベスト8
第77回春選抜高校野球大会2005年ベスト8
第87回夏全国高校野球選手権大会2005年1回戦敗退
第88回夏全国高校野球選手権大会2006年2回戦敗退
第80回春選抜高校野球大会2008年ベスト8
第81回春選抜高校野球大会2009年1回戦敗退
第91回夏全国高校野球選手権大会2009年2回戦敗退
第82回春選抜高校野球大会2010年1回戦敗退
第92回夏全国高校野球選手権大会2010年2回戦敗退
第83回春選抜高校野球大会2011年2回戦敗退
第84回春選抜高校野球大会2012年1回戦敗退
第94回夏全国高校野球選手権大会2012年ベスト8
第87回春選抜高校野球大会2015年2回戦敗退
第97回夏全国高校野球選手権大会2015年1回戦敗退
第99回夏全国高校野球選手権大会2017年ベスト4

甲子園での思い出の試合

私の天理高校の思い出の試合として、2017年の第99回高校野球選手権大会の準々決勝の試合をご紹介します。

対戦相手は、神戸国際高校です。試合は、まず2回表にパスボールで天理高校が1点先制します。しかし、その裏、神戸国際高校もチャンスを作りセカンドゴロの間にランナーが生還し同点に追いつきました。その後は、お互いチャンスを作るも要所を抑えて無得点のまま試合は延長戦に入ります。

そして、11回表に8番山口選手のタイムリーヒットで1点を勝ち越し、その裏をこの試合一人でマウンドを守り抜いた碓井選手が投げ切り天理高校が延長戦の末2対1で勝利しました。

やはり見どころは、何度も迎えるピンチの場面を両チームが無失点に抑えていくしびれる試合展開です。要所での守備の集中力が非常に高いように感じます。

特に、天理高校のエース碓井選手の丁寧なピッチングが光りました。右サイドハンドからスライダーを軸にベースを広く使いながらの投球は非常にうまいなと見ていて思う投球でした。




天理高校野球部出身の主なプロ野球選手

天理高校野球部からは、50年以上前からプロ野球選手が輩出されています。その主なプロ野球選手とその球団を紹介します。

選手名     卒業年度最初に入団した球団
外山義明選手1967年東京ヤクルトスワローズ
門田博光選手1967年南海ホークス
猪口明宏選手1975年読売ジャイアンツ
鈴木康友選手1977年読売ジャイアンツ
川本和宏選手1981年南海ホークス
藤本博史選手1981年南海ホークス
福家雅明選手1979年阪神タイガース
小山昌男選手1981年近鉄バファローズ
中村良二選手1986年近鉄バファローズ
藤立次郎選手1989年近鉄バファローズ
南渕時高選手1983年千葉ロッテマリーンズ
南竜次選手1990年日本ハムファイターズ
谷口功一選手1991年読売ジャイアンツ
山下和輝選手1990年阪神タイガース
善村一仁選手1993年近鉄バファローズ
関本健太郎選手1996年阪神タイガース
橋本啓選手1997年広島カープ
吉川勝成選手1995年近鉄バファローズ
長崎伸一選手1998年千葉ロッテマリーンズ
東辰弥選手1997年阪神タイガース
籾山幸徳選手2003年読売ジャイアンツ
西浦直亨選手2009年東京ヤクルトスワローズ
中村奨吾選手2010年千葉ロッテマリーンズ
太田椋選手2018年オリックスバッファローズ

天理高校のDATA

住所  〒632-8585 奈良県天理市杣之内町1260
設立   1908年(天理中学校として)
校訓   神一条の精神 ひのきしんの態度 一手一つの和
*男女共学の幼稚園から大学までの一貫校

Check
当ブログでは、高校野球に関する様々な話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね!

高校野球に関しての話題はこちらからどうぞ。
高校野球の話題

おわりに

今回は、奈良県の天理高校野球部を特集してきましたが、いかがだったでしょうか?

1試合だけですが実現した甲子園での試合、悔いなくノビノビとプレーしてほしいと願わずにはいられません。

その戦いぶりに注目していきたいと思います。

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ