【祝甲子園出場!】明徳義塾高校野球部!メンバーや成績・監督や甲子園の活躍をご紹介

高校野球

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

明徳義塾高校の野球部は、1982年に甲子園初出場を果たして以来、ずっと野球強豪校で、甲子園の常連校でありつづけています。40回もの甲子園出場を決めているので、全国的にも有数の強豪校と言えるでしょう。

2020年の秋の四国大会でも見事に優勝して、41回目の甲子園出場を決めました。

今回は、明徳義塾高校の野球部にスポットを当てます。2020年秋のメンバーや成績、監督の紹介、さらに甲子園での戦いぶりやプロ野球に入団した主なOBも紹介しますので、楽しみにして下さいね。




✓Check
今回ご紹介するにあたって、学校のホームページなどで出来るだけ正確な情報を心がけて調べてみましたが、一部不明な点や間違っている可能性もあります。
あくまでも参考情報としてご覧ください。

明徳義塾高校の2020年秋のメンバーをご紹介!

まずは、直近の公式戦である2020年秋の四国地区大会出場時の登録メンバーをご紹介します。

背番号名前学年ポジション出身中学校中学時の所属チーム
1代木大和選手2年生投手愛媛県四国中央市川之江南中川之江ボーイズ
2加藤愛己選手2年生捕手福岡県八女市黒木中筑後リバーズ
3岩城龍ノ介選手2年生内野手滋賀県甲賀市城山中湖東リトルシニア
4池邉由伸選手1年生内野手佐賀県佐賀市昭栄中佐賀藤本BBC
5梅原雅斗選手2年生内野手明徳義塾中中学軟式野球部
6米崎薫暉選手2年生内野手豊中市第十五中茨木ナニワボーイズ
7森松幸亮選手2年生外野手愛媛県松山市雄新中西条リトルシニア
8井上航輝選手1年生外野手不明河南リトルシニア
9山蔭一颯選手2年生外野手岡山県玉野市宇野中東岡山ボーイズ
10髙松伸志選手2年生外野手京都府京都市太枝中高槻リトルシニア
11畑中仁太選手2年生投手明徳義塾中中学軟式野球部
12矢野勢也選手1年生投手福岡県朝倉市南陵中球道ベースボールクラブ
13辰己遊選手1年生内野手不明大阪八尾ボーイズ
14西川魁星選手2年生内野手兵庫県西宮市浜甲子園中大阪八尾ボーイズ
15田中晴太選手1年生投手兵庫県たつの市新宮中佐用スターズ
16江坂斗航選手2年生捕手佐賀県佐賀市城北中佐賀フィールドナイン
17玉田大貴選手2年生外野手北海道札幌市新川中北海ベアーズ
18河村僚也選手1年生内野手不明西条リトルシニア
19安井大翔選手1年生内野手大阪府大阪市摂陽中大阪八尾ボーイズ
20古賀駿友選手2年生捕手愛知県犬山市南部中春日井ボーイズ

明徳義塾高校は、全国的な強豪校というだけあり、中学時代は県外の強豪クラブチームでプレーした選手がほとんどです。登録の20人中、18人が県外の中学から入学してきています。

明徳義塾高校の私のイチオシ選手!

2021年の明徳義塾高校野球部の私のイチオシ選手は、チームの主軸を担う米崎薫暉(よねざきくんが)選手です。

米崎選手は、元近鉄バファローズの米崎薫臣氏を父に持ち、幼少期から野球の英才教育を受けてきています。中学時代は地元大阪の茨木ナニワボーイズに所属し、抜群のセンスが注目を集めました。

多くの高校からの誘いがあった中、「甲子園」を見据え、明徳義塾高校への進学を決めたそうです。高校入学後も、層の厚いチームの中で1年夏から甲子園に出場するなど順調に成長を続けています。

170cm・70kgと小柄ながら、野球センスと正確なスローイングが持ち味のため、ショートを守備を任されてきました。秋の大会では主に3番打者として出場していましたは、高いミート力にパンチ力も加われば全国屈指の打者になりそうです。

明徳義塾の名将・馬淵監督も「父親譲り」と太鼓判を押す野球センスの持ち主ですので、さらにスケールアップすることができれば、今後の野球界を賑わせる存在になること間違いなしです。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

明徳義塾高校2020年秋の公式戦の戦績

次に、明徳義塾高校野球部新チームの、初めての公式戦となる2020年秋季大会からの戦績をご紹介いたします。

日付大会名何回戦対戦相手スコア備考(県大会出場決定など)
2020年9月20日第73回 秋季四国地区高等学校野球大会 高知県予選2回戦高知商業高校○6-0
2020年9月27日準々決勝中村高校○10-0
2020年10月10日準決勝高知中央高校○9-0四国地区大会出場決定
2020年10月13日決勝高知高校○6-0
2020年10月25日第73回 秋季四国地区高等学校野球大会準々決勝英明高校○8-6
2020年10月31日準決勝鳴門高校○9-2
2020年11月1日決勝聖カタリナ学園高校○5-1優勝

2020年の秋の公式戦を無敗で乗り切り、見事に春の甲子園出場を決めました。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

明徳義塾高校の監督ってどんな人?

2021年7月現在、明徳義塾高校の野球部を率いる監督は、馬渕史郎(まぶちしろう)さんです。

出身校 三瓶高校-拓殖大学
指導者としての経歴 
1987年 明徳義塾高校野球部コーチ就任
1990年 明徳義塾高校野球部監督就任
1991年 第73回夏全国高校野球選手権大会出場
2002年 第84回夏全国高校野球選手権大会優勝

馬渕監督ってこんな人

馬渕監督は、言わずとしれた高校野球界を代表する名監督です。出身は愛媛県で、三瓶高校から拓殖大に進学し、現役時代は主に内野手としてプレイーしていました。

その後、地元愛媛県などで社会人野球チームのコーチを歴任し、1986年には社会人野球日本選手権で準優勝も経験しています。翌1987年から明徳義塾高校でコーチを努めつつ教員免許を取得し、長い高校野球指導者生活のスタートとなりました。

馬渕監督を有名にしたのは、何と言っても松井秀喜選手への5打席連続敬遠で、長年ヒール役を背負ってきたと言えるでしょう。この件に関しては賛否両論ありましたが、間違いなく高校野球界に一石を投じた出来事ですね。

また、確率を重視した采配により「勝利至上主義」のイメージが強い監督です。

しかし、社会科の教鞭をとる傍ら、選手たちとは寮生活をともにし、奥さんとともに選手の親代わりとなっています。その強さや野球留学生が多いことから未だにヒールのイメージが強く、批判を受けることもありますがしっかり馬淵監督が選手を守っており、明徳義塾野球部にはファミリー感が強いようです。

野球部の監督としてだけでなく、私達が普段あまり知らない教育者としての一面や父親代わりとしての一面が選手たちに慕われ、多くの選手が高知まで野球をしにやってくる大きな要因であることは間違いありません。

高校野球の監督としてはレジェンド級と言っても過言ではない馬淵監督ですが、今後どこまで通算勝利数などを伸ばしていくのか注目したいです。




明徳義塾高校野球部の甲子園での戦績

明徳義塾高校野球部のこれまでの甲子園での戦績をご紹介します。

大会名回数勝敗数
春選抜高校野球大会19回26勝18敗
夏全国高校野球選手権大会20回34勝19敗
合計39回60勝37敗
※2020年春選抜高校野球大会の交流試合の1勝を含む

現在の高知県ではほぼ1強と言っても過言ではありません。2002年夏の甲子園での優勝など、平成以降、全国でもトップクラスの輝かしい成績を挙げています。

大会名西暦戦績
第54回春選抜高校野球大会1982年2回戦敗退
第55回春選抜高校野球大会1983年ベスト4
第56回春選抜高校野球大会1984年ベスト8
第66回夏全国高校野球選手権大会1984年3回戦敗退
第59回春選抜高校野球大会1987年1回戦敗退
第73回夏全国高校野球選手権大会1991年2回戦敗退
第74回夏全国高校野球選手権大会1992年3回戦敗退
第68回春選抜高校野球大会1996年ベスト8
第78回夏全国高校野球選手権大会1996年2回戦敗退
第69回春選抜高校野球大会1997年2回戦敗退
第70回春選抜高校野球大会1998年ベスト8
第80回夏全国高校野球選手権大会1998年ベスト4
第71回春選抜高校野球大会1999年2回戦敗退
第81回夏全国高校野球選手権大会1999年2回戦敗退
第72回春選抜高校野球大会2000年ベスト8
第82回夏全国高校野球選手権大会2000年2回戦敗退
第83回夏全国高校野球選手権大会2001年2回戦敗退
第74回春選抜高校野球大会2002年ベスト8
第84回夏全国高校野球選手権大会2002年優勝
第75回春選抜高校野球大会2003年3回戦敗退
第85回夏全国高校野球選手権大会2003年2回戦敗退
第76回春選抜高校野球大会2004年ベスト4
第86回夏全国高校野球選手権大会2004年3回戦敗退
第80回春選抜高校野球大会2008年ベスト8
第92回夏全国高校野球選手権大会2010年2回戦敗退
第83回春選抜高校野球大会2011年1回戦敗退
第93回夏全国高校野球選手権大会2011年2回戦敗退
第94回夏全国高校野球選手権大会2012年ベスト4
第95回夏全国高校野球選手権大会2013年ベスト8
第86回春選抜高校野球大会2014年ベスト8
第96回夏全国高校野球選手権大会2014年2回戦敗退
第97回夏全国高校野球選手権大会2015年1回戦敗退
第88回春選抜高校野球大会2016年1回戦敗退
第98回夏全国高校野球選手権大会2016年ベスト4
第89回春選抜高校野球大会2017年1回戦敗退
第99回夏全国高校野球選手権大会2017年2回戦敗退
第90回春選抜高校野球大会2018年3回戦敗退
第101回夏全国高校野球選手権大会2019年2回戦敗退
第92回春選抜高校野球大会2020年
※中止後の交流試合で勝利

甲子園での思い出の試合

甲子園で数々の名試合を生んできた明徳義塾高校野球部ですが、その中でも思い出の試合として、2013年第95回夏全国高校野球選手権大会の3回戦の試合をご紹介します。

この年の明徳義塾高校は初戦となる2回戦で、好投手山岡選手(現オリックス)の瀬戸内高校に勝利し、3回戦の相手は大阪桐蔭高校となりました。

大阪桐蔭高校とは前年の夏の甲子園でも対戦しており、その時は藤浪投手を打ち崩すことができず大阪桐蔭高校が勝利しています。この年の大阪桐蔭高校も森友哉選手等の春夏連覇メンバーが残り、優勝候補筆頭となっていました。

この試合に1年生ながら4番打者として出場していた明徳義塾の岸選手は、エースとして再び甲子園に戻りリベンジを果たしたいところでしたが、試合は大阪桐蔭が初回に先頭打者のランニングホームランで先制する形となります。

続くピンチもなんとか切り抜けると、明徳義塾は2回裏に1死二三塁のチャンスを作り出しました。ここで牽制悪送球という思わぬ形で同点に追いつくと、続くチャンスで2点を勝ち越すことに成功しました。

さらに、続く3回裏にも四死球で出塁したランナーを5番西岡選手がタイムリーで返し、5-1とリード広げます。

一方のエース岸投手は、強力打線の大阪桐蔭相手に再三、ランナーを出しながらも、打たせてとる粘りのピッチングで2回以降得点を許しません。

まだまだ試合が動きそうな気配はありましたが、結局そのまま5-1で明徳義塾高校が勝利しました。ヒット数は大阪桐蔭の方が多かったのですが、数少ないチャンスを生かし、四死球やエラーを出さなかった明徳義塾に軍配が上がり、見事に前年のリベンジを果たしたのです。

なお、さらに翌年も両校は夏の甲子園で対戦することとなりました。前年は明徳義塾が勝利を収めていることや、岸選手が最終学年となっていることなどから明徳義塾優位の声が大きかったのですが、逆にこの年は前評判を覆して大阪桐蔭高校が勝利を上げています。

これ以降、この両校の甲子園での対戦はありませんが、また対戦となった時はきっと好ゲームを繰り広げてくれるはずです。




明徳義塾高校野球部出身の主なプロ野球選手

明徳義塾高校からは、これまで25人ものプロ野球選手が輩出されています。プロで活躍した選手が多いとは言い難いですが、若手の現役選手もおり今後に期待です。

明徳義塾高校出身の現役選手で、最も試合に出場している伊藤光選手などの卒業年度と最初に入団した球団をご紹介します。

選手名     卒業年度最初に入団した球団
河野博文選手1980年日本ハムファイターズ
横田真之選手1980年ロッテオリオンズ
藤本茂喜選手1982年読売ジャイアンツ
近田豊年選手1983年南海ホークス
山本誠選手1985年阪急ブレーブス
水尾嘉孝選手1986年大洋ホエールズ
町田公二郎選手1987年広島東洋カープ
安田周一郎選手1989年近鉄バファローズ
津川力選手1991年ヤクルトスワローズ
宮崎一彰選手1993年読売ジャイアンツ
塩屋大輔選手1994年オリックス・ブルーウェーブ
吉川昌宏選手1996年ヤクルトスワローズ
寺本四郎選手1998年千葉ロッテマリーンズ
高橋一正選手1998年ヤクルトスワローズ
森岡良介選手2002年中日ドラゴンズ
筧裕次郎選手2002年大阪近鉄バファローズ
中田亮二選手2005年中日ドラゴンズ
松下建太選手2005年埼玉西武ライオンズ
伊藤光選手2007年オリックス・バファローズ
石橋良太選手2009年東北楽天ゴールデンイーグルス
北川倫太郎選手2011年東北楽天ゴールデンイーグルス
岸潤一郎選手2014年埼玉西武ライオンズ
古賀優大選手2016年東京ヤクルトスワローズ
西浦颯大選手2017年オリックス・バファローズ
市川悠太選手2018年東京ヤクルトスワローズ




Check
当ブログでは、高校野球に関する様々な話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね!

高校野球に関しての話題はこちらからどうぞ。
高校野球の話題

おわりに

今回は、明徳義塾高校の野球部を特集しましたが、いかがだったでしょうか?

2020年の春の甲子園でも甲子園出場を決めていましたが、残念ながら交流試合という形での開催となってしまいました。

今年の大会では去年の無念も晴らすべく、目指すは優勝のみ、といった感じではないでしょうか?明徳義塾高校の戦いぶりに注目していきたいと思います。

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。