西日本短大附属野球部!メンバーや監督・戦績をご紹介!

高校野球・大学野球

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

高校野球2019年春の九州大会の決勝、福岡県代表の西日本短大附属高校は沖縄県代表の興南高校を破り、見事に九州王者となりました。

これで夏の甲子園福岡県大会の優勝候補ナンバーワン、甲子園出場が現実的なものとなってきたのではないでしょうか?

今回は、西日本短大附属高校の野球部の特集です。まずは2019年のメンバーや戦績をご紹介します。そして、監督や甲子園での成績、プロ野球に入った主なOBまでご紹介しますので、楽しみにしてくださいね。

✓Check
今回ご紹介するにあたって、学校のホームページなどで出来るだけ正確な情報を心がけて調べてみましたが、一部不明な点や間違っている可能性もあります。
あくまでも参考情報としてご覧ください。




西短野球部の2019年メンバーをご紹介!

まずは、西日本短大附属野球部の2019年メンバーをご紹介します。2019年春季九州地区高等学校野球大会に出場時のレギュラーメンバーと、活躍が期待される控え選手をまとめてみました。

背番号名前学年ポジション出身中学校中学時の所属チーム
1山下大輔選手3年生投手田川ホークス
2神宮隆太選手3年生捕手二日市ボーイズ
3今村龍之介選手3年生内野手福岡県 江南中
4鍛治翼選手3年生内野手大阪南海ボーイズ
5井上裕斗選手3年生内野手福岡県 筑後中
6近藤大樹選手3年生内野手嘉麻ボーイズ
7髙浪光太選手3年生外野手糸島ボーイズ
8春山和馬選手3年生外野手福岡県 博多中
9柳谷陽向選手3年生外野手福岡県 野間中
10江崎陸選手3年生投手福岡春日ボーイズ
11淺川侑哉選手3年生投手福岡県 城南中
12山内海夏人選手3年生捕手福岡春日ボーイズ
13樋口航汰選手3年生内野手福岡県 岡垣中
14吉永光選手3年生内野手長崎県 大野中
15鶴田皐瑳選手2年生外野手糸島ボーイズ
16青柳淳選手2年生内野手福岡県 古賀中
17荒木克慶選手3年生外野手大阪南海ボーイズ
18服部元軌選手3年生外野手福岡県 松原中
19中尾虎之介選手3年生内野手大阪南海ボーイズ
20宇郷拓海選手2年生外野手福岡県 自由ヶ丘中

2019年のチームは、主将を務める近藤大樹選手を中心に、山下大輔投手と神宮隆太捕手の強力バッテリーでまとまったチームです。

プロも注目!近藤大樹選手

近藤大樹選手は1年生の夏からベンチ入りを果たし、2年生からレギュラーとして活躍する選手です。身長166cm、体重65kgと小柄ながらも、スムーズなフットワークと強肩の守備力は、プロでも十分に通用するといわれています。

小学生の時は福岡ソフトバンクホークスジュニアに所属し、中学生では嘉麻ボーイズに所属すると、2016年第3回WBSC U-15ベースボールワールドカップの日本代表にも選出され、1番ショートで望んだ世界の大舞台で、近藤選手は好守に渡ってその存在感を示しました。

また、近藤選手の魅力は、その人間性にあるといわれています。野球に取り組む姿勢がすばらしく、常に周囲に気配りが出来ることから、同校野球部を17年間指導する西村慎太郎監督も、「稀に見るキャプテン」と絶賛しています。

スポンサーリンク

2019年チームの公式戦の戦績

次に、西日本短大附属野球部2019年チームの初めての公式戦となる2018年秋季大会から、今年の春季大会までの戦績をご紹介します。

日付大会名何回戦対戦相手スコア備考(県大会出場決定など)
2018年8月25日第143回 秋季九州地区高等学校野球福岡大会2回戦武蔵台高校○6-2
2018年9月15日3回戦城南高校○14-0
2018年9月22日4回戦柳川高校○4-1
2018年9月23日5回戦祐誠高校○7-0
2018年10月2日準々決勝九州国際大付属高校●1-2準々決勝敗退
2019年3月21日第144回 春季九州地区高等学校野球福岡大会南Aブロック1回戦修猷館○5-2
2019年3月25日南Aブロック2回戦筑紫高校○7-0
2019年3月27日南Aブロック3回戦香稚高校○9-2
2019年3月29日南Aブロック代表決定戦福岡第一高校○1-0
2019年4月2日準々決勝九州国際大付属高校○2-1
2019年4月5日準決勝博多工業高校○1-0
2019年4月6日決勝真颯館○7ー3優勝
2019年4月20日第144回 春季九州地区高等学校野球大会2回戦 日章学園○2-0
2019年4月22日準々決勝明豊高校○7-0
2019年4月25日準決勝熊本西高校○6-4
2019年4月26日決勝興南高校○5-1優勝
スポンサーリンク

西短附属野球部の監督ってどんな人?

2019年春現在、西日本短大附属高校の監督を務めるのは、OBでもある西村慎太郎(にしむら しんたろう)さんです。西村監督の経歴をご紹介していきます。

選手時代の経歴 

1987年 西日本短大附属野球部入部
    甲子園の出場経験はなし
    同期生に阪神タイガースに入団をした新庄剛志選手がいる。

監督としての経歴

2004年第86回夏全国高校野球選手権大会 出場
2010年第92回夏全国高校野球選手権大会 出場

西村監督はこんな人

西村監督は西日本短大附属野球部を17年間指導する中で、2度の甲子園出場を果たした名将です。

西村監督の指導のモットーは、選手と出来るだけ長く接して、選手の成長を見守る姿勢にあります。試合の結果にこだわるのではなく、日常生活の中で褒めるべきことを探しています。

その西村監督の特徴ある指導のひとつが、選手の投票によるメンバー決めです。1番から9番まで2点、10番から20番までを1点とし、選手が毎年投票をしてメンバーを決めます。

この制度の背景にも、選手が監督に依存をするのではなく、選手の尊重を引き出して、成長につなげようとする気持ちがあります。

スポンサーリンク

西短野球部の甲子園での戦績

西日本短大附属野球部のこれまでの甲子園での戦績をご紹介いたします。

西日本短大附属野球部は、1986年(昭和61年)夏全国高校野球選手権大会で初めて甲子園出場をすると、これまでに春夏合計7回の甲子園出場を果たしています。

また1992年(平成4年)夏全国高校野球選手権大会では、見事全国制覇を成し遂げました。

大会名回数勝敗数
春選抜高校野球大会1回0勝1敗
夏全国高校野球選手権大会5回9勝4敗
合計6回9勝5敗
大会名西暦戦績
第68回夏全国高校野球選手権大会1986年1回戦敗退
第59回春選抜高校野球大会1987年1回戦敗退
第72回夏全国高校野球選手権大会1990年準決勝進出
第74回夏全国高校野球選手権大会1992年優勝
第86回夏全国高校野球選手権大会2004年1回戦敗退
第92回夏全国高校野球選手権大会2010年3回戦敗退

甲子園での思い出の試合

西日本短大附属野球部の思い出の試合は、1992年(平成4年)夏の甲子園での優勝を果たした5試合すべてです。この時、西日本短大附属を甲子園へと導いた浜崎満重監督は、新日鉄堺で監督を勤めた後に、同校の監督に就任した名将です。

社会人野球のレベルの高い野球を高校野球に持ちこみ、見事に高校野球の世界でも全国制覇を成し遂げました。

全国制覇を成し遂げた1992年、右腕の森尾和貴選手が5試合を投げぬき、あわや5試合全て完封の偉業を達成する好投を見せています。

ちなみに、森尾選手が唯一失点をした準々決勝の北陸高校戦では、失点の原因に逸話が残っています。この試合では、後に日本文理大学の監督として、2003年九州勢初の全日本大学野球選手権優勝に導いた中村壽博氏が、チームキャプテンとして1塁を守っていました。

しかし、失点をした時は、キャッチャーとして森尾投手をリードしていたことから、自分の責任であると反省しているそうです。

スポンサーリンク

西短野球部出身の主なプロ野球選手

夏の甲子園で全国制覇を成し遂げたこともある、西日本短大附属野球部には、県内だけでなく全国から実力のある中学生が集ってきます。

そして、福岡県の野球の名門ともいえる西日本短大附属野球部からは、これまでにたくさんの選手がプロ野球選手への道を進んでいます。

そこで、西日本短大附属野球部出身の主なプロ野球選手として、7名の選手の卒業年度と最初に入団をした球団をご紹介いたします。

選手名     卒業年度最初に入団した球団
青柳進選手1987年ロッテオリオンズ
石貫宏臣選手1988年広島東洋カープ
柴原浩選手1988年ロッテオリオンズ
新庄剛志選手1990年阪神タイガース
小島大作選手1994年千葉ロッテマリナーズ
財前貴男選手2005年読売ジャイアンツ
小野郁選手2015年東北楽天ゴールデンイーグルス

Check
当ブログでは、高校野球に関する様々な話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね!

高校野球に関しての話題はこちらからどうぞ。
高校野球の話題

おわりに

今回は、福岡県にある西日本短大附属高校の野球部を特集してきましたが、いかがだったでしょうか?

春の九州王者として迎える夏の甲子園の福岡県大会、優勝の大本命としてプレッシャーがかかるかでしょうね。

そのプレッシャーをはねのけて、見事に甲子園出場を果たす事が出来るのか、注目していきたいと思います。

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。