仙台育英高校野球部!2020年新メンバーや成績・監督や甲子園の活躍をご紹介

高校野球

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

仙台育英高校野球部は、宮城県のチームとして最も多く夏の甲子園に出場しています。

仙台育英高校のライバル校として真っ先にあげられるのが東北高校です。仙台育英高は28回の出場に対して、東北高校は22回の出場を誇ります。

出場回数は東北高校が上回っていたのですが、2010年からの10年間で7度優勝、特に2017年から8連覇を果たし、東北高に差を付けました。

コロナウイルス感染拡大で独自大会となった2020年夏の宮城大会も制覇。さらに同年の秋季高校野球東北大会でも圧倒的な力を示し、2年連続11度目の優勝を達成し、2021年春のセンバツ大会出場を確実なものとしました。

ちなみに、センバツ大会出場回数では東北高校が19回を数え、宮城県勢として最多となっていますが、仙台育英高が13回と迫ってきています。

今回は、仙台育英高校の野球部を特集します。2020年の秋からの新メンバーや戦績、そして監督の経歴や甲子園での活躍をご紹介しますので、楽しみにしてくださいね。




✓Check
今回ご紹介するにあたって、学校のホームページなどで出来るだけ正確な情報を心がけて調べてみましたが、一部不明な点や間違っている可能性もあります。
あくまでも参考情報としてご覧ください。

仙台育英高校の2020年新メンバーをご紹介

まずは仙台育英高の、2020年秋のベンチ入りメンバーをご紹介します。

背番号名前学年ポジション出身中学校中学時の所属チーム
1伊藤樹投手2年生宮城・秀光
2木村航大捕手2年生宮城・秀光
3吉野蓮内野手2年生宮城・東向陽台宮城北部リトルシニア
4浅野洸司内野手2年生宮城・仙台第二七ヶ浜リトルシニア
5八巻真也内野手2年生宮城・秀光
6渡邉旭内野手2年生福島・平第二いわきボーイズ
7岡田大成外野手1年生兵庫・北淡
8秋山俊外野手2年生北海道・登別緑陽登別ビッグ・フラップ・オーシャン
9島貫丞外野手2年生宮城・秀光
10松田隆之介内野手2年生宮城・南光台宮城黒松利府リトルシニア
11古川翼投手1年生宮城・秀光
12小野天之介捕手2年生福島・中村第一東北楽天リトルシニア
13奈良田弦也捕手2年生宮城・富谷第二宮城北部リトルシニア
14大藤想太内野手1年生宮城・秀光
15洞口優人内野手1年生岩手・釜石北盛岡東リトルシニア
16橋本颯太内野手2年生宮城・富沢東北楽天リトルシニア
17宇治野俊介外野手2年生埼玉・安松
18中村和寛投手2年生宮城・岩沼西宮城臨空リトルシニア
19小林寛大投手1年生宮城・南郷
20小原捷平外野手2年生宮城・秀光

ベンチ入り20人中、2年生が15人、1年生は5人。1年生の古川翼投手は左腕、同じく1年の小林寛大投手は右腕。共に東北大会で登板しており、エース・伊藤樹投手らと共に強力な投手陣を形成しています。

地元・宮城の選手が14人、その他に東北出身の選手が3人。2年生の秋山俊選手は北海道の出身です。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

北海高校の私のイチオシ選手

仙台育英高校野球部ベンチ入りメンバー20人のうち、私のイチオシの選手として秋山俊選手をご紹介します。

前にご紹介した通り、秋山選手は北海道・登別出身です。小学6年生でファイターズジュニアに選ばれました。当時は投手兼内野手で、登板しないときはショートを守っています。

中学2年時にはU-14北海道代表に選ばれ、エースとして全国大会で優勝を飾りました。

仙台育英高に進学後はショートを守っていましたが、センターにコンバートされます。投手経験者ということで強肩を活かした守備と、鋭いバッティングを武器にレギュラーになりました。

秋季大会決勝戦、対柴田高戦では1点リードの場面で満塁本塁打を放ち、さらに次の打席ではダメ押しとなるタイムリー2塁打を放ち、5打点を挙げる活躍で、勝利に貢献しています。

大舞台での強さを感じさせる活躍でした。来年のセンバツの舞台ではどんなプレーを見せてくれるか楽しみですね!

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

仙台育英高校2020年秋の公式戦の戦績

仙台育英高校は、秋季大会宮城県予選では準決勝までの4試合全てコールド勝ちという圧倒的な力を見せつけ、決勝に進みました。

決勝の対東北高戦は投手戦となりましたが、1年の古川投手が先発し、その後を受けたエース・伊藤投手がきっちり締め、3-0で快勝し優勝を決めています。

東北大会では準決勝の対花巻東高線でヒヤリとしたものの、それ以外の3試合は全く危なげのない試合内容で勝ち進みます。

宮城勢対決となった決勝戦、対柴田高戦は相手エースが投球制限で存分に投げられなかったという事情もありますが18-1という圧勝。2年連続で東北大会を制しました。

日付大会名何回戦対戦相手スコア備考(県大会出場決定など)
2020年9月18日第73回秋季東北地区高校野球大会宮城県予選2回戦古川工業高校〇11-4
2020年9月21日第73回秋季東北地区高校野球大会宮城県予選3回戦仙台城南高校〇10-0
2020年9月23日第73回秋季東北地区高校野球大会宮城県予選準々決勝東陵高校〇9-0
2020年9月26日第73回秋季東北地区高校野球大会宮城県予選準決勝柴田高校〇12-2
2020年9月27日第73回秋季東北地区高校野球大会宮城県予選決勝東北高校〇3-0東北大会出場決定
2020年10月14日第73回秋季東北地区高校野球大会 2回戦湯沢翔北高校〇7-0
2020年10月17日第73回秋季東北地区高校野球大会 準々決勝羽黒高校〇11-2
2020年10月18日第73回秋季東北地区高校野球大会 準決勝花巻東高校〇1-0
2020年10月20日第73回秋季東北地区高校野球大会 決勝柴田高校〇18-1東北大会優勝




仙台育英高校の監督ってどんな人?

2020年11月現在、仙台育英高校野球部を率いる須江航(すえ・わたる)監督についてご紹介しましょう。

須江監督は1983年4月9日生まれで、埼玉県出身です。

地元の中学校を卒業し、仙台育英高に入学。2年生の秋から学生コーチに就任しました。3年時にチームは春夏の甲子園に出場しましたが、いずれも記録員としてベンチに入っています。

卒業後は、八戸学院大へ進学。ここでも学生コーチを務めました。卒業後には故郷の埼玉に戻り、夢であった高校野球の監督となるべく教員資格を取得します。

ここで大きなチャンスがめぐってきました。卒業間際の2006年、母校仙台育英高系列の秀光中学校監督に誘われ就たのです。そして2014年には全国中学校軟式野球大会で優勝を飾っています。

その手腕を見込まれ、2018年1月に仙台育英高野球部監督に就任しました。同年夏の宮城大会に出場するなどこれまでに春夏合わせ3回甲子園に出場しています。

須江監督の指導方法を一言でいえば、「論理的」。なぜ、この練習をしなければならないのか。この目標を達成するために、どんな練習が必要なのか。須江監督は試合のデータから選手の弱点を見抜き、強化すべきポイントを指導します。

後は選手が「自主性」をもって課題をクリアするのを待ちます。

「改善すべき点がわかっているのにレベルアップをしようとしない選手は、信用しない」、「自分の力量を冷静に把握し、自分で改善する努力をしなくてはならない。人に言われたことしか出来ない人間は、野球以外の世界でも苦労する」

これらは須江監督の言葉ですが、野球に限らず、どんな場面でも通用する言葉ではないでしょうか。

仙台育英高の選手起用の特徴として「しがらみのなさ」を監督は挙げていました。例えば、エース・伊藤選手らは須江監督が秀光中監督時代からの教え子です。

しかし、それだけでエースとしては扱わない。絶えず自分を高めることが出来なければ、ベンチ入りすら出来ない。それが仙台育英高の「しきたり」なのです。

ゆえに1年生であろうと試合には出場出来るし、3年生だからと言ってお情けでレギュラーを与えたりはしません。

「なぜ勝ったのか、なぜ成功したのか。選手はそれを説明できなければならない」ランナー1塁の場面でむげむげとフライを打っても意味がない。アウトになるならランナーを二塁に進める進塁打を打て。

スコアだけを見れば豪快に打ち勝つイメージのある仙台育英高ですが、実は繊細な準備と分析に支えられた、高度な野球を日々磨いているのです!




仙台育英高校野球部の甲子園での戦績

前段でご紹介した通り、仙台育英高は春13回、夏は宮城県勢最多の28回、計41回の甲子園出場を誇ります。夏の甲子園では1989年と2015年、春のセンバツでは2001年に準優勝を達成しました。

大会名回数勝敗数
春選抜高校野球大会28回36勝28敗
夏全国高校野球選手権大会13回12勝12敗
合計41回48勝40敗

夏の甲子園での通算成績は36勝28敗と勝ち越しています。ちなみに、春の通算成績は12勝12敗の五分。2021年春の甲子園では大暴れし、春も勝ち越してほしいですね。

大会名西暦戦績
第45回全国高校野球選手権大会1963年2回戦(初戦)敗退
第46回全国高校野球選手権大会1964年1回戦敗退
第40回選抜高校野球大会1968年2回戦敗退
第55回全国高校野球選手権大会1973年2回戦(初戦)敗退
第47回選抜高校野球大会1975年2回戦敗退
第57回全国高校野球選手権大会1975年1回戦敗退
第59回全国高校野球選手権大会1977年1回戦敗退
第60回全国高校野球選手権大会1978年3回戦敗退
第63回全国高校野球選手権大会1981年1回戦敗退
第68回全国高校野球選手権大会1986年2回戦(初戦)敗退
第61回選抜高校野球大会1989年準々決勝進出
第71回全国高校野球選手権大会1989年準優勝
第72回全国高校野球選手権大会1990年3回戦敗退
第63回選抜高校野球大会1991年1回戦敗退
第64回選抜高校野球大会1992年2回戦敗退
第74回全国高校野球選手権大会1992年1回戦敗退
第76回全国高校野球選手権大会1994年準々決勝進出
第67回選抜高校野球大会1995年1回戦敗退
第77回全国高校野球選手権大会1995年1回戦敗退
第78回全国高校野球選手権大会1996年3回戦敗退
第79回全国高校野球選手権大会1997年2回戦敗退
第70回選抜高校野球大会1998年1回戦敗退
第81回全国高校野球選手権大会1999年2回戦敗退
第82回全国高校野球選手権大会2000年2回戦敗退
第73回選抜高校野球大会2001年準優勝
第83回全国高校野球選手権大会2001年1回戦敗退
第88回全国高校野球選手権大会2006年2回戦敗退
第79回選抜高校野球大会2007年1回戦敗退
第89回全国高校野球選手権大会2007年2回戦敗退
第90回全国高校野球選手権大会2008年3回戦敗退
第92回全国高校野球選手権大会2010年3回戦敗退
第94回全国高校野球選手権大会2012年3回戦敗退
第85回選抜高校野球大会2013年準々決勝進出
第95回全国高校野球選手権大会2013年2回戦敗退
第87回選抜高校野球大会2015年2回戦敗退
第97回全国高校野球選手権大会2015年準優勝
第89回選抜高校野球大会2017年1回戦敗退
第99回全国高校野球選手権大会2017年準々決勝進出
第100回全国高校野球選手権大会2018年2回戦(初戦)敗退
第101回全国高校野球選手権大会2019年準々決勝進出




甲子園での思い出の試合

私が思う仙台育英高の甲子園でのベストゲームは、やはり1989年夏の決勝戦、対帝京高校戦となります。

この年の仙台育英高校は、エースの大越基選手の力投で勝ち進みます。

その快進撃の裏には、同学年でスター選手だった上宮高校・元木大介選手にセンバツで打たれた借りを返したい、という執念があったのです。

準決勝で見事にリベンジを果たし、決勝戦は帝京高校との一戦となります。

それまでの試合内容から仙台育英高有利とみられており、ついに深紅の優勝旗を東北地方の高校が手にする、いわゆる「白河の関超え」が実現するのでは、と多くのファンが注目しました。

試合は大越投手、帝京高・吉岡雄二投手とも譲らない投手戦となり、0-0のまま延長戦へと入ります。

延長10回表、ついに大越選手は2点を許し、試合は0-2で敗れました。しかし、「野球後進の地」と揶揄されていた東北地方の高校球児にとって、仙台育英高の快進撃は大きな自信と勇気を与えてくれたのです。

大越選手は早稲田大に進むも中退、アメリカマイナーリーグを経て福岡ダイエーホークスにドラフト1位で入団。投手としては芽が出ませんでしたが、強肩と足の速さを活かし、野手としてプレーしました。

引退後は教員免許を取得し、敢えて縁もゆかりもない山口県の早鞆高校へ赴任します。そして2012年春、早鞆高は甲子園出場を果たしました。1989年のの決勝戦以来23年ぶりに、大越選手改め大越監督が、甲子園に帰ってきたのです。




仙台育英高校野球部出身のプロ野球選手

仙台育英高出身のプロ野球選手は2020年現在で36人誕生しました。

選手名卒業年度最初に入団した球団
加藤俊夫1965年サンケイアトムズ
渡辺勉1967年阪急ブレーブス
関東孝雄1969年中日ドラゴンズ
高橋正巳1969年日本ハムファイターズ
長島哲郎1977年ロッテオリオンズ
大越基1989年福岡ダイエーホークス
鈴木郁洋1993年中日ドラゴンズ
金村暁1994年日本ハムファイターズ
天野勇剛1995年千葉ロッテマリーンズ
志田宗大1997年ヤクルトスワローズ
新沼慎二1997年横浜ベイスターズ
星孝典2000年読売ジャイアンツ
矢貫俊之2001年北海道日本ハムファイターズ
橋本到2008年読売ジャイアンツ
松原聖弥2012年読売ジャイアンツ
上林誠知2013年福岡ソフトバンクホークス
熊谷敬宥2013年阪神タイガース
馬場皐輔2013年阪神タイガース
梅津晃大2014年中日ドラゴンズ
郡司裕也2015年中日ドラゴンズ
佐藤世那2015年オリックスバファローズ
平沢大河2015年千葉ロッテマリーンズ
西巻賢二2017年東北楽天ゴールデンイーグルス

前段でご紹介した大越選手の他、日本ハムファイターズでエースだった金村暁選手、甲子園最速記録を持つ佐藤由規選手、現役では福岡ソフトバンクホークスの上林誠知選手や、今シーズン台頭した読売ジャイアンツ・松原聖弥選手などがいます。

Check
当ブログでは、高校野球に関する様々な話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね!

高校野球に関しての話題はこちらからどうぞ。
高校野球の話題

おわりに

今回は、仙台育英高校の野球部を特集してきましたが、いかがだったでしょうか?

2020年の新チームは投打ともにバランスが整い、「最強世代」とも称されています。一足先に優勝旗は津軽海峡を越えましたが、まだ白河の関は通っていません。

2021年、東北地方の高校野球ファンの悲願が達成されるのか。仙台育英高から目が離せなくなりそうですね!

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。