日本航空石川高校野球部!2022年メンバーや成績・監督や甲子園の活躍をご紹介

高校野球

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

日本航空石川高校は、石川県の輪島市にある私立高校です。2003年の設立と、比較的新しい高校となります。

スポーツも盛んで、野球部は歴史が浅いのにも関わらず、4回の甲子園出場を果たしています。

今回は、日本航空石川高校の野球部の特集です。2022年の新メンバーや成績、監督の紹介、さらに甲子園での活躍ぶりやプロ野球に入ったOBにも触れますので、楽しみにしてくださいね。

✓Check
今回ご紹介するにあたって、学校のホームページなどで出来るだけ正確な情報を心がけて調べてみましたが、一部不明な点や間違っている可能性もあります。
あくまでも参考情報としてご覧ください。

日本航空石川高校の2022年新メンバーをご紹介!

まずは、2022年夏全国高校野球選手権大会石川県大会の登録メンバーをご紹介します。

背番号名前学年ポジション出身中学校中学時の所属チーム
1大久保真夢選手3年生投手福岡県大牟田市宅峰中高田ファイターズ
2中島大成選手3年生捕手大阪府八尾市龍華中天王寺リトルシニア
3松原陸斗選手3年生内野手和歌山県紀の川市荒川中和歌山岩出ボーイズ
4谷頭太斗選手3年生内野手福井県武生市第三中鯖江ボーイズ
5内藤鵬選手3年生内野手愛知県名古屋市千鳥丘中東山クラブ
6伊藤健選手3年生内野手新潟県新潟市五十嵐中新潟リトルシニア
7岩﨑剛大選手2年生外野手兵庫県神戸市大原中神戸美蹴館ロケッツ
8小林凛選手2年生外野手新潟県三条市第一中新潟リトルシニア
9池内匠生選手3年生外野手愛知県名古屋市守山東中東山クラブ
10鞠谷優選手2年生投手大阪府松原市松原中藤井寺ボーイズ
11浦久響選手2年生投手兵庫県神戸市渚中神戸美蹴館ロケッツ
12赤星智紀選手2年生捕手福岡県筑前町夜須中球道ベースボールクラブ
13安田遼音選手3年生内野手奈良県田原本町田原本中橿原磯城リトルシニア
14曽木小太郎選手3年生内野手兵庫県尼崎市大庄中西淀川リトルシニア
15本川大起選手3年生内野手富山県富山市東部中 バンディッツヤング
16加藤将啓選手2年生内野手福井県鯖江市中央中福井ボーイズ
17坂角拳楠選手3年生内野手大阪府池田市石橋中伊丹ボーイズ
18馬野嵩士選手3年生外野手大阪府堺市東百舌鳥中中百舌鳥ボーイズ
19殿田大和選手3年生内野手穴水町穴水中能登リトルシニア
20中川翔瑛選手2年生投手富山県富山市北部中バンディッツヤング

登録の20人中、19人が県外出身の選手で、全国でも有数の野球留学の受入校となっています。また、登録の全員がクラブチームでのプレイ経験者で、関西圏の選手が多いのが特徴的です。

春季北信越地区大会からは5名ほどがメンバー変更となっており、夏の大会では春にベンチ入りした1年生が外れています。

日本航空石川高校の私のイチオシ選手!

日本航空石川高校の私のイチオシ選手は、今秋のドラフト候補でもある内藤鵬(ないとうほう)選手です。

内藤選手は、愛知の強豪軟式チーム・東山クラブ時代から、内藤の評判は全国に知れ渡っていました。ですので、誰もが知るような東日本の名門高校から多くのスカウトがあったそうです。

しかし、日本航空石川が打撃のチームで自分に合っていること、中村監督がいち早く声をかけていたこと、そして「プロ野球選手になる」という夢を叶えさせてやるという熱いラブコールにより日本航空石川への入学を決断しました。

入学後は旧チームの1年秋から4番に座るなど早くから頭角を現します。公式戦でもバンバン本塁打を放つなどしっかり結果を出していますが、惜しくもチームは甲子園に届いていません。

180cm・100kgと、2学年上の先輩の嘉手苅浩太選手(現ヤクルト)を彷彿とさせる巨漢スラッガーです。持ち味はもちろん、フルスイングから放たれる長打にあります。

そして内藤選手が優れているのは、スイングが柔らかく飛距離と確実性を兼ね備えているところです。背筋力200kg、スイングスピード161キロと超高校級です。

春季北信越地区大会には8球団のスカウトが集結し、今秋のドラフト会議では高確率で指名が期待されています。




日本航空石川高校2021年秋からの公式戦の戦績

次に、日本航空石川高校野球部現チームの、初めての公式戦となる2021年秋季大会からの戦績をご紹介いたします。

日付大会名何回戦対戦相手スコア備考(県大会出場決定など)
2021年9月16日第145回 北信越地区高等学校野球 石川県大会2回戦金沢商業高校○5-4
2021年9月20日3回戦津幡高校○6-3
2021年9月23日準々決勝星稜高校●2-7
2022年4月23日第146回 北信越地区高等学校野球 石川県大会2回戦七尾東雲・加賀・宝達○16-0
2022年4月30日3回戦津幡高校○8-5
2022年5月2日準々決勝鵬学園高校○4-3
2022年5月3日準決勝星稜高校○1-0
2022年5月5日決勝金沢高校○3-1北信越地区大会出場決定
2022年6月4日第146回 北信越地区高等学校野球大会1回戦敦賀工業高校○11-3
2022年6月5日準決勝啓新高校○9-0
2022年6月7日決勝上田西高校○10-5

見事に、2022年春の北信越大会を制しました。




日本航空石川高校の監督ってどんな人?

2022年7月現在、の方日本航空石川高校野球部を率いる監督は、中村隆(なかむらたかし)さんです。

出身校 神戸弘陵高校-明治大学
指導者としての経歴
2015年 日本航空石川高校野球部監督就任
2017年 第99回夏全国高校野球選手権大会出場
2018年 第90回春選抜高校野球大会出場

中村監督ってこんな人

中村監督は、神戸弘陵高校、明治大学で主に内野手として活躍しました。大学卒業後は、野球部のコーチと寮監として日本航空石川高校に赴任しています。

2009年にはコーチとして、日本航空石川高校の甲子園初出場に貢献しました。

2015年に監督に就任すると、2017年には2度目の甲子園出場、さらに2018年には北信越王者として初のセンバツ出場を果たすなど、石川県でも有数の強豪校の1つへと戦力を充実させています。

そんな中村監督は、現在も約100人の部員とともに寮生活を送っています。寮や学校生活に関する生徒の管理はもちろんのこと友達関係や部活での挫折などの心のケアにも力を注いでいるそうです。

監督だけでなく、寮監としての業務もハードですが、先ほども紹介した内藤選手にいち早く目をつけ、熱心に勧誘するなどある程度のスカウト活動も行っているようです。

30代半ばと、監督としてはまだ若いということもハードワークをこなせる要因かもしれません。

2018年のドラフト会議では嘉手苅選手が指名され、監督として育てた選手が初めてプロ入りしました。

日本航空石川高校は、高校の特色柄、一般の高校に比べると進路が偏る傾向があります。

そんな中でも、熱心な指導をする中村監督が育てた多くの選手が、今よりも上のステージで活躍する日もそう遠くはないかもしれません。




日本航空石川高校野球部の甲子園での戦績

日本航空石川高校野球部のこれまでの甲子園での戦績をご紹介します。

大会名回数勝敗数
春選抜高校野球大会2回2勝2敗※
夏全国高校野球選手権大会2回2勝2敗
合計4回4勝4敗※
※2020年選抜大会中止に伴う交流試合の1敗を含みます。

日本航空石川高校野球部は、これまでに春2回、夏2回甲子園に出場しています。中止になった選抜大会の交流試合を除くといずれも初戦を突破しており、最高成績はベスト8です。

大会名西暦戦績
第91回夏全国高校野球選手権大会2009年3回戦敗退
第99回夏全国高校野球選手権大会2017年2回戦敗退
第90回春選抜高校野球大会2018年ベスト8
第92回春選抜高校野球大会2020年敗戦※
※2020年選抜大会中止に伴う交流試合の成績

甲子園での思い出の試合

私の日本航空石川高校の甲子園での思い出の試合として、2018年春選抜高校野球大会の3回戦の試合をご紹介します。

秋季北信越地区大会で見事に優勝し、地区チャンピオンとして臨む春の甲子園となった日本航空石川高校。

スーパースターはいないものの、投打で充実した戦力があり、初戦となる2回戦では21世紀枠の膳所高校に10-0で快勝しました。

しかし、このブロックは9校中6校が秋の地区大会チャンピオンで、多くの強豪校がベスト4の椅子を争う激戦ブロックです。

3回戦の相手は、関東王者の中央学院高校を破った四国王者・神宮大会王者の明徳義塾となりました。

打撃の日本航空石川と、エース市川投手を中心に堅い守りの明徳義塾の対決となりましたが、試合は白熱した投手戦となります。

5回を終わった時点で、日本航空石川が1安打、明徳義塾が2安打と両校のエースが快投を見せます。膠着状態を打破するため、両校とも機動力を使おうとするも落ち着いた守りに阻まれる展開でした。

そのまま終盤に突入しましたが、8回表に均衡が崩れます。明徳義塾は四球とヒットで一三塁を作ると、日本航空石川の2番手大橋投手が痛恨のワイルドピッチ。

明徳義塾が1点を先制しましたが、続くピンチは大橋選手が抑えました。

続く9回表にも日本航空石川は一死満塁というピンチを迎えましたが、併殺で切り抜けると流れが巡ってきます。

そして9回裏、日本航空石川は打順のめぐりが良く、1番からの打順。1番井川選手がヒットで出塁すると、2番的場選手が四球を選び無死一二塁と大きなチャンスを作ります。

ここで迎えた3番原田選手が初球のストレートを振り抜くと、打球はレフトスタンド最前列に飛び込みました。逆転サヨナラホームランという劇的な展開で神宮王者を破った日本航空石川がベスト8に駒を進めました。

奇しくも、明徳義塾は前の試合を9回裏の逆転サヨナラホームランで勝利しており、それを次の試合では日本航空石川にやられてしまうというのが非常に印象的でした。




日本航空石川高校野球部出身のプロ野球選手

日本航空石川高校野球部からは、これまでに3人の選手がドラフト指名を受けプロ入り(NPB)しています。

荒張選手以降、10年以上プロ野球選手が生まれていませんでしたが、2年前に嘉手苅選手が新たにプロ入りしました。そこで嘉手苅選手ら3名の卒業年度と最初に入団した球団を紹介します。

選手名     卒業年度最初に入団した球団
角中勝也選手2005年千葉ロッテマリーンズ
荒張裕司選手2007年北海道日本ハムファイターズ
嘉手刈浩太選手2020年東京ヤクルトスワローズ

Check
当ブログでは、高校野球に関する様々な話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね!

高校野球に関しての話題はこちらからどうぞ。
高校野球の話題

おわりに

今回は、日本航空石川高校の野球部を特集しましたが、いかがだったでしょうか?

北信越王者として迎える2022年の夏、目指すは過去最高の甲子園ベスト8以上ですね。その戦いぶりに期待したいと思います。

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。