横浜DeNAベイスターズの背番号2番!歴代2番の選手と傾向を紹介

背番号の意味

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

横浜DeNAベイスターズというと、前身球団の大洋ホエールズ時代から『海』を連想させるチームカラーという印象を持っています。

大洋ホエールズ時代の親会社が水産系の会社である事、そして横浜と言えば海、みたいなイメージである事からです。そうは思いませんか?(^^;)

今回は、横浜DeNAベイスターズの背番号2番について特集します。歴代の2番をつけてきた選手や特に印象に残った3選手、そして2番をつけてきた選手の傾向にも触れますので、楽しみにしてくださいね。




歴代の背番号2番を背負った選手をご紹介

まずは、横浜DeNAベイスターズの背番号2番をつけた選手を、古い順にご紹介します。

年  度年 数球 団 名選 手 名
1950年1年大洋ホエールズ山崎善平選手
1951年1年大洋ホエールズ岡本三男選手
1952年~1953年2年大洋ホエールズ~大洋松竹ロビンズ岩本義行選手
1954年~1955年2年大洋松竹ロビンズ~大洋ホエールズ高橋真輝選手
1956年1年大洋ホエールズ杉川喜久雄選手
1957年~1959年3年大洋ホエールズ坂本盛明選手
1960年~1964年5年大洋ホエールズ浜中祥和選手
1965年1年大洋ホエールズ空白
1966年~1967年2年大洋ホエールズ杉本公孝選手
1968年~1982年15年大洋ホエールズ~横浜大洋ホエールズ中塚政幸選手
1983年~1985年3年横浜大洋ホエールズレオン・リー選手
1986年1年横浜大洋ホエールズ空白
1987年~1989年3年横浜大洋ホエールズ片平晋作選手
1990年~1993年4年横浜大洋ホエールズ~横浜ベイスターズ山崎賢一選手
1994年~2000年7年横浜ベイスターズ波留敏夫選手
2001年1年横浜ベイスターズ金城龍彦選手
2002年~2010年9年横浜ベイスターズ内川聖一選手
2011年~2013年3年横浜ベイスターズ~横浜DeNAベイスターズ渡辺直人選手
2014年1年横浜DeNAベイスターズ空白
2015年~横浜DeNAベイスターズホセ・ロペス選手

初代・山崎善平選手、2代目・岡本三男選手は1年のみの使用でした。

3代目・岩本義行選手は元祖神主打法のスラッガーです。足も速く、史上初のトリプルスリーを達成した選手でもあります。

4代目・高橋真輝選手はプロ野球引退後、郷里・徳島県に戻り、高校野球の審判を長い間務められました。

5代目・杉川喜久雄選手は、横浜DeNAベイスターズの背番号2番として、唯一の投手です。

6代目・坂本盛明選手は熊本商から専修大を経てホエールズに入団した外野手でした。アマチュア時代は中心打者として活躍したものの、プロでは思うよな活躍が出来ませんでした。

1960年、ホエールズ初優勝のシーズンに入団し、背番号2番を背負ったのが浜中祥和選手となります。立教大出身で、長嶋茂雄選手の2年後輩に当たる遊撃手です。

大学時代、ボールが左目を直撃し、眼球が動かなくなるというケガを負いながらもプロ入りした経歴を持ちます。治療したものの完治はせず、ボールを目で追うのではなく、顔ごとボールに向けて動かしプレーすることで克服しました。

「打の麻生、守備の浜中」と言われ、打撃は得意ながら守備はイマイチな麻生実男選手とのコンビでホエールズのショートを守り、三原脩監督が放つ「三原マジック」の真骨頂とも言われた「超二流の選手」活用法の代名詞的存在でした。

杉本公孝選手を挟み1968年からは中塚政幸選手です。PL学園高から中央大を経て、ドラフト2位でホエールズ入りした外野手です。

入団2年目には早くもレギュラーを掴み、長くホエールズの切り込み隊長を務められました。1974年には盗塁王を獲得。1978~79年には打撃ベストテン入りした左の好打者です。

1983年、ロッテオリオンズからレオン・リー選手が移籍し背番号2を引き継ぎました。

ロッテ在籍5年で131本塁打、3割を4回もマークした猛打はホエールズでも発揮され、3年の在籍中3割2回に82本塁打を記録。不可解な理由でヤクルトスワローズへトレードされたのは気の毒でした。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

1987年からは片平晋作選手。南海ホークスから西武ライオンズで活躍していた一塁手で、王貞治選手に憧れて始めた一本足打法を採用していた選手です。片平選手は長打よりも打率を残すタイプの好打者でした。

1990年からは山崎賢一選手が59番から昇格し2番を継承します。「こけしバット」と呼ばれた、グリップエンドが極端に太く重いバットで人気を博していた選手で、4番を務めたシーズンもありました。

1994年からは波留敏夫選手が2番をつけました。逆指名ドラフト初年度となる1993年のドラフト会議で2位入団した選手です。

ハツラツとしたプレーは人気を呼び、1998年のベイスターズ日本一には2番・センターとして不動のレギュラーとして貢献しています。その後中日、ロッテと移籍しました。

2001年は金城龍彦選手が2番を使用します。背番号37番をつけていた2000年、すい星のごとく現れヒットを量産し、プロ2年目で新人王と首位打者の同時獲得という史上初の快挙を成し遂げました。

この活躍が認められて、翌2001年に37番から2番に変更しましたが、翌2002年からは1番へ再変更。1年だけの使用でした。

2002年からは内川聖一選手が25番から変更し2番を使用します。ドラフト1位で入団し、期待されながらも殻を破れずにいましたが2008年に大ブレイク。FA宣言し移籍したソフトバンクではチームリーダーとして活躍しました。

2011年からは渡辺直人選手が2番を着用しています。

東北楽天ゴールデンイーグルスから後ろ髪引かれる思いで移籍した渡辺選手ですが、移籍後は随所にさすがのプレーを見せ活躍しました。わずか3年で西武へトレードされてしまい、今度はベイスターズファンが悲嘆に暮れました。

2015年からはホセ・ロペス選手が巨人より移籍し、2番を継承しています。2017年に打点王を獲得した勝負強さと長打力を兼ねそろえた右打者で、気づけば2020年でNPB在籍8年目のシーズンを迎えます。

仲の良いウラディミール・バレンティン選手のような派手さはありませんが、しっかりと毎年一定の成績を残すロペス選手がいるからこそ近年のベイスターズ躍進があるのです。




歴代背番号2番のうち、印象深い3選手のご紹介

次に、私が横浜DeNAベイスターズの背番号2番の選手の中で、特に印象に残っている中塚選手、波留選手、そして内川選手についてご紹介したいと思います。

✓Check
各選手の紹介に合わせて、楽天市場で販売されている商品の写真を添えています。楽天市場の販売ページへのリンクが入っていますので、詳しく見てみたい場合はカードをクリック・タップしてみてください

中塚政幸選手

生年月日  1945年6月29日
出身地   香川県高松市
投/打   左/左
プロ野球歴 大洋ホエールズ~横浜大洋ホエールズ(1968年~1982年)     
タイトル等 盗塁王1回・オールスター出場4回

かつて、ホエールズの代名詞と言えば「スーパーカートリオ」でした。高木豊、加藤博一、そして屋舗要という足の速い各選手が足でかき回し、チャンスを作るということで、当時の近藤貞雄監督が命名し、非常に人気を博しました。

そのスーパーカートリオの礎を築いたであろう選手が、中塚選手なのです。

中塚選手はPL学園高~中央大とエリートコースを歩んできた選手でした。今でこそ強豪というイメージの強いPLですが、中塚選手が2年生だった1962年、春のセンバツ甲子園大会に初出場したときは準々決勝で敗退、連続出場した夏の全国大会では初戦敗退に終わっています。

中央大に進学後、4年時の全日本大学選手権で中大は初優勝しました。中塚選手は主力打者として大いに貢献します。

1967年のドラフト会議でホエールズから2位指名を受け入団しました。当時は一塁手でした。2年目の1969年、俊足と強肩を活かすべく外野手へコンバート。すると打率.275 11本塁打をマーク、早くもレギュラーを掴みます。

当初は3番を任されていた中塚選手でしたが、シーズン終盤には1番打者、翌1970年からは1番や2番を務め1974年には1番打者として定着します。この年、初のタイトルとなる盗塁王を獲得しました。

チーム名に「横浜」が付き、本拠地も新設された横浜スタジアムに移転した1978年には打率.317を記録、打撃ベストテンの9位にランクインします。翌1979年も打率.306でベストテン7位に入ります。チームの2位躍進にトップバッターとして貢献しました。

1980年も規定打席には届かなかったものの打率.312を記録しました。この年、入団3年目で21歳の屋舗選手が台頭、打率は低かったものの、14盗塁を記録し中塚選手に迫り始めます。

1981年後半からは屋舗選手が中塚選手の定位置だった1番センターに定着し始めます。この年には高木豊選手も入団し、スタメンでしばしば起用されていました。

1982年、トップバッターに山下大輔選手が定着、屋舗・高木の両選手も一軍に定着したことで中塚選手は引退を決めました。

その後、1983年には加藤選手がトレードで入団します。1985年にスーパーカートリオが結成され3人で148盗塁するという大暴れを見せました。

その発想は近藤監督のアイデアももちろんあるでしょうが、ホエールズ監督就任前は中日ドラゴンズで投手コーチ・監督をしていた頃に敵として見た、中塚選手の颯爽としたプレーが印象にあったのではないでしょうか。

中塚選手は引退後もホエールズ~ベイスターズ一筋でコーチ・スカウトを歴任し、数多くの選手を獲得、そして鍛えていきました。

波留敏夫選手

生年月日  1970年5月25日
出身地   京都市東山区
投/打   右/右
プロ野球歴 
横浜ベイスターズ(1994年~2001年)
中日ドラゴンズ(2001年~2002年)
千葉ロッテマリーンズ(2003年~2004年)
タイトル等 オールスター出場1回

社会人・熊谷組時代に都市対抗で準優勝し、注目を浴びた波留選手。当時は遊撃手でした。

1993年のドラフト会議は、上位2名に逆指名権が認められた、いわゆる「逆指名ドラフト」の初年度という事で、注目されたドラフトでした。波留選手はベイスターズを逆指名し、ドラフト2位で入団しています。

1993年限りで波留選手のいた熊谷組は休部を決定したため、当時流行していた転職専門雑誌になぞらえ「最高の『とらばーゆ』を果たした選手」と紹介されたりもしました。

即戦力との期待を受けて入団した波留選手ですが、プロ1年目の1994年はシーズン後半から一軍に定着、53試合に出場し打率.298を記録、及第点のスタートとなりました。

1995年は5月中旬からスタメンに定着。規定打席に到達し打率.310で打率ベストテンの5位にランクインします。この頃から守備位置は外野となっていました。

1996年は佐伯貴弘、鈴木尚典両選手らとの熾烈な定位置争いが勃発します。96年は成績を落としますが、翌1997年には二度目の規定打席到達を果たし、定位置確保に成功しました。

1998年、同級生の石井琢朗選手との1・2番コンビでマシンガン打線を牽引します。チーム38年振りのリーグ優勝と日本一を果たしました。

1999年は前年大爆発したマシンガン打線が尚もパワーアップします。打率.369で首位打者を獲得したロバート・ローズ選手を筆頭に、レギュラー陣は軒並み3割近い打率を残しました。

一番打率の低かった進藤達哉選手ですら打率.284、チーム打率は驚異の.294!という凄まじさ。波留選手も打率.298に加え自己最高となる15本塁打、70打点をマークしました。

2000年シーズン、序盤は好調だったものの、足のケガが原因で戦線離脱してしまいます。6月13日を最後に閉幕まで一軍でプレーすることはありませんでした。

2001年、前年のケガの影響が残り不振を極める中、種田仁、山田博士両選手との1対2の交換トレードが成立しました。波留選手は中日ドラゴンズへ移籍します。シーズン序盤、での主力クラスの放出劇は様々な憶測を生みました。

中日移籍後も不振は続き、2002年はわずか39試合の出場に終わり、打率も.218とかつてマシンガン打線の一員だったとは思えないような成績に終始します。シーズンオフには酒井忠晴選手とのトレードで千葉ロッテマリーンズへ移籍しました。

ロッテでも復活は叶わず、2004年シーズンオフに戦力外通告を受け引退しました。ケガが原因とはいえ、あまりに急激な成績の低下に多くのファンは驚き、残念がりました。

ベイスターズ時代は強肩に加え、2桁盗塁も3度マークするなど、気風のいいハツラツとしたプレーぶりで人気を博しました。2006年からは古巣・ベイスターズで指導者として歩み始め、2014年から中日のコーチを務めています。




内川聖一選手

生年月日  1982年8月4日
出身地   大分県大分市
投/打   右/右
プロ野球歴
横浜ベイスターズ(2001年~2010年)
福岡ソフトバンクホークス(2011年~)
タイトル他 首位打者2回(両リーグで獲得は史上2人目)
      最多安打2回(タイトル制定後、両リーグでの獲得は史上初)
      MVP1回・ベストナイン5回・ゴールデングラブ賞1回
      オールスター出場6回

今やソフトバンクホークスの背番号1番を背負い、チームリーダーとして君臨している内川選手がかつてベイスターズの選手だったとは知らない方やうっかり忘れてしまっている方も多いのではないでしょうか?

よくインターネットの掲示板などで見かける「名誉生え抜き」という言葉があります。これは移籍してきた選手ではあるもののあまりに移籍先になじんでいるため、もはや最初からその球団でプレーしていたと思わせる選手を指す言葉ですが、内川選手ほどぴったりな選手は見当たりません。

内川選手がベイスターズに入団した2001年、監督が日本一を達成した権藤博氏から西武ライオンズで黄金時代を築き上げた森祇晶氏へと交代した時でした。

それまでの自由闊達な雰囲気から、重くるしいものへと変わったベイスターズ。森監督1年目は3位となったものの、2年目の2002年には最下位へ転落。森監督もシーズン終盤の9月26日に途中退任するなどチームがゴタゴタし始めた頃にキャリアをスタートさせました。

ルーキーイヤーから3試合ではありますが一軍に出場しています。2年目には背番号2番を与えられました。

その期待に応えるかのように2004年、94試合に出場し、打率.287 17本塁打45打点を記録。シーズンで放った安打が97本中本塁打が17本という好成績でブレイクするかに見えました。

しかし2005年、同僚の種田仁選手が絶好調で打率.310をマーク。内川選手は控えに回ります。

2006年、種田選手の不振を受け、スタメン起用が多くなりますが、内川選手の送球難もあり外野や一塁を守ることが増え、種田選手と争った二塁手には藤田一也選手などが起用されました。

この年、初めてシーズン100安打を達成し、打率も.286を記録しています。翌2007年は故障で出遅れるものの復帰後は打ちまくり、8月の月間打率は.448をマークするなど、翌年の大ブレイクの兆しを見せ始めました。

2008年、ついに内川選手の秘めたるポテンシャルが大爆発します。シーズン序盤から打ちまくり、終わってみればセ・リーグ日本人選手の最高記録にして右打者としては歴代最高の打率.378を記録しました。

打率だけではなく、得点圏打率も両リーグトップの.449をマークするなど、その後の大活躍を予感させる飛躍のシーズンとなりました。

2009年のワールド・ベースボール・クラシックでは韓国との決勝戦であわや抜けそうな打球をスライディングキャッチ、素早く二塁へ送球しランナーを刺す、という伝説となったプレーを披露しました。

その勢いでシーズンでは打率.319を記録、打率2位となりました。

この頃から内川選手はある悩みに際悩まされます。それは「いくら自分が成績を残しても、チームは強くならない、勝てない。でもチームを強くする術を誰も知らない」と後に手記に書いたように、自分の好成績がチームの成績とリンクしない、という悩みでした。

2010年、FA権を取得した内川選手はソフトバンクへの移籍を決断。その際に言ったとされる「僕自身横浜を出る喜びはあった」という発言は、プロ野球選手として至極当然の、偽ざる本音であり、非難されるものではないのではなかったのではないでしょうか。

内川選手がベイスターズに在籍したのは2001年~2010年のちょうど10年。その間、ベイスターズの順位は最下位をなんと7回も記録し、平均で5.2位。内川選手が右打者史上最高打率をマークし、首位打者を獲得した2008年ですら最下位とあっては移籍したくなる気持ちも理解できます。

FA移籍した福岡ソフトバンクホークスでは移籍1年目から日本一を経験。2019年までホークスで9年間プレーし5度も日本シリーズ制覇を達成、2019年までは3連覇。9年間のシーズン順位は1.7位とまさに「天国と地獄」のような選手生活を送っています。

大きな決断を勇気をもって行い、夢を叶えた内川選手に、大きな拍手を送りたいと思っているファンは、年を追うごとに増えていっている、そんな気がしてなりません。

✓Check
球界を代表する内川選手のグッズ、楽天市場で多くの取り扱いがありました。

>>>楽天市場で内川選手のグッズを探してみる<<<

背番号2番をつけた選手の傾向とは?

背番号2番というと、高校野球をはじめプロ野球でも捕手に割り振られる番号です。

しかしベイスターズとその前身球団の歴史では、捕手の使用は2代目の岡本三男選手のみ、他は内野手・外野手となっています。

ホエールズ~ベイスターズの歴史を振り返った時、背番号2番は打順上位の選手が着けることが多い番号なのかな、という印象があります。

もちろん、現在のロペス選手やかつての内川選手、そしてレオン選手など主軸が着ける場合もあるのですが、昭和のファンは中塚選手、平成の野球ファンは波留選手の影響で1・2番を打つ選手の番号、というイメージが強いように思います。

スーパーカートリオが活躍したのは1985年頃ですが、未だにベイスターズというと足の速い選手がいる、というイメージが拭い去れません。

現在のベイスターズレギュラーでは、背番号8番の神里和毅選手が2019年シーズンに15盗塁し、スーパーカートリオの伝統を受け継いでいます。

✓Check
当ブログでは、日本プロ野球の全12球団の永久欠番について特集しています。よろしければご覧になってみてくださいね。
プロ野球の永久欠番と準永久欠番!球団ごとに意味と全選手をご紹介
当ブログの横浜DeNAベイスターズに関しての話題はこちらからどうぞ。
横浜DeNAベイスターズの話題
野球に関する話題も多数お届けしています。よろしければ、ご覧になってみてくださいね。
野球に関する話題はこちらからどうぞ




おわりに

今回は、DeNAベイスターズの背番号2番を特集してきましたが、いかがだったでしょうか?以外にもキャッチャーは1人だけという傾向もわかりましたね。

2015年から2番をつけているロペス選手、DeNAベイスターズが躍進するには彼の活躍が不可欠です。打点王や最多安打を記録した2017年のような活躍が出来るか、注目していきたいと思います。

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ