球団別背番号

背番号の意味

中日ドラゴンズの背番号2番!歴代2番の選手と傾向を紹介

プロ野球の中日ドラゴンズ。 長い歴史の中で、背番号2番を背負って活躍した選手は、2020年現在で24人となります。 今回は、中日ドラゴンズの背番号2番を特集します。 歴代の2番の24選手や特に印象深く感じる3選手の紹介、さらに2番をつけてきた選手の傾向にも迫ります。
背番号の意味

中日ドラゴンズの背番号0番!歴代0番の選手と傾向を紹介

プロ野球において背番号0番は、正式な選手として最初につけたのが1983年の長嶋清幸選手と、比較的歴史の浅い背番号と言えます。 しかし中日ドラゴンズの背番号0番は例外的で、1937年に見習い選手がつけました。 今回は中日ドラゴンズの0番の特集。歴代の全ての選手や主な選手の紹介、選手の傾向といった内容をお届けしていきます。
背番号の意味

オリックスバファローズの背番号0番!歴代0番の選手と傾向を紹介

プロ野球の世界で、成績不振が続いた選手が文字通り「ゼロからのスタート」として背番号0番に変更する例があります。阪急ブレーブスの初代0番・野中徹博選手もそんな一人でした。 今回は、オリックスバファローズの背番号0番について特集します。歴代の0番の選手や、特に印象深い3選手、さらに0番をつけてきた選手の傾向にも迫ります。
背番号の意味

阪神タイガースの背番号10番!唯一10番をつけた初代ミスタータイガースをご紹介

プロ野球の阪神タイガースで背番号10番をつけた事があるのは、藤村富美男選手しかいません。 というのは、阪神タイガース背番号10番は、藤村選手の活躍によって永久欠番となっているからです。 今回は阪神タイガースで唯一背番号10番を背負った、藤村選手の足跡をご紹介したいと思います。
背番号の意味

阪神タイガースの背番号9番!歴代9番の選手と傾向を紹介

阪神の掛布雅之選手、ライバルと言えば岡田彰布選手を思い浮かべることでしょう。 その掛布選手に並々ならぬ対抗心を燃やしていた選手がいました。その選手の名は、佐野仙好選手です。 今回は、佐野選手もつけた阪神タイガース背番号9番について特集します。歴代の9番や特に印象深い3選手、9番をつけたきた選手の傾向にも触れます。
背番号の意味

阪神タイガースの背番号7番!歴代7番の選手と傾向を紹介

野球で一番バッターというと、足が速くて盗塁が得意な選手といったイメージですよね。 しかし、1985年の真弓選手は打率.322 34本塁打、84打点をマーク、盗塁はわずか8個という成績を残しました。 今回は、阪神タイガースの背番号7番を特集、歴代の7番の選手や特に印象深い3選手、つけた選手の傾向にも迫ります。
背番号の意味

阪神タイガースの背番号5番!あの記憶に残る選手もつけて歴代5番の選手と傾向を紹介

プロ野球には、記録よりもプレーぶりや言動などでファンの記憶に残る選手も存在します。 新庄剛志さんも、どちらかと言うと記憶に残る選手と言えるでしょう。 今回は、新庄さんもつけた阪神タイガースの背番号5番を特集します。5番をつけてきた全選手や特に印象深い3選手、さらに5番をつけてきた選手の傾向にも触れます。
背番号の意味

阪神タイガースの背番号2番!歴代2番の選手と傾向を紹介

プロ野球の阪神タイガース、読売ジャイアンツに次ぐ歴史を誇る球団として知られています。主催ゲームの観客動員数も、常に1,2を争っていて、人気球団としての地位も築いています。 今回は阪神タイガースの背番号2番についての特集、歴代の2番をつけてきた全選手や、特に印象深い3選手、さらに2番をつけてきた選手の傾向にも触れます。
背番号の意味

阪神タイガースの背番号0番!歴代0番の選手と傾向を紹介

1983年、日本プロ野球界で初めて長嶋清幸選手が背番号0番をつけると、各球団にも仲間が増えていきました。 阪神タイガースも例外ではなく、1988年に中野佐資選手が0に変更しています。 今回は阪神タイガース背番号0番を特集します。歴代の0番の選手や特に印象深い3選手、さらに0番をつけてきた選手の傾向にも触れます。
背番号の意味

広島東洋カープの背番号0番!『元祖』がつけた歴代0番の選手と傾向を紹介

1983年当時、広島東洋カープの長嶋清幸選手が、背番号0番をつけました。 それは日本プロ野球界初となる、背番号0番選手が誕生した瞬間でもありました。 今回は広島東洋カープの背番号0番について特集します。 0番をつけた全選手や特に印象深い3選手、さらに0番をつけた選手の傾向にも触れます。
背番号の意味

阪神タイガースの背番号3番!代打の神様もつけた歴代3番の選手と傾向を紹介

プロ野球では、最も信用できる代打の選手を代打の切り札と呼んでいますが、もっと上を行く「神様」とまで称された選手がいます。 神様と呼ばれたのは阪神タイガース・八木裕選手が元祖ではないでしょうか。 今回は阪神タイガースの背番号3番の特集、歴代の3番の選手や特に印象深い3選手、さらに3番をつけてきた選手の傾向にも触れます。
背番号の意味

広島東洋カープの背番号10番!歴代10番の選手と傾向を紹介

プロ野球、広島東洋カープには、2人の鉄人が在籍してきました。 1人は、あの衣笠祥雄さんです。そしてもう1人は、連続イニング出場の世界記録を持つ金本知憲さんなのです。 今回は、金本選手がつけた広島東洋カープの背番号10番を特集します。10番をつけた全選手や印象深い3選手の紹介、さらに10番をつけた選手の傾向にも触れます。
背番号の意味

広島東洋カープの背番号8番!ミスター赤ヘルもつけた歴代8番の選手と傾向を紹介

1975年10月15日、お荷物球団と言われ続けた広島東洋カープが、創設25年目にして初のリーグ優勝を決めました。 優勝を決め泣きじゃくっていた、ミスター赤ヘル山本浩二選手もつけていた、広島東洋カープの背番号8番を特集します。 歴代の8番の選手や特に印象深い3選手、さらに8番をつけた選手の傾向にも触れます。
背番号の意味

広島東洋カープの背番号7番!歴代7番の選手と傾向を紹介

プロ野球チームである広島東洋カープ、その背番号7番は2020年現在で11人の選手がつけて活躍してきました。 その7人全員と特に活躍して印象深い3選手、さらに7番をつけてきた選手の傾向をご紹介していきま。す
背番号の意味

広島東洋カープの背番号4番!歴代4番の選手と傾向を紹介

広島東洋カープは、広島県広島市に本拠を置くプロ野球チームです。 しばらく低迷しましたが、1975年の初優勝あたりからチーム力が増し、強くなるにつれ人気球団としての地位も確立しています。 今回は、広島東洋カープの背番号4番について特集、歴代の4番の全選手や特に印象深い3選手、さらに4番をつけてきた選手の傾向にも触れます。
背番号の意味

広島東洋カープの背番号3番!国民栄誉賞のあの選手もつけた歴代3番の選手と傾向を紹介

広島東洋カープの背番号3番は、国民栄誉賞を受賞した衣笠祥雄選手をはじめとして7人がつけてきました。 2020年現在で永久欠番となっている、広島東洋カープの背番号3番について特集します。 3番をつけた全7選手や特に印象深い3選手、さらに3番をつけてきた選手の傾向にも触れますので、楽しみにしてくださいね。
背番号の意味

広島東洋カープの背番号2番!歴代2番の選手と傾向を紹介

広島東洋カープは、1950年の2リーグ制導入に際し、新規加入した球団です。 チーム名の「カープ(鯉)」は地元・広島城の別名「鯉城」から取ったものとされています。 今回は、広島東洋カープの背番号2番について特集、歴代の2番をつけてきた選手や、特に印象深い3選手、さらに2番をつけてきた選手の傾向にも触れます。
背番号の意味

オリックスバファローズの背番号10番!歴代10番の選手と傾向を紹介

オリックスバファローズは、阪急ブレーブスと近鉄バファローズが合併して出来た球団です。 前身球団を含めて、のべ28名の方が背番号10番をつけて活躍しました。 今回は、オリックスバファローズの背番号10番の特集です。 28名全ての選手や特に印象深い3選手、さらに10番をつけた選手の傾向もご紹介していきます。
背番号の意味

オリックスバファローズの背番号9番!イチローの名づけの親もつけた歴代9番の選手と傾向を紹介

イチロー選手は、元々本名の鈴木一朗での登録でしたが、1994年にイチローと変えてから大ブレイクを果たしました。 イチロー選手と名付けたのが、当時コーチの新井宏昌さんです。 今回はオリックスバファローズの背番号9番を特集、前身球団を含め背番号9番をつけた全選手や、特に印象深い3選手、9番つけた選手の傾向にも触れます。
背番号の意味

オリックスバファローズの背番号8番!歴代8番の選手と傾向を紹介

オリックスバファローズは阪急ブレーブス、近鉄バファローズの2つの球団が合併して誕生しました。 2つは関西を拠点としている、親会社が鉄道会社、初優勝に導いた監督が西本幸雄氏と共通点が多いです。 そんなオリックスバファローズの背番号8番を特集、歴代の8番の選手や特に印象に残る3選手、8番をつけてきた選手の傾向にも触れます。
背番号の意味

オリックスバファローズの背番号7番!不滅の大記録を作ったあの選手もつけた歴代7番の選手と傾向を紹介

国民栄誉賞と言えば、日本人にとって最高に栄誉である賞である事は間違いないと思います。 そんな国民栄誉賞を、受賞すると「立小便できなくなるから」と断ったプロ野球がいます。その選手とは、現オリックスバファローズ(元阪急ブレーブス)の福本豊選手です。 今回は、福本選手もつけたオリックスバファローズの背番号7番を特集します。
背番号の意味

オリックスバファローズの背番号6番!ノムさんをぼやかせた名ショートも付けた歴代6番の選手と傾向を紹介

野村克也さんが、「お前がいなかったら、俺は3000本打っていた」とボヤいたというエピソード、その選手とは、当時の阪急ブレーブスでショートを守っていた大橋譲選手です。 今回はオリックスバファローズ背番号6番の特集です。前身球団を含めた6番の全選手と、特に気になった3選手、さらに6番の選手の特徴にも触れます。
背番号の意味

オリックスバファローズの背番号5番!歴代5番の選手と傾向を紹介

オリックスバファローズと聞くと、何となく違和感を感じてしまいます。 なぜかというと、元々2つチームが合併して誕生したので、2つのチームの名前が使われていて1つのチームという実感がないからです。 今回はオリックスバファローズの背番号5番を特集、歴代の5番の選手や特に印象に残っている3選手、5番の選手の傾向にも触れます。
背番号の意味

オリックスバファローズの背番号3番!歴代3番の選手と傾向を紹介

日本プロ野球で4番打者の背番号、それは3番ではないでしょうか。 長嶋茂雄選手が着けていたせいか4番打者、あるいは長距離打者(候補も含め)の背番号に3番が採用されることが多いです。 今回はオリックスバファローズの背番号3番の特集、前身球団からの全選手や特に印象に残った選手、さらに3番をつけてきた選手の傾向にも迫ります。
背番号の意味

オリックスバファローズの背番号2番!歴代2番の選手と傾向を紹介

オリックスバファローズは、関西に本拠地を置いていた大阪近鉄バファローズとオリックスブルーウェーブが、2005年に合併して生まれました。 今回は、そんなオリックスバファローズの背番号2番を特集します。旧阪急・旧近鉄時代からの全選手の紹介や、記憶に残る選手、さらに2番をつけてきた選手の傾向にもスポットを当ててみました。