札幌学生野球連盟!全加盟校と歴代の優勝校や注目の選手をご紹介

大学野球

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児のみっつです!

札幌学生野球連盟は1990年に、北海道地区大学野球連盟から北海道学生野球連盟とともに分割して誕生した歴史の浅い連盟です。

2020年現在、18の大学が加盟しており、3部制でリーグ戦を行っています。

今回は、札幌学生野球連盟を特集します。全加盟校や歴代の優勝校、さらに注目の選手もご紹介しますので、楽しみにして下さいね。




✓Check
ご紹介する内容は、2020年8月現在となります

札幌学生野球連盟の全加盟校のご紹介

まずは、札幌学生野球連盟に加入している18の大学をご紹介します。

星槎道都大学

連盟加入年 1991年

東海大学札幌キャンパス

連盟加入年 2011年

北翔大学

連盟加入年 2001年

札幌大学

連盟加入年 1990年

北海学園大学

連盟加入年 1990年

札幌大谷大学

連盟加入年 2013年

北海道大学

連盟加入年 1990年

札幌国際大学

連盟加入年 2000年

小樽商科大学

連盟加入年 1990年

北海道教育大学岩見沢校

連盟加入年 1990年

札幌学院大学

連盟加入年 1990年

北海道教育大学札幌校

連盟加入年 1990年

北星学園大学

連盟加入年 1990年

北海道医療大学

連盟加入年 1990年

北海道文教大学

連盟加入年 2001年

北海道情報大学

連盟加入年 1993年

北海道科学大学

連盟加入年 1990年

酪農学園大学

連盟加入年 1990年

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

優勝経験のある加盟校のご紹介

次に、札幌学生野球連盟に加盟している大学の中から、1部リーグで優勝経験のある大学について、少し詳しくご紹介します。

札幌大学

・創部   1967年
・優勝回数 21回

特色

   
札幌大学は、札幌学生野球リーグで最多となる21回の優勝を果たしています。前身の北海道地区大学野球連盟から通算しても優勝回数は最多と、北海道を代表する大学野球の名門校です。

連盟創設当初からリーグを引っ張ってきましたが、2007年春以降リーグ優勝から遠ざかっています。しかも、2010年には屈辱の2部リーグ降格も経験しました。

リーグを代表する強豪ではありますが、特に地方リーグへの注目度が高まってきたのが近年であることもあってか、これまでプロ野球選手のOBはおりません。

近年は優勝でないまでも上位でリーグ戦を戦うシーズンが多く、近いうちに久々の優勝がありそうです。

星槎道都大学

・創部   1978年
・優勝回数 15回
・主なOB  石川晃、大累進、佐藤峻一、福田俊

特色

 
  
星槎道都大学は、1991年春に道都大学短期大学部として札幌学生野球連盟に加盟しました。

道都大学(紋別校)は北海道学生野球連盟に加盟していましたが、大学キャンパスへの集約のため2004年に北海道学生野球連盟を脱退し、札幌学生野球連盟に一本化されています。

すると、1部と2部を行ったり来たりしていた成績が急上昇し、2012年からリーグ6連覇するなど、一挙に札幌学生リーグでも強豪としての地位を確立しました。

優勝回数も連盟で2位となり、プロ野球選手輩出数も連盟で最多となるなど、現在、リーグでは最も注目度の高い大学です。




北海学園大学

・創部   1951年
・優勝回数 8回
・主なOB  川越誠司

特色

   
北海学園大学は、1885年に設立された北海英語学校をルーツにした北海道内で最古の私立大学です。新連盟でのリーグ優勝回数は3位となる8回になります。

連盟創設当初からリーグ戦を上位で戦い、数年おきに優勝していた印象でしたが、ここ10年は星槎道都大や東海大札幌キャンパスなどの新興勢力の台頭により、リーグ戦でも下位が続くなど苦戦を強いられてきました。

夏の甲子園では全国最多となる38回の出場回数を誇る、北海道を代表する野球の名門である北海高校を系列校にもち、北海高校をはじめ、北海道内の野球強豪校出身の選手が大多数を占めています。

部員の質や量では他大学に引けを取らないので、今後もリーグ戦の展開次第では上位進出や優勝も有り得そうです。

東海大学札幌キャンパス

・創部   1967年
・優勝回数 6回
・主なOB  佐藤達也、水野滉也

特色

   
東海大学札幌キャンパスは、2011年に札幌学生野球連盟に加盟しました。

もともとは、旭川市に所在置く東海大学北海道キャンパスが北海道学生野球連盟に所属しており、リーグでも強豪として存在感を示していましたが、大学のキャンパス移転・集約に伴い2011年から札幌学生野球連盟に移籍しています。

すると、ここ6年で6度リーグ優勝しており、一気にリーグを代表する強豪校となりました。

部員は、北海道内の強豪校だけでなく、全国にある強豪揃いの東海大の付属高校からも多数入部しています。

これまで、全国大会では2017年に星槎道都大が神宮大会で準優勝したのが最高成績の札幌学生野球連盟ですが、悲願の初優勝に最も近い大学かもしれません。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

北翔大学

・創部   2000年
・優勝回数 4回
・主なOB  本前郁也

特色

   
北翔大学は、札幌市のお隣の江別市に所在を置く大学です。女子学校として開学しましたが、2000年に北海道浅井学園大学に校名が変更され、共学化されました。

順調に1部に昇格すると、2005年秋のリーグ戦で早速優勝し、ライバル大学にとっては脅威の存在となっています。

2007年には北翔大学に校名が変更されましたが、現在もリーグでの強豪の地位を保ってきました。しかし、他の大学と同様、星槎道都大や東海大札幌キャンパスの台頭によりここ10年はリーグ優勝から遠ざかっています。

北翔大学は、服飾の学校としての歴史がありますが、現在では生涯スポーツ学部に力を入れており、様々なスポーツのアスリートが、スポーツ指導者や教員を目指して大学生活を送っています。

北海道大学

・創部   1901年
・優勝回数 3回  

特色

   
北海道大学は、北海道を代表する名門の国立大学です。全国でも有数の学力を誇る国立大学ではありますが、3度のリーグ優勝の経験があります。

昭和期やリーグ黎明期には、他のリーグでも国立大学が優勝しているケースは多々あるのですが、北海道大の場合、直近の優勝が2010年と割と近年であり、3部制もあるリーグでは稀な存在です。

現在は2部に降格中ですが、直近の2019年秋の2部リーグでは優勝し、惜しくも入替戦では敗れ1部昇格はなりませんでしたが、現在も実力は1部の大学と遜色ないものです。

札幌学生野球連盟には、北海道内の高校出身者が多数を占める大学が多いのですが、北海道大の場合、全国の進学校から選手が入部してきています。

北海道教育大学札幌校

・創部   1949年
・優勝回数 2回

特色

   
 
北海道教育大札幌校は、国立大学ではありますが、1998年の春秋にリーグ連覇をしています。

北海道教育大は、札幌校・旭川校・釧路校・函館校・岩見沢校と教育課程等によって5つのキャンパスが存在します。そのうち、札幌校と岩見沢校は札幌学生野球連盟に、旭川校と函館校は北海道学生野球連盟にそれぞれ所属しています。

現在は私立大勢力に苦戦し、札幌・岩見沢両校とも2部リーグの舞台で戦っています。札幌校は2005年以降、岩見沢校は2012年以降、1部への昇格がありません。

シーズンにもよりますが、スポーツ系の課程がある岩見沢校の方が好成績をおさめている印象です。

少子化等の影響により、道内の国立大が統合する動きがありますので、北海道教育大も将来的にはキャンパス統合等もあり得るかもしれません。




歴代優勝校のご紹介

札幌学生野球連盟のリーグ戦の歴代優勝校について、1990年秋に分割する以前の北海道地区学生野球連盟時代のものからご紹介します。

年度(西暦)年度(和暦)春の優勝校秋の優勝校
1976年昭和51年北海学園大学
1977年昭和52年札幌大学札幌大学
1978年昭和53年函館大学札幌大学
1979年昭和54年北海学園大学札幌大学
1980年昭和55年北海学園大学札幌大学
1981年昭和56年北海学園大学札幌大学
1982年昭和57年北海学園大学北海学園大学
1983年昭和58年北海道大学北海学園大学
1984年昭和59年道都大学札幌大学
1985年昭和60年北海学園大学札幌大学
1986年昭和61年北海道東海大学札幌大学
1987年昭和62年札幌大学北海道工業大学
1988年昭和63年道都大学函館大学
1989年平成元年札幌大学北海道東海大学
1990年平成2年北海道東海大学札幌大学
1991年平成3年北海学園大学札幌大学
1992年平成4年札幌大学札幌大学
1993年平成5年札幌大学北海学園大学
1994年平成6年札幌大学札幌大学
1995年平成7年札幌大学札幌大学
1996年平成8年札幌大学北海学園大学
1997年平成9年札幌大学北海道大学
1998年平成10年北海道教育大学札幌校北海道教育大学札幌校
1999年平成11年札幌大学北海学園大学
2000年平成12年札幌大学北海学園大学
2001年平成13年札幌大学札幌大学
2002年平成14年北海道大学北海学園大学
2003年平成15年札幌大学札幌大学
2004年平成16年札幌大学北海学園大学
2005年平成17年札幌大学浅井学園大学
2006年平成18年浅井学園大学札幌大学
2007年平成19年札幌大学道都大学
2008年平成20年道都大学北翔大学
2009年平成21年道都大学北海学園大学
2010年平成22年北海道大学道都大学
2011年平成23年道都大学北翔大学
2012年平成24年道都大学道都大学
2013年平成25年道都大学道都大学
2014年平成26年道都大学道都大学
2015年平成27年東海大学北海道キャンパス道都大学
2016年平成28年東海大学北海道キャンパス東海大学北海道キャンパス
2017年平成29年東海大学北海道キャンパス星槎道都大学
2018年平成30年東海大学北海道キャンパス星槎道都大学
2019年令和元年星槎道都大学東海大学札幌キャンパス
2020年令和2年新型コロナの影響により中止
※1990年春までは北海道地区学生野球連盟
※1990年秋から札幌学生野球連盟




学校別優勝回数ランキング

続いて、学校別にリーグ戦の優勝回数とランキングを紹介します。

北海道地区学生野球連盟での優勝回数  
順位学校名優勝回数(春・秋)
1位札幌大学11回(3・8)
2位北海学園大学8回(5・3)
3位北海道東海大学3回(2・1)
4位函館大学2回(1・1)
4位道都大学2回(2・0)
6位北海道大学1回(1・0)
6位北海道工業大学1回(0・1)
札幌学生野球連盟での優勝回数
順位学校名優勝回数(春・秋)
1位札幌大学21回(13・8)
2位星槎道都大学15回(7・8)
2位北海学園大学8回(1・7)
4位東海大札幌キャンパス6回(4・2)
5位北翔大学4回(1・3)
6位北海道大学3回(2・1)
7位北海道教育大学札幌校2回(1・1)
合計優勝回数
順位学校名優勝回数(春・秋)
1位札幌大学33回(16・16)
2位星槎道都大学17回(9・8)
3位北海学園大学16回(6・10)
4位東海大学札幌キャンパス9回(6・3)
5位北海道大学5回(3・2)
6位北翔大学4回(1・3)
7位北海道教育大学札幌校2回(1・1)
7位函館大学2回(1・1)
9位北海道科学大学1回(0・1)
※北海道工業大学は2015年に北海道科学大学に校名変更

優勝回数は、旧連盟時代から最多優勝回数の札幌大学が新連盟でも最多の優勝回数となっています。




2020年札幌学生野球連盟の注目選手

札幌学生野球連盟に加盟している学校に所属する選手のうち、私が特に注目している3選手をご紹介したいと思います。

河村説人選手

在籍校/学年   星槎道都大学/4年
身長/体重    192cm/85kg
投/打      右/右 
ポジション   投手
出身高校    白樺学園高校

河村選手は、192cm・85kgの堂々の体格から最速150キロを誇る大型右腕です。 北海道の名門校である白樺学園高校時代には甲子園にも出場しています。

大学は亜細亜大に進学しましたが、故障の影響等もあり、環境を変えるために地元北海道の星槎道都大に再入学しました。

すると才能が開花し、球速も150キロ台にアップし、リーグ戦でも活躍を見せました。長身から投げ下ろすボールの角度が魅力的な選手で、大学日本代表候補にも選出されています。

岩木優友選手

在籍校/学年   札幌大学/4年
身長/体重    180cm/75kg
投/打      右/右 
ポジション   投手
出身高校    帯広三条高校

岩木選手は、最速148キロの札幌大のエースです。帯広三条高校時代はそこまで有名な選手ではありませんでしたが、大学に入ってから力を伸ばした選手です。

3年時の2019年には春秋のリーグ戦で、ともにリーグ2位の防御率をマークし優秀投手にも選出されています。

バランスのいいフォームと柔らかい肘の使い方が光り、安定した投球が持ち味で、札幌大の上位進出には欠かせない選手です。




赤尾光祐選手

在籍校/学年   東海大学札幌キャンパス/4年
身長/体重    181cm/93kg
投/打      右/右 
ポジション   外野手
出身高校    東海大相模高校

赤尾選手はリーグを代表するスラッガーです。名門・東海大相模高校時代は、2年時に背番号18でベンチ入りし甲子園制覇も経験しています。

また、横浜スタジアムの電光掲示板直撃のホームランを放つなど当時から飛距離は超高校級の存在でした。

大学進学後も1年からベンチ入りし、これまでリーグ戦で11本のホームランを放っています。打率を残せないシーズンもありますが、長打力に関しては全国屈指の選手です。




Check
大学野球には、春に開催される全日本大学野球選手権の他に、秋には明治神宮野球大会が開催され、全国レベルの大会が2つ行われています。当ブログでは、全日本大学野球選手権や明治神宮野球大会も特集していますので、よろしければご覧になってくださいね。
⇒全日本大学野球選手権!歴代の優勝校や優勝回数ランキング・出場資格をご紹介
⇒明治神宮野球大会!大学の出場条件と歴代優勝校をご紹介!

Check
当ブログでは、大学野球に関する様々な話題を提供しています。よろしければご覧になってみてくださいね!
大学野球に関する話題はこちらからどうぞ

最後までお読みいただき大感謝!みっつでした。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ